こんばんは、あむゆーずです。

本日から前後編でお送りするブックレビューは、
組み方を楽しむエコクラフトのかご作り
(朝日新聞出版発刊)の前編です。

ご本より

「四つ目、六つ目、あじろなど11種類の組み方と
作品26点をプロセス写真でわかりやすく解説」

「この本では、
エコクラフトを組んで作る作品をいろいろ紹介しています。
「組む」は、ひもをそれぞれの方向から規則的に交差させていく手法で、
四つ目、六つ目、あじろなどがあります。
基本の四つ目や六つ目に、さらにさしひもを通していくと
複雑で繊細な模様ができます。

あじろは、幾通りもの縦と横の目数の組み合わせによって
多彩な模様を作ることができます。

この本では、藤や竹かごに見られる伝統的な技法を用いながら
和の趣に偏らず、洋風な生活様式にも合うように

形や色使いを工夫して作品を作りました。
作り方を詳しく解説していますので、いろいろな伝統技法に親しみながら、
生活を彩るかご作りを楽しんでいただければ嬉しく思います。

荒関まゆみ
e00
品番:H103-136
組み方を楽しむエコクラフトのかご作り
荒関まゆみ著作
朝日新聞出版発刊
¥1200(税別)

↓インテリアに使えるかごやバッグをたくさん作りたいという方
8ba59cad
b3ab4e41
ぜひ上のバナーを2つとも押してくださいね☆

「四つ目の整理かご」
e01
ハマナカ エコクラフト

「『四つ目』は、縦ひもと横ひもを

編み目が交互になるように通していく組み方。
この整理かごは、基本の四つ目だけで簡単に作れるので、

初心者にもおすすめです。
A4ファイルがぴったり収まるサイズも便利。」

洋風にも見える紺色の透かしがカジュアルなかご。
ナフキンを引いてパンなどを入れても。

「四つ目崩しのバスケット」
e02
ハマナカ エコクラフト

「10ページと同じ、四つ目の対角線にさしひもを通した組み方ですが、
ひも幅を太くして色の違う2色で作ると、雰囲気が変わります。
あまり透け感のない編み地なので、

その分しっかりとしたかごに仕上がります。」

インテリアにこんなバスケットが一つあると、
お部屋の雰囲気があったかくなりますね。
ドライフラワーなどを飾っても。

「四つ目崩しのマガジンラック」
e03
ハマナカ エコクラフト

「12ページと同じ模様を白の四つ目に
グレーのさしひもでかがってマガジンラックにしました。
繊細できれいな模様が楽しめます。
和洋どちらのお部屋にも似合うデザインです
。」

クールなマガジンラツク。
でき上がっていく模様も楽しめますね。

「巻き六つ目の小さなかご」

e04
ハマナカ エコクラフト

「六つ目に組んだベースに、細いひもを3方向から巻きつけていきます。
巻きひもで縁どられた花びらのような模様が愛らしい。
ベースと巻きつけるひもの色の組み合わせをいろいろ試しても楽しいですね。」

おもしろい白と緑のラインで目にも楽しいですね。
これは色違いで作っても楽しい!!

いかがでしたか?

それでは次回後編でも、エコクラフトの組み方が楽しい作品をご紹介いたしますねー!!
お楽しみに!!

文章、画像などの無断転載や二次使用、また複写(コピー)等、禁止致します。