ブログネタ
邦画 に参加中!

基本、キャストを見られなきゃ映画を見ない人(爆)
k 004k 003











k 002k 005






2/12、朝からの降りしきる中を出掛けた今回の舞台挨拶は、『洋菓子店コアンドル』
会場は新宿バルト9。エレベーターもラッピング。
登壇したのは、江口洋介(生は5回目)・蒼井優(5回目)・江口のりこ(初)・尾上寛之(初)・戸田恵子(いっぱいw)・深川栄洋監督(2回目)。   

雪の為か、空席もチラホラ。
江口さんファンの30・40代女性と優ちゃんファンの“森ガール”的な子が多かった。
司会は、映画パーソナリティーの伊藤さとりさん。
ということで登壇者の登場  尾・戸・洋・優・の・深

では、速記というよりただ書き殴ったメモから、エジプトの象形文字を解読するようにしてお届けする、超アナログ式“そんじょそこらの映画サイトやワイドショー、芸能誌、スポーツ新聞より無駄に詳しい舞台挨拶レポート”のスタート
“ロックオン”ではないので、“だいたい”でお届け(爆)
キヲクトキロク〜なぜメモるのか?  

写真記事 まんたんウェブMovie Walkerオリコンぴあ映画生活映画.comシネマトゥディCINEMA TOPICS ONLINEスポニチサンスポデイリーオフィシャルblog インタビュー CinemaCafe.net

江口洋介
今日は雪の中、初日舞台挨拶においでいただいてありがとうございます。
1年・・・2年近く前に撮影して、「どんな物語だっけかなぁ?」って振り返ってたんですけど、パティシエの話で人間模様が描かれています。
ロスの方で賞をいただいたり、めでたい事だらけです。宣伝して下さい。
校長先生というよりは、今日の雪のような王子様的な衣装(笑)
【タグ】 江口洋介  スクール!! 救命病棟24時 トライアングル 
『少林少女』ジャパンプレミア@六本木ヒルズアリーナ&完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
『アンフェア the movie』舞台挨拶@シネマメディアージュ
『12人の優しい日本人』 12/28夜公演

蒼井優
え〜臼場なつめ役の蒼井優です。
ちょっと今、舞台(NODA・MAP「南へ」)をやっていて喉がかすれてます。
今日は雪の中ありがとうございます。
この作品を撮ったのは2年くらい前で、ようやくみなさんにお届けすることが出来ました。
帰り際に、劇場を出る時に、あったかくなっていただけたらと思います。
今日から素敵なスタートを切れたら思うので、江口さんも言ってらっしゃったように宣伝をお願いします。
だいぶ喉が枯れてた。たまに咳払いも(笑)
ベリーショートの髪はウイッグなのね。ポニテでの登場。

【タグ】 蒼井優  おせん
祝・共演!蒼井優の後ろで会話したり〜ジュースを飲んだり〜ヤバフィス!!!な『百万円と苦虫女』舞台挨拶@シネセゾン渋谷
蒼井優の後ろを横切ったり森山未來とすれ違ったり・・・(『百万円と苦虫女』エキストラレポートパート2)
蒼井優とカフェで過ごした1時間半(『百万円と苦虫女』エキストラレポート)
『蟲師』舞台挨拶@新宿ミラノ1

江口のりこ
おはようございます。朝早いのにお越し下さって、ありがとうございます。
この撮影は本当に楽しかったので、またみなさんに会えてうれしいです。
この作品も好きなので、うれしいです。よろしくお願いします。
何度も止まりながら・・・挙動不審(笑)
【タグ】 時効警察

尾上寛之
尾上寛之です。
今日はお足元の悪い中、お越しいただきましてありがとうございます。
撮影は途中から参加したので、雰囲気を壊さないように心掛けました。
出演者がスイーツを食べてどんどん太ってるってのがありまして・・・ありました(笑)
一同に(;一一) ジロっと睨まれたので、途中で終了w

戸田恵子
おはようございます。戸田恵子です。雪の中ありがとうございます。
江口(洋介)さんは雪なのに裸足で、あちらの江口(のりこ)さんは生足。
こんな方々と撮影してしていましたが、寒い中湯たんぽ(コレ)を抱っこしてました。
宣伝のCMを見てると懐かしいなぁと思いました。
ご覧いただいたからわかると思うんですが、ケーキひとつひとつが宝石のように輝いているんです。
中目黒で撮影していたんですけど、本当の洋菓子店と間違えて入って来る方もいらっしゃいました。
今も通ると不思議と温かくなります。宣伝よろしくお願いします。
告知はされてなかった、戸田さんが登場!!!
2009年10・11月に「映画2」として撮影していたのがこの作品。
平行して撮っていた「映画1」は『TRICK・トリック』。 

「Photo by 蒼井優」は、コチラ
【タグ】 戸田恵子  美咲ナンバーワン
戸田恵子×三谷幸喜『なにわバタフライ N.V』@シアタートラム(2/25)
戸田恵子 CASUAL LIVE 4@六本木STB139

深川栄洋監督
みなさん、いかがだったでしょうか?
言い争いとかケンカが映っていても、みんな仲が良くて、それが焼き付いているんじゃないかな?
僕も久しぶりに「大切な人と見て下さい」と言える映画になりました。
子供のなりたい職業のアンケートで「パティシエになりたい」っていうのがNo.1だそうで、ぜひ子供たちにも見てもらいたいです。お子さんのいる方は、ぜひ誘って下さい。
これまた公開中の『白夜行』とは全く趣きの違う作品だ(笑)
舞台挨拶後、「ベルリン映画祭」へ旅立ったそうで。

東京国際映画祭・特別招待作品『白夜行』舞台挨拶@TOHOシネマズ六本木ヒルズ

Q:サンタバーバラ国際映画祭アジア映画コンペ部門最高賞「イースト・ミーツ・ウエスト賞」を受賞したそうですが?
深川栄洋監督
僕も行ってないので、詳しくはわからないんですが、映画の賞をもらえるような映画ではないと思うんです。
アーティスティックではないし、人と人の結びつきを大切にした人情モノとかがアメリカのお客さんに認められたのかな?
ぜひ感想を聞いてみたいです。

江口洋介
結構ケーキを作るシーンが多くて、普段から練習しようと思って道具を買いに行って、映画を観たら“伝説のパティシエ”に見えてるなぁと自画自賛してたんですけど(笑)
最後になつめちゃんと優ちゃんと同じ方向へ進んで、再生の物語になりました。ここが印象的です。

蒼井優
なつめは感情の起伏が激しくて、江口(洋介)さんの家に押しかけたり、こちらの江口(のりこ)さんの家に押しかけたり、午前中の撮影だったんですけど、朝の6時に「ワー!」と言わなきゃいけないし、周りにも許可は取って撮影したんですけど、言葉も鹿児島弁だったので難しかったです。
そりゃ〜いきなり叫ばれたら、周辺住民に怒られるわな(笑)

江口のりこ
ケーキを作る練習をしたのに、テーブルばっかり拭いてるのが残念でした。
深川監督:拭いてますね(笑) アルコール消毒してますね。
「何でだろ?」と思いました。
そういやオーブンから生地を出すシーンばかりだったなぁ(爆)

尾上寛之
僕は優ちゃんとケンカしてる所の鹿児島弁ですかね。
いかにダメな男を演じるかが・・・えっ? (優ちゃんが喋り出した)
蒼井優:そうですね。海くんの新しい彼女を、私の事務所の後輩(岩井七世)がやってたんですけど、「やっぱ若い子の方がいいのかなぁ」って思いました。
そんなに歳は違わないけど、都会の若い女になびいたとw

戸田恵子
ケーキ作りの講習とかもしたんですけど、あまり映ってないです。
1日ケーキの匂いを感じて、混ぜたりするのが力仕事だなと体感して、コアンドルの店の中が楽しくてかわいくて、お店の隅々までアップでお見せしたいくらいでした。
お店に加賀まり子さんが入ってきて、優ちゃんが加賀さんの為にケーキを作るシーンなんかは、ちょっとフランス映画ぽい感じで、絵ハガキにしたいなと思える雰囲気があります。
「そのままやればいいのに、何でお店やってないんだろう?」思いました。

Q:バレンタインの思い出は?
江口洋介
そんな披露するような話ないですよ(笑)
バレンタインの思い出は、あんまないですね。
チョコをもらうと意外と照れくさい。うれしいんだけど照れくさい。
手作りだとうれしいじゃないですか?そんなことをふと思い出しました。
森高千里さんからは、手作りのチョコをもらうのだろうか?
それとも森永のペコちゃんチョコレート!?


蒼井優
私も特にはないかもしれない・・・
昔仕事で2/14に共演者のみなさんに、中学生だったんですけどチョコを作って持って行って、渡す直前にマネージャーがひっくり返しちゃってぐちゃぐちゃになっちゃった事がありました。
( ̄□ ̄;)!!せっかくのチョコが! 
その後チョコはどうなったんだろう? ありがたく食べるのにw


江口のりこ
私も思い出はないですね。これから幸せになれたらと思います。
Q:手作りしてみては?
うちオーブンないんで、ダメだと思います。
えっw 女子力をUPしないと幸せはやってきませんよ(笑)

尾上寛之
中学生の頃に、チョコをもらいたくて好きな子にアピールしてたんですけど、気配がなくて自分からあげたことがあります。そんな感じです。
いわゆる「逆チョコ」・・・吉と出たか凶と出たか!?

戸田恵子
私もないです。チョコを作ったこともないです。
1月、2月の年中行事を挙げていて、みんなが「バレンタイン」って答えてる中、「節分」と答えたその程度です。
学生の時、後輩の女の子にもらったことがあります。
チョコより豆まき・恵方巻(笑)

深川栄洋監督
僕もないです。
2/14はもらえないとわかっているのに、下駄箱を開けるのも怖かったり、入ってないのに引き出しを開けるのも怖い。
ドキドキするけど入ってない。そんな感じです。
尾上:バレンタインはドキドキしますよね。兄さん(江口)?
江口:えっ僕の話?ドキドキしますよ。手作りがいいですね。
女性も普段は渡せないけど、区切りがあるんでうれしいんじゃないですか?
尾上:手作りチョコをもらうとクッキーを渡したりするんですかねぇ?
(江口の方を見るが睨まれるw) あっいいです・・・

ここで、女性から男性へケーキの贈呈。
アグネスホテル東京のパティスリー「ル・コワンヴェール」のシェフパティシエ上霜考二さん作。写真は伊藤さとりブログで→コチラ

江口洋介
うれしいもんですね、すごいです。かわいいケーキをありがとうございます。
蒼井さんも撮影中にケーキを作ってきてくれたね。気が利く人だなと思います。
優ちゃんの作ってきた“キャロットケーキ”の写真を戸田さんのブログで発見コチラ
k 005こんな感じで舞台挨拶は終了し、フォトセッションへ。
その後、客席をバックにしての撮影。
何種類かあったケーキのパネルを持たされて(笑)


蒼井優
本当に今日はありがとうございました。
小さな話だし、小さな世界の作り物のような話ですが、注げる愛情は注いだと自負しております。
アーティスティックな作品もいいけど、「人っていいな」って作品が好きです。温かい気持ちを共有して欲しいです。
ホント、3Dだぁなんだぁ〜って金をかければいいってモンじゃない!!!

江口洋介
今日はありがとうございました。
「挫折と再生」とパンフにも書いてありましたが、人生辛いことだけでもないし、簡単でもない。でもケーキがあれば女の子は幸せになれる。ケーキで結ばれる話もいい話だと思ったんで、周りの人に声を掛けて下さい。ありがとうございます。

それでは、本編の感想へ。。。






『洋菓子店コアンドル』
チェック:東京の洋菓子店を舞台に、伝説のパティシエと上京したてのケーキ屋の娘が、人生の挫折を乗り越えて再生していく姿を描く感動ストーリー。人間描写に定評のある『60歳のラブレター』の深川栄洋監督がメガホンを取り、女性たちを魅了するスイーツをスパイスに人生を楽しむ秘けつを優しい視点で描く。伝説のパティシエを江口洋介が、彼と出会うケーキ屋の娘を蒼井優が好演。二人が作り出すおいしそうなスイーツの数々も見逃せない。
ストーリー:8年前、突然スイーツ界から姿を消した十村(江口洋介)は有名店からの誘いを断り続け、伝説のパティシエと呼ばれた腕前を披露することはなかった。一方、鹿児島でケーキ屋の娘として腕を振るっていたなつめ(蒼井優)が恋人を追い掛けて上京し、ひょんなことからスイーツ激戦区の東京で大評判の有名洋菓子店で十村と出会う。
 
(シネマトゥディ)

【ツボったポイントの列挙】
ただの知り合い・許婚、やればできる子、クリスマスに街角で売る様なケーキ、キュートでメロディアスな日本語、ほっぺをつねられるなつめ、バター塗らずに1週間マドレーヌの刑、「あたしまだ駄目なんですか?」、食材泥棒、仕事か男か、伝説のパティシエ、マジありえない、幼稚園の時結婚を約束、泥酔、日本一のパティシエル、カシスフロマージュ、0点、食べさせた、俺にはケーキを作る意味がない、「お父さん!」「ここだってここ!由実!ここにいたんだよ!」、ダンプカーひき逃げ、人を幸せにする伝説のケーキ、階段で転倒骨折ギプスで固定全治2ヶ月、引き抜き、元舞台女優の芳川さん手術、「美味しいね。それにしてもあの子、いつの間に作れるようになったんだろう?」、「もう逃げないで下さい!私にもケーキの作り方教えて下さい!」、「由実、教えて上げれなくてごめんな」、「十村さん、これが終わったらどうするんですか?」「わからない」、自転車の鍵取れずに放り出す、自信過剰、何で怒ってるの?、「由実、お父さんもう1度由実の笑顔を見たい」、「私十村さんの娘さんに似てますか?」「似てない。由実は誰にでも愛される子だった」、鹿児島出身、「あいつらは前座」、食事を食べなかった女の子がデザートは食べた、ガレット・デ・ロワ、フェーヴ、「あたしの願いも聞いて下さい。そうしたらアメリカでもフランスでも飛んで行きますから!」、“行け!”っとクイっとする仕草、トランクのピンクのスーツケース

「20歳の誕生日は数年前に迎え、鹿児島から彼氏を追って上京して来たイモ娘が、パン屋のおソノさん(違 ケーキ屋で修行をし、店存亡の危機に立ち上がってフラダンスを習得し(違 心に傷を負った“伝説のパティシエ”を解放し、百万円は貯まらなかったけど新たな街・ニューヨークを目指し“苦虫女”は再び旅に出た。」というお話w
幼稚園の時の結婚の約束を持ち出されてもねぇ(爆)
あれだけ否定されてた芳川さんに認められ、「コアンドル」の危機を救うために「戻ってきてくんちぇ〜!」と十村を説得し、晩餐会を無事成功させた訳ね。
フェーヴは八百長?的な粋な計らい
“キュートでメロディアスな日本語”「方言」を喋らせたら、抜群!!!
蒼井優の魔女的なマジックによって、人々の心はほっこりし、笑顔にさせられてしまう。
演技力を超越したα波?ゆらぎ?オーラ?的な何かが出ているに違いない

散らかった帽子やらかばんを拾う江口っちゃんには、涙を流す人が多かった
マカロンの食べ方は、あれで良かったの?
ナイフを入れるより、パクッと行った方がねぇ(笑)
ちょっとした行動が笑える江口のりこ、なつめを時には厳しく時には温かく見守る戸田さん、あれだけの登場シーンながら存在感を出していた加賀まり子と脇も安心のキャスト。

映像も音楽もフランス映画みたいにお上品で、鑑賞後はケーキがとにかく食べたくなる
『白夜行』に続いて、またしてもヤラれたって感じだな。
評価:★★★★☆

スイーツ評論家/専門学校講師・十村遼太郎@江口洋介 パティシエ・臼場なつめ@蒼井優 
パティシエ・佐藤マリコ@江口のりこ なつめの彼氏・海千尋@尾上寛之  
コアンドル店主/芳子・ウィルソン@戸田恵子 ジュリアン・ウィルソン@ネイサン・バーグ
十村の妻・花村(十村)マキ@粟田麗 娘・十村由実@山口朋華
なつめの祖母@佐々木すみ江 「Le monde」オーナー・横井@嶋田久作 
常連客・芳川さん@加賀まりこ 芳川忠雄@鈴木瑞穂
東京国際映画祭・特別招待作品『白夜行』舞台挨拶@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
愛のクリックで、応援お願いします! m(__)m
クリックお願いしま〜す!いつもクリックありがとう
|あんぱ的どらま・演劇レビュー|∇ ̄●)ο
|あんぱ的映画レビュー|∇ ̄●) ο
|あんぱ的えきすとら|∇ ̄●)ο

洋菓子店コアンドル [Blu-ray]洋菓子店コアンドル [Blu-ray]
出演:江口洋介
販売元:ポニーキャニオン
(2011-09-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る
洋菓子店コアンドル [DVD]洋菓子店コアンドル [DVD]
出演:江口洋介
販売元:ポニーキャニオン
(2011-09-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る