こんばんは、あむゆーずです。

本日から前後編でお送りするブックレビューは、
渡部サト先生著『ときめく手編みのブランケット』(河出書房新社発刊)の前編です。

ご本より

「私をもっともときめかせるもの。
手編みのアイテムで言うならば、きっぱりと「ブランケット」と答えることができます。
四角あるいは丸の中で表現するデザイン。
大きくも小さくも編める、「自由」の魅力。
完成したときの高揚感。
使い勝手の気ままさ。
贈ったあの人の喜ぶ顔。
どれもが私にとって「ときめき」です。

今度はあなたをときめかせることができるでしょうか?
この1冊のなかに、あなたの心を踊らせる
ブランケットがあることを願います。

渡部サト」

t00
品番:H101-452
ときめく手編みのブランケット
渡部サト著
河出書房新社
¥1,300(税別)

↓おしゃれなブランケットは部屋のアクセントにいいという方
8ba59cad
b3ab4e41
ぜひ上のバナーを2つとも押してくださいね☆

「クラシックな佇まいが魅力のアラン」
t01
t02
ハマナカ アランツィード
使用針 ハマナカアミアミ棒針かぎ針使用

「老若男女、世代を越えて愛される、ゆるぎない伝統。
トラディショナルというものは、どうしてこんなにも人々を魅了するのでしょう。
ブランケットを作るなら外せない、と思わせるのがアラン模様です。
オフホワイトから黒、茶系といったニュートラルカラーが、とりわけ私の好みです。
アランを部分的に使用したマフラーも32ページにありますので、どうぞご覧ください。」

なんともバランスのいい、表情の素敵なブランケットです。
伝統柄が遠い歴史を伝えてくれそう。

「モノクロームの水玉×ストライプ」
t03
ハマナカ エクシードウールL《並太》 
使用針 ハマナカアミアミ棒針使用

「目指したのは白と黒のモダンな世界。
だけれども冷たい感じはしない、というのも重要です。
結果、とっても好きな1枚になりました。
この細長い形が、座ったときの膝に巻いたり肩にかけたりと、
意外にも使い勝手が良さそうです。
もちろんお好みで正方形でもいいですよ。
でも水玉とストライプの比率は異なるほうが素敵だと思います。」

お部屋にさり気なく置いていても素敵。
見ているだけで楽しくなれそうな一枚ですね。

「色とりどりの花の庭」
t04
t05
ハマナカ エクシードウールFL《合太》
使用針 ハマナカアミアミかぎ針使用

「イメージしたのは北欧の庭。つつましいけれども可憐に、
色とりどりの花が咲き誇る様子です。
だから毛糸は、大地と草木と空と花の色を選びました。
配色や並びにはルールがあるけれど、手作りなのだから自由でもいい。
カラフルなモチーフをつなげることによって生まれる、
ちょっとフォークロア雰囲気もこのブランケットの魅力だと思います。」

素敵な花畑が広がります。
少し落ち着いたソファの色合いにも、明るめの色合いにもどちらにも合いますね。
気分が華やぐブランケットです。

「エレガントを極めるアルミフィルム」
t06
t07
ハマナカ AL(エーエル)
使用針 ハマナカアミアミかぎ針使用

「キラキラを纏った毛糸が秀逸です。
ハイセンスなお友達や、憧れのお姉様にプレゼントしたい、
そんなブランケットになりました。
本当は自分が欲しかったりするのですが…。
マテリアルとしても優秀なので、インテリアや洋服のディテールなど、
いかようにも使えて、それがおしゃれに決まります。
同じモチーフでも糸が違えば雰囲気も一変。
32ページもどうぞ。」

なんと素敵なブランケット。
レースのようでもあり、アクセサリーのようでもあります。
いろんなシーンにもお供できそう。

いかがでしたか?
大物は編むのが大変だという印象があるかもですが、
こんな素敵なブランケットたちなら早く完成させたくて
ドンドン編みすすめられますね。

次回後編でもまた素敵な作品をご紹介いたしますね。
お楽しみに!!


文章、画像などの無断転載や二次使用、また複写(コピー)等、禁止致します。