ポイ捨て

2016年05月09日

 上海のディズニーが6月16日に開会する前にいろいろ内覧会の様なようなことが行われているようです。ただ、どうも日本のネットなどを見ると少し偏りすぎているのではないかと思ったのでこれについて少し。


1 不文明

 ある種最も典型だと思ったのが、『ロケットニュース24』が掲載していた「 【悲報】上海ディズニーエリアがプレオープン → マッハで糞尿が! ラクガキもされ花も踏みにじられる / ネットの声「夢の国が “ゴミの国” だ」」です。

 内容は表題だけで大体想像がつくかと思いますが、「1週間もたたずにマッハでウンコやオシッコが散乱。ラクガキまでされてしまった」という記事です。

 記事には他に、you tubeの中国語の映像記事が掲載されており、「ここに来た」という文字を刻みこんでいく人や、上ってはいけないところをかなり危ない様子で上っている人々の様子などが紹介されております。

 そして、そうした様子をみて嘆いている中国人の様子なども紹介されています。


2 別の紹介

 映像で見るとかなり衝撃的ですが、中国ではある種当たり前の行動パターンで、こんなものかという感じで、多分そういう人もいるだろうというのが正直なところです。

 ただ、日本に紹介するときに、こうした面だけが紹介されるのは少し違和感がないわけではありません。
you tubeを「上海迪士尼」で検索すると、他にもいろいろな記事をみることができます。

 例えば、『東森新聞 CH51』の「 最新》上海迪士尼試運營首日 演職人員親友受邀」などを見ると、かなり明るい面が強調されています。

 これを見ると日本のディズニーとそんなに遜色もない感じで、楽しんでいる様子(これを見て行ってみたいと思う感じ)になります。


3 別の紹介2

 もう1つ同じyou tubeにあった映像記事『中天新聞 CH52』の「上海迪士尼6/16號開幕 香港挫著等」を紹介させてもらいます。

 これは上海にディズニ―ができると香港の3倍の規模で、1年に2000万人の来客を見込んでおり、香港のディズニーはかなりの影響を受けるだろうとの記事です。

 また、上海ディズニーの入園料は公表されていないものの、最高価格は香港だけでなく、東京よりも高くなるのではないかとの見込みが報道されていました。

 上海ができれば、当然香港だけでなく、東京も比較の対象となるのは当たり前の話ですが、どうもこうした観点も見逃されがちかと思った次第です。


4 最後に

 どうしても上海(中国)というと、中国人はこうだという発想からか、特定の内容の記事が目につくような気がしたのが今日のエントリーの出発点です。

 最初に述べたように、それを否定するつもりはありませんが、それだけではないのが現実ですし、いつまでもそうした見方だけで良いのかというの偽らざる思いです。

 上海には東京にないアトラクションもできるようですし、入場者数も東京を超えるかもしれません。それにもかかわらず、一部の心無い中国人の行動だけを見て上海のディズニーはこうだと決めてかかるのはどうかと思った次第です。

 東京よりすごいところもある。こうしたことなども考えながら見ていないかと、それこそ偏向になりかねないかというのが私の本音です。



凜amuro001 at 23:18│コメント(2)トラックバック(0)

2013年05月05日

 『Record China』が掲載していた「中国人はなぜ『モノの奪い合い』に走るのか?―中国メディア」が興味深かったので、これについて少し。


1 記事の紹介

 日本語の記事なので元記事を読んでもらえば済む話ではありますが、私なりに記事をまとめさせていただきます。

 5月3日『人民日報(電子版)』

 4月3日、上海で初のH7N9型鳥インフルエンザ患者が報告された。江蘇省衛生庁がこれに対し、「漢方薬・板藍根の予防効果は高い」との公告を発表すると、新型SARSが流行した10年前同様、人々が先を争うように板藍根を買い求める騒動が起こった。

 結果、一部の地方では品切れ状態となった。2年前、福島原子力発電所での放射能漏れ事故が発生した時にも、人々が塩を買い占めるという現象が起こり、塩の値段が急騰した。

 こうした状況をみると、「中国人はどうしてすぐにモノの奪い合いに走るのか?モノを奪い合うことで、中国人が生き延びる活路が開けるのか?」と質問したくなる。

 日常生活でも、以下のような現象は珍しくもなんともない。

 ・信号を無視して横断する。
 ・座席を取り合う
 ・横断歩道のない場所で車道を横断する
 ・住宅購入に押し掛ける
 ・我先に切符を買い求める

 こうした「我先に奪い取る」という行為はごく日常茶飯事で、海外でも行ってしまうため、海外の観光地では、「順序良く並んで下さい」など、中国人向けに中国語表記の注意事項が掲示されている。

 「奪い合い」が中国人にとってひとつの習慣となってしまっているが、中国式「奪い合い」は、秩序のないカオス状態である。

 こうした「中国式奪い合い」が形成されたのは、さまざまな文化的要因による。つまり、「理性的思考の欠如」「規則の軽視」「群集心理」という三者が互いに結びつき、「中国式奪い合い」が中国人の日常生活のさまざまなシーンに現れるようになった。

2 個人的感想

 中国に初めて行った時、いろいろ手続きをしなくてはならないわけですが、最初に直面したのが、この行列の問題です(中国人と行列)。

 本当誰彼かまわず我先に手続きをしようとして、まったく行列を作らない様には本当にびっくりしましたし、正直呆れ返りもしました。

 慣れてくると一応子供は優先するとか、彼らなりのルールがあるということもわかってくるのですが、それも絶対というわけではなく、結構無茶をする人いるのでかなり酷い状態となります。

 確かに以前よりは改善されてきているのは間違いなく、それなりには行列をつくるようにはなっているようですが、あくまで表面的なもので、原発事故や鳥インフルエンザの様な切羽詰まった状態となると、やはり奪い合いとなる様です(放射能とSARSと買いだめ)。

 これについて、元記事では、3つの理由を挙げておりますが、うち「理性的思考の欠如」は本当によく使われるもので、法輪功事件が問題となった時も、理性的に行動し、こうした「邪教」を信仰しないようにというのは、良く聞いたフレーズです。

 「規則の軽視」は、ある意味自業自得な面があり、法治国家を掲げておきながら、共産党幹部などとの関係(コネ)が重視される中国で(中国の拝金主義(『朝日新聞』記事より))、どれだけこうした「規則」を重視するものがいるかという話になります。

 「群衆心理」は、どこの国にでもある話なので、とりあえず置いておきます。記事では「文化的要因」として3つ挙げていたわけですが、私は他に中国が何だかんだいって、発展途上国で、十数年前まで物不足が深刻で、極端な話、「金より物」を持っている方が強かった時代の影響もあると思っています。

 明らかに時代は変わっており、物資は比べものにならないくらい豊富なわけですが、人の性格(行動パターン)というのはなかなか変えにくいといったところでしょうか。

 それに中国は先に見たように、コネ社会であるが故に、コネを使うということは、特別扱いを要求しているわけで、結果、人を出し抜くという発想が強くなるかと思います。

 こうした諸々の要因が影響を与えているのでしょうが、国内だけならともかく、それを海外でやるなという話で、そうした行為が中国人の評判を低下されているのは間違いないと考えます。



凜amuro001 at 21:24│コメント(6)トラックバック(0)