禁止

2011年10月21日

1 世界中の異議申し立て

 リビアのかつての最高指導者カダフィ大佐が死亡しました。ご承知のとおりこれは2010年にチュニジアで発生し、その後周辺各国に広まった民衆による反政府運動、いわゆる「ジャスミン革命」の影響を受けたもので、これまでチュニジアやエジプトの30年以上続いた長期独裁政権を倒しております。

 アメリカでも「ウォール街を占拠せよ」を合い言葉に千人規模のデモ行為が9月17日から続いています。ギリシアでも緊縮財政に反対してゼネストなどが起こるなど世界各国で様々な形で政府に対する異議申し立てが行われています。


2 日本の異議申し立て

 翻って日本を見ると、確かに反原発デモなどが行われておりますが、世界各国で起こっている反対運動と比べるとどうしても規模的に小さいような気がします。別に大規模なものが起こることが良いわけでもないので、必ずしも悪いことではありませんが、思うことがあったので今日はこれについて少し。

 何故日本でこうした異議申し立てが起こらないかというと、良く言われるものとして、日本人の性格的なものに対する言及があり、日本人は他の国に比べておとなしいので、こうしたことが起こりにくいという意見があります。

 実際良く「他の国だったら既に革命が起こっている」云々という意見を述べる方がおりますが、本当にそうでしょうか。60年安保の時などはかなり激しい反対運動が起こっておりますし、終戦直後も様々な異議申し立てがなされました(労働運動の激化や米よこせ大会及び皇居デモなど)。

 そうしたことを考えると、日本人の気質云々というより、日本人を取り巻く状況が変わったことが原因かと思います。60年安保の「敗北」以降、何をしても無駄といったシラケムードなどの広がりといった分析もそのうちの1つになります。

 ただ思うに「シラケ」云々といった分析は学生が異議申し立てをしなくなったことを分析したものに過ぎないのではないでしょうか。つまり学生が何をしても世の中は変わらないという思いが運動に対する関心を低くしたということだけに過ぎません。


3 異議申し立てに対する共感

 言うまでもありませんが、「異議申し立て」が成功するためには、どれだけ多くの人の共感を集めることができるかが鍵となります。そのためには、その活動を行うコア集団の思想に共感できるかということがかなりのウェイトを占めます。

 日本の場合、以前は冷戦の影響から右と左の思想がかなりはっきり別れておりました。そして自民党による保守政権が続いた状態で政府に対する異議申し立てというと社会党、共産党が後押しをする(中心になる)という状態が続きました。

 その結果、例えば本来右とか左といった思想とは全く無関係だった「平和運動」が左よりの人々によって主催されたために、反自衛隊活動等と結びつくこととなり、結果としてそれ以外の人々を排除することになってしまいました(特にシラケムードに対抗するため、共産党の一部が極左化してからは特にこうした傾向が強かったと思います)。

 右翼団体もデモを行っておりますが、街宣車を繰り出した運動がどれだけ一般国民の共感を得ることができるかというとかなり疑問です。こうしたことから、思うに「デモ=自分達とは異なる過激な政治思想を持つ者によるもの」という形でインプットされてしまったことが、日本においてデモ等、異議申し立てをすることが少ない原因ではないかと考えます。

 それ以外にも「一億総中流」という言葉に代表されるように、皆がそれなりの経済的豊かさを享受できたことも無理をして異議申し立てをする必要がなかった大きな原因であることは言うまでもありません。

 しかし、ジニ係数の増大に代表される格差の拡大や長期に渡る不況、それに伴う社会的閉塞感などから不満が募り、一般の人も政府に一言言いたい人が増えてきた。それが現在の日本の状況かと思います。それが今後どのように変化するか予測は難しいのが実情ですが、願わくば良い方向に向かっていくことを期待しております。


凜amuro001 at 19:09│コメント(6)トラックバック(0)