こんばんは。あむゆーずnyaです。

今話題の「プランドプーリング」って
みなさんご存知ですか?

海外で発祥し最近国内でも注目度が高まっている編み法則で、
マルチカラ―の段染め糸を使って、
ある法則で編み進めていくと、
アーガイル風の模様が浮かび上がってくるんです
プラプー編み地
これ、何色もの糸を編みこんでるように見えますが、
1本の糸なんです
それも、くさり編みと細編みだけなんです
この編み法則発見された方、ほんと天才

ハマナカの糸では、
コロポックル《マルチカラー》」が
プランドプーリングにおすすめ
4_000000009633
色番号110.111.112.113.114の5色であれば、
これから説明する方法で編んでいただけます★


コロポックル《マルチカラー》no.110~114をつくるには、
まず染色前の糸を紡績して、カセの状態にします。
カセとは、糸の巻き取り方の1つなのですが、
こーんな状態のことです↓
※これはすでに染めてあるカセです。形状としてご覧ください。
IMG_5143
この形に巻き取ってから、いざ!染めるのですが、
こんな風にして染めてます↓
IMG_5144
つまり、輪を折りたたんだ端っこの部分の2色(写真の青と白)は
カセ1周の中で、1回しか出てきません。
逆に、中央の部分の3色(写真の赤・黄・ピンク)は、
カセ1周の中で、2回登場するということです。

プランドプーリングを編む際、
編み始めを見つけることが重要なのですが、
糸玉から糸を引っ張り出してみて、
まず、このカセ1周のサイクルを見つけてください
IMG_5145
そして、いざ作り目!
は、どこから編み始めるかというと、
端っこの1回しか出てこない色と
2回出てくる色のつなぎ目から、作り目を編み始めます
※上の写真の場合、青と赤のつなぎ目か、白とピンクのつなぎ目

1段めは、1回しか出てこない色(青もしくは白)から始めるので、
作り目は、2回出てくる色(赤もしくはピンク)との
つなぎ目からつなぎ目まで!
つまり、上の写真の白とピンクのつなぎ目から
作り目を始めた場合は、こーゆーこと!
つくり目
んーここが一番むずかしいかもしれない。。。

プランドプーリングの作り目のポイントは、
目数よりも色を優先するということ

1段めからは、1段でカセ1周分(染め基準)
くさり編みと細編みの繰り返しで、
64目編んでいくので、
これまでの編み物の感覚だと、
作り目も64目編むはずですが、、、

ここでは、
1段めを、1回しか出てこない色から始める
ことが重要。

そこに合わせるために
まずカセ1周分(染め基準)作り目を編む。

これすなわち、64目以上の作り目を編んで(カセ1周分)
1段めに帳尻を合わせることができるということです。

みなさんの手のきつさや、
お持ちの糸がカセの外周内周のどの部分かなどによって、
カセ1周分(染め基準)の作り目が、
何目になるのかは誤差があります。

だから、余分に編んだ作り目は
あとでほどくことになるのです。

* * *

この説明で気持ち伝わってます?
しゃべっててもこんがらがってきました

この作り目の方法は、あくまで
に限っての編み法則です。

no.105~109、また他のマルチカラーの糸は
染めルールが異なりますので、
同じ編み法則は当てはまりませんので
ご了承くださいm(__)m

* * *

さて、編み方に戻って。。。。

1段めからは、1回しか出てこない色から
<細編み+くさり編み>を1目とすると、
1色につき4目、1段でカセ1周分(染め基準)
を編みます。
6c2387d4-s - コピー
この写真の糸の場合は、
1段めに<1色4目×8回>編んで、
2段めに突入するのですが、
2段めからは、一つ下の段の配色と
1目ずつずらして編むことで
あのアーガイル風模様が浮き上がってくるので、
2段めの1目めは、1段めの8回目の色と同じになります。

要するに、1段めの8色目にあたる色は
1段めで4目+2段めで1目編むことになるので、
少々きつめに編まないと帳尻が合いません。

こんな感じで、段数が増えるごとに
少しずつ色がずれていって
その都度、編んではほどいてを繰り返しながら
色の帳尻を合わせて編んでいくと
プランドプーリングが実現するんです

うーーーん。。。
いや、とにかく一回やってみましょう

ということで、この度編み図にしてみましたので、
ちょっとこんがらがっちゃうかもしれませんが、
このブログと編み図をあわせて
ぜひ話題のプランドプーリングに挑戦してみてください
(▼画像クリックでレシピをチェック)
H145-183-124

最後にもう一度言いますが、
ここで説明した方法と編み図は
に限ります。

no.105~109や、他のマルチカラーの糸は
染めルールが異なり、
同じ編み法則は当てはまりませんので
ご了承くださいm(__)m

* * *

ちなみに、このプランドプーリングの編み法則から発想を得て
ハマナカから、初心者さんにも挑戦やすい
玉編みの新編み法則のご提案もしております
(▼画像クリックでレシピをチェック!)
AMU-629
※なお、nyaは勝手にタマンドプーリングと呼んでおります。
<略し方(非公式)>
・プランドプーリング=プラプー
・タマンドプーリング=タマプー

こちらの作品は、
玉編み1目が1色になるように編んでいくので、
未完成の長編みの目数(2目にしたり4目にしたり)を
調整することで、ポコポコと色が浮かび上がる
玉編みを編むことができます

こちらはアーガイル模様のプラプーよりも
お手軽に挑戦できますので、
ぜひ編んでみてくださいね

* * *

これまでの、編み図ベースの編み方とは異なる
新感覚の編み法則をお楽しみくださいね


↓プランドプーリングに挑戦してみたい!
という方、ぽちっとお願いします♪
8ba59cad
b3ab4e41
いつも応援ありがとうございます♪

画像・イラスト・デザインなどのデータの無断転載や二次使用及び複写(コピー)などは禁止致します。