こんばんは、あむゆーずです。

本日から前中後編でお送りするブックレビューは、
しずく堂先生著作『気分は北欧  しずく堂の編みもの時間
(文化出版局発刊)の前編のお届けです。

ご本より

「子供の頃から大好きだった編みもの。
今では仕事として向き合うようになり、
一日中編みもののことばかり考えています。
朝起きてご飯を食べたらすぐに編みもの。
夜も眠くなるまで編みもの。
「編む」「食べる」「寝る」この3つの単語だけで
私の一日を表現できてしまうほどです。
「こんな仕事漬けの毎日では大変」と思われるかもしれませんね。
でも会社で働いていたころ、限られた時間をやりくりして
編みものをしていたことを思えば、今は忙しくても
毎日が充実していることをうれしく感じています。

今回、北欧をテーマにした2冊めの編みものの本を
出すことになりました。
前回はフィンランドのモダンデザインを
私なりにアレンジした作品が多かったのですが、
今回はそれに加えて、スウェーデンを旅して見つけた
いろいろなものを作品作りに取り入れています。
毎年のように出かける北欧の旅も、
最近は滞在期間を長くとることができるようになって、
ますます北欧と編みものを結びつけて考えられるようになりました。

編みもののことを考えたり、手を動かしたりしている時間は、
仕事になっても私にとって至福のときです。
この本の作品を編むかたの時間も、
至福のときになりますように願っています。

しずく堂
s00
品番:H102-063
気分は北欧  しずく堂の編みもの時間
しずく堂
文化出版局
¥1,300(税別)

↓北欧デザインのかわいさに夢中という方
8ba59cad
b3ab4e41
ぜひバナーを2つとも押してくださいね☆


「ツバメと花柄の編込み帽子」
s01
リッチモア パーセント
使用針 ハマナカアミアミ棒針使用

「冬空に合うくっきりとした色合いの編込み帽子を2柄作りました。
ツバメは気持ちよく空を飛ぶイメージで。
花柄は一見、小花模様にも見えますが、実は大きな花模様です。」


なんてかわいい帽子でしょう。
次の手袋とそろいでぜひ編んでみたいですね。

「ツバメと花柄の編込みミトン」
s02
s03
リッチモア パーセント
使用針 ハマナカアミアミ棒針使用

「編込み帽子とおそろいで使うとかわいいミトン。
花柄は指先が出せます。
親指にもスリットを入れているので、ミトンをつけたまま、
スマートフォンなどの操作もラクにできます。」

北欧柄のミトンのかわいさは別格ですね。
ぜひ帽子とそろいで作りたいです。

「幾何学模様のソックス」
s04
ハマナカ コロポックル
使用針 ハマナカアミアミ棒針使用

「1970年代の北欧テキスタイルをイメージした、
大胆な幾何学模様を編み込みました。
大きな柄なので裏に渡る糸が引きつらないよう
気をつけて編んでください。」


独特のかわいいレトロ柄とイエローとグレーのソックス。
履いているだけで楽しくなれそうですね。

「伝統柄の帽子」
s05
リッチモア パーセント
使用針 ハマナカアミアミ棒針使用

「北欧の編みものには各地に伝わる伝統柄があります。
スウェーデンの南西部、ハッランド地方に伝わる編込み模様「ビンゲ」を、
伝統的な紺、白、赤の3色で帽子にしました。」


かわいらしい鳥の模様がノスタルジック。
さり気なく伝統柄を取り入れて。

「伝統柄のハンドウォーマー」
s06
リッチモア パーセント
使用針 ハマナカアミアミ棒針使用

「こちらもスウェーデン、ハッランド地方の編込み模様「ビンゲ」のパターン。
伝統的な配色ではなく、ビビッドなピンクとグリーンを使って
現代風にアレンジしました。」


クリスマスの時期につけたい配色。
澄んだ空気にぴったりのかわいいハンドウォーマーですね。

「太糸ベスト」
s07
s08
ハマナカ ソノモノふわっと
使用針 ハマナカアミアミ棒針使用

「10代のころはセーターなど着るものもよく編んでいましたが、
社会人になってからは時間がとれず小物ばかりを作っていました。
今回、久しぶりに編んだベストは、深いVネック、短めの着丈、深めのアームホール、
と重ね着を楽しめるデザインにしています。」


シンプルで、且つかわいげのあるベストは、
インナーとのあわせを楽しんで。
ポケットの濃いグレーの地が見えるのがアクセント。

いかがでしたか?
素敵な北欧モチーフを楽しんでください。

次回中編でも、素敵な作品をご紹介します。
お楽しみに!!


文章、画像などの無断転載や二次使用、また複写(コピー)等、禁止致します。