遠く1遠く2











真夏の舞台挨拶2本立て
ピンクの「クローズド・ノート」Tシャツココ)を着て参戦した1本目のレポートは、この前握手してもらった(ココ)行定勲監督、神木隆之介・大後寿々花のドラマ『あいくるしい』コンビが贈るファンタジー映画『遠くの空に消えた』
会場は渋谷駅前の東急文化会館の再開発に伴い仮移転中渋谷東急写真 港町キネマ通り
なぜかオフィスビルの中にある変わった映画館(爆)
昨日までの猛暑設定だったのか、冷房が効き過ぎて凍えた
客層は神木くん狙いの女子中高生から大後ファンの20・30代、ファミリー、三浦友和ファンの団塊の世代まで幅広かった。
登壇したのは、行定勲監督、神木隆之介、大後寿々花、ささの友間、鈴木砂羽、伊藤歩、長塚圭史、田中哲司、石橋蓮司、三浦友和の10人。
それでは舞台挨拶の模様を、ミミズ文字のメモを解読しながら、それぞれの発言を掻い摘んでだいたいでご紹介。。。

ナビゲートDVDなのに2時間という満足なボリューム
残り238時間はお蔵入り?(爆)
、「女性の方はお控え下さい」なチンコ、どろんこ、夕日、初めての舞台挨拶が気になるささのくん、オレンジレンジ&KAT-TUN
流れ星を見損ねて「願い事をしなかったらもったいねぇ」と叫ぶささのくん
行定監督が自分の子供と同じ歳の子役に「いいよぉ。伸びるよ」と誉め殺し(笑)
「神木くんがタイプです」、柳田衣里佳が一番人気
バスの中で誰か好きか告白大会
新春シャンソンショー、ささの泣く、雨の洗礼、三浦友和のカエルの掴み方講座
、ブルーとピンクの夕焼け、「いつかは消えてしまうこの一瞬一瞬へ」
など北海道の美しい自然と闘う行定組の舞台裏とキャストの素顔&子供時代の夢が満載
ささのくんのファンが増えるかも?(^0^*オッホホ
『遠くの空に消える前』 行定勲監督、神木隆之介、大後寿々花、ささの友間、小日向文世、鈴木砂羽、伊藤歩、長塚圭史、田中哲司、柏原崇、大竹しのぶ、三浦友和 他 07.8.3 on sale

写真
オリコンeiga.com報知サンスポさとりのひとりゴト

眠気も覚めぬ朝の10時から、上映前の舞台挨拶。
司会は、お目にかかるのが今年7回目wの映画パーソナリティーの伊藤さとりさん。
撮禁の注意のあと、キャストの入場。
まずは一言ずつ挨拶。。。
遠く3遠く4











神木隆之介
グレーのTシャツ、黒ジャケット、黒パンツ、黒ブーツ
え〜と、楠木亮介役をやらせて頂いた神木隆之介です。
今日はこの日を迎えられ、たくさんの方に来て頂いて最高だと思います。よろしくお願いします。
撮影はいつも同学年の人たちが多く修学旅行みたいで、人生で1番くらいの夏休みの思い出になりました。

o(^^o) (o^^o) (o^^)o キャアキャア♪
『ピアノの森』に続いて今年2回目。
『ピアノの森』舞台挨拶@丸の内プラゼール
『踊る大捜査線2』でσ(●゜∇゜●)と共演(ココ)した神木くんも14歳になったかぁ(爆)
すっかり好青年だねぇ (*^o^*)
ちょっとハニカミながらも笑顔で声援にも応えてた。


大後寿々花
ベージュのワンピース&ストール、茶色のロングブーツ
柏手ヒマル役の大後寿々花です。
今日は初日に朝からこんなにたくさん方に観てもらえてうれしいです。
撮影の時も、終わった後にも、すごいいろんなことを感じられました。

もちろん生は初。
『セクシーボイス アンド ロボ』を見てないんで、演技を見るのは『あいくるしい』以来かな?
車椅子の少女がこんなに大きくなったのね(爆)
ストールが髪と合ってて映えてたなぁ。


ささの友間
白とグレーのチェックのシャツ、グレーのベスト、グレーのハーフパンツ
土田公平役のささの友間です。
今日はこうやって初日を迎えられたのがあっという間で、すごいうれしい。ありがとうございます。
夏休み、僕にとって最高の夏休み、二度とないような最高の夏休みだと思いました。

あの笹野高史さんの次男ですね。4兄弟です。子供というより孫です(ぉぃ
ナビゲートDVDで何を話そうか悩んでたけど、ちゃんと話せたのかな? 服はちゃんと洋服だったね (^0^*オッホホ
やはり初の舞台挨拶、緊張してたようで(笑)


鈴木砂羽
ショッキングピンクのキャミソール
土田スミ役の鈴木砂羽です。
昨年の夏に撮影して、今日を迎えられてうれしいです。ありがとうございます。
も〜ね〜いろんな想い出があって、感動しました

『憑神』舞台挨拶@丸の内TOEI 1以来、今年2回目。
思い入れが深く、感動しちゃったみたいで、テンションが高かった(笑)


伊藤歩
エメラルドグリーンのワンピース
よろしくお願いします。
今日は暑い中、ありがとうございます。
客:涼しかったよ!
そうですね・・・緊張してて、適当な事を言ってしまいました。すいません。ありがとうございます。
まだ見てらっしゃらない方ばかりなので、あまり言えないですけど、人生の宝物になりました。

ファンらしき人からの思わぬからのツッコミにあたふた・・・というか若干キレ気味だったかも(笑)
そう、この舞台挨拶、朝一に行われたので、ネタバレ無しなの(爆)
想像してたより、おっきかった(ぇ


長塚圭史
黒Tシャツにグレーのパンツ
赤星役の長塚圭史です。
撮影中に力を入れて撮ったのが、今日初日を迎えられてうれしいです。
今までやったことのないような役をやらせて頂いて、監督には感謝しています。

コヒさんと砂羽さんが出てた『12人の優しい日本人』(ココ)をなぜ見に来てたか、ようやく今日わかった(爆)
阿佐ヶ谷スパイダースの芝居も見に行きたいんだけどねぇ・・・機会があれば(笑)


田中哲司
黒いスーツ
空港建設反対派リーダー役の田中哲司です。
行定監督、渾身のファンタジー映画です。
ぜひよろしくお願いします。
最初、台本を読んで、ファンタジーがわからないもんで良くわからなかったんですけど、役も良くわからなかったんですけど、試写を見て「良かったな」と、はい。

こういう場は不慣れなのかな?
どもっちゃって、視線も定まらず挙動不審(笑)


石橋蓮司
白い麻のシャツ、ベージュのパンツ
ご覧になって、面白いと思ったら宣伝して下さい。
つまらないと思ったら、結構です。
やはり神木くんの役は「俺がやった方が良かった」と監督に言ったのですが、受け入れられなかった(笑)
天童は、一生懸命やりました。

見た目と違ってお茶目なのね(爆)
重鎮もクールビズ(ぇ


三浦友和
薄いピンクのジャケット、白と青のストライプのシャツ、グレーのパンツ
楽しい想い出になったと子供たちが言ってましたが、今思うとなんで、子供たちは北海道にずっと行きっぱなしで大変だったろうと。
彼女、彼らの演技を見て下さい。
今まで見た事のないだろうという行定ワールドを感じられると思います。

今日のキャストで1番楽しみにしてたかもしれない(笑)
お〜渋いながらも若い、かっこいい。


行定勲監督
茶色のジャケット、白いTシャツ、グレーのジーンズ
えっとですね。今日は暑くないんでしたよね?
暑くない中、毎週たくさん映画が封切られる中、お越し下さいましてありがとうございます。
この映画は自分の為に作りました。
大好きなキャスト、スタッフと一緒に、大好きな映画を作らないとダメだと感じました。うがった感じじゃなくて、スクリーンの一点を見るような、自分が信じられるバカみたいな映画を作りました。
どう見て頂けるか楽しみです。どうもありがとうございました。

9/29公開の沢尻エリカ・竹内結子出演『クローズド・ノート』のエキストラに参加した時、握手してもらった
沢尻エリカと体操をしたw(『クローズド・ノート』エキストラレポート)
もちろん初日舞台挨拶はクローズドノートTシャツを着て参戦予定(笑)
情報通り、「撮りたい物を撮った」ということらしい。


撮影は?
神木隆之介
そうですね。やはり毎日が楽しかったし、大後さんとは前にもドラマで共演したし、話しやすかったし、ささの君も慣れてくうちに仲良くなって、ムードメーカーみたいで、毎日が充実してて楽しかったです。

キャンペーンはいかがでした?
大後寿々花
そうですね。北海道から九州まで行ったんですけど、舞台挨拶も楽しかったですし、おいしい物も食べられました。
ゆっくり楽しんでもらえたらと思いました。

やはり旅と言ったら、食だよな(爆)

吹奏楽部でトロンボーンを頑張ってるんですよね?
ささの友間
はい。ちょうど撮影とかぶってしまって、一度オーディションを断ってしまったんですけど、一緒に2つをやるというのもわがままと言えばわがままですけど、いい想い出になりました。
金賞を獲ったんですよね?
はい。
行定監督
最初、けんもほろろに断られまして(笑)
神木くんと大後さんが決まってて、昔懐かしい感じの子が欲しかったんです。
オーディションに来たのに断られて・・・「何でオーディションに来たんだよ」って感じで、逆オーディションみたいで(笑)
北海道から帰さなきゃいけないのに、帰さなくて・・・この子が居て良かったです。

鈴木砂羽
今日、でもビックリしたのは、1年経つとこんなに大きくなっちゃうんだなって。
特にウチの息子はいろんな事を知りたがって・・・

いろんな事ってどんな事 衣装の事かな???

チャン・チェンさんはどう?
伊藤歩
チャン・チェンさんとは前も一緒にやったんですけど、緊張せず恋に落ちれましたので良かったです。

赤星っていうのは特殊な役ですよね?
長塚圭史
実際に居たって話ですね。
行定:そうですね。
持っていたイメージとか体で見せてくれました。こうってね。
奇妙な役ですね。
最初の撮影の時、秘密基地のシーンだったんですけど、3人に乗っかって、楽しいやつらだったんで、テンション高くてついて行けなかったんですけど、できました。

役作りは?
田中哲司
特に僕は役作りしないんですけど、舞台っぽく派手めにやりました。
役者の中で「今、何組なの?」って話をするんですけど、「行定組」って言うと「あぁ辛いよね」って。
そんなに厳しくないと思ってたんですけど、今回は厳しかった。
マゾ的な部分があって、厳しいっていうのがいい(笑)

行定監督とは初めてじゃないですよね?
石橋蓮司
映画もテレビも2本ばかりやっています。
行定組というのは変質的な撮り方をしまして、何回もフィルムを回して「お金持ちなんだな」って(笑)
1ショットの中で、「どうせ僕は使わないだろう」という所は手を抜いて、使われると思ったカットは一生懸命やりました。今日使われている所は一生懸命やった所です(笑)

さすが重鎮。手抜きの仕方も悟ってるのねw

神木くんはいかがでしたか?
三浦友和
僕の中のイメージでは幼稚園くらいだったんですが、1年経って青年だなぁって。
俳優として子役の域を超えているので、ライバルです。
神木:ありがとうございます。うれしいです。ありがとうございます。
心にもないことを(笑)

最後に一言
行定監督
今のコメントを聞いて汗かくくらいなんですけど、スクリーンに映る物を何も考えないで、かつて子供だったみなさんが、子供の目で、大人を排除してどこまで子供の目線で見られるかだと思います。
作為的じゃなくて楽しめる映画が増えて行けばいいなと思って作りました。
気に入ったら口コミで宣伝して頂ければうれしいと思います。ありがとうございます。

以上で終了。マスコミ向けのフォトセッションに移った。
3人が星型★★★のボードを持っての撮影。
神木くん、大後さんは手を振って退場して行った。
たっぷり30分、満足度の高い舞台挨拶だった。
それでは映画の感想へと移る。。。





神木隆之介


大後寿々花


ささの友間


小日向文世


鈴木砂羽


伊藤歩


長塚圭史


田中哲司の作品柏原崇の作品

チャン・チェン


石橋蓮司の作品大竹しのぶの作品

三浦友和


行定勲


『遠くの空に消えた』
チェック:
『春の雪』の行定勲監督が7年間温めてきた物語を映画化した感動作。平和な田舎町で空港建設をめぐる大人たちの争いに巻き込まれながらも、たくましく生きる子どもたちが起こす小さな“奇跡”を描く。都会から来た主人公を演じるのは『妖怪大戦争』などの天才子役、神木隆之介。共演は『北の零年』『SAYURI』などで注目されている大後寿々花。彼らの名演が、忘れかけていた大切な“信じる心”を思い起こさせる。
ストーリー:亮介(神木隆之介)は、父親(三浦友和)の都合で広大な大地の広がるのどかな町に転校してくる。彼の父親はここに空港を建設するために、推進派のリーダーとして送り込まれたのだ。亮介と空港建設反対派の青年(田中哲司)にかわいがられている悪ガキの公平(ささの友間)は犬猿の仲だったが、ある晩、偶然二人は出会い……。
 (シネマトゥディ)


遠くわぁ〜お!
ボーボー鳥が棒々鶏(バンバンジー)って ( ̄Д ̄;;
サスペンダーなんかしちゃって『ピアノの森』と同じく東京から引っ越して来たエエとこの坊ちゃんって感じがお似合いだった神木くん。
いつもの優等生でかわいい神木くんではなく、チョイ悪神木くんを見られたのも、良かったなぁ。
極悪非道とは言わないけど、もっとイ・ケ・ナ・イ役も見てみたい(爆)
順調に成長してて、良かった良かったw
また12月に『Little DJ〜小さな恋の物語』でお会いしましょう

『セクロボ』を見てないので大後寿々花の演技を見るのは久しぶり。
その正体というかバックヤードが明らかにならないまま、ミステリアスなまま終わっちゃった。残念。
ささの君はめっけもん?(笑)
当然、新人賞にはノミネートされるでしょうね。
実際にも人気No.1だったらしいクラスのマドンナ・エリカ@柳田衣里佳の妄想シーンとか好きだなぁ
ランニングがまた似合ってるんだなぁ。監督の思い描いた通りに(笑)

難しい役ながらも長塚さん完璧だったんじゃないかなぁ?
荒れ狂う男、田中哲司。どこか抜けててダメダメな所も愛らしい(笑)
啖呵を切るだけに登場したと言っても過言ではない大竹しのぶ。まぁ適役(爆)
鈴木砂羽さん、最近母親役が多くなってるけど、上手いんだよなぁ。
前はそれほど目に止まる女優さんじゃなかったんだけど(爆)
木の上・屋根の上のじいさん2人、いい味出てた(笑)
コヒさんは、三谷幸喜『彦馬がゆく』の神田彦馬みたいで、脱力感の裏側に隠された大きな愛が何とも
コヒさんが帰ってきたあたりから、映画の空気がガラリと変わったしねぇ。

三日月・上弦の月・十三夜の月・小望の月・満月と章立てて進んで行く。
好き・嫌い、好みがハッキリ分かれそうな映画。
マイナス点と言えば、ちょっと尺が長かった所。
地主の娘・サワコ先生とアホ婚約者タニシ&鳥人間・スミス提督のエピソードをバッサリとカットしたらちょうど良かったんじゃ?
柏原崇の棒読みったら、もう最悪

子供力って言葉がキーワードになっている通り、立ちション・牛乳瓶のふた・鼻血・検便・半ケツ・肥溜め・ウンコ爆弾・天体望遠鏡・UFO・ミステリーサークルなど子供ならではのモノがた〜くさん。
まぁ世代が違うから、知らない物がほとんどなんだけど(笑)
「バカだな、君たち。バカだよ。」ってのが大人に投げかけられた行定監督からのメッセージ
世の中バカになったモン勝ち。踊らにゃ損、損!(ぇ
いつまでもを子供力を忘れずに生きて行ければ楽しいんだろうなぁ。
大人の塊だった楠木雄一郎@三浦友和は、忘れかけていた子供力を思い出して親子の絆を取り戻し、自分の故郷と親友も取り戻した訳で。。。

神木くんと大後寿々花が大人になる前に、監督がどうしても撮りたかったという7年間温め続けたこの作品。
たまには夢や奇跡を信じても罰は当たらないんじゃない?
童心に返って純真な気持ちで見れば、ファンタジーの世界に入れて、自分を変えられるチャンスがやってくるのかも。。。
Coccoの「甘い香り」と宮沢賢治みたいな世界がまたいい。
ぜひクスクス笑ってもらいたい。
評価:★★★彡☆
行定監督が助監督を務めた岩井俊二監督の『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』を久しぶりに見たくなったなぁ。。。

クリックで、応援お願いします!
クリックお願いしま〜す!いつもクリックありがとう
|あんぱ的映画レビュー|∇ ̄●) ο

『探偵学園Q』 レビュー中
『ピアノの森』舞台挨拶@丸の内プラゼール (神木隆之介)
妖怪大戦争舞台挨拶@丸の内ピカデリー2 (神木隆之介、高橋真唯)
「あいくるしい」最終回 (神木隆之介、大後寿々花)
『UDON』舞台挨拶@日劇2 (小日向文世)
『12人の優しい日本人』 12/28夜公演 (小日向文世・鈴木砂羽、長塚圭史
『憑神』舞台挨拶@丸の内TOEI 1 (鈴木砂羽)
沢尻エリカと体操をしたw(『クローズド・ノート』エキストラレポート) (行定勲)