中国

2016年05月09日

 上海のディズニーが6月16日に開会する前にいろいろ内覧会の様なようなことが行われているようです。ただ、どうも日本のネットなどを見ると少し偏りすぎているのではないかと思ったのでこれについて少し。


1 不文明

 ある種最も典型だと思ったのが、『ロケットニュース24』が掲載していた「 【悲報】上海ディズニーエリアがプレオープン → マッハで糞尿が! ラクガキもされ花も踏みにじられる / ネットの声「夢の国が “ゴミの国” だ」」です。

 内容は表題だけで大体想像がつくかと思いますが、「1週間もたたずにマッハでウンコやオシッコが散乱。ラクガキまでされてしまった」という記事です。

 記事には他に、you tubeの中国語の映像記事が掲載されており、「ここに来た」という文字を刻みこんでいく人や、上ってはいけないところをかなり危ない様子で上っている人々の様子などが紹介されております。

 そして、そうした様子をみて嘆いている中国人の様子なども紹介されています。


2 別の紹介

 映像で見るとかなり衝撃的ですが、中国ではある種当たり前の行動パターンで、こんなものかという感じで、多分そういう人もいるだろうというのが正直なところです。

 ただ、日本に紹介するときに、こうした面だけが紹介されるのは少し違和感がないわけではありません。
you tubeを「上海迪士尼」で検索すると、他にもいろいろな記事をみることができます。

 例えば、『東森新聞 CH51』の「 最新》上海迪士尼試運營首日 演職人員親友受邀」などを見ると、かなり明るい面が強調されています。

 これを見ると日本のディズニーとそんなに遜色もない感じで、楽しんでいる様子(これを見て行ってみたいと思う感じ)になります。


3 別の紹介2

 もう1つ同じyou tubeにあった映像記事『中天新聞 CH52』の「上海迪士尼6/16號開幕 香港挫著等」を紹介させてもらいます。

 これは上海にディズニ―ができると香港の3倍の規模で、1年に2000万人の来客を見込んでおり、香港のディズニーはかなりの影響を受けるだろうとの記事です。

 また、上海ディズニーの入園料は公表されていないものの、最高価格は香港だけでなく、東京よりも高くなるのではないかとの見込みが報道されていました。

 上海ができれば、当然香港だけでなく、東京も比較の対象となるのは当たり前の話ですが、どうもこうした観点も見逃されがちかと思った次第です。


4 最後に

 どうしても上海(中国)というと、中国人はこうだという発想からか、特定の内容の記事が目につくような気がしたのが今日のエントリーの出発点です。

 最初に述べたように、それを否定するつもりはありませんが、それだけではないのが現実ですし、いつまでもそうした見方だけで良いのかというの偽らざる思いです。

 上海には東京にないアトラクションもできるようですし、入場者数も東京を超えるかもしれません。それにもかかわらず、一部の心無い中国人の行動だけを見て上海のディズニーはこうだと決めてかかるのはどうかと思った次第です。

 東京よりすごいところもある。こうしたことなども考えながら見ていないかと、それこそ偏向になりかねないかというのが私の本音です。



凜amuro001 at 23:18│コメント(2)トラックバック(0)

2015年12月17日

 もともと私のブログは中国関係(中国ニュースの翻訳)という形で出発しております。ここしばらく翻訳どころか中国に関することも触れておりません。今日はその理由について少し。


1 中国について

 「中国」と一口で言っても本当に広く、いろいろな人がおります。「日本人」でも関西と関東は全く異なるように、中国でも地方が異なれば、全く異なる人が生活しています。

 特に中国の場合多民族国家なので、漢民族とは全く異なる慣習に基づいて生活をしている方もいます。こうした少数民族は独自の文字(言語)も存在します。

 少数民族に限らず、あれだけ国土が広ければ方言も多々存在し、中国人同士でも全く会話が成立しないということもよくあります(「中国語」を話せない中国人)。

 そのため、中国を知れば知るほど、「中国とは○○」という意見を聞くたびに、そこまで単純化できるのかという思いが強くよぎることになります(中国を知っていますか?(中国と化石2))。

 ただ、その一方で私自身、わかりやすくするために、中国ではこういうことが良く見られるという意味で、「中国はコネ社会」等といった文言をよく使用しております。


2 中国崩壊論

 中国が「崩壊」するという話はそれこそ1989年の天安門事件以来、何度も繰り返されてきております。 

 鄧小平が死ねば混乱する、マンションの価格が下がればとうとうバブル崩壊で中国は今度こそおしまいという話がこれまで何度も繰り返されてきました。

 中国には貧富の差、汚職問題など本当に多くの問題が存在しております。それでも、皆がだまっているのは確かに経済発展でこれまで以上に良い暮らしができるようになったという側面は強いかと思います。

 そのため、最近のパターンでは、経済成長の鈍化に伴い、中国共産党が求心力をなくして、中国が大混乱に陥るという感じの話をよく聞きます。


3 崩壊?

 ただ、まともに考えればわかることですが、既にこれだけの中産階級と呼ばれる人たちが存在する中国でそこまで極端なことが起こるとは思えません。

 中国には本当にたくさんの問題が存在しますし、PM2.5の様に、それが中国国内だけでなく、よその国にも迷惑をかけることもあります。

 しかし、中国人も内心思っていることは、基本的に生活共通で、「豊かな暮らしをしたい」ということです。だからこそ、あれだけ大気汚染が進んでも車を手放せないわけですし、コネ社会と言われようが、自分だけは何とか良いコネを使っておいしいところを得ようと必死になります。

 中国もこれだけ豊かになり、中産階級と呼ばれる人たちが増えれば、特に彼らの関心事項は、如何に今の生活を維持するかということになります。

 そんな彼らが急激な変化を望むことはまずありえず、「崩壊」と呼ばれる様な急激な変化が出てくるとはとても思えません。

 地方の農民がという話もあるのではないかと思う人がいるかもしれませんが、最近の農民もかなり豊かな暮らしをしており、以前とはだいぶ異なってきております。


4 最後に

 何が言いたいかというと、1つに私如きが「中国とは○○」と語ることにかなり違和感を覚えており、それで中国ネタに触れないようにしてきたということです。

 それと、結果的に、私が中国の話を書くと、どうしても欠点をあげつらう形となります。別に中国はこうあるべきだなどとおこがましいことを思っているわけではありませんが、そんなことをして何になるのかという面が否定できません。

 当の中国人にしてみれば、大きなお世話でしょうし、そんな暇があるなら自国(日本)の欠点をどうにかしたらどうなのかという話になるでしょう。

 それと、正直翻訳は結構時間がかかるので、いろいろプライベートで忙しく、なかなか翻訳している時間がないというのも大きな理由です。

 その典型がヨーロッパ旅行で、しばらくの間(年明けまで)日本を留守にします。ネット接続が可能であれば、何か書き込みたいと思っておりますが、どうなるか全くわかりません。 



凜amuro001 at 21:57│コメント(9)トラックバック(0)

2015年10月01日

 今回も少し遅くなってしまった感がなきにしもあらずですが、習近平中国国家主席の訪米の話題についてです。


1 歓迎?

 今回の訪米については、ローマ法王の訪米と重なってしまい、アメリカ人の関心はそちらの方に向いていたようですが、間違っても中国ではそんなことは報道されません。

 『新華網』に掲載されていた「习近平出席联合国系列峰会:主席“时代强音”彰显大国责任与担当」によると大変歓迎を受けていた様です。

 国連の一般演説でも、国連副事務総長の発言を引用する形で、「習近平主席の私個人の印象としては、とても落ち着いていて、人との付き合いが良く、演説はとても堅固・的確で、国際社会で最も好まれる指導者の風格を備えていた。今回の国連総会の講演は短かったものの、国連首脳の中で最も歓迎を受けた発言だった」としています。


2 実際?

 これに対して真向から反対を唱えたのが、『苹果(りんご)日報』です(习联大演讲场面冷清 官媒吹嘘:全场热烈掌声)。

 中国の報道では、国連での演説の際に「会場が何度で何度も熱烈な拍手」、「数十の国家元首が並んで握手」などの美辞麗句が並んでいるが、実際は空席が目立ち、中央電視台は全会場の様子を報道できなかったとしています。

 具体的には、1500人収容可能な場所で、少なくとも2/3は空席で、実際拍手が起こったのは、最貧国のために20億ドルの資金提供を宣言したときなど3回だけだったとしています。


3 成果

 実際、今回の訪米は正直なとこと、殆ど実りがなかったわけですが、中国の報道では当然のごとく「大成功」とされております。

 中国の記事などと見ると、オバマ大統領との会談や、IT産業界とのトップ会談など本当に盛り沢山で、多くの公務をこなしつつ、成果もすばらしかったとしています。

 これは、世界が中国を注目している結果だという話にしたいようですが、実際はそこまで中国に関心がないのが実情でしょう。

 当然、影響力の大きさは認めているわけですが、半分位は、中国が何かしでかして負の面の影響を及ぼされたら大変という意味も含めての関心かと思います。


4 影響力

 実際問題として、オバマ大統領との長時間の会談や、IT産業のトップとの会談などは、それだけの影響力がなければできない話で、既に日本の影響力を追い越しているのは間違いないかと思います。

 ただ、これは何も日本だけに限った話ではなく、欧州のトップにしても、ある程度行動の予測できるため、それほど注目しなくても良いという側面もあるのではないかと考えます。

 ちなみに最初に引用した国連副事務総長とは中国出身の呉紅波氏で、当然中国よりの発言を行うわけですが、副事務総長であることは間違いなく、これもある種の影響力と言えるかと思います。


5 最後に

 実際、ネットで探すと、習近平国家主席とオバマ大統領、ローマ法王の国連演説での対比の写真などもあり、なかなか興味深い対比となっております(联大演讲人好多?习近平奥巴马教皇对比图)。

 私はこうしたことは、正直あまり格好良くないと思うのですが、これも1つのメンツであることは間違いなく、メンツを重んじ過ぎるとこうなってしまうということかとも思います。



凜amuro001 at 23:50│コメント(7)トラックバック(0)

2015年09月11日

 『環球網』に「朴槿惠的支持率为何飚升」という記事が掲載されており、いろいろ興味深かったので、これについて少し。


1 記事の紹介

 一言でいってしまえば、韓国の朴大統領が訪中した時期に支持率が上昇した理由を中国側から見た記事です。

 朴大統領がアメリカや日本の圧力を跳ね除け訪中した結果、午前中に習近平国家主席との会談し昼食を共にし、午後は李克強首相との会談という特別待遇を受けることができたとしています。

 また天安門の上では、ロシアのプーチン大統領に次いで習近平の傍にいるなど、朴大統領は一貫して習主席の傍にいたとしています。

 こうした中国側の韓国を重視した態度に、韓国メディアも満足し、中韓関係は歴史上最も良好な時代を迎えたそうです。

 他にも、韓国は史上最大の経済代表団を派遣し、2.8億ドルの対中輸出案件をまとめたと、経済面の効果も強調しています。

 他に興味深いのは、今回の訪中に関し、日本側の風刺的な記事を批判し、歴史認識問題を持ち出していますが、アメリカについては、アメリカが理解したことを強調していることです。

 最後に今回の訪中の意義について、韓国の自主外交が成熟したこと、中韓関係が更に高度な段階に達したこと、東北アジアの国際秩序が冷戦のロジックを脱し、新たな段階に入ったことを意味するとしています。


2 中韓蜜月

 今回の朴大統領の訪中は、中国側の特別待遇を見てもわかるとおり、数少ない国家元首の確保という意味合いがとても強かったと考えます。

 韓国にしても、訪中直前の北朝鮮との緊張が高まっていたとき、結果として中国側の援助で事態の収拾ができたという面があり、大きな「借り」がありました(朴大統領が軍事パレードを参観した理由)。

 結果、お互いの利害が一致したわけで、ここのところ失点続きだった朴大領にしても、久々の明るいニュースで、国内の支持率も回復し、一安心といったところでしょうか。


3 毒饅頭

 ただ、結果として、韓国が中国側にかなりスタンスを移したのは間違いありません。これまで安全保障面ではアメリカに依存していたのが、中国もそれにも関与してくるでしょう。

 貿易は言わずもがなで、今回も多額の経済交渉が活発に行われたようですが、中国依存を強めることは如何なものかと考えています。

 中国はこれまで強大化した経済力にモノを言わせ、味方を増やしてきたわけですが(ヨーロッパの債務危機と中国2)、どうもそれもそろそろ限界に達してきたようです。

 正直中国の場合、拝金主義的傾向が強く、金を稼げばそれでよい的な発想があり、アフリカあたりでもかなり好き勝手に行動しているようです(中国人を大量に送りこんで鉄道を建設する中国はアフリカの「真の友人」か?)。

 韓国もそれで良いのかという話になるわけで、このまま毒を食らわば皿までとなるのか、かなり興味深いところではあります。


4 最後に

 やはり中国人は何だかんだいってアメリカを良い意味で、日本を悪い意味で意識しているのがわかって興味深いというのもあります。

 日本はあくまでやられるべき敵役でありつづけなければならないわけですが、アメリカは良い意味で克服すべき相手といったところでしょうか。

 つまり、アメリカはライバルと認めている面もあるわけで、結果「理解」も求めるわけですが、日本は情けない批判をこそこそと行っている位の感覚なのでしょうか。



凜amuro001 at 00:48│コメント(10)トラックバック(0)

2015年08月31日

 『Record China』が掲載していた「口にはしないが、中国をうらやましがる日本人は多い―中国メディア」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。


1 記事の紹介

 「中国に好感を抱く日本人はさほど多くはないが、口にはしなくとも、中国を羨望の眼差しで見る日本人は多い」として、その理由を列挙しています。

 1、中国は住民税がない
 2、中国は固定資産税がない
 3、中国では大都市でも車を持てる
 4、中国ではごみに悩まされることがない
 5、中国は野菜や果物が安い
 6、中国の職場は気楽
 7、人民元が高価値


2 個人的感想

 ま、1と2は税制度の違いで、確かにこれらがない(結果、税金が安い)ことはありがたいのは間違いありません。

 3の車が持てるは、中国では最近ではタクシーがつかまりづらく、車がないと不便と言うことを意味しています。また、中国の車の運手はかなり荒っぽく、少しでも車間距離が開くと、割り込みなどは日常茶飯事です。

 左ハンドルということもあり、結果、車を持っても日本人がどれだけ、車を持って運転したいと思うかは疑問です。本当私の僻みかもしれませんが、埃っぽいので、中国では高級車もそうは見えず、あまり中国で車を持ちたいとは私は思いません。

 ごみで悩まされることはないというのは、ごみの分別で悩むことがないという意味だそうですが、結果、リサイクルが進まないということも意味しており、あまり良いこととは思えません。


3 個人的感想2

 5は素直に同意します。食料品が安いのは本当です。しかし、食の安全の問題があり(チャイナリスクと食の安全)、安かろう悪かろうという可能性が高く、はっきり言って、安いのをどこまで喜んで良いかとなると疑問です。

 食料品は安いのですが、これは農民がそれだけ搾取されていることを意味し(出稼ぎのため「置き去り」にされる子供と「小皇帝」)、どこまで良いことか疑問です。

 また、衣類などは結構値段が高く、食料品だけをして安いと言われても何とも言えません。
 
 6の「職場は気楽」というのは、確かにそういうところもある傾向は否定しませんが、言う程気楽ではないというのが私の感想です。

 確かに20年位前は本当、こいつらこれで金をもらっているのかという位の話でしたが、今はそんなことはありません。

 日本から「過労死」という言葉も輸入され、平気で使われていますし、外資系などでは本当に熾烈な競争が繰り広げられています。

 それに確かに気楽と言う面はあるものの、建設現場や住み込みの家政婦などは長時間労働は当たり前で、プライバシーもろくにない状態ですので、とてもうらやましいとは思えません。


4 理想

 最後の7では「日本では生活コストが高いため、多くの日本人にとって日本円で給料をもらい、中国で暮らす、これが一番理想的なスタイルだろう」としておりますが、これは私も否定はしません。

 確かに、豊かな生活が送れますし、あの活気に満ちた状態は日本ではなかなか味わえないものがあります。しかし、そうした中国経済にも陰りが見えてきましたし、pm2.5に代表される大気汚染などの公害は本当にひどいです(中国のスモッグと中国政府の責任回避大気汚染問題で中国人が政府を批判しない理由)。

 結果、健康を害する恐れもかなり高く、中国で体調を崩して日本に帰るとなおるということを良く見聞きするのも本当のところです。


5 最後に

 そうしたことを総合的に考えると、とても中国を羨ましがっている日本人がそれほど多いとは思えません。  

 ただ、中にはそういう人もいるだろうという話と、中国人的には自尊心を満たすためにこういう意見も必要かなと思った次第です。

 こういう意見を見ると、自画自賛とうんざりするわけですが、日本でも結構似たような日本礼賛記事を目にするので(日本に対する自画自賛)、あまり人のことを言えた義理ではないというのが本当のところかと思います。



凜amuro001 at 22:33│コメント(7)トラックバック(0)