昨年の11月に書いたことが、現実となっている今。
そうか、そういうことなのか。

昨日、初めて企業の経営セミナーたるものに参加した。

□すべては、「TO−DOリスト」と「WISH LIST」の書き出しから始まる。

そう、自分が考えていることや欲していることを書き出すことが、全ての始まり。
一度頭の中にあることを文章としてアウトプットすることが、その後の行動に
潜在的な意識として反映されるのだ。

細くなってしまった足には筋肉がつき、
図書館の本は返し、
部屋の掃除をし、
借りた本を読み、
八文字やへ行き立ち読みし、
休日はコーヒーをいれ、
平日は海へ行き、
写真を撮って、現像し、
山へ行き、音楽を聴き、ご飯をつくり、
ビールを飲んで、ネットサーフィンし、
自転車で街に出かけ、
温泉に行き、
焼肉を食った。

とても簡単なことばかりだが、過去に書いた全てが達成されている今。
ぼんやりとイメージしていることも、
それを言葉として抽出するにはある程度のイメージが必要で、
一度イメージしたことは意識しなくても行動へと移される。

今自分が持っている欲や希望、例えば英語を話したいとか、
資格が欲しいとか、それを書き連ねること。
それを定期的に繰り返すこと。
それは自己暗示と言えるのかも知れない。

ノートにまとまったそれらの言葉は、今の自分の進むべき道を示している。
書き出しによって視覚的に整理され、自分がそのために今何をしなければならないかが
明確になる。

今日、改めて「WISH LIST」を書いてみた。
70項目くらい出た。
かなえるために、
今から懸垂、スクワット、英語表現、宅建の勉強、部屋の掃除、
タッチフットのハドルまとめ、コンペのプランをする。

大事なのは、集中力・持続力・判断力、そして決断力。

そう辰野勇が言っている。