東京

2016年05月09日

 上海のディズニーが6月16日に開会する前にいろいろ内覧会の様なようなことが行われているようです。ただ、どうも日本のネットなどを見ると少し偏りすぎているのではないかと思ったのでこれについて少し。


1 不文明

 ある種最も典型だと思ったのが、『ロケットニュース24』が掲載していた「 【悲報】上海ディズニーエリアがプレオープン → マッハで糞尿が! ラクガキもされ花も踏みにじられる / ネットの声「夢の国が “ゴミの国” だ」」です。

 内容は表題だけで大体想像がつくかと思いますが、「1週間もたたずにマッハでウンコやオシッコが散乱。ラクガキまでされてしまった」という記事です。

 記事には他に、you tubeの中国語の映像記事が掲載されており、「ここに来た」という文字を刻みこんでいく人や、上ってはいけないところをかなり危ない様子で上っている人々の様子などが紹介されております。

 そして、そうした様子をみて嘆いている中国人の様子なども紹介されています。


2 別の紹介

 映像で見るとかなり衝撃的ですが、中国ではある種当たり前の行動パターンで、こんなものかという感じで、多分そういう人もいるだろうというのが正直なところです。

 ただ、日本に紹介するときに、こうした面だけが紹介されるのは少し違和感がないわけではありません。
you tubeを「上海迪士尼」で検索すると、他にもいろいろな記事をみることができます。

 例えば、『東森新聞 CH51』の「 最新》上海迪士尼試運營首日 演職人員親友受邀」などを見ると、かなり明るい面が強調されています。

 これを見ると日本のディズニーとそんなに遜色もない感じで、楽しんでいる様子(これを見て行ってみたいと思う感じ)になります。


3 別の紹介2

 もう1つ同じyou tubeにあった映像記事『中天新聞 CH52』の「上海迪士尼6/16號開幕 香港挫著等」を紹介させてもらいます。

 これは上海にディズニ―ができると香港の3倍の規模で、1年に2000万人の来客を見込んでおり、香港のディズニーはかなりの影響を受けるだろうとの記事です。

 また、上海ディズニーの入園料は公表されていないものの、最高価格は香港だけでなく、東京よりも高くなるのではないかとの見込みが報道されていました。

 上海ができれば、当然香港だけでなく、東京も比較の対象となるのは当たり前の話ですが、どうもこうした観点も見逃されがちかと思った次第です。


4 最後に

 どうしても上海(中国)というと、中国人はこうだという発想からか、特定の内容の記事が目につくような気がしたのが今日のエントリーの出発点です。

 最初に述べたように、それを否定するつもりはありませんが、それだけではないのが現実ですし、いつまでもそうした見方だけで良いのかというの偽らざる思いです。

 上海には東京にないアトラクションもできるようですし、入場者数も東京を超えるかもしれません。それにもかかわらず、一部の心無い中国人の行動だけを見て上海のディズニーはこうだと決めてかかるのはどうかと思った次第です。

 東京よりすごいところもある。こうしたことなども考えながら見ていないかと、それこそ偏向になりかねないかというのが私の本音です。



凜amuro001 at 23:18│コメント(2)トラックバック(0)

2013年09月11日

 昨日のエントリー(東京オリンピック開催を利用しようとする中国)で個人的に大変興味を覚えたのが靖国問題です。靖国参拝をすれば中国がオリンピックに対して、どういう態度をとるか考えてみたらふと面白いかなと思ったのが今日の出発点です。


1 見方の変換

 昨日のエントリーもそうですが、外国の記事を読んでいておもしろいのは、自分がこれまでしたここともない発想を見せてもられえることです。

 主語をひっくり返して、自分たちが相手に思っていることを考えてみると、相手も似たようなことを思っているだけだとわかることもありますが、口で言うほど簡単ではないかと思います。

 その1つに靖国神社の参拝問題があり、日本にしてみれば、参拝問題を持ち出し、日本に批判を行うなど、中国が外交カードにしているという思いしかありません。

 しかし、中国には全く反対の見方が存在し、日本が「靖国参拝」を外交カードとして利用し、参拝しなことをして、日中関係改善のメッセージとし、これに中国が応じないと、その責任を全て中国に負いかぶせるということをしていると考える人もいます(日本は「靖国神社不参拝」という外交カードを持っている?)。


2 オリンピックボイコット?

 「韓国のオリンピックボイコット」などがネットでは話題となっているようですが、現実問題としてボイコットは簡単にできる話ではなく、与太話の域を出るものとは思えません。

 ただ、ブラフとして、靖国参拝をすればボイコットもやむなしというメッセージが寄せられる可能性はあるかと思っています。

 そうした時に、オリンピックの成功が何より至上課題となっている日本政府は昨日のエントリーではありませんが、かなり自制的な行動をとらざるをえないというのが現実かと思います。

 ただ、以前にも書いたように(閣僚の靖国参拝と中国・韓国の対応)、中国としては、首相もしくは重要閣僚の靖国参拝を認めないというのが本音ですので、こうした方々が参拝しない限りは、形だけの反発は行うでしょうが、それ以上の行動にでるとは思えません。

 オリンピック前に、靖国に首相が参拝したら、中国がどういう行動にでるかというのはかなり興味のある課題ではありますが、現実問題として、その時の首相がそうした冒険的行動をとるメリットは殆どなく、そうしたことを行う可能性はまずないと言っても良いかと思います。


3 シミュレーション

 シミュレーションとして、首相が靖国参拝を強行し、中国がそれに反発してオリンピックボイコットを宣言した場合、世界各国はどういう反応を見せるかということを、いろいろ考えてみるのも面白いかと思ったのですが、上に述べたような理由で、考えても無駄なので止めたというのが本当のところです。

 おそらく、中国の行動に賛同する国は韓国(北朝鮮)を除いて殆どないかと思いますが(靖国参拝を世界各国が批判?(実際は中国だけか)靖国参拝で中国が韓国と日本を批判、でも他の国は)、余計な波風を立てたとして、日本への風当たりが強まるのは間違いなく、日中両国どちらにとっても得策とは思えません。

 もし、このパターンで中国がボイコットを宣言すれば、韓国も宣言せざるを得なくなるだろうとも思いますが、最初に述べたようにこんなことを考えていても与太話の域をでるものではないので、ここまでにしておきます。

凜amuro001 at 03:23│コメント(10)トラックバック(0)

2013年09月08日

 何度か書いておりますが、私の基本理念として、この世に「真実」などというものは存在せず、あるのは、見た人がそれを如何に解釈(認識)するかだけだというものがあります(領土問題における「真実」らしさの重要性このブログは「公平」「中立」を重んじている?)。

 その典型例の1つがマスコミ報道で、同じことを報道しても読者に対してかなり違う印象を与えることが多々あります。今回韓国が日本産の魚介類の禁輸措置をとりましたが、これに対する『朝日新聞』と『夕刊フジ』の報道が大分対照的で興味深かったので、これについて少し。


1 朝日新聞

 『朝日新聞』は「『なぜ、今』 韓国の禁輸措置、被災地の漁業に衝撃」という記事で、標題に「なぜ、今」とあるように、確かにこれに焦点を当てた記事にはなっています。

 実際「漁業や五輪招致関係者からは、影響を懸念する声があがった」とか、「『なぜこのタイミングなのかわからない。汚染水漏れの発覚から時間がたっている。東電が認めたのも1カ月以上前だ』。水産庁幹部は困惑する」ともしています。

 しかし、宮城県漁協の菊地伸悦会長の発言「最悪だ。国の(汚染水への)対策が後手後手にまわった結果だ」「国は本気で漁業者の救済に当たってほしい。絶対に国内の消費者の不買につながらないようにしてほしい」を引用しており、日本国政府に対する批判にもなっている記事です。


2 夕刊フジ

 その点分かり易いのはこちらの「韓国、東京五輪潰し画策か!水産物禁輸で“危ない国”印象付け」です。

 「輸入全面禁止の対象県は、青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉の8県」だったわけですが、「汚染水流出が原因ならば、海がなく、韓国に水産物を輸出していない栃木、群馬両県が含まれることは」おかしいとしています。

 その上で、ジャーナリストの室谷克実氏の意見「このタイミングの発表は『日本=危ない国』という印象付けをして、東京五輪を妨害しているとしか思えない」を紹介しております。

 つまり、「もともと韓国の民間団体が日本の五輪招致に反対してきたが、国家規模になった」というわけだそうです。


3 政策決定

 今回の韓国の禁輸措置がどのような政策決定過程を経て出されたものか知らないので、これが本当に「東京オリンピック潰し」かどうかについてどうこういうつもりはありません。

 ただ、このタイミングでということについては、確かにいろいろ思う人がいても何の不思議もないという話です。

 それに『夕刊フジ』の指摘に有るように、栃木と群馬を指定しているのはおかしい話ですし、こうした恣意的な禁輸措置が可能となれば自由貿易を維持するという立場的(WTO的)にもどうなのかという話も出てくるのはないでしょうか。

 ちなみ中国なぞも領土問題でフィリピンと揉めた時に、バナナの輸入などでいろいろ嫌がらせをしてきましたが、あくまで事務的手続きレベルの話で(中国がフィリピンとの関係改善に5ヶ月、では日本とは?)、今回の様な表だった措置はとっておらず、こうした両国の対応の違いなぞも考えてみるといろいろ面白いかもしれません。


4 宮城県会長の発言

 水産業関係者が東電だけでなく、政府の対応に不満を持っているのは当然の話です。それにしても何故宮城県なのかという気もしないではありません。

 というのは、実際全面的な漁業自粛により、それなりの補償が行われている福島県の漁業者より、なまじ中途半端に漁ができるが故に宮城県の漁業者は補償などでも揉めることが多いという話を聞いたことがあります。

 つまりそれだけ政府や東電などに対して批判的になりがちで、こうした発言がでるのはある程度予想できた面があるからです。


5 最後に

 つまり、今回の禁輸措置を受けて、記者が最初にどの様な記事を書こうと思ったかによって誰に取材するかが決まっていた可能性が高いという話です。

 これは別に『朝日新聞』に限った話ではなく、『夕刊フジ』のジャーナリストの室谷克実氏にしても、『夕刊フジ』で「新悪韓論」を連載されている方なので、どのような発言をするかは初めからわかっていたはずです。
 
 取材という形をして、如何にも「客観的」に報道しているような形をとっているわけですが、実際は斯様に初めから書く内容を決めて取材を行っているわけで、あまりにも露骨に2つの媒体が正反対のことをしており、いろいろ興味深かったが故の今日のエントリーでした。



凜amuro001 at 06:19│コメント(13)トラックバック(0)