ブログネタ
宇多田ヒカル に参加中!
ありのままで生きて行けたら・あの頃へ戻りたいと「人間活動への専念」の為、活動休止を発表した宇多田ヒカル「WILD LIFE」のチケがHP先行で当たってしまった  CDを1枚も買ったことないのに(爆)
でもレンタルと配信で全音源持ってる・・・はず。
4年前の「UTADA UNITED」へも行くはずだったけど、発熱で行けずw
m 034m 032





会場は、今年2度目の横浜アリーナ
グッズ先行販売は16時からスタートし、17時ぴったりに問答無用で打ち切り・・・直前で買えなかったw
時間も短いし、14000人に対してブースの数が少なすぎ(爆)
18時の開場が前倒しになり、17:40ごろ開場。
どうしても( ̄(エ) ̄)ちゃんが欲しくて、PEPSI無料配布コーナーとデカいペットボトルオブジェ撮影コーナーを横目に列に並んだけど、買えたのは1時間後(爆)
終演後は23時過ぎまで列が出来たとか・・・グッズはコチラで販売。
m 036m 038









無料でパンフをもらえたんだけど、スタッフの欄にDrums:Abe Kaoruの文字を見つけ、狂喜乱舞
“べーあん”こと阿部薫様じゃないか!!!!!
小室哲哉関連・浜崎あゆみ・水樹奈々・及川光博などなどでドラムを叩いているドラマー兼写真家さん。
あとキーボードに吉村龍太、Production Managerで「M-TRES」の石坂さんの名前が!!! (・_・?)ハテ 宇都宮隆の所属する事務所社長なり。

席に着いて、これまたびっくり
センターステージだし、3列目だし、肉眼で余裕だし(爆)
BGMは流れず、開演を待ちわびるファンの声が響いていた。
客層は幅広く、中高生から60代くらいまで。男女比は4:6くらい。
携帯でなら撮影OKだったですと
アナウンス原稿が間違ってただぁ? 撮りたかったよ、照實パパ

ではココからは、全国64の映画館で17000人のライブ・ビューイングや同時アクセス数10万人・ユニークユーザー34.5万人・延べアクセス数92.5万人を記録した全世界へ向けてのUST配信生中継もあったけど、いつもと変わらぬスタンスで速記というよりただ書き殴ったメモから、象形文字を解読するようにしてMCの模様をお届けする「超アナログ式どこよりも無駄に詳しいライブレポートのスタート
“ロックオン”ではないので、“だいたい”でお届け(爆)
キヲクトキロク〜なぜメモるのか?

19:07、ステージが暗転して、いよいよ開演!!!
スクリーンに映し出されたのは宇宙
そして、一機の宇宙船が出現!!! クマ形⊂( ̄(工) ̄)⊃の(爆)
何者かに襲撃された宇宙船は、サイレンが鳴り響く中、操縦不能になり爆発!!!
非常脱出した⊂( ̄(工) ̄)⊃が辿り着いたのは、様々な動物が住む緑の生い茂る青い星。
夕日を眺める⊂( ̄(工) ̄)⊃が、なんと頭を外した!!!
なんと、中の人は、宇多田ヒカル
聴こえて来たのは、「Goodbye Happiness」
暗転し、センターステージに掛かっていた幕が取り払われ、青いライトを浴びながら、宇宙船なのかな球形のジャングルジムのような装置が上昇し始め、中から台座に乗った宇多田ヒカル登場  衣装は、今くるよ風(爆)
上がパープル、下が白で、パープルと水色の羽飾りが左腰に付いており、ブーツもパープル。
基本、北西方向(アリーナB・C)を向いて歌うスタイル 客席ガイド
写真記事 サンスポINMUSICオリコンまんたんウェブナタリーBARKShotexpress日刊デイリー報知中スポスポニチ

いきなり新曲で来たかぁ
ヒッキーを囲むように、ストリングス隊と、キーボード・マニピュレーター陣が4人。配置については後ほど。。。
打ち込みとストリングスの絶妙なバランス
曲終わりで「bye bye bye・・・」とループを始め暗転すると、赤いライトがヒッキーに当たり、鈴の音が聞こえて来て、「travelling」へ突入
つんざくバスドラ ここの繋ぎは、痺れたわぁ

よ〜お前ら! 客:Yeah! 心の準備はいいか? 客:Yeah! 行きましょう。
台座が下がりながら、そう叫ぶと、ステージを飛び跳ねるように歌いながら、ステージを1周。ほんの数m向こうにヒッキーがいるよぉ!!!
手拍子や「飛び乗る!」「閉めます!」を煽り、サビでライトがレインボーに点滅
ラストは、「みんな盛り上がる時間だ〜“横浜アリーナ”のサービスもありMCへ。

ありがとう! わ〜始まった、始まった。始まっちゃったよ!
いいね〜いいね〜こっちはどうだろ?いいかね?
あっ!いいっすね。「KUMA POWER」が結構見えるね。
行っちゃう? それもう行っちゃいます?
じゃ〜ぼんじゅーる! ヽ( ̄(エ) ̄)  客:ぼんじゅーる!
もっと行けないか?行くぜ? 
ぼんじゅーる! ヽ( ̄(エ) ̄)  客:ぼんじゅーる!
OK。あとでもう1回やるから、その時今の倍くらいの大きさでやって欲しいんで(笑)
今日は久しぶりの宇多田ヒカルとしてのライブなんですけど、平日のこのお時間に横浜まで、たぶんいろんな所から来てもらって、本当にみなさん、ありがとうございます。
今日は全国の映画館でも、生で見てもらってる人もいるから、ちょっと今、カメラ目線になるにはどうしたらいいのかわからないんだけど、そちらのみなさんのことも心に思い描きながらやるんで、そっちの映画館のみなさんにも「ぼんじゅーる!」
映画館組:ぼんじゅーる!
聞こえた気がする。聞こえた気がする今。いろんな所から聞こえた気がする。
あと、ネットでも中継してるしね。たくさんの人が世界中で見てくれてると思うから、すごい時代になりましたが、そんな感じで地球を意識して行きましょう!
じゃ〜さてさて続いて行きますかね? よし行くぞ!

聴こえて来たのは「テイク5」。アルバム曲もやるのね!!!
暗転し青いライトが降り注ぐ。ちょっと高音はキツかったねぇ。
切れることなく「Prisoner of love」へ。
オレンジのスポットライトが当たり、ステージへのライトは青からピンクへ。
Thank You!
「COLORS」は、指揮者も登場し、アコースティックバージョン。
「闘牛士のように〜」で台座が上昇し、スポットライトは青からピンク。
「オレンジ色の夕日」でオレンジのライトも。
キーボード陣が復帰しての「Letters」は、青いライトに黄色いスポットライト。
この4曲の流れはヤバい! 体に染み渡ったねぇ (ノ_・。)
台座が下降し、「ありがとう。」と言って水飲みタイム。

客:超カワイイ!   えっ?何?何? 
まぁ〜今日は私が14・5歳から27歳までに書いた歌をいろいろやろうと思ってるんですけど、ちょっとここで歌詞は私なんですけど、カバーの歌をやりたいと思います。

ということで、下から出てきたピアノ1本で“愛の賛歌”「Hymne à l'amour 〜愛のアンセム〜」。大きな横アリなのに、Mattさんと2人だけの世界
タッチをしながらMattさん、元の位置へ。

じゃ〜選手交代で・・・まぁ〜かわいいピアノですこと。
よいしょ。 (座るw マイクをセッティング)
他人の歌を歌うのって、自分の歌を歌うのと違って、なんか好きなんだよね。
こ〜もっと歌手っぽく歌えるっていうのかな?歌手なんだけど(笑)
今のはピアフの「愛の賛歌」、私の歌詞でアレなんだけどお送りしました。
じゃ〜引き続き、自分の曲なんですけど・・・行くぜ!

弾き語りで、「SAKURAドロップス」の落ちる音が効果的
ライトが水色からパープルへ変わり、ストリングスIN。
高音部は、下げて歌っていた。
衣装替えの為、ストリングス隊とともにヒッキーは奈落に消え、「Eclipse(Interlude)」。バス音が体の芯まで響いて来る感じの強力な音圧
「Passion」がイントロが流れ始め、ヒッキー再登場!!!
そしてギター・ベース・ドラムもせり上がりで登場し、ここからはバンドパート
待ってたよ! べーあんのターン!!!
聞き慣れたドラムだと、やっぱり落ち着く。
衣装は、背中がパックリと開いたモコモコのピンクのワンピにラメ入り黒レギンス。ステージを1周。
青・赤・黄とちょっとおどろどろした雰囲気。  Thank You!
荘厳な雰囲気から一転、「BLUE」は手拍子を煽りアゲる
これは聴きたかった曲なので感激!!!
映画「あしたのジョー」の主題歌に決まっている新曲「SHOW ME LOVE(not a dream)」。赤とピンクのライトに、黄色のストロボスポットが点滅。

ありがとう! 大っきな声を出すと気持ちいいね。
客:ヒッキー! (手を振りながらピアノへ移動)
ここら辺で、もう1回行ってみようかな?行くよ?
ぼんじゅーる! ヽ( ̄(エ) ̄)  客:ぼんじゅーる!
さっきより大きな声だったので、満足そう(笑)
ちょっと座っちゃったりして。  客:頑張れよ!  頑張るよ!  
「Stay Gold」を弾き語りで披露。
白のスポットライトだけでシンプルに。天井にはライトで水玉の影が。
須藤さんがマラカスをやってたかな?   ありがとう。
ピアノから立ち上がり、真ん中へ。
あ〜なんかちょっと疲れちゃったなぁ〜  客:え〜!
なんかパワーが足りないかなぁ? 帰っちゃおうかな?  客:え〜!
ちょっとじゃ〜さぁ?元気が出る歌を一緒に歌って欲しいんだよね。
(あの曲のイントロが聞こえてきた・・・)  いっせ〜のせっ!
⊂( ̄(工) ̄)⊃  「ぼくはくま」を会場全員で大合唱!
はい、2番! Thank You!よし元気出たぞ!元気良く行ってみよう!
ニコニコ笑顔のままで、デビュー曲の「Automatic」へ。
ピンクのライトに照らされながら手拍子を煽り、「It's Autmatic!」で客席にマイクを向けたり、会場はひとつに!
行くよ?  ヒ・客「It's Autmatic!」と拳を突き上げ締め。

イェ〜イ!16の時・・・間違えた、15の時の曲をまさか12年後に歌うとは思ってもいませんでした。ありがとう!
ドラム・ギター・ベースのバンド隊が下降、ストリングス隊が上昇。
元気もいっぱい貰えたしね。
(何やらスタッフに耳打ち中) 客:ヒッキー最高!楽しい!宇多田ヒカル!
OK、OK。ちょっと次の曲を入念にセッティングしたんでね。
このライト、ほこりが目立つ(笑)

ピアノの前に座り、弾き始めたのは「First Love」
この曲を待ちわびていたファンの悲鳴にも近いような声が木霊した。
水色に白のスポットライトを浴び、ストリングス隊とともに、せつなくうっとりとさせる世界を作り出した。  どうもありがとう。
そのまま「Flavor Of Life」へ。バンド隊復帰。
赤にはオレンジのスポットライト、青と水色のライトには白のスポットライトを浴び、ステージ中央で四方に移動。
歌詞を口ずさみながら、目を閉じて聞き惚れたなぁ
一転、「Beautiful World」は、「ハイ!ハイ!」と手拍子を煽り
こういう刻む感じの“べーあん節”が、好きなんですの
1回止まってブレイクで暗転。ライトもピンクと緑から、青と水色へ。
アウトロでは、コール&レスポンス!!!
Yeah? 客:Yeah!  Yeah? 客:Yeah! 
Wow? 客:Wow!  Wow? 客:Wow!
m 035ストリングス隊が下降し、「光」
ギターと並んで歌ったり、向き合ったり。
すると天井から何やら降って来た。
か? 紙飛行機か?
と思ったら、ハート型の発泡スチロール。
拾えなかった(爆)
アウトロの「dalala・・・」は、会場が一体になりワイパー   ありがとう。

を手に) あ〜ハートが綺麗!  客:ない!
あとでどっかに落ちてるんじゃない?
帰りに落ちてるんじゃない?   客:いいなぁ〜!
いいだろ!いいだろ!  (小学生かよw)
ホントに今日は、こんなに大きな所でやるの久しぶりで、どうなるかと思ってたけど、みんなの愛を感じる。どうもありがとう! (拍手)
客:辞めるな〜!    次に言う事が、言い難くなっちゃうじゃない(笑)
次の曲で最後の曲になっちゃう!  客:え〜!
いやいや、この世の中はいろんな人がいたり、いろんな状況があったり、いろんな生き方があったり、いろんな事情があったり、わかり合えない人がいたり、ケンカしちゃったり、いがみ合ったり、憎み合ったり、もちろん愛し合ったりもする訳だけど、わかり合えない者同士もあるんだけど、何かみんな日々感じる感情?気持ち?って、うれしいことがあったり、ちょっと嫌なことがあったり、いらいらしたり、そういうのって何人(なにじん)でもいつの時代でも、みんな一緒なんじゃないかなって思って、それで書いた曲なんですよ、長くなりましたが(笑)
そんな前置きで、最後の1曲行きたいと思います。
じゃ〜行ってみよう! 「虹色バス」です!

まぁ〜“世界平和”を願うって事かな? 手拍子をして笑顔でお別れ。
水色とピンクのライティングの中、スタンド席壁面に付いたライトが青と白で、ミラーボールのように回転。
イヤモニを外し、「声を聞かせて!もっともっと!」と合唱を促す。
「ありがとうございました。」と一礼し、ステージ中央から奈落へ消えた。
ここで20:57。すぐさま手拍子と「アンコール!」が巻き起こり、数分後ギター持って、ヒッキー再登場!!!

呼んでくれてありがとう。
黒のKUMA POWER Tで登場。ジーンズは七分丈。左手にバングル。
あの今日は、とある人の命日で・・・John Lennonの命日なんですね。
私がニューヨークで生まれる何年か前なんだけども、今日のテーマを考えてたら、「この曲をやらないと」と思って・・・よっしゃ〜Let's Go!
アコギを弾きながらの「Across the universe」は、菅原さんと2人だけ。
ありがとう。Thank You!  客:ヒッキー最高!
おめぇ〜も最高! 最高だよ、ホント。
あ〜見てこれ、クマTシャツ。キラキラにしてもらったんだ。いいだろ?
クマさんに、黒のスパンコールを付けたのかな?
これ見よがしにシャツを引っ張って、クマさんを自慢(笑)

あれ?どこ行った? イヤモニが行方不明(笑) 首の後にありました。
え〜と、もう1曲。じゃ〜静かな感じで。
こういうしっとりとしたアンコールもいいでしょ?
もうすぐクリスマスでしょ?
曲はもちろん新曲「Can't wait till Christmas」
暗闇の中で、ヒッキーには白のライト、サポメン陣には水色のライト。
ありがとう。 (拍手)
センターステージって初めてなんだけど、みんなが良く見える。こりゃ〜いいね!
昨日ゲネって言って、通しのリハーサルをやってみたんだけど、近くのアリーナ席に座ってみたり、1番後ろの席に行ってみたり、南の10列58番とか、どっかそんな席(笑) 思ったより近いね! こっちからも見えます!
あっ、みんな着てる! (MC中に、バンド・ストリングス全員浮上)
みんな「KUMA POWER Tシャツ」着てる!
素敵!弦のみなさんまで(笑)  (メンバーは、グレー着用)
今回、初めて生の弦をやって欲しくて・・・グレート栄田ストリングスのみなさんです!
マニピュレーター、GOさんです! 子供が2人いるんだっけ?
とても若く見えます。お父ちゃんです! みんなも若く見えます(笑)
ギター、女性の菅原潤子さんです。カッコいいね。
ドラム、阿部薫! 「べーあん!」 この声がUSTに乗ったという話もw
長い髪がサラサラ・・・女みたい(笑)
そっち(アリーナB・C)の人は、、女の人に見えてたんじゃん?
(カメラに抜かれた“べーあん”) 振り向いたら、おっさんじゃん!
“べーあん”、「おほほ」なポーズで場内爆笑w
ベース、種子田“たけし”! “たかし”だっけ?
禁煙に見事成功したそうです。
キーボード、吉村龍太さんです!
Pro-ToolsオペレーターのDan Burns!
Where are you from Canada?  Dan:Yes.
カナダ出身のダンです!
バンドマスター・キーボード、Where are you from New England?
ロスに住んでるMatt Rohde!
はい。お歌とちょっとピアノは、私、宇多田ヒカルでした!
あと何百人もいるんだけど、まだ見れてないんだけど照明とかセットデザインとか、ステージにいないみなさんにも温かい拍手をお願いします! (拍手)
じゃ〜本当に最後の1曲になるんですけど  客:え〜!
私の一番古い曲になるのかな?
12月9日、明日に出した曲を、ちょっと初心に返って・・・お願いします。

ラストナンバーは、12年の想いを込めての「time will tell」
ガッツポーズで締め!!!   ありがとう!
イヤモニを外し、深々とお辞儀。ステージを1周した。
みんな気をつけて帰れよ! あったかくしろよ!
平日だから仕事とかあるんだろうけど、私もコンサートがあるから、明日も頑張ろうぜ!!!

ドリフみたい(笑)  花道に進み、左右に手を振りながら進んで行く。
一番奥まで進むと、ステージの方へクルリと振り向き、深々と一礼。
そして、袖へ消えて行った。

こうして2時間半弱のライブが終了。
昨日は山口百恵みたいに、マイクを置いて去ったそうな。
圧倒的な歌唱力」がある訳ではない。
“上手い”のではなく“巧い”。音程を外す危うさも、声量不足も込みで。
重なり合うコーラス、フェイクの揺らぎと滲み出てくるオーラによって、さらに歌声が増幅される感じ。彼女の紡ぐメロディーは、彼女にしか歌えないであろう。
「時間がたてばわかる」
過ぎ去りし“12年”でわかったこと。そして、“これから”の休養でわかること・・・
自分探しの旅に出るヒッキー
おばさんになっても“ヒッキー” でもその前にまた会いたい!!!
打ち込みは、プログラミングもあるだろうけど、その場でMIXしていた。
打ち込み・生バンド・ストリングスの見事な融合。
代々木体育館だったら、あの音は出せなかっただろうなぁ・・・
とても素晴らしいステージだった。ありがとう! (^(工)^)/
兎にも角にも“べーあん”のドラムで聴けて良かった 結局そこかいw

Band Master/Key:Matt Rohde  Pro-Tools Operator:Dan Burns
Manipulater:須藤豪  G:菅原潤子  Bass:種子田健  Dr:阿部薫
Key/Strings Arrangement:吉村龍太  Strings:グレート栄田ストリングス
       花
       道
       P
  D          M      
 ス     宇     ス 
 ス           ス
  吉         須
    種 阿 菅
   C アリーナ B
 

本日のセットリスト
★Opening
01.Goodbye Happiness
02.travelling
★MC
03.テイク5
04.Prisoner of love
05.COLORS (Acoustic ver.)
06.Letters
★MC
07.Hymne à l'amour 〜愛のアンセム〜
08.SAKURAドロップス
★衣装替え〜Eclipse(Interlude)
09.Passion (+Sanctuary)
10.BLUE
11.SHOW ME LOVE(not a dream)
★MC
12.Stay Gold
★MC
13.ぼくはくま
14.Automatic
★MC
15.First Love
16.Flavor Of Life -Ballad version-
17.Beautiful World
18.光
19.虹色バス
★アンコール★
20.Across the universe 【THE BEATLES】
★MC
21.Can't wait till Christmas
★MC
22.time will tell

【タグ】 宇多田ヒカル  阿部薫  |LIVE・いべんとレビュー|∇ ̄●)ο
HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲームTSUTAYA online
 ★
音楽配信サイト 【mora】【mora win】
 iTunes Store(Japan)
Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2【DVD特典付き】Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2【DVD特典付き】
アーティスト:宇多田ヒカル
EMIミュージック・ジャパン(2010-11-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る