ブログネタ
日本映画2 に参加中!

今年も参加! 「第22回東京国際映画祭」開催中
【タグ】 東京国際映画祭
スプーン4スプーン3






今回見たのは、11/21公開『曲がれ!スプーン』
「踊る大捜査線」「UDON」本広克行監督が、「サマータイムマシン・ブルース」に続き、ヨーロッパ企画・上田誠と再びタッグを組んだのだ
『サマータイムマシン・ブルース』舞台挨拶@渋谷アミューズCQN
『UDON』舞台挨拶@日劇2
スプーン1スプーン2






入口でこの映画の“宣伝マン”認定の証となる幸せのスプーン缶バッジを受け取った。ジャンジャン宣伝しなくては!!!
上映前に行われた完成披露記者会見では、銀色の全身タイツが出現したらしい(爆)
そして、上映後の舞台挨拶に登壇したのは、本広克行、上田誠、長澤まさみ、三宅弘城、諏訪雅、中川晴樹、 辻修、川島潤哉、岩井秀人、志賀廣太郎。  

ではココからは、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式“そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポート”のスタート
どこよりも詳しいはずだが、ロックオンではないので“だいたい”でお届け
キヲクトキロク〜なぜメモるのか?


司会は、もう見飽きたフジテレビ笠井信輔アナ
通訳さんが出てきて、「確認ですが、英語の通訳が必要な方はいますか?」と。
数人手を上げた。いなかったら、しなかったんかい(爆)

いよいよゲストの登場
下手から、本広、志賀、岩井、川島、三宅、長澤、諏訪、中川、辻、上田の順に並んだ。
スプーン6写真記事 
Cinemacafe.netシネマトゥディeiga.comオリコンスポニチ毎日デイリー

笠井:国際映画祭なので、英語の堪能な方は、英語で挨拶して下さっても構いません(笑)

長澤まさみ
ありがとうございます。
客:Miss Yone! (最前付近の客が大声で叫んだ)
(KYに苦笑いで)米を演じました、長澤まさみです。
ホントに今日はたくさんの方に見ていただけて、うれしいです。
たくさんの方に、1人5人に伝えてくださればうれしいです。
勇気や●●(読めずw)を与えてくれた映画に、なりましたか?
客:拍手
ということで、ぜひ伝えてください。

笠井:撮影中のエピソードはありますか?
あの〜撮影現場で、香川のロケ中もわざわざうどん屋さんが来て、夜はケータリングで来ていただいて、お腹の中はうどんだらけでした(笑)
でも毎回違う味だったんで、美味しかったです。
笠井:監督の趣味ですか?

本広:たぶんそれは、ウチの弟が来てたんだと思います。
松井うどんだな。分かる人には分かる話(爆)

【タグ】 長澤まさみ
『涙そうそう』舞台挨拶@日劇2


三宅弘城 (ナイロン100℃
テレポーテーション・小山役をやりました三宅弘城です。
至る所にCGが使われているんですが、僕の所だけみんなに止まっていただいて、僕だけ動くという・・・
なんでこんなにCGを使っているのに、僕だけアナログなんだろう?(笑)
(長澤に)さっき5人って言ったよね?   長澤:はい。
1人5回見に来ていただけましたら、我々の懐も・・・関係ねぇか?
よろしくお願いします。
興行収入でギャラって変わるの? ボーナスくらいは出るのかな?
笠井:超能力は手に入れたいですか?
手に入れたいと思います。
でもテレポーテーションは目立たない気がする・・・
やっぱ透視がいいなぁって(笑)
男は黙って“透視能力”w


諏訪雅 (ヨーロッパ企画
My name is Masashi Suwa・・・英語、堪能じゃなかったです(笑)
けど、これどう訳すのかなぁ?
(通訳さん翻訳中) アハーン、オー、アハーン・・・ まさみ笑う
河岡役の諏訪雅です。もうフリートークですか?
1年前ですよね?久しぶりにみんなに会って、長澤さんとも会って、みんなでエレベーターに乗ったんですけど、「なんかかわいい人がいるなぁ」と思ったら、まさみちゃんだったんですよ。
(通訳さん翻訳中) アハーン、アハーン、All right!
僕はこの映画を見て感動し続けて、元々原作の舞台を劇団でやってて、映画になって、恋愛しないでしょ? 人は死なないでしょ? でもなんで泣いてるんだろうと思いました。
おかしな身振りをつけて、英語が分かってる体で(爆)
笑わせてくれたわ。



中川晴樹 (ヨーロッパ企画
透視の筧役、中川晴樹です。ありがとうございました。
透視という男性は誰しも夢見る脳力で、長澤さんのファンに殺されるんじゃないかと思いドキドキしています。
(通訳さん翻訳開始) テンポ崩れますね(笑)
通訳:申し訳ございません、仕事なので(笑)
お年寄りから子供から世界中の人に見てもらいたいと思います。
エピソード? まぁたくさんありますね。
ただ1個挙げるとしたら、長澤さんの足は臭くないです。
喋ってる途中で通訳が入るので、みんな喋りづらいというw
映画の中では、足を嗅ぐシーンなんてなかったけど、いつ嗅いだのやらw


辻修 (動物電気
テレパシー・椎名役を演じました辻修です。
ちょっと劇場に僕を知らない人が多いと思いますが、この大きな役をやらせてもらっていいのかと思いました。
ピュアな心で騙されたと思って帰って下さい。
じゃ、エピソードなんかを・・・
最初、このピュアな椎名君は、「ピュアなんでこういう演技になっちゃうんだよ」って本広監督と相談しまして、格闘しました。
伝わってます?
心を読むところが、ポイントでして・・・勝ちましたね。
ちょっと伝わりづらい点が(爆)


川島潤哉 (コマツ企画
エレキネシスを操る井出役の川島潤哉と申します。
見ていただいたように、そんな使えないです。僕も持ちたくない。
僕は感動する流れとも別で、わかっていただけたと思います。
笠井:一番力を出してたように見えましたが?
顔ですよね? 顔とポーズを頑張りました。
セットがすごい良かったなぁ、カフェのセットがすごい綺麗で、細かいところも作られていて、象の置物も手作りで、水がびちゃびちゃかかって、「自分よりダメな象がいるなぁ」と思いました。
笠井:通訳しにくいですね。 
そうですね。
楽しんでいただけたらと思います。
どう通訳したんだろう・・・
象の鼻から水が出る、小便小僧的な置物の話w


岩井秀人 (ハイバイ
Thank you! I have a power, very tight space I can go! 
通じました?
笠井:え〜十分ですよ。
通訳:代わりにやっていただきたいです。
僕は16歳から20歳まで引きこもりだったんですけど・・・
引きこもりがどうなるか簡単にしてしまいましたが、とにかく俳優として細男をやらせていただく立場にないんじゃないかと思いました。
普通、絵コンテとか用意して、その通りにやると思いますけど、ぐちゃぐちゃやって、その場で決めていました。
つながって見えるのが、とにかくすごいうれしかったです。ありがとうございます。
現場でドライをやってみて、コマ割りとか決めてたのかな?
監督の頭の中で、全てが描かれていたのかな?



志賀廣太郎
My name is Koutaro Shiga.
(フランス語)
(ドイツ語
(韓国語)
「カフェ・ド・念力」のマスター、志賀廣太郎です。
2ヶ月、この人たちといたんですから、その苦労を察してください(笑)
撮影中も、リハーサルも10日間くらいあって、台本を持って時間はかかる部分はあったんですけど、四国ロケも1月の東京ロケも楽しかったです。
5回とか5人とか言いません。10回見て下さい。
どうもありがとうごじました。
笠井:どの念力がお気に入りですか?
どれも世の中に役立つ念力じゃないんで、修行中の予知能力が一番かな?
5ヶ国語で挨拶したのかな?
矢継ぎ早だったから、数えられず(笑)


上田誠 (ヨーロッパ企画
原作と脚本をやらせていただいた上田誠です。
本広監督に、2007年に舞台を見ていただきまして、映画化のお話をいただきました。
その時は「嘘やろ 今、超能力はないやろ」と思いまして、慌ててそこから脚本を書き始めました。
日常生活にプラスにならない、あってもなくても良い毒グモについて延々喋る、30分くらい延々と喋る。
「なんだ?」っていう総力をかけて作って、映画になりました。ありがとうございます。
12月に紀伊國屋ホールで再演になります。よろしくお願いします。
確かに“超能力”ブームでもないし(爆)
舞台版の再演も面白そうだなぁ。



本広克行監督
監督をやりました、本広です。
長澤さん以外はオーディションというか、志賀さん以外はオーディションで選びました。
日本にもまだまだすごい俳優がいるんだ、小劇場は宝庫なんだと思っていただけたらと思います。
上田さんとは2回組んだんですけど、「サマータイムマシーン・ブルース」とリンクされているので、それを10回見れば分かると思います。
「UDON」も若干リンクされています。どうぞ見てください。
笠井:どういう所ですか?
リンクだらけで、キャラクターも場所もですね。
キャプテンUDONなんかも、テレビ局を歩いてたり、寺島さんの出てくるシーンで、たんすのふすまから肩が出てたりします。
笠井:それはわかりません!
ココで言いたかったんです(笑)
この場の為だけにネタを仕込むとは!!!
見逃したから、もう1度見なくては。。。


【タグ】 本広克行 踊る大捜査線
『サマータイムマシン・ブルース』舞台挨拶@渋谷アミューズCQN
『UDON』舞台挨拶@日劇2
『少林少女』ジャパンプレミア@六本木ヒルズアリーナ&完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
『踊る大捜査線』&本広克行あんぱ的リンク集


笠井:長澤さん、最後に一言お願いします。

長澤:そうですねぇ・・・えっと・・・ありがとうございました。

悩んで、悩んで、それだけかい!!! 
そんな感じで、舞台挨拶終了。
人数も多かったので、最後は巻きで(爆)

それでは、映画本編の感想へ。。。
スプーン5スプーン7






『曲がれ!スプーン』

チェック:
エスパーを探して全国を旅する超常現象バラエティー番組のADの女の子が、本物のエスパーたちと出会い、大騒動に発展するコメディー。劇作家・上田誠率いる劇団ヨーロッパ企画の戯曲「冬のユリゲラー」を原作に、『サマータイムマシン・ブルース』でも上田とコラボした本広克行が、舞台劇特有のテンポで映画化。夢見る女の子を長澤まさみがコミカルに好演するほか、個性豊かなキャストたちが織り成すハートフルなストーリーに注目。
ストーリー:超常現象バラエティー番組のAD・桜井米(長澤まさみ)は、番組の企画で本物のエスパーを探し出すハメに。視聴者からの投稿を頼りに日本全国を旅して回るが、現われるのは有名人になりたいインチキ超能力者ばかり。それでも取材をあきらめない米は、次の取材対象者が待っている喫茶店「カフェ・ド・念力」に行くのだが……。
  
(シネマトゥディ)

【登場人物・ツボった所・リンクなど列挙】
少女時代の米の目の前で、海に隕石落下
「あすなろサイキック」司会:コースケ・マツイ(「UDON」:松井香助)@ユースケ・サンタマリア・・・いかにもインチキ臭いw
ディレクター@甲本雅裕・・・チャラい。ADには厳しく、上にはペコペコ(笑)
教授@木場勝己 vs 雑誌編集長@平田満の超能力はあるかないか
湾岸テレビ、大好きなアレ、透視→ドラえもんと風、似てないw
「ADさんの全国フシギ行脚」で、ツチノコ、クッシー、イエティ、ゴーレム、気功師、スカイフィッシュ、タイムマシーンを探しに日本中を駆け回るAD桜井米
穂積光太郎@佐々木蔵之介&田村明@本多力登場
クリスマスケーキを売るケーキ屋のサンタクロース@升毅&トナカイ@永野宗典
クリスマスイブに“カフェ de 念力”に集うエスパーたちがそれぞれの技を披露。
リモコンを使わずテレビをつける、自由の女神の前の妊婦、工場長を吹っ飛ばす、自販機の当たりを出す、昼食はマイクロダイエット、ジャケットの下はNIKE、シャンパン破裂
クリスマスイブに「ミニたいやき」(爆)
エスプレッソではなく「エスパレッソ」
トイレットペーパーがもたらした最悪の出会い
白タキシードに赤ふんどしの“へっちゃら男”@寺島進は、タンザニア産の毒グモに噛まれても平気だと言い張るが、救急車で運ばれ入院。松重豊とは点滴仲間。 
壁には“ダンデライオン”というアイドルのポスター、お遍路さんの笠
実はADだったUFO男(仮)@三代目魚武濱田成夫は、自作の詩を読みながらUFOと交信
舞台は香川県善通寺市
柵を抜けられない細男は、エスパーでも超常人間でもなく、ただの痩せてる男
テレポーテーションは5秒間時間を止めて移動するだけ
うどんの中に入った髪の毛、逆さ吊るし、バグる
新美優@与座嘉秋、小泉俊介@川岡大次郎、石松大悟@ムロツヨシのSF研
3人組が、たい焼き店に出現。伊藤唯@真木よう子は産休だったかな?
電柱に張り紙を貼る升毅
テレビに映ると魂を抜かれる
ローリング・ストーンズ=スポーツバッグに入って移動するだけ
5秒あれば・・・3秒で片付けてくるよ。余裕があればキス
リモコンを使わずクーラーの温度を上昇させる
コーヒーをピッチャーで、クリスマスケーキをぶつける
名刺入れの中の毒グモ=明朝体の「米」
「彼女はまだ信じている。小さいころからの夢を」
エスパーたちが、偽サンタクロースを宙に浮かせようと一仕事
薬屋のマスコット・ギンギン、カメラのふたを取る、土下座の永野
池の看板「カッパが君を狙ってる」
「記念だから・・・」 「初めて分かち合えた」 桜井米もエスパー
「心のスプーンだけは持っていないとね」
「初めてですよ、テレパシーを逆利用されたのは」
犬に襲われたマスターを助けたのが、“エスパーの鑑”スポーツバッグ男w
子供にはUFOが見える 
「扉はどこにでもある。鍵を開けるのは、あなた次第」
琴平電鉄、テレビ局の廊下を歩くキャプテンUDON、松井製麺所
「何がクリスマスイブだ、バカヤロー!」

三上市朗が出ていたとしたら見逃してるので、
また見に行かねば(爆)


ヨーロッパ企画の舞台「冬のユリゲラー」を映画化。
「少林少女」が大コケしたからなぁ・・・
本広監督には、やはり撮りたいものを撮って欲しい。
「STMB」「UDON」「ODシリーズ」を見ていれば、そのリンクにほくそ笑むこと間違いなし
「STMB」よりは下なので、4つ星かな

ちょっとおバカだけど、憎めないエスパーたち。
出過ぎることなく、それでいて存在感がある、天然ぽさがキュートな長澤まさみ。
σ(●^_^●)のような、長澤まさみがちょっと苦手な人でも楽しめます(笑)
子供のころに信じていた夢の世界、不思議な世界に、迷い込んでみませんか?
評価:★★★★☆

愛のクリックで、応援お願いします! m(__)m
クリックお願いしま〜す!いつもクリックありがとう
|あんぱ的どらま・演劇レビュー|∇ ̄●)ο
|あんぱ的映画レビュー|∇ ̄●) ο
|あんぱ的えきすとら|∇ ̄●)ο

【タグ】 本広克行 踊る大捜査線
『サマータイムマシン・ブルース』舞台挨拶@渋谷アミューズCQN
『UDON』舞台挨拶@日劇2
『少林少女』ジャパンプレミア@六本木ヒルズアリーナ&完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
『踊る大捜査線』&本広克行あんぱ的リンク集







長澤まさみ