環境

2015年12月23日

 相変わらず時差ぼけの毎日で(フランス旅行雑感)、変な時間に目が覚めてしまい、やることもないので、日本のネットなどを見ているという最悪の時間つぶしをしております。

 そしたら、貧困問題についての記事がいくつか目についたので、これについて少し。


1 女性と子供

 最近の傾向として、どうも女性と子供に焦点が当てられているものが多いようです(『貧困の中の子ども: 希望って何ですか』)。

 以前は男性の低賃金労働者などに焦点があてられることが多かったわけですが、彼らにも妻や子供がいることがあり、その場合、どうしても貧困という問題は避けては通れません。

 ある意味、これまで見逃されてきた面にやっと関心が来たということもいるかもしれませんが、身もふたもないことを言ってしまえば、マスコミ的にこちらのほうが絵になるという側面もないとは言えない様な気がしてなりません。

 同じ困っているにしても、子供がホームレス同様の暮らしをしているのと、中年男性では全く受ける印象が異なります。

 子供の場合であれば、親の責任とは切っても切り離せませんし、保護という面での行政の責任なども出てくるかと思います。

 それに大人のホームレスは既に問題が長期化しており、今更という面や、自己責任という話も出てきやすく、最近ではあまり注目もされないようです。


2 負の連鎖

 それに、正直大人の場合は、どちらかというと中年以降の方が多く、これからどれだけ変わりうるかという問題もあります。

 その点まだ若年層であれば、これから変わりうる側面も多ければ、社会的にも何とかしてやろう(自分で何とかできるようになれ)という圧力が強く、それが関心に結びついている側面もあるのかと思います」(貧困の連鎖と親の影響)。

 それにどうしても子育ては自分がされてきたことがメインとなって行われるため、きちんとした生活習慣など基本的なことを親から教わってきていないため、自分が親になったときに教えることができないという例も散見されます。

 ただ、日本の場合は同調圧力が強いので、子供の頃であれば、学校で自分が家が他人と異なっていることにかなりの違和感を持つようになるのではないかと考えています。

 こうした時期にきちんとした指導などが行えれば、それなりのことはできるようになるかと思うのですが、実際問題家庭にどれだけ入っていけるか、どう行えるかはかなりの難題かと思います。


3 被害者意識

 最初に断っておきますが、私はいじめは絶対にあってはならないことだと思っていますし、いじめられる方が悪いなどとは全く思っておりません。

 ただ、中には仕事をしていてこの方はちょっとという人に出会うことも少なくありません。当然完全な人などはいないわけで、多かれ少なかれ皆欠点があるわけで、程度問題に過ぎないという側面もありますが、その度合いがと思ってもらっても結構です。

 例えば、学歴が高いことや、語学などの特殊技能ができることを、あまりに頼りにしすぎる方がおられます。学歴が高いこと、特技を持っていることはすばらしいことですが、当然仕事をする上ではそれがすべてではありません。

 他人に合わせることも必要ですが、たまたまそれが苦手だった場合、他人は私が○○に優れていることを妬んでいるなどという発想にいたっていることもあるようです。

 全くないとは言いませんが、実際文句を言っているのは仕事ができないことです。ただ、その人の話となるというどうしてもそうした○○が出てくることが多いので、当事者にしてみれば妬みととることになるのでは
ないでしょうか。


4 最後に

 ネットでの記事では、他に会社に正論を言ったら、問題視され、居づらくなって辞めたなどというのもありました。気持ちはわからないではありません。

 正しいことは正しいわけですが、会社にはこれまでのやり方もあれば、そうしてきた当事者もいる場合が結構あります。

 それらすべてを無視していきなり、正論をはいても、どれだけ相手にしてくれるかという話でしょう。それにどうも私の経験則ではそういう方に限って、自分のやり方を曲げないような気がしてなりません。

 他人に言うことを聞かせたかったら、ゆずるところはゆずるべきでしょうし、やり方(方法)も考えるべきかと思います。

 そうした社会になじめず、結果貧困に陥ってしまったという感じの記事をいくつか見て、ふと自省の意味も込めての今日のエントリーでした。



凜amuro001 at 13:53│コメント(0)トラックバック(0)

2013年02月24日

 すいませんが、今日はいろいろあって、とても疲れてしまったので、写真記事で勘弁させていただきます。


1 写真記事

 写真投稿サイト『貼貼』に掲載されていた写真記事(吴江交通协管员路边小便 头顶"美好环境"横幅)で、ま、見ていたければだいたいのことは分かってしまう写真です。


警察



 警官たるものがこれで良いのかという写真です。あまり警察組織について詳しくないので、よくわかりかませんが、記事にある「交通協管」というのは、交通整理などが主な仕事の様です。

 それもよりもよって「美しい環境は皆の利益」という環境保護を訴える幕のところで、こうした行為におよんでいたわけで、2重3重の意味でこれはなんだとなったものです。


2 補足

 ま、別に何も付け足すこともないわけですが、中国の場合結構トイレのある場所が限られています。どうもそういう感覚で日本をけなす記事が中国紙に掲載されたことがあり(日中トイレ文化考)、苦言を呈したことがありますが、中国のトイレは数だけでなく、質もまだまだというのが現実です。

 コメント見るとそのため、そういう社会状況が悪いのだから仕方がないという、いろいろな意味で皮肉の効いたコメントもありました。

 それに、低い民度の代表のような形で、子供に街中で小便をさせる中国人の写真をこういた投稿サイトに掲載して批判することがありますが、これも、そうしたことの延長にあるものと言えるかも知れません。

 また、前に水質汚濁に関連して、こうした一人一人の小さな行為も積み重なっていけばという話を書いたことがありますが(中国の公害問題と中国人一人一人の責任)、それとも繋がるものかと思っております。

 あと、やはり興味深かったのが「幕」で、中国にいけば至る所にこうした標語を見ることができるわけですが、やはり単なる「看板」に過ぎず、誰も本気で考えていないことがよくわかる典型的な写真で面白いと思ったが故に今日のエントリーでした。



凜amuro001 at 20:21│コメント(0)トラックバック(0)

2011年01月21日

 胡錦涛国家主席がアメリカを訪問しているニュースが当然中国では最大のニュースとなるわけですが、今回の訪米については、中国だけでなく様々な方面からいろいろな見方をした報道がなされております。

 胡錦涛に対する記者会見では、人権問題に対する質問がでたが、それを「黙殺」したことやhttp://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110121-OYT1T00790.htm、そうした人権問題の細かいやりとりを国内で報じない中国、これは中国国内の人権問題で全く譲る気がないことを意味していると思います。

 また、バイデン副大統領の訪中と習近平国家副主席の訪米が発表されましたが、これは明らかに習近平に大きな舞台を用意しようというもので、本格的にポスト胡錦涛をにらんでの布石ではないかとか、いろいろ考えさせられるところが多かったのは確かです。

 そういう意味で、書きたいことは沢山あるのですが、今朝見た『中国新聞』の「胡锦涛同奥巴马共同会见中美企业家」(胡錦涛とオバマは共に米中の企業家と会見を行った)というニュースhttp://news.cntv.cn/china/20110121/101046.shtmlが最高だったので、今日はこれで行きたいと思います。

胡錦涛 企業家
           (共同会見の様子 上記HPより)

 今回胡錦涛は訪米するにあたり、多数の中国の企業家を連れてきていることは既報の通りであり、航空機200機等の3兆7000億円もの、中国への輸出に向けた商談が成立したとのことですからhttp://www.nhk.or.jp/news/html/20110120/t10013513841000.html、今回、如何に経済交流に力を入れているかが見て取れます。

 こうした交流の一環として、19日にホワイトハウスで、オバマ大統領と胡錦涛国家主席は共に、米中の企業家と会見を行い、講話を発表したというのがこのニュースですが、胡錦涛の発言が大変興味深いものでした。

 「共に相手国に市場を開拓していきましょう。互いの利益のために協力しあっていきましょう。」という決まり文句に続いて、米中貿易、投資の将来は明るく、互いの企業が積極的に機会をつかむことを希望すると述べ、中国への投資の話にうつります。

 ここから、私が大変興味深く聞いた部分で、胡錦涛は「中国はこれまでと少しも変わらず、米国企業を含む外国企業に、透明で、公平で、効率の高い、投資環境を提供する。中国で登録を行った全ての企業は、(中国)国民待遇を有する。中国政府は会社が開発した新製品の認定、政府調達、知的財産権の保護を平等に取り扱う。」と述べた、と報道しております。

 あくまでこのように報道されているだけなので、実際胡錦涛が、どのようにアメリカの企業家の前で発言したかわかませんが、「知的財産権の保護」を、わざわざ取り上げて報道するあたりがなかなかすばらしく、さすが中国と思ってしまいました。



凜amuro001 at 20:05│コメント(0)トラックバック(0)

2011年01月02日

 インターネットが使えるようになりましたので、予定より1日早くなっておりますが、本日より再開とさせていただきます。本年もよろしくお願いいたします。

 『新京報』が報道しましたが、北京市環境保護局によると、2010年の北京の「青空」の日数は、目標の266日を超えて、2009年より1日多い、286日となったそうですhttp://epaper.bjnews.com.cn/html/2011-01/01/content_187588.htm?div=-1

 365日の内の286日と言えば大半が「青空」だったことになります。北京にいたことのある方ならおわかりになると思いますが、どちらかというと、北京は、どんよりしたような曇りの日が多く、こんなに青空が見えたかというのが偽らざるところではないでしょうか。2009年も285日というのですから、益々違和感が募ります。

 そう思ったのは私だけではないようで、実際、2009年6月1日から、2010年5月31日までの1年間、証拠となる道標と一緒に空の写真を撮られた方がおります。その方の統計によると、青空だったのは、180日だけで、49%にしか過ぎないとしておりますhttp://news.qq.com/a/20101101/000667.htm

北京の空1

北京の空2

         (実際にその方が撮られた写真 上記HPより)

 この方は海外にいた経験があり、現在は中国の外資系の会社に勤めている女性の方だそうですが、ただ漫然と日々を過ごすのではなく、1日1回でも空を見上げる等、自分の住んでいる所の環境に注意を払ってはどうかと述べております。こういう記事を見ると、確かに国内にいるだけでなく、国外に出る人が増えるのは良いことだと思えます。

 ただ、中国がここで終わるはずがなく、当然、保護局の反論が寄せられることとなります。それによると「青空」というのは通俗的な呼び名にすぎず、日数のカウントは大気の汚染指数(API)によるもので、APIが100以下であれば、「青空」としており、雨が降っていても「青空」とカウントされるそうですhttp://green.sina.com.cn/p/2010-10-26/100321353736.shtml

 確かに保護局のHPを見ると、「空気の質」という言い方をしており、空気の質の等級分けに基づく日数の公表のみとなっております。これまでどのように公表していたか、記者にどのように情報提供をしていたのか、わかりませんが、無難な(面白くない)書き方になっておりますhttp://www.bjepb.gov.cn/bjhb/publish/portal0/tab40/info20221.htm

 門外漢である私にはAPIと言われても、これが何のことだかさっぱりわかりませんが、北京の空気の汚さは身をもって経験しており、「12年連続で改善」と言われても、違和感が残るのは確かです。

 私が中国にいた時に、猛暑だったことがあります。その時知り合いの中国人から聞いたのですが、当時天気予報の公表する最高気温が40度を超えると休みになる部署がある等不都合が出るので、最高気温は39度と公表するようにしていたそうです。あくまで当時の話ですし、知り合いの話なので、真偽の程は定かではありませんが、そう言われて天気予報を見てみると、39度の日が異様に多かったのを覚えております。確かに、百葉箱の置き方等により、気温も何とでもなる面はあるかと思います。



凜amuro001 at 19:33│コメント(0)トラックバック(0)