食の安全

2015年08月31日

 『Record China』が掲載していた「口にはしないが、中国をうらやましがる日本人は多い―中国メディア」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。


1 記事の紹介

 「中国に好感を抱く日本人はさほど多くはないが、口にはしなくとも、中国を羨望の眼差しで見る日本人は多い」として、その理由を列挙しています。

 1、中国は住民税がない
 2、中国は固定資産税がない
 3、中国では大都市でも車を持てる
 4、中国ではごみに悩まされることがない
 5、中国は野菜や果物が安い
 6、中国の職場は気楽
 7、人民元が高価値


2 個人的感想

 ま、1と2は税制度の違いで、確かにこれらがない(結果、税金が安い)ことはありがたいのは間違いありません。

 3の車が持てるは、中国では最近ではタクシーがつかまりづらく、車がないと不便と言うことを意味しています。また、中国の車の運手はかなり荒っぽく、少しでも車間距離が開くと、割り込みなどは日常茶飯事です。

 左ハンドルということもあり、結果、車を持っても日本人がどれだけ、車を持って運転したいと思うかは疑問です。本当私の僻みかもしれませんが、埃っぽいので、中国では高級車もそうは見えず、あまり中国で車を持ちたいとは私は思いません。

 ごみで悩まされることはないというのは、ごみの分別で悩むことがないという意味だそうですが、結果、リサイクルが進まないということも意味しており、あまり良いこととは思えません。


3 個人的感想2

 5は素直に同意します。食料品が安いのは本当です。しかし、食の安全の問題があり(チャイナリスクと食の安全)、安かろう悪かろうという可能性が高く、はっきり言って、安いのをどこまで喜んで良いかとなると疑問です。

 食料品は安いのですが、これは農民がそれだけ搾取されていることを意味し(出稼ぎのため「置き去り」にされる子供と「小皇帝」)、どこまで良いことか疑問です。

 また、衣類などは結構値段が高く、食料品だけをして安いと言われても何とも言えません。
 
 6の「職場は気楽」というのは、確かにそういうところもある傾向は否定しませんが、言う程気楽ではないというのが私の感想です。

 確かに20年位前は本当、こいつらこれで金をもらっているのかという位の話でしたが、今はそんなことはありません。

 日本から「過労死」という言葉も輸入され、平気で使われていますし、外資系などでは本当に熾烈な競争が繰り広げられています。

 それに確かに気楽と言う面はあるものの、建設現場や住み込みの家政婦などは長時間労働は当たり前で、プライバシーもろくにない状態ですので、とてもうらやましいとは思えません。


4 理想

 最後の7では「日本では生活コストが高いため、多くの日本人にとって日本円で給料をもらい、中国で暮らす、これが一番理想的なスタイルだろう」としておりますが、これは私も否定はしません。

 確かに、豊かな生活が送れますし、あの活気に満ちた状態は日本ではなかなか味わえないものがあります。しかし、そうした中国経済にも陰りが見えてきましたし、pm2.5に代表される大気汚染などの公害は本当にひどいです(中国のスモッグと中国政府の責任回避大気汚染問題で中国人が政府を批判しない理由)。

 結果、健康を害する恐れもかなり高く、中国で体調を崩して日本に帰るとなおるということを良く見聞きするのも本当のところです。


5 最後に

 そうしたことを総合的に考えると、とても中国を羨ましがっている日本人がそれほど多いとは思えません。  

 ただ、中にはそういう人もいるだろうという話と、中国人的には自尊心を満たすためにこういう意見も必要かなと思った次第です。

 こういう意見を見ると、自画自賛とうんざりするわけですが、日本でも結構似たような日本礼賛記事を目にするので(日本に対する自画自賛)、あまり人のことを言えた義理ではないというのが本当のところかと思います。



凜amuro001 at 22:33│コメント(7)トラックバック(0)

2014年07月30日

 『AERA』が掲載していた「この国で子ども育てていいのか 立ち上がる母親たち」という記事がいろいろ興味深かったので、これについて少し。


1 記事の紹介

 「原発事故で不安をかき立てられた母親たちが、沈黙を破り、再び立ち上がる」という記事です。「7月中旬、東京都世田谷区の区民ホールで開かれた勉強会「ちょっと待って!『集団的自衛権』ってなに?」」に参加した主婦の「もう、これ以上、国のとばっちりを受けたくないんです」という意見を紹介しています。

  「2時間の勉強会の内容は、国際法と憲法」で、「弁護士が解説する大学の講義のような話」だとしております。

 そして今回の主婦は、「東日本大震災を機に彼氏と結婚したが、それまで単なる“趣味”だった「食」と「健康」は、身を守る“闘い”に変わった」そうです。

 もともと「独身時代から、口に入れるものから身につけるものまで、体に良いと聞いて買い求めた天然素材商品が家にあふれていた」そうですが、「事故後はさらにミネラルウオーターで米を研ぎ、できるだけ外に出ないようにして外出時はマスク」「魚を食べるのも控え」「娘が生まれると、西日本産の粉ミルクや食材を買って与えた」りもしたとしています。

  「ただ、そんな徹底した放射能からの“防衛”も、時が経つにつれて意識が薄れ」「娘に与える粉ミルクも、成長して飲む量が増えると、家計のやりくりもあって割安なもの」となり、「あきらめが大部分を占めるようにな」りました。

 それを「再び揺さぶったの」が、原発「再稼働の動き」で、「さらにいらつかせたのが集団的自衛権」だった、「インターネットで調べてみても、言葉が難しすぎてよく分からな」かったとしています。

 「新聞やテレビでも解説してはいるが、原発事故のときに抱いた不信感をぬぐい去れず」、勉強会に参加したそうです。そして記事の最後はこの主婦の「この国が何をしたいのか疑問。すべてが不透明。誰も教えてくれないなら、今回は自分で勉強しなければ」という発言で終わっています。


2 勉強

 私はこの記事を読んで最初に引っかかったのが、この主婦の方は、集団的自衛権が難しく良くわからなかったのにも関わらず、腹をたてていることです。

 この記事の最後にあるように、わからないことを勉強して自分で考える(自分の意見を持つ)のは大事なことで、そうした行為を否定するつもりは毛頭ありません。

 しかし、最初から集団的自衛権に腹をたてて、その理由を探すかのように、集団的自衛権に否定的な意見を聴くことが「勉強」かというと、私はとてもそうは思えないという話です。

 物事を考えるためには、知識が必要で、そのためには専門家の意見を聴いたり、自分で本を読んで、まず最低限度の知識を手に入れなくてはなりません。

 何もわからなければ、考えること(判断すること)ができないわけですが、その段階で、既に特定の方の意見だけを聴いて、わかったような気がしてしまうことは、私的には「思考放棄」としか見なせず、とても「勉強」とは思えないという話です。


3 食の安全

 もともと今回の主婦の方は「食」や「健康」に関心が高かったそうで、別にそれを否定するつもりは毛頭ありません。

 ただ、発展途上国で生活したことのある身としては、こういうことを考えることができない、こういう選択ができない人もたくさんいる状態を目にしてきており、いろいろ思うところがあるという話です。

 もちろん中国の食の安全については当然私も賛成できるものではありませんが、中国産を食べるということは「知らぬが仏」的対応でないとやっていけない面があることも確かかと思います(チャイナリスクと食の安全)。

 元記事の主婦が、最初は西日本産の粉ミルクを使っていたがいつの間にか、そうではなくなっていたというのは良くわかる話で、あまり過度に気を使いすぎると疲れてしまうので、私はその程度の方が良いのではないかとも思っています。


4 最後に

 原発と集団的自衛権はどちらも難しい問題で、考える要素がたくさんあります。そういう意味で、勉強すること自体は大変良いことだと思うのですが、勉強会にでてそれでわかったつもりになるくらいだったら、出ない方が良いのではないかとも思っています。

 誤解の無いように補足しておきますが、私はこうした勉強会を否定するつもりは毛頭ありませんし、専門家の意見はたくさん聞くべきかと考えます。

 ただ、それでわかったつもりで思考停止になることだけはやめてくれと言っているわけで、そのあとも引き続き勉強はしていってもらいたいという話です。

 そのうえで、自分の納得できる意見に巡り合えばそれで良いわけですが、最初から結論ありきで、たった1回の勉強会に参加してそれでお仕舞というのはおかしいと考えており、何となくそれで良しとしている感じのある『AERA』の意見には思いっきり引っかかるところがあったが故の今日のエントリーでした。



凜amuro001 at 22:36│コメント(8)トラックバック(0)

2014年07月25日

 今中国ネタでやはり最大の関心は食の安全かと思います。テレビなどでは、上海の食肉加工会社「上海福喜食品」が使用期限切れや青カビが生えた肉を日常的に使っていたことや、劣悪な衛生管理がこれでもかという感じで放送されています。


1 記事の紹介

 今日、紹介したいと思ったが『環球網』に掲載されていた「日本麦当劳全面停售中国产鸡肉商品 转向泰国采购」という記事です。

 表題をみただけで、すべてわかってしまう感じの記事なので、内容については相変わらず時間がないこともあり、簡単な紹介とさせていただきます。

 共同通信の記事を翻訳しているもので、日本マクドナルドが25日に、今後は全面的に中国産の鶏肉食品を使用することを停止したという記事です。

 マクドナルドは、今後はタイから輸入することとし、この決定に至ったことについて、「中国産の鶏肉に対する不安があまりにも大きすぎるが故の決定」と社長談話を公表しているそうです。


2 コメント

 この記事だけなら、私も何も紹介する気もなかったのですが、興味を引かれたのがこの記事についていたコメントです。

 当然中には監督機関の責任を問う感じの、「監督部門の人は多く食べるべきだ」などといったものもありますが、「これは貿易戦争か」というものもありました。

 そして、何とも言えないのが、今回問題を起こしたのはアメリカの会社の支店なのだから責任を中国に押し付けるなというものが結構あったことです。

 毒餃子事件について触れて、日本は問題を中国の食品問題として大々的に宣伝するなどという書き込みさえありました。


3 食の安全

 確かに自分たちの責任を認めるのは難しく、いろいろ言いたいことはあるかと思いますが、こうした食の安全で最大の被害を被っているのは、自分たち中国人だという認識がないのかという話です。

 おそらく「またか」位の認識でいるのかと思いますが、外資系企業が絡んでくると、真っ先に責任をそこに転嫁する(イタリア政府による中国企業の「イタリア製商品」の取り締まり、そして日本が関係すると、日本批判を先に持ってくるというのがいつものパターンですが、これで何か問題が解決するのでしょうか。

 正直、中国で生活していると聞いたことのないメーカーの商品は正直多少安くても買う気がしないのが本当のところで、それなりに大きいところだと大丈夫だろうという感じで生活するしかありません。

 ただ、それも最後まで信用できないことは言うまでもありません。つまり、高ければ、外国産ならそれなりの品質だろうと思って生活するしかないという話です。

 むろん、そこに付け込んで、外国産を謳って粗悪品を売り込む中国人もいるわけで(高級品家具とダヴィンチ・コード)、そういう意味では全く信用できるものがないというのが本当のところです。


4 最後に

 実際問題日本の外食産業は競争が激しく、中国産なしでは競争に勝てないという面があるのは確かかと思います。

 マクドナルドの検査もそれなりにやっているわけですが、最初から騙すつもりで、やられるとそれを見つけるのは難しいという話で、他の企業もきちんと検査をしているという話ですが、いろいろ思うところはあります。



凜amuro001 at 23:39│コメント(2)トラックバック(0)

2013年11月06日

 昨日書いた「嫌韓によるマッコリの輸入減と企業の論理」の続きです。こちらはありがたいことに『BLOGOS』と『ハフィントンポスト』に転載いただき、いろいろコメントをいただくことができました。


1 「嫌韓」?

 その中で結構多かったものが、マッコリの実力不足(日本人の好みに合わない等の原因)で、日本の消費者に受け入れられなかっただけで、「嫌韓」とはあまり関係がないのではないかという意見がありました。

 確かに、もし「嫌韓」が、こうした消費活動に大きな原因を与えているのであれば、何故マッコリだけなのかという話で、他の韓国製品でも同じような現象が起こっているはずです。

 実際、韓流は以前ほどの勢いは日本ではもやはないかと思いますが、これも「嫌韓」のせいかと言われると、それよりは既にブームが下火になっただけ、恋愛ものばかりで飽きられてきたためと考える方がより現実的かと思います。

 そういう意味で、今回のマッコリの日本への輸出が減少したのは、確かに「嫌韓」が影響を与えたか疑問だというのはそのとおりかと思います。


2 粉ミルク

 ただ、ここまで来て、ふと思いだしたのが最近話題となっている明治乳業の中国からの事実上の撤退です。

 あれについて、日本側の報道では、「反日」の影響などが真っ先に挙がったわけで、確かに全くそうしたことがなかったかと言えばそんなのことはないかと思いますが、では、全てのミルク会社が徹底したかというとそんなことはないわけで、明治乳業の問題ということも否定できません。

 実際問題、中国産の粉ミルクはメラミン混入事件などがあり、今一信用されておらず、ある程度金のある中国人は外国産しか買わないという現実があります(日中の責任感と言論の自由)。

 ただ、中国で粉ミルクを売っているところに行くと、安いものから高いものまで数多くあるわけですが、安いものは袋入りで、本当に安く、あそこまで安いと本当に何が入っているのか不安になってしまいます。


3 マーケティング

 斯様に外国製(日本製)というだけで、中国ではそれなりにアドバンテージがあるのも確かで、だからこそ外国企業が進出してきているという面はあるかと思います。

 しかし、そうなると、外国製同士の競争も起こるわけで、他国(社)の商品販売と比較して、中国で売る努力をどこまでしてきたかという話も起こってきます。

 中国人は日本人と好みも違うので、日本のものをそのまま持ってくるという戦略は無謀で、それなりのマーケティング戦略をたて、彼らに受け入れられる様にしなくてはなりませんし、かなりの宣伝費をつぎ込む必要もあります。

 確かに中国は、貧富の差が激しく、未だに貧しい人がたくさんおりますが、豊かな人も大勢おり(中国で忘れ去られた人々(写真)中国のいかにも成金といった人たちの写真)、こうした人をターゲットにするのであれば、差別意識などが強いこともあり、日本以上のアフターケアに注意することなども必要となります。


4 外資排斥

 ただ、正直やっかいなのが明らかに、日本企業に対するイチャモンとしか思えないものもあれば、尖閣諸島国有化に伴う反日デモの暴徒化など、一企業がどうしようもないものが中国にあるのは確かです。

 実際、最近スターバックスが暴利をむさぼっていると中国で批判を受けたように、中国では突如外資批判が起こることも結構あります。

 また、チベット問題に関連してカルフールが不買運動の対象となったり、中国大使館誤爆事件でマクドナルドが焼き討ちにあうなど、政治の影響を受けるのは日本企業だけではありません(日本パッシングがおこる「ワケ」)。


5 最後に

 こうした動きもあるのは確かなので、中国で利益が上げられない原因として、当該企業の努力不足(マーケティングの失敗)をどのように判断するかという話で、どこまでが外的要因で、どこからが内的要因ときれいに分けることもできないと考えます。

 私の経験を話すと、初めて修士論文を書いたとき、一回目の発表で、中国では政策決定過程が外部に公表されていないので、どのように政策が決定されたか外部からは伺い知ることができないと開き直った若気の至りが思いだされます。

 当然、中国にはそうした側面はあるわけですが、だからといっても何も調べなくても良いというはずはなく、それなりに何かをやらなくてはならない(それなりの体裁を整えなくてならない)のは言うまでもありません。

 そういう意味で、最後は企業のリスク管理という話になるのかもしれません。他にいただいたコメントで結構多かった、進出した企業の「自業自得」という意見になるのかもしれません。

 確かに失敗に関連して当該企業の見通しが甘かったというのはわからない話ではありませんが、私は一人で外国で頑張っている方の辛さもよくわかるので、そこいらにはかなり同情的です。



凜amuro001 at 05:33│コメント(8)トラックバック(0)

2013年08月02日

 民主党の岡田克也議員がかつての外相時代を振り返って「毒入りギョーザ事件結審―日中の食の安全のため外相時代に注力」というブログ記事を書かれていたので、これについて少し。


1 記事の紹介

 議員は当時の情勢として、「当時の日中関係は比較的良い状況だったと思います」と述べた上で、いわゆる「毒入りギョーザ事件」について、議員は「私が外務大臣として特に力を入れて取り組んだ問題の1つ」としています。

 中国外相と議論したときも、「客観的に見て、これは中国で毒が盛られた可能性が高い」ということと、「こういう問題をきちんとしないと、中国の食品に対する日本国民の心配は益々高まって、それは中国にとっても決して良くない。」と述べられたそうです。

 「したがって、徹底的な捜査、そして、その捜査結果に基づいた司法的な手順を尽くすべきだ、ということを強調した」ともしています。

 「お互いメンツの問題もあって、この問題はなかなか進まなかった」としながらも、「やがて、中国政府が被疑者を逮捕」したこと、「最終的に結審に至ったということは、私は、中国側の努力に対しても多としたいと思います」と述べています。

 そして悪いことばかりではなく、「この事件をきっかけに、より前向きな話として、日中間で食品の安全について協議する場もでき、双方向で食品が輸出入される際の安全性の確保について、より厳しいルールが定められたということもありました」としています。


2 意見公表

 昔から欧米だと政治家が回顧録を書くことがあり、当時を振り返って、こういう考えで、行動をしたのだという話を後で聞くことがありました。

 しかし、現在ではネットの普及により自分から意見を述べることができるようになったので、橋下市長などが典型ですが、現在のことについても自分から説明を行うことが可能となっています(橋下市長の大阪市立桜宮高校の入試中止に関するコメントについて橋下市長が慰安婦問題について会見した意義)。

 個人的はこうした傾向は大変良いことだと考えています。というのも、どうしてもマスコミを通すと編集などの問題があり、本人が話した内容をどこまで正確に伝えているのか検証したうえでないと、信用できないとう問題があるからです(パソコン遠隔操作事件容疑者の再逮捕と情報の公開)。

 自分から発信したものについてはそうした問題は生じません。むろん誤解を与える書き方という話はあるでしょうが、それは発表した本人の表現の問題であり、自己責任の問題に帰結できるかと考えます。


3 自己主張

 ただ、何事にも長所と短所があるように、この問題についても、良いことばかりでないのは言うまでもありません。

 おそらく最大の問題は行為者が自分の視点から書いたものなので、どうしても自分に都合の良い話が多くなるということです。

 例えば、最近話題になることが多い『終戦のエンペラー』の主要人物マッカーサーが書いた回顧録についても、史実すら変えているところがある等、意図的な改変としか思えないところがあったと記憶しております。



4 対中印象悪化

 実際、この「毒入りギョーザ事件」については相手側のあることであったとは言え、正直もう少しうまく交渉ができなかったのかというのが私の偽らざるを得ない思いです。

 確かに元記事にあるとおり、「メンツ」の問題もあったでしょうが(今回の「反日デモ」のまとめのようなもの)、頑強に否定する姿は中国に対する印象を悪化させました。それだけでなく、こうした中国に対して強くでることができない民主党政権に対しても批判が強まったと考えています。

 こうしたことを見ても、典型的な民主党の政策で、「中途半端」でしかなかったというのが私の印象です。ある程度相手をおだてて融和策をとるか、反対に強硬策をとるかしていれば、少なくとも対中印象、対民主党印象のどちらかはそれほど悪化しなかったと考えます。


5 最後に

 政治は結果責任なので、こうした結果をして、「特に力を入れて取り組んだ問題の1つ」と言われても私は評価しません。

 何度か書いておりますが民主党は理想を掲げすぎたところがあり、虻蜂取らずになってしまった感が否めないと思っております(細野幹事長と民主党と理想論)。

 外交も同じで、全てと仲良くなどというのが無理な以上は、時には切り捨てる分野も出てくるのはやむを得なかったのではないかと考えます。



凜amuro001 at 02:31│コメント(0)トラックバック(0)