政治とは

2015年09月08日

 欧州の難民問題はについていろいろ思うことがあったので、これについて少し。


1 現実

 これについては、本当に難しい話で、国際政治の世界では南北問題などで、困っている人がいるのだからその人たちをどうするという形で以前から提起されている問題です。

 ただ、南北問題と大きく違うのが、これまでは貧しいアフリカなどの地域への援助という形でどの程度のことをするかという問題だったのが、今回は「難民」という形で自分達の目の前にいるということです。

 なんだかんだ言っても自国からは遠い外国の問題という形で対処していればよかったのが、自分達の国で、自分の目の前にいて、食料や住居を求めているとなれば、話が変わってきます。


2 同情

 報道などによるとドイツに入った難民の方々がいろいろもてなしをうけたそうです。これ自体はわからない話ではありません。

 苦労して祖国から逃げてきた方々が、ヨーロッパを何日もかけて歩いてゴールと思われるドイツに来た姿を見れば間違いなく人の心をうつと思います。

 特にドイツの場合、第二次世界大戦時の記憶や西ドイツが東ドイツを吸収統一した後の苦労などを思いだすと、どうしても他人事とは思えなくなってしまうのかと思います。


3 現実

 現在の浮かれきっている状態を否定する気はありませんが、まさにドイツが再統一した時の状態と同じようなところがあるのではないかとも思っています。

 あの時は統一さえすれば、旧東ドイツの人は豊かな暮らしができると思ったわけですが、現実はそんなにあまくありませんでした。

 今回も同じで、ドイツにたどり着きさえすればと思っている人が多いと思いますが、現実はそんなにあまくないでしょう。

 毎日押し寄せる難民、彼らへの援助をどうするか、最後は税金しかないわけですが、そうなるとその不足分を自分達の福祉を減らすなどの形で、負担しなければなりません。

 それに対して、当然良しとしない方が多いわけで、難民排斥という話にもなりかねません。実際私もドイツでは少し嫌な思いをしたことがあるので、特にそう思います(ドイツ人とフランス人を白人として一緒にすること)。

 それに、難民が来て本当に困るのは豊かな人ではなく、貧しい暮らしをしている人たちです。結果、貧しい生活をしている人たちが難民を憎むという弱者が弱者を排斥するという悲しい事象も起こりがちになります(格安航空会社とドイツのトルコ人


4 国

 国境などはある意味人為的に後からつくったものなので、どうしても陸続きの歩いていけるところに安全で食料のある地域があるとなると、そこに行きたいと思うのは当然です。

 かといって、今は国というシステムを通して国民から税を集めそれを国民に再分配するというシステムが構築され、国民も負担を負っております(「革命」後のエジプトと「自由」)。

 そのシステムには治安なども含まれており、難民が来ると彼らへの直接の支援以外に社会の維持などをどうするかという話にもなります。

 難民として来た人も職を見つけることができず、生活が苦しいとなれば、犯罪を考える人も出てくるでしょう。

 そうなれば、「○○人=犯罪者」というイメージを持つ人も出てきて更なる悪循環に陥ることも考えられます。


5 最後に

 難民問題は一朝一夕に片付く問題ではなく、特効薬もないので、私もどうしたら良いなどという話を簡単にするつもりはありません。

 更にやっかいなのは気が付いたらものすごい数が自国にいるということで、急いで処理をしなくてはならない問題が山積みとなることです。

 最近の中国の景気低迷などを見ていると、日本も他人事でないわけで、この問題については、他人事、遠くの国のことと思わずに、自分達の問題として、真剣に考えることが必要だということだけは間違いないと思った次第です。



凜amuro001 at 22:04│コメント(7)トラックバック(0)

2015年09月02日

 昨日エントリーさせてもらった「参加者を高揚させるデモと盛り上がらない選挙」はありがたいころにBLOGOSにも転載いただき、いろいろな意見をもらうことができました。

 そこで多かったのが、国民投票などを行った日には、衆愚政治になってしまうという感じの意見でした。個人敵には反対意見もあるかなと思っていたのですが、どうも反対一色で、いろいろ思うことがあったので、少し。


1 衆愚政治

 確かに「素人」(といって悪ければ、政治の政策立案に慣れていない方)に政治をさせるとどうなるかということは、社会党のマドンナ候補や民主党政権で嫌という程見せられたかと思います。

 政治は1つの政策が他方面に与える影響が大きく、思いもしかなった効果(大半は副作用)をもらたすことが多いので、思い付きでやられた日にはトンデモないことが起こります。

 それに理想は素晴らしくてもそれを立案する能力がなければ、絵にかいた餅で何の役にも立ちません。政治は結果責任ですので、それがもたらした結果が全てです。

 そういう意味で熱狂だけで国の行く末を決めた日にはどうかなるかというのは、いろいろご指摘のあったかつての戦争に至る道が良く示しているかと思います。


2 政治参加

 そこで前回のエントリーに戻るわけですが、私は国民は広く政治に対する関心を持つべきだというのが持論です。

 政治は自分の生活を決めてしまうものなので、どこまで関与するかは別にして、今何が行われているか、その結果、それが自分にどのような変化をもたらすか位は常に考えておくべきかと思っております。

 実際問題、国民が政治に参加できる場とは、選挙くらいしかないわけですが、ただ、名前を書くだけでは、はっきり言ってどこまで参加意識が刺激されるかという話で、あまり面白くもありません。

 その点デモに参加する人は確かに自分たちが何かをしているという高揚感を味わえるわけで、私的にはそこが最も関心がひかれたところです。

 そういう意味で前回のエントリーは「参加者を高揚するデモ」とそれに対して参加意識を喚起できず面白味が少ない「盛り上がらない選挙」という題をつけさせてもらったわけです。


3 国民投票

 そこで盛り上がるために何が一番良いかとなると考えたのが「国民投票」です。私の書き方が悪かったのかもしれませんが、私はそういう国民の政治に対する意識を高めるために「国民投票」が理想としただけで、別に国民投票そのものに、それ程期待をしているわけではありません。

 「これなら、国民の意見が政策を決めているので、誰も反対できません」と書いたのも、極端な話国民投票でお墨付きをもらってしまえば、誰も反対できないという意味で書いております。

 前提として考えてもらいたいのが、そういう形で国民投票を行う(利用する)としたら、与党が行うので、何も自分に不利な投票を行う必要はありません。新聞の世論調査が良くやるように、世論誘導型の国民投票を行うことも可能でしょう。

 また、何も単純な「yes」「no」にする必要などは全くないわけで、ある程度結果(選択肢)をぼやけたものにしておいて、それを受けて政治家が判断する余地を残すという形も可能かと思います。


4 最後に

 政治は理想だけでは動きません。しかし、理想なしでも動かないわけで、「直接民主制」という錦の御旗をこういう形で使うことを理想として掲げるのはどうかというのが出発点です。

 それと同時に、そうしたものをどう利用するかというのも1つの見方であり、更に国民の政治に対する関心を高めることができるという効果も期待できるわけで、その意味で私は「国民投票」は良いものだと思っております。

 むろん以前書いたように、単純に国民投票を理想化したりするつもりは毛頭ありません(ギリシャの国民投票と自己責任(民主主義))。

 ただ、先に書いたように政治は結果責任で、執政に失敗すれば、政治家が辞職や落選など、その責任を負うわけですが、国民も主権者として当事者意識をもってもらえればという思いはいつもあり、そういう意味でも「国民投票」は面白いというのが私の感想です。



凜amuro001 at 23:55│コメント(0)トラックバック(0)

2015年09月01日

 橋下大阪市長のツイートをまとめた「こんな人数のデモで国家の意思が決定されるなら、サザンのコンサートで意思決定する方がよほど民主主義だ。」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。


1 ツイートの内容

 市長は以下の様に述べております。

 デモは否定しない。国民の政治活動として尊重されるのは当然。政治家も国民の政治的意思として十分耳を傾けなければならない。ただしデモで国家の意思が決定されるのは絶対にダメだ。しかも今回の国会前の安保反対のデモ。たったあれだけの人数で国家の意思が決まるなんて民主主義の否定だ。

  日本の有権者数は1億人。国会前のデモはそのうちの何パーセントなんだ?ほぼ数字にならないくらいだろう。こんな人数のデモで国家の意思が決定されるなら、サザンのコンサートで意思決定する方がよほど民主主義だ。

2 選挙

 市長の発言はわからないではありません。国会前のデモは今回いろいろな数字がおどっておりますが、数万からいっても10万というところでしょうか。

 もし、今後10万人規模の反対意見があればすべての政策が動かないというのであれば、選挙や政治家などは必要ありません。

 ただ、選挙のような間接民主制は必ずしも論点が1つに限られないことや、被選挙人の能力も考慮に入れなくてはなりません(中国の民主主義批判に対する個人的意見中国の民主主義批判に対する個人的意見2)。

 極端な話、自分の支持する政策を掲げる素人と、自分の支持する政策とは少し違うが政策(立案)能力の高い人のどっちを支持するかという話にもなります。


3 選挙2

 今回のデモのような直接民主制は自分が政治に参加していることが実感できるので、選挙の様な単に決められた日に投票上に行って名前を書いて終わりというお仕着せのものとは異なります。

 選挙が何故盛り上がらないかというと、日本の場合自分達の候補者という意識が薄く、後援会組織に代表される大きな組織を如何に有しているかが勝敗を決めるということが大きいのではないでしょうか。

 組織が大きくなればなるほど、個人の活躍できる部分は小さくなるわけで、結果自分達が参加できる部分も少なくなります。


4 直接民主制

 その点、今回のデモは自分達のやるべきことが見えているわけですし、参加するという意識を感じる場としてはかなり適しております。

 結果、かなりの高揚感が得られるわけで、それが高じて、どこぞの政治学者の様にいろいろ激しい発言をなさってしまった方もいるようです。

 現実問題としてこれだけ巨大化、専門家してしまっている現代国家で直接民主制がどこまで運用できるかは疑問で、私個人としてはこうした高揚感は容易に過激化しやすく、そういう意味でもあまり賛成できません。

5 最後に

 しかし、主権者として国民が政治に関心を持つことは極めて良いこととおもっており、その一環としてこうした活動を通じて当事者意識を持つことは大変望ましいことと考えております。

 政治家は選挙で自分が選ばれて人という意識があるせいか、選挙を重視し、直接民主制に否定的な方がいるようですが、私は直接民主制も民主主義においては極めて大事なものと考えています(民主主義は強者のものか)。

 そのため、今回の安全保障問題についても、できるなら国民投票を行いその可否を決める位のことをしてもらいたいとも思っています。

 これなら、国民の意見が政策を決めているので、誰も反対できません。もちろん国民投票が万能というわけではありませんが(ギリシャの国民投票と自己責任(民主主義))、私の考える理想はできるだけ国民投票を行い、国民の関心を提起するというものです。



凜amuro001 at 22:23│コメント(6)トラックバック(0)

2015年07月06日

 以前ギリシャの国民投票については、書かせていただきましたが(ギリシャの国民投票と自己責任(民主主義)、その時私が想定していたのは、何だかんだ言って国民投票ではEUなどが求める財政緊縮策へは賛成となるだろうということでした。

 それが、今回は反対票が多数を占め、更に賛成反対が拮抗という話もあったのが、ふたを開けてみるとかなりの大差がついていたわけで、これにはびっくりしたというのが正直なところです。


1 国民投票の結果

 それで、何故こうしたことが起こったのか、考えてみたいと思ったのが今日の出発点です。おそらく最大の理由はチプラス首相らが主張していた、今回の財政緊縮策をつっぱねても大丈夫だという主張をギリシャ国民が(無理矢理)信じたというところかと思います。

 ギリシャの一般国民にしてみれば、緊縮財政にはうんざりしていたというのは間違いありません。

 しかし、これを受け入れないとEUから追放されてしまうのではないか、ひいては自分達が現在使用しているユーロという通貨を使うことができなくなってしまうのではないかという恐怖感からいやいや従っていたというところでしょう。

 それについて、もう緊縮財政はしなくて良いのだ、しかもEUから離脱しなくても良いのだとなれば、これに飛びつく人が出るのもやむを得ない面があるかと思います。


2 わざと騙された国民

 ただ、そんなにおいしい話があるのかという話で、まともに考えればEUがそんなギリシャにだけ都合の良いことを受けいれてくれるとは思えません。

 そんなことをすれば、ギリシャ以外のEUに債務を負っている国が同じようなことを主張してくるでしょうし、国民投票でNoと言えば債務が減るのであれば、間違いなく当該国は国民投票でNoと主張してくるでしょう。

 ギリシャ人も、そんな虫の良いことを本気で考えているかという話になるわけですが、半分はわざと騙されている面も否定できないかと思います。

 実際、今ギリシャ国内は高い失業率や銀行(預金)がどうなるかわからず、未曽有の大混乱となっております。

 であれば、既にここまでぐちゃぐちゃになっている以上、少し位おかしくなってもどうということはないという考えから、もし通ればメッケモノ位の発想でNoと言ったのかもしれません。


3 債務国

 ギリシャにはEUが多額の融資を行っているわけで、万が一ギリシャがデフォルトという話になれば、EUもただでは済まないのは言うまでもありません。

 だからこそ、これまでEUは何とかギリシャの債務問題を軟着陸させようと努力してきたわけです。EUにしてみれば、これまでいろいろ努力してやってきてやったのに、ギリシャがやけくそになって全て台無しにしてしまったという話にしか見えないかもしれません。


4 最後に

 普通に考えれば、EUもギリシャもチキンゲームを行っているという話で、傍から見れば、きちんと互いに話あって、世界経済に影響を与えるなという話でしかありません。

 傍からみれば、わかりきった話も当事者になるとうまくいかないという話はよくありますし、苦しんでいるギリシャの国民の気持ちもわからないではありません。

 ただ、私的には、今までギリシャは身の丈以上の生活を享受してきたから今の苦しみがあるという話にしか見えないというのも本当のところです。

 翻って日本のことを考えてみるに、身の丈にあった生活をしていないという意味では日本も全く同じで、毎年あれだけの額の赤字国債を発行(借金を)して今の豊かな生活を享受しているのは間違いありません。

 そして将来、日本が緊縮策をとらざるを得なくなったとき、日本もギリシャと同じ何故という国民投票の結果を選択しないか、以前耳障りの良い声に先導された「歴史」があるだけに、あまり自信を持って答えることができないというのも偽らざる気持ちです。



凜amuro001 at 22:49│コメント(2)トラックバック(0)

2015年06月29日

 EUなどの債権国による緊縮財政要求に対し、ギリシャのチプラス政権は国民投票の実施を宣言し、ギリシャのユーロ離脱ひいいては、債務不履行(デフォルト)という危機になってしまっております。

 これについては、基本的に経済の問題として、そちらの方面に明るい方がいろいろ論じられておりますが、私的には政治学的にもかなり興味深い問題だったので、これについて少し。


1 民主政治

 以前、同じギリシャのパパンドレウ首相がユーロ圏諸国によるギリシャ支援の諾否について、国民投票を言い出したことがあり、そのときにも考えたことですが(ギリシャ危機と民主主義)、傍目から見ているだけなら、かなり興味深い問題です。

 国民投票は言ってみれば、直接民主主義で、自分たちことは自分たちできめるという意味での民主主義であれば、これ以上のことはありません。

 実際問題国民投票で債権国の提案を否決などということになれば、本当にEU離脱、デフォルトという選択肢が現実味を帯びてくるわけで、かなり大変なことになるのは間違いありません。


2 自己責任

 ただ、主権を持った一国がそういう決断をしたのであれば、それを尊重すべきという理屈にもなりますし、その結果どのような不利益を被ろうとも自己責任という話にもなります。

 ここは経済的観点であれば、その結果他国が迷惑を被るという話も出てくるわけですが、あくまで政治的な面での「責任」という観点から話をしております。

 実際、経済の素人である私が見ても、今後金を貸してくれるところはなくなるでしょうし、信用を無くしてしまった以上輸入をどうするのかという話にもなります。

 まさか、現金決済のみというバカな話もないでしょうが、ギリシャの食料自給率や、石油などの燃料をどう確保するのかを考えてもデフォルトで被害を被るのはギリシャ国民です。


3 政治家の責任

 今回、確かにEUなどの債権国との交渉が難しかったことは初めからわかっていたことです。改革には痛みが伴いますが、ギリシャにしても改革疲れから、こうした改革案に反対する声が多くそれを受けて成立したチプラス政権の苦悩もわかります。

 ただ、今回の国民投票という提案を聞いたときに最初に思ったのは、単なる責任逃れではないかという観点です。

 先に述べたように、国民投票自体が悪いとは思いません。ただ、今回の問題は高度な駆け引きが要求されるもので、感情論でどうこうできるものとは違うと考えております。

 それを国民投票という形で解決しようとするとどうしても国民の感情が入り込みますし、政治のプロたるべき政治家は責任を国民に丸投げし、何もしなくても良いのかという思いもあったのが正直なところです。 


4 最後に

 実際、「国民投票」と一口に言っても、投票率がどの程度になるのか、賛成・反対がどの程度わかれるのか、チプラス政権がその結果にどれだけ拘束されるのかは不明です。

 となると、チプラス政権の時間稼ぎ、もしくはEUに対する牽制という見方も出てきます。ただ、EUにしてみれば、もうウンザリといったとこでしょうから、どこまで効果的かは疑問です。

 今回はあくまで民主主義という観点から好き勝手述べさせてもらいましたが、国際政治の観点であれば、EUにくさびを入れる良い機会で、ロシアの行動などそれはそれで面白い見方があるかと思いますが、今日はここまでにさせていただきます。



凜amuro001 at 22:52│コメント(87)トラックバック(0)