こんばんは、あむゆーずです。

本日から前後編でお送りするブックレビューは、
こむらたのりこ先生著『羊毛フェルトで作る 小さな動物雑貨
(朝日新聞出版発刊)の前編のお届けです。

ご本より

「ふんわりした羊毛を、専用の針でチクチク刺すと繊維がからみ合ってフェルト化され
すぐに自由に形を作ることができます。
羊毛の種類は、色も質感もとても豊富で手軽に楽しめる手芸として人気です。

この本は、ホッコリかわいい動物モチーフで定評のある
手芸作家・こむらたのりこさんの作品集。
羊毛をかたく差し込まずふわふわした質感を残しているのが特徴です。

棚などに飾って楽しむフィギアをはじめ
麻ひもを通して壁飾りやモビールにアレンジしたもの
ブックマークやペンキャップにしたものなど
雑貨感覚で楽しめる作品50点をご紹介します。

y00
品番:H109-065
羊毛フェルトで作る 小さな動物雑貨
こむらたのりこ著
朝日新聞出版
¥1,400(税別)


↓童話の世界のような動物たちに癒されたいという方
8ba59cad
b3ab4e41
ぜひバナーを2つとも押してくださいね☆


「3匹の子ブタ」
y01
y02
ハマナカフェルト羊毛ニードルわたわた
使用針 ハマナカフェルティング用ニードル

「子ブタの3兄弟、スカーフと目の色をかえて
個性の違いを表現しました。
麻ひもを通してオーナメントに。」

「こちらは物語の中で子ブタを狙うオオカミ。
手足は動きませんが、
竹串を揺らして簡単なパペットとしても楽しめます。」

しっぽの曲がりもかわいい子ブタちゃんたち。
インテリアにさりげなくこんな物語性のある動物たち、すてきですね。

「ブレーメンの音楽隊」
y03
y04
ハマナカフェルト羊毛ニードルわたわた
使用針 ハマナカフェルティング用ニードル

「小さなロバ、犬、猫、ニワトリが
バランスを取り合って揺れるモビール。
ほんの少しの風でもゆらゆら動きます。」

「物語のワンシーンのように、
ロバの背中に順々に乗せました。
天井から吊るしたり、ドア飾りなどにして。」


ふわっとしたその印象と童話があいまってとってもいやされますね。
こんなモビールがあるといい時間を過ごせそうです。

「リス」
y05
ハマナカフェルト羊毛
使用針 ハマナカフェルティング用ニードル

「羊毛をあまり刺し固めないで
リスのふんわりした毛並を表現します。
顔や指先、ヒゲなどの細かい部分も
根気よく丁寧にトライしてみて。」


こんな子たちがおうちにいてくれると
疲れが飛びますよね。
ぜひ作ってあげてください。

「キツネ」
y06
ハマナカフェルト羊毛
使用針 ハマナカフェルティング用ニードル

「歩いているキツネは、首をうつ向き加減にしたり、
横を向かせたりするとまた違った表情になります。
寝ているキツネは、しっぽの毛並を意識すると
くるんと丸まったかわいい雰囲気に。」


丸まったきつねは見ているだけで暖かくなりますね。
眠たそうなこのお顔は寝室などに置いてあげて、
一緒によい夢を見られそうです。

「ウサギ」
y07
ハマナカフェルト羊毛
使用針 ハマナカフェルティング用ニードル

「印象的な水色の目をした白ウサギ。
腕を上向きにつけて踊っているような動きのあるポーズに。」

かわいらしい動きのあるウサギ、
見ていると一緒に踊りたくなってしまいますね。

「クマ」
y08
ハマナカフェルト羊毛ニードルわたわた
使用針 ハマナカフェルティング用ニードル

「クマの親子には、綿のようにふくらみのある羊毛を使用。
マットで素朴な仕上がりが特徴です。」

どこか懐かしいような仕上がりのクマの親子。
いい話し相手になってくれそうです。

「森の中」
y09
y010
ハマナカフェルト羊毛ニードルわたわた
使用針 ハマナカフェルティング用ニードル

「ヨーロッパの民話に登場する
大地を司る妖精・ノームをイメージして。
芯のワイヤーに羊毛を巻きながら作ります。」

「鼻やヒゲ、帽子の形によって
ちょっとした個性がうまれてきます。
座らせたり、リュックを背負わせたり
色違いでたくさん作ってみてください。
かわいいキノコはボタンを台にして。」


キノコとノームがとってもかわいい。
おうちも共に守ってもらえたらいいですね。

「ヒツジ」
y011
y012
ハマナカフェルト羊毛ニードルわたわた
使用針 ハマナカフェルティング用ニードル

「丸いくぬぎのドングリをおもりにしたかわいいヤジロベイ。
フェルトボールは少しかために刺します。」

「こちらはヤジロベイより少し大きなヒツジを吊るしてモビールにしました。
ゆらゆら揺れると、ヒツジがのんびり歩いているように見えてきます。」


のんびりした時間を演出してくれそうなヒツジたち。
彼らと過ごしていると夜もぐっすり眠れそうですね。

いかがでしたか?
ふんわりした動物たちとともにすごしてみませんか。
ぜひ本を手にとられて一度ご覧になってみてくださいね。

それでは次回後編も、かわいい動物たちの作品をご紹介いたします。
お楽しみに!!


文章、画像などの無断転載や二次使用、また複写(コピー)等、禁止致します。