日中関係

2015年08月10日

 ディズニーのツイートがいろいろ問題になっているようなので、これについて少し。


1 事案の紹介

 『スポニチアネックス』の「ディズニー“不適切ツイート”謝罪 長崎原爆の日に『おめでとう』」によると、「ウォルト・ディズニー・ジャパンは9日、公式ツイッターが『長崎原爆の日』の同日に『なんでもない日おめでとう。』と投稿し、物議を醸した問題について謝罪した」そうです。

 このツイートは8月9日に「『なんでもない日おめでとう。』と日本語でつぶやかれた」もので、「『ふしぎの国のアリス』のアリスがケーキを手に『A VERY MERRY UNBIRTHDAY TO YO!』と書かれたイラストが付いてい」ました。

 「『誕生日以外の残り364日』を祝うもの」でしたが、「この日が長崎原爆の日だったことから『きょうじゃない』『日本の公式がするツイートじゃない』などとインターネット上には批判の声が殺到」し、炎上する騒動となりました。

 結果、「9日午後3時には当該ツイートを削除。午後7時すぎに謝罪文を掲載」するに至ったという次第です。


2 「悪意」

 まともに考えると、「誕生日以外の残り364日」なので、いつでも良かったわけですが、たまたま8月9日にあたってしまったというところでしょう。

 このツイートをした人に悪意があったとはとても思えず、深い考えもなしに行ったツイートが「なんでもない日」という言葉のために、悪意のある言葉ととられてしまったというパターンかと思います。

 正直このニュースを初めて見た時、8月9日はまずいだろうと思ったのですが、この記事を見てすぐに思いだした事件があります。


3 記念日

 2011年9月18日に中国で大人気の蒼井そら氏が、中国版ツイッター・微博で「Vサイン」を示す写真を掲載しつつ、「超開心(超楽しい)」とつぶやいて、フォロワーの批判を浴びて謝罪したことがあります。 

 9月18日は、中国にとって日本がらみでは忘れることのできない日の1つで、満州事変勃発(柳条湖事件の日)となっています。

 よりによって、この日に勝利のVサインと「楽しい」とあわさった結果、多大な非難がよせられたという話です。

 同様に今年(2015年)の7月7日、在中日本大使館が、中国版ツイッター・微博で七夕を祝うメッセージを書き込んだところ、炎上騒ぎが起こっています(参考「尖閣問題について中国人が考えた対処法)。

 札幌のビール祭りの宣伝を兼ねて、七夕を祝うメッセージと「1年のうちで最もビールがおいしい季節がやってきました!」と書き込んだところ、7月7日は「七七事変(盧溝橋事件)」だろうという批判が起こったというものです。


4 感情

 蒼井そら氏の事件には何をそこまで神経質になることがあるのかと思ったものですが、日本大使館の書き込みには、少し注意が足らなかったのではないかというのが正直な感想です。

 たぶんこれは、いじめ問題などにも共通するのでしょうが、傷つけられる立場に立たないと本当のところで物事は見えてこないということなのでしょう。

 日本人にとって原爆投下が特別な感情を持ってとらえられる日の様に、中国人にとっては満州事件関連の日というのは無視できる日ではありません。

 蒼井そら氏という一個人の発言であればと思うのですが、こうした敏感な日について不用意な書き込みをする大使館職員には少し脇があますぎるのではないかと思わざるを得ません。


5 最後に

 物事は自分がやられてみて初めて理解できることが多々あり、今回の事件も原爆投下という日に「無神経」と言われても仕方のないツイッターをして批判を受けたわけですが、多分日本人だからこう思うという話でしょう。

 正直アメリカ人にどれだけこうした感情が理解できるかという面もありますが、これは日本人が7月7日に中国となると「七夕」しか思いつかないのと、同じなのかもしれません。

 念のため補足しておきますが、蒼井そら氏も在中大使館のツイートも中国語で中国向けに書かれていたからだというのが最大の原因です。

 今回の騒動も日本語でなく、英語でアメリカ国内でつぶやいたのならおそらく誰も問題にしなかったでしょう。斯様に誰に向けているかという問題があり、特定の人に向けているなら、それなりの注意を払うべきだというのが今回、私の得た教訓です。



凜amuro001 at 20:20│コメント(4)トラックバック(0)

2014年12月07日

 思いっきり体調を崩してしまい入院していた関係で、ブログが更新できず大変申し訳ありませんでした。体調が完全ではないので、すいませんが、短めの記事で失礼します。


1 記事の紹介

 環球時報が掲載していた「日媒热议中日互动加强 看好中日关系回暖」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。

 これは、世耕弘成官房副長官は5日の記者会見で、李克強首相が「新日中友好21世紀委員会」の構成員と会談したことを評価したことを受けて書かれたものです。

 何でも、日本メディアも日中の関係は強まると見ているそうです。『共同通信』は「李克強が、APECで、日中首脳会談、外相会談後に、中日友好21世紀委員会の双方の構成員と会談したのは、日中関係を更に改善する積極的な動き」としている。

 中国側の当該委員、清華大学国際問題研究所の劉江永教授は『環球時報』に、今回は会見にしかすぎず、会見ではないので、面会しても具体的な合意に話がまとまることはありえないとしている。

 その後『朝日新聞』や『毎日新聞』の今回の李国強の会見で日中関係が強化されるという同じような見方を紹介しています。

 ただ、最後に『読売新聞』を紹介し、こうした意見だけでなく、防衛省の発表を引用し、中国海軍の駆逐艦など5隻が、大隅海峡を通って太平洋に向かった演習をしていることを記事にして、警戒を怠ってはならないともしている。


2 日中関係

 ま、如何にもな感じの記事です。日中関係は既に完全に良くなることもなければ、完全に悪化することもないというのが私の基本的なスタンスです。

 中国としてもそれは良くわかっている話かと思いますが、それを正面だって言ってしまうといろいろ国内の反対意見を受けて面倒くさいことになってしまうので、あくまで日本側がそうしていると(そう思っている)というのはいつものことです。

 それとやはり今回興味深かったのは、「会談」ではなく、「会見」にしか過ぎないと強調していることで(APECでの首脳会談がもたらしたもの)、どうあっても中国側では正式な会談と認めるつもりはないようです。


3 最後に

 日本のマスコミの紹介として『朝日新聞』と『毎日新聞』を中国に好意的なものとして、『読売新聞』を敵対的なものとして紹介しているのも如何にもです。

 そういう意味で、本当に如何にもという感じの記事で、多分今後も日中関係はこのまま一進一退なのだろうなと思わせてくれる興味深い記事だったというのが私の感想です。



凜amuro001 at 07:28│コメント(7)トラックバック(0)

2014年11月08日

 北京で10、11日に開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で日中の首脳会談が実現するかどうかに注目が集まっております。これについてマスコミ各社の見方がいろいろ分かれており、興味深かったので、これについて少し。


1 各社の報道

 ① 朝日新聞

 「日中首脳、対話の意向 北京APEC 面会形式を調整中」では、「中国の習近平(シーチンピン)国家主席は、・・・訪中する安倍晋三首相と対話する意向を固めた」としています。

 その理由として、「中国側にも、悪化する両国関係への懸念は強く、APECの場で全く接触をしないことは外交上、得策ではないと判断した模様だ」とする一方、「形式などについて日中両政府間で最終調整をしている」そうです。


 ② 共同通信

 ある意味これと反対の見解を示しているのが、『共同通信』の「日中首脳、正式会談見送りの公算 今月の北京APECで」で、「水面下で環境整備を進めていた正式な首脳会談が見送りとなる公算となった」としています。

 代わりに「短時間の非公式会談とする方向で最終調整する」そうで、「北京で日中両首脳が顔を合わせても正式な2カ国会談が行われない異例の展開となりそうだ」としています。


 ③ 読売新聞

 ある意味、はっきりしないのが、『読売新聞』の「日中首脳会談、来週実施へ最終調整…3年ぶり」で、「日本と中国の両政府が、・・・安倍首相と中国の習近平(シージンピン)国家主席による初の首脳会談実施に向けた最終調整に入ったことがわかった」としています。

 「国際会議での短時間の接触などを除けば、中国国家主席との日中首脳会談は2011年12月以来約3年ぶり」としていますが、その一方で「日中双方の関係者が今後、水面下で首脳会談に向けた最終的な詰めを行う方向で、会談の形式なども調整している」としています。


2 ホスト

 これらの報道をみると、中国側はAPEC主催国として、ホストの役割を果たさなくてはならず、「客」として中国を訪問する日本に対して、全く無視という態度をとることはできないということかと思います。

 そのため、何らかの形で、習近平国家主席と安倍首相は合って話をするということでは間違いないようです。

 問題はそれを正式な「会談」と見なすかどうかという話で、『朝日新聞』は少なくとも両者が「対話」をする以上、正式な会談と考えているようですが、『共同通信』は「正式な首脳会談」とはみなしていないという話かと思います。

 結果、『読売新聞』はどちらともとれるという書き方をしており、私的には一番無難な書き方かと思っています。


3 関係改善

 ここからは私の勝手な推測ですが、『朝日新聞』はどうも自分の希望的観測で記事を書くことが多いと思っており、「会談」が行われることによって、日本と中国との関係改善が進むとの期待が言外にあるような気がしてなりません。

 確かに話さないよりは話した方が良いわけですし、これまで頑なな態度をとってきた中国が折れるような形になっているわけで、関係改善を期待するのもわからないではありません。

 ただ、一回の「会談」で全てが解決するわけもなければ、日中関係などは良くなったと思っても何があると容易に悪化するものだと私は割り切っているので、あまり期待もしておりません。


4 最後に

 そういう意味で、私自身今回の会見(会談)が実現しようがしまいが大した変化はないと思っているわけですが、いろいろ期待している人はいるという話です。

 確かに、今回の機会を逃せば、後はいつ会えるかという側面があることは否定しませんし、一回合ってしまえば、あとはハードルが下がるという側面もあるかと思います。

 ただ、私はあまり形式にこだわるのはどうかと思いますし、話した時間が何分かとか変なところにこだわるものどうかと思っているという話です。



凜amuro001 at 06:46│コメント(11)トラックバック(0)

2014年09月11日

 『環球時報』が掲載していた「日本对华好感度低不等于敌视」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。


1 記事の紹介

 日中共同世論調査で、中国に対して良くない印象を持っている日本人の割合が93%に上ることが分かりましたが、その原因等について述べているものです。

 まず大きく以下の3つの原因による結果としています。

 ①領土問題では、民族の対立となり、日本国内での差異を覆い隠してしまう。

 ②日中の経済格差が広がっており、中国の高度経済成長が日本にプレッシャーを与えている。

 ③侵略の歴史という認識が不足しているので、保守勢力の影響を容易に受けてしまう。

 また、日本人は物事を悲観的に考える方向があり、また、日本人は政府やマスコミの影響を受けやすく、こうした機関の誘導が大きな原因としています。

 ただ、この筆者はこうした好感度の低下は必ずしも敵視を意味しておらず、40年に及ぶ民間友好運動があるし、貿易の相互依存もあり、一般の日本人は相対的に穏やかな中国観を持っており、中国脅威論を受け入れていないとしています。


2 中国の主張

 ま、『環球時報』に掲載されたものなので、間違っても中国側にも原因があるなどということは書けないのでしょうが、日本人である私に言わせるとこうした自分たちの非を認めず、一方的に日本を責任を押し付ける態度が好感度を下げている最大の原因かと思います。

 また、不景気に苦しむ日本が高度経済成長を謳歌している中国をねたんでいろいろ複雑な感情を持ちそれが日中関係に影響を与えているという主張は、はっきり言って聞き飽きたというのが本音です。

 ただ、中国にしてみれば、自分たちの自尊心を満足させることができ、更には関係悪化の原因を日本側に押し付けることができるとても優れて主張ということなのでしょう。

 関係悪化に対するマスコミや政府の影響もはっきり言ってこうしたものの影響を強く受けている中国人にとっては、すごく説得力がある話ですが、日本人がこうしたものをどこまで信頼しているかはかなり疑問です。


3 お互い様

 実際、今回の調査では、日本に対して良くない印象を持っている中国人も86.8%に上っており、日本に対してこうした原因を分析を行うのであれば、同じようなことを中国に対しても行うべきかと思います。

 その際、マスコミや政府の影響については、中国は日本以上です。学校教育は言うに及ばず、何か問題があると常に日本に責任を転嫁する中国政府、それを日常的に報道するマスコミ、こうした公式のものだけでなく、日常的に放送されている反日ドラマ等々。

 こうしたものの影響を普段受けている中国人がどのような思考パターンをとるかは容易に想像される話です。


4 お互い様2

 それに中国の高度経済成長にあこがれる日本人という話ですが、私に言わせれば高度経済成長はできていても国内に様々な問題を抱える中国の方が外国に対するあこがれは強く、それが複雑な影響を与えていると考えます。

 食の安全や豊かな自然という本来もっとも重視されなくてはならないところが全く守られておらず、売っているものも何を信頼したらよいかわからないのが中国の現実です。

 それに経済は確かに発展したものの、貧富の差は大きく、確かに夢や希望を抱いてパワフルな中国人が多いことは事実ですが、その一方、病気やけがをしたときに社会保障分野での整備がなされておらず、ひどい待遇を受けている方が多いことも事実です。

 そして、先に述べた貧富の格差や、共産党と関係(コネ)のある者にはどう頑張っても勝てない現実があり、こうした中国の負の面に悲観している方がいることも事実です。


5 最後に

 ある意味、いつもの中国の主張でツッコミどころは満載ですが、それでも日本に対して完全な敵意をむき出しにした記事ではないというのが印象的でした。

 これが今の中国の限界かもしれませんが、願わくばもう少し「謙虚」という言葉を学んでいただければ、日本の中国に対する好感度も上がるのではないかと思った次第です。



凜amuro001 at 23:43│コメント(30)トラックバック(0)

2014年08月26日

 何とか帰国したものの、時差ボケがひどく、体調が思わしくなく、更新が遅れぎみとなっており、誠に申し訳ありません。


1 批判

 明治天皇の玄孫で作家をしておられる竹田恒泰氏が、自身のYouTube公式チャンネルで、舛添要一東京都知事が訪中した際、中国側から印鑑をもらっていたことを批判しておりました。




 名前だけは存じ上げていたのですが、今回彼の放送を見た正直な感想は、批判をするにしても、もう少しきれいに批判できなかったのかということです。

 外国や他人を批判するということは、常に自分も批判される可能性を自覚していなくてはならないということで、中国の民度などについて批判をするのであれば、自分の民度にも気をつけるべきではないかと考えます。


2 目立つこと

 ま、作家としてやていく以上は他人以上に目立たなくてはならないということがあるのかもしれません。彼の場合「明治天皇の玄孫」という売りがあるわけですが、最初は使えても、いつもでもとなるとおそらく無理があるでしょう。

 結果、自分にいろいろキャラ付けをして、他の作家との差別化を図ることが必要となっているのかもしれませんが、私的には悪目立ちの様な気がしてなりません。

 もちろん、私ごときが他人の生きざまをどうこう言える話ではないのですが、それは彼も同じで、言い方にあまりに品がなく、もう少しやりようがあったのではないかと思っているという話です。


3 印鑑

 散々YouTubeでは、「卑弥呼か」とおっしゃっていたわけですが、それは「親魏倭王」という文字が金印に彫られており冊封体制下でなされた行為を想起させるという話かと思います。

 日本の場合どうしても、「漢委奴国王印」の金印が有名なので、金印が真っ先に思い浮かぶわけですが、地位に応じて玉印・金印・銀印・銅印が授与されたようです。

 そのため、今回本気で舛添都知事の印鑑を問題とするのであれば、材質や書かれていた文字なども全て踏まえたうえで、どうかという話をすべきかと思いますが、「印鑑」というだけで脊髄反射的に批判しており、これもどうかと思ったものです。


4 最後に

 良くあるパターンですが、相手を馬鹿にするあまり、自分もかなりひどい行動をとってしまうことがあります。

 自分としてみれば、相手がやってきたからそれに対抗しているだけという話かもしれませんが、第三者にしてみるとどっちもどっちにしか見えません。

 そういう意味で日本のヘイトスピーチだけをどうこう言うつもりはありませんが、あまり見ていて気持ちの良いものでないことは確かで、ふとそれに共通する物言いだなと今回のYouTubeを見て思ったという話です。



凜amuro001 at 23:51│コメント(14)トラックバック(0)