こんばんは。あむゆーずnyaです。

本日から前後編でお送りするブックレビューは、
(ハマナカ発刊)の前編です。

ご本より

「まきまみきMoss BallやあみぐるみMoss Ballで
多肉植物や観葉植物をご使用の場合は、
直射日光やエアコンの風が直接当たる場所は避け、
暖かい場所に置いてください。
霧吹きなどを使って水やりをこまめに行って
お楽しみください。

ボンボンMoss Ballに関しましては
どなたにでも簡単にお楽しみいただけるよう、
造花・人口観賞植物を使用した
インテリア雑貨として
ご紹介させていただいております。
お好きな場所に飾ってお楽しみください。」
¥480円(税別)

↓モスボールって何!?と思った方、
ぽちっとお願いします♪
8ba59cad
b3ab4e41
いつも応援ありがとうございます♪

モスボールとは本来、苔玉やマリモのことをいいますが、
ハマナカからの新提案として、
夏の編み物に人気の「エコアンダリヤ」を使って
POPでかわいいモスボールをつくってみました!

中が空洞になるネット上の球体「あみあみボール
で丸いシルエットを実現、
中に水苔と植物を入れてつくりますが、
なぜエコアンダリヤなのか…?

エコアンダリヤは、再生パルプからできているという
素材構成上水に弱く、帽子やバッグを編んだ際も
防水スプレーを使用するなど、水とは縁遠い存在でした。

しかし、その吸水性を逆手にとって
あえて水を含ませたら、植物が育つのではないか!?
ということで、実験に実験を重ね、
この園芸と手芸のコラボを実現いたしました!

園芸好きのみなさん、編み物を始めてみませんか?
手芸好きのみなさん、編んで育てるという
新たな楽しみを経験してみませんか?

このモスボールが、みなさまの新チャレンジの
きっかけになればと思います♪

エコアンダリヤの特性の詳しい内容はこちら▼
topics5

まず、使用している材料を一部ご紹介★
IMG_E3859
それでは、作品をご紹介します♪

「まきまき Moss Ball」
IMG_3842
IMG_E3843

あみあみボールに、エコアンダリヤを巻きつけるだけ!
これなら、編み物をしたことのない方でも
お楽しみいただけます。
かすり染めを使って、色の変化をつけるのも
おもしろいかも♪

まきまきモスボールをつくってみた記事が
ハンドフルさんでまとめてくださっています!
こちらもチェック▼
キャプチャ

「あみぐるみ Moss Ball」
IMG_E3856
あみあみボール

あみあみボールに沿うように、
その丸みを活かしたクマさんは、
目鼻を刺しゅうする際の、
表情のつけ方で楽しめそう♪


クジラさんは、植物の葉っぱが、
潮を吹いているように見えますね!
植物の種類の選び方で、
作品の表情もグッと変わります。


いかがでしたか?
それでは、次回後編でもかわいい作品をご紹介します♪
お楽しみにー(*´▽`*)

画像・イラスト・デザインなどのデータの無断転載や二次使用及び複写(コピー)などは禁止致します。