今日も1人で映画館w
予告編で見た夏木マリのまるで妖怪wのような風貌と「女の子はね。。。シュガー&スパイス。優しいだけじゃ駄目なんだよ。」の一言に惹かれ『シュガー&スパイス〜風味絶佳〜』を見に行った。
って書いてるとふらりと行ったように見えるが、1週間前に熾烈なチケ取り合戦があった訳で(爆)

基地の街、福生を舞台に高校卒業後「大学に行く必要がない」とガソリンスタンドギャス ステイションで働いている志郎の甘酸っぱい初恋の物語。
ちょっぴり刺激の効いたグランマのスパイス付き(笑)
詳しいあらすじはココ
まずはいつものようにとっとと舞台挨拶の模様へ。。。

会場はいつもの1番大きいスクリーン7(644席)ではなく、スクリーン2(369席)。
スクリーン前に舞台がないので、少々見難かったなぁ。
客層は、洋ちゃん目当てのお姉さま方、カップル、どうでしょうファンの男性、沢尻エリカ目当ての学生2人組、その他の順の割合かな?

司会は、フジテレビ藤村さおりアナ。
笠井さんは見飽きてたのでその点は良かったが、もう少し若い女子アナが良かった(ぉぃ

上手の扉から出演者が入場してくると洋ちゃんファンから黄色い声が飛んだ(笑) 『ブレイブストーリー』(ココ)の時と同じだw
ではそれぞれのコメントを掻い摘んでだいたいで御紹介。。。(下へ↓




柳楽優弥


沢尻エリカ



大泉洋

夏木マリ


チェン・ボーリン

佐藤二朗


中江功板倉俊之高岡蒼佑
濱田岳木村了岩佐真悠子

サエコ




カンバッジセット、ストラップ、レプリカキャップ、メモ帳
『シュガー&スパイス』グッズ発売中

写真↓
報知サンスポデイリー日刊スポーツスポニチ

大多亮プロデューサー
本日は本当にありがとうございました。
自分で作ってなんですが、難病にかかってる訳でもない耳が聞こえない訳でもない普通の日常的な話をすることによって、好きな人が去っていく、好きな人と出会うという青春の・・・(解読不能w)
(沢尻を見ながら)今日は夏木さんが来たと思ったら、違ったんで驚きまし
た。
2回、3回と大泉さんの細かい芝居をまた見ていただきたいと思います。

「東京ラブストーリー」「101回目のプロポーズ」「ひとつ屋根の下」等を生み出したあの方ですよぉ!
フジテレビドラマ復活へ尽力を注いで頂きたい(爆)


中江功監督
ありがとうございました。
感想は会場を出ていただいてから話してください。
1月から撮影をして、4月中旬に完成したんですけど、今日を迎えられて、初日の1回目を見ていただきありがたいです。
沢尻さんの頭のことは言われちゃいましたね(笑)
大泉さんがロッカーで持ち歌を鼻歌で歌ってるんで見てください。別に見所ではないですが(笑)


柳楽優弥  黒いジャケット、グレーのパンツ、グレーのネクタイ
今日は本当に来てくれてありがとうございます
藤村「コンパクトですね・・・もう少し何かありますか?」
     沈黙
見に来てくれてありがとうございます。
藤村「はい、気持ちが非常に伝わってきましたね(笑)」
   
はーい、よくできました。って・・・幼稚園児か!


沢尻エリカ  キシリッシュもビックリの金髪ウイッグに白の水玉入り水色ワンピ
今日は見に来てくれてありがとうございます。
心待ちにしていた初日に、こんなにたくさん来てくれてありがとうございました。

あなたはフランス人形にでもなりたいんですか?
( ̄▽ ̄;) まぁホントに半分フランス人なんだけどさぁ〜
入場してきた時、「あれれー夏木マリはいるけど沢尻エリカがいないぞー」って間違えたがな(爆)
足の組み方がモデル立ちとはちょっと違う、なんていうか足を長く見せる手法なのか、変ってたなぁ。
格好は奇抜だったが、挨拶は優等生っぷりを発揮(笑)


大泉洋  黒?紺?の燕尾服みたいな長めのジャケット、グレーのパンツ、赤と紺の斜めストライプネクタイ
喋り過ぎ&早口の為、会話形式で再現する事が不可能w
よって要点を箇条書きで。。。

並びから大多さんの次に話を聞かれると思って待っていたが、「恋をみずみずしく・・・」、「志郎の恋のお相手・・・」と紹介され、「あれ?俺そんな役だったっけ?」と思ったそうな。
引きの画ばかりで「ここまで小さくよく撮ったなぁ」、「がんばってやったのに肝心な所で曲かけてセリフ聞こえねー」、「足挟まれて、ちょっとしたリーゼントのいかしたナイスガイが台無し」と御立腹。
「柳楽くんは喋らないし、アホみたいな頭の人がいるし、もう1人は外国人だし・・・小学生だってもうちょっと喋るよ!? こんなプレッシャーの舞台挨拶は初めてだよ!」

洋ちゃん節炸裂! あまりの速さでまくし立てるからメモできなかったじゃん(爆)


チェン・ボーリン
みなさんこんにちは。チェン・ボーリンです。
今回、みんなと仕事出来てうれしいです。
残念だけど、彼女、夏木マリさんいませんです。
ありがとうごじゃいました。

映画の中では結構流暢だったのに、片言の日本語だった。


どんな人に見て欲しいか、見所は?
大多P
若い人はもちろん、40代・50代に懐かしい恋を思い出してもらいたい。
「女の子はね、優しいだけじゃ駄目なんだよ。」ってフレーズは飲み会で使うと役に立つそーな。

中江監督
柳楽くんは喋らないけど、大泉さんは喋り過ぎ。2人を中和させてもまだ大泉さんは喋り過ぎ。
足を踏まれるのが似合うのは日本で1人、大泉さんだけだった。
2人の雨のシーンが一番大変だった。
柳楽くんは男の子から役者へ成長し、苦労したけどいいシーンだった。
二度と見・・・じゃありませんね。2度、3度と見て下さい。

柳楽優弥
雨のシーンが大変でした。
藤村「どのように?」
雨のシーン。。。
沢尻「雨のシーンの撮影が長くて・・・」
中江「丸1日だっけ?」
沢尻「2日です。」
ちゃんとできなかったんで大変でした

大きな声でよくできました(ぉぃ
せっかく助け舟出したのに・・・
もうちょっと中身のあるトークをしてくれよー (^_^;)


沢尻エリカ
多くの方と共演できて楽しかった。
ホントに何て言うんだろう・・・笑いを堪えるのが大変でした。
自然に自分にとって振り幅のある役を演じれて大変だったけど良かった。
季節的にも雨のシーンもそうですし、「みんな粘るから負けたくない」って刺激し合いながらやれたからいい物ができたと思います。

大泉洋
どのシーンも時間がかかって、かかって・・・
スケジュール渡されても、1日5シーンの予定が1シーンしか撮れない。
時間がないって言うのに、もう1回って・・・
監督の名前忘れましたけど(笑うトコ)、撮り終わらないんじゃないか?って思った。
休憩になると、お嬢は車の中でマニキュアを塗ってるのに、僕たちは「寒いねー寒いねー」ってドラム缶で暖まってた。
木更津の周りになんもないオープンセットだったんで、とにかく寒かった。
「小早川信木」と同じ時期に撮影をしてたんで、「明日、シュガスパです。」って言われると行くのが嫌だった。

寒さが伝わってくるようだった(笑)
洋ちゃん、うま〜くオブラートに包んでチクリと。。。

チェン・ボーリン
映画の中に手品、すごいおもしろいです。日本語難しいです。
藤村「本当にやってたんですか?」 そうです。
藤村「時間かかりましたか?」 そうです。
藤村「マジシャンとしてやっていけますね」 そうです。

最後に柳楽くんに締めの言葉を。。。
柳楽優弥
今日は見に来てくれてありがとうございました。

藤村アナったら「どんな恋愛をしたいですか?」って質問を飛ばしてやがったw
柳楽優弥
俺、志郎みたいな恋愛したいです。
藤村「どこに惹かれましたか?」
全部惹かれた。
藤村「・・・」

沢尻エリカ
わかんないけど、逃げたくないし諦めたくないし、いつかいい恋に巡り合いたいです。

大泉洋
所長みたいな恋がしたいです。
藤村「それで本当にいいんですか?」
自分なりに裏テーマを設けてたんですよ?(ちょっとキレ気味?)

チェン・ボーリン
流れに任せます。


って感じで舞台挨拶は終了し、マスコミ向けのフォトセッションへ。。。
シンボルである自転車と一緒にフラッシュをを浴びてましたとさ。


では、映画の感想へ。。。









なんたって夏決まり!(違 夏木マリの存在感が凄い!良い!
70歳という設定には、ちと無理があるというか失礼?だけど「グランマとお呼び!」と命令し、必需品と呼ぶ歳の離れた彼氏を囲い、アメリカナイズされた出で立ち、アメ車、Bar Fuji・・・でも得意料理は高野豆腐のふくめ煮ってギャップもおかしかったねぇ。
孫の初恋を温かく見守りながら、「のんちゃん、ふじちゃん」の仲になった乃里子をガールズトークで優しくアドバイスする姿は、ホントいい人!理想形!
まさに一家に一人の必需品として欲しい存在である。
「夏木マリに助演女優賞をやらない日本映画界なんて嫌いだぁ!」
ホントやらなかったらおかしいぞ (-_^:) ピクッ

柳楽くんも沢尻エリカも目力がすごいねぇ。
吸い込まれそうな目をしてた。
カンヌで賞を獲ったのは何年前だっけ?ずいぶん大人っぽくなったのね。
柳楽くんの演技って見た事なかったけど、等身大の17歳って感じで、ピュアで応援したくなる存在だったなぁ。

沢尻エリカも「パッチギ!」「間宮兄弟」を見そびれたから「1リットルの涙」を途中脱落した以外、演技を見た事ないや(爆)
でも、なんでしょう?あの引き寄せられる魔性の力みたいなモノは・・・

洋ちゃん家のお風呂事情・・・かわいそうに(笑)
あのママさんなら尻に敷かれても仕方ないかw
バイクで攻めに行く洋ちゃん、カワユス(爆)
自転車を差し出す洋ちゃん、かっくいー

我らが佐藤二朗さん(ぉぃ
ボソッと発した一言がビシビシ決まってた。
ああいう居ても居なくてもいいようだけれど、実は重要で存在感のある役は彼の真骨頂だねー

岩佐の「下手クソ」は妙にリアル(ぇ
何かああいう役が多いのかな? しばらくは濡れ場方面で食って行けますね(笑)
サエコは携帯片手に歩く姿しか見た事ないような・・・そうでもないか(爆)
彼氏のミスターマッスルの声が吹き替えってトコが、もうツボりまくり!

蒼井優がのチラッとカメオ出演。見つけられたかな?
ネタバレ反転
ラストシーンのバスの女の子の声がそう!
その女の子と教習所の女の子は沢尻エリカ



1回、横田基地の中へ入った事があるけど、アメリカではメジャーらしいハンバーガーチェーンのドデカいハンバーガー食いきれませんでしたわ。
え?そんな話はどうでもいいって?w

S&S「彼女を信じた。信じていた。」
スパイスどころか毒薬を持ってるからね・・・女って平気な顔して裏切るから怖いわ。
2度と会いたくないって言いながらホイホイ戻って行くとは・・・
ホント女ってどういう生き物なんでしょう? わかりませーん。
だから恋なんて出来ない。本当の恋なんて永遠にw

雪化粧した本栖湖と朝焼けの富士山とか、噂の雨のシーンとか映像は綺麗だねぇ。POPなセットも良く作られてた。
ガソリンスタンドギャス ステイションだけは、ありえない代物だったけどw
えー10代から50代までどの層でも楽しめるんじゃないかな?
ラブラブwなカップルは、より絆を深める事が出来るかもしれないし、別れる原因になるかもしれないし・・・
まぁー幸せな恋愛を夢見るシングルな方も、どーぞご覧下さい (^0^*オッホホ

まんまと10うん年振りに森永ミルクキャラメルを買ってしまった・・・
『UDON』(ココ)の二の舞だわw

評価:★★★★☆
|あんぱ的映画レビュー|∇ ̄●)ο
『ブレイブストーリー』舞台挨拶@新宿ミラノ1