ブログネタ
TM NETWORK (30th Ver.) に参加中!
DSC_1267BySKcz1CYAAfpT4
BySKdWxCQAA8PvO坂本美雨「ディア・フレンズ LIVE Vol.2 welcomes 小室哲哉」@TOKYO FM ホール以来となるジョイントライブ、「小室哲哉 featuring 坂本美雨」が9/24(水)六本木・東京ミッドタウンガーデンテラス4階のBillboard LIVE TOKYOで行われた。
19:00からの1stステージと21:30からの2ndステージの2部制で、10/4(土)にはBillboard LIVE OSAKAでも開催。   
まずはカウンターでチェックイン。ホテルかよっ!
8400円の自由席を買ったので整理番号順に入場。
ご丁寧にも1組ずつ席に案内してくれるもんだから列が伸びてたけどw
ピアノ側は埋まってたんで、センターやや上手の席にした。
座席の配置はオフィシャル参照。
DSC_1276DSC_1279
DSC_1274DSC_1282
DSC_1278DSC_1275
DSC_1281BySXVy_CEAAfz_r
BySZm0dCEAAF4bSご自慢のフード&ドリンクは下々の者にはお高いので、スモークサーモンとクリームチーズのホットサンド ディル風味1680、ラ ボニータ930でちびちびと1時間半繋ぎましたわ(爆)
ギターのチューニングを終えたバンナこと松尾和博さんも暇そうにしてたな(笑) PAの男の子と談笑して開演を待っていた。
ステージ後方のカーテンが自動で閉じ、景色が隠れてると13分遅れでようやく開演。下手の客席通路を縫いながらステージに小室哲哉登場。 
BARKSmFoundRBBTODAYナタリーBillboard JAPAN  

ピアノの前に座ると1曲目の「デパチャ」はインストで。
アレンジのせいか、ちょっと速かったのか、どこを弾いているのか譜面を追えず戸惑うバンナさんw
「キャンスト」のイントロを弾き始めると坂本美雨登場。 美雨Insta(
早くもモスキートコーラス全開!
マークのラップパートを朗読のような雰囲気で語る美雨さん(笑)

ではココからは、速記というよりただ書き殴ったメモから、象形文字を解読するようにしてMCの模様をお届けする「超アナログ式どこよりも無駄に詳しいライブレポートのスタート
“ロックオン”ではないので、“だいたい”でお届け(爆)
キヲクトキロク〜なぜメモるのか?

M:こんばんは。坂本美雨です。  
T:こんばんは、小室哲哉です。そして・・・通称バンちゃん。松尾くんですね。
自分で名乗るのを待ってたけど、バンナさんは照れ屋さん(ぇ
オリジナルのレコーディングで弾いてる本家の人です。
M:こんな天使の輪の人がね〜  マッシュルームカットって言うのかな?
T:のび太くんみたい。今までだとギタリストが一番不良っぽいのに、一番優等生。
以下M:こんなにお集まりいただきましてありがとうございます。
2nd stageもあるのであまり話に花が咲くといけないと固く固くきつくきつく言われてます。この続きはネットかどこかでね・・・
T:一番大変だったのは選曲でしたね。
M:25、30年分ありますからね。80年代小室さんプロデュース業の初期の曲、その頃一番書かれていたのは渡辺美里さんだと思いますが、聴いてください。「悲しいね」

美雨さんは、1人1人の顔を見るように右へ左へ上へ下へと目線を動かしていた。
てっちゃん、鍵盤叩きまくりで激しかったな。魂の叫びって言うの
天井を見上げたり、目を瞑ったりしながら。。。
シンセの音が出なかったのかな? 後半はピアノを弾きながらPCとにらめっこ。

M:じゃ〜次の80s・・・じゃないよ90sだ。私が初めてCDを買った頃の曲、宮沢りえさんが「NO TITLIST」「ドリームラッシュ」とか・・・
T:今や大女優さんだね。これは二十歳ぐらいかな?
M:タイトルを言った時のみなさんのどよめきがプレッシャーですが、聴いてください「My Kick Heart」

JAZZYな感じのアレンジだけどオリジナル寄り。シンセはラストだけだったかな?
エアで口ずさんでたら美雨さんがガン見して来たわ。結構マニアックな曲だから。
りえママの訃報も飛び込んできたけど、偶然のセレクトだったのかな?
てっちゃん、バンナさんとアイコンタクトして「LOVE BRACE」
2コーラス目からモスキートコーラスが被さって来た。
ラストのララランラン は目を閉じながらシャウト!

M:どうもありがとうございます。みんな全曲知ってるでしょ?  T:歌えるよね?
以下M:いいんですよ。歌えたら歌っちゃって(笑) 
宙を指差しながら その辺にみんなの心の声が聞こえてる。
TMが好きで、10歳で海外に行ったんですけどネットのない時代に高い紀伊國屋書店でCDや「PATi PATi」とか「WHAT's IN?」とか買って情報収集していました。
この辺の話は前回の坂本美雨「ディア・フレンズ LIVE Vol.2 welcomes 小室哲哉」@TOKYO FM ホールも参照
国連のイベントで一緒になったのがきっかけで、「Digitalian is eating breakfast 2」に声を入れさせていただいて、私のアルバムにも1曲(『HATSUKOI』収録「True Voice」書いてもらって、ここ2・3年間ですよね。
T:なかなかいない声質でキーが高い。僕の曲キーが高いけど美雨ちゃんは難なく出て・・・
M:難なくかは、わからないですけど(笑)  T:日本のエンヤみたいだね。  
以下M:プレッシャー! 50回ぐらい重ねたら、みんなそうなるんじゃないですか?
小室さんがプロデュースしたアーティストってみんな声が高くて、私は溶け込むタイプの声なので、みんなの体に染み込んでる声と違うと思いますけど。
T:宇都宮くんも声出したがらないよね。ボーカリストって言うのかな?
以下M:私のリクエストによって生ピアノを弾かせてしまう、歌わせてしまうっていうのは申し訳ないんですが、私がお客さんなら「ここは歌ってください!」って言ってしまうと思います。 代弁者的な
昨年「ハモネプ」という番組で披露できなかった曲があります。
T:できなかったね。やる気はあったんだけどね。
M:決勝まで行かないと歌えなかったんです。
坂本美雨「ディア・フレンズ LIVE Vol.2 welcomes 小室哲哉」@TOKYO FM ホール参照
M:小室さんが好きで日本語詞を付けてね、こういう機会の度にまた歌って行きたい曲です。聴いてください「The Rose」
「The Rose」(Bette Midler/作詞:小室哲哉)
私はずっとずっと 愛している
長い長い闇の向こう側で
声を聞かせて もう1度お願い
そして愛とともに 夢を抱く

どこで誰が何を変えていた
逃げていないことを教えてくれた
覚えていますか あの風の音を

今は想い込めて 光導く

人はわずかながら くじけたとしても
それを補うほど 力がある
人はわずかながら くじけたとしても
それを補うほど 力がある (フェイク)


M:どうもありがとうございます。ベット・ミドラーの「The Rose」に小室さんが詞をつけたんです。いい詞なんです。
T:優勝したらおいしかったのにね。
M:おいしいとか言わない! 合宿みたいで、EXILEの事務所のDEEPが騒いでてね、「小室さんが喋ってるでしょ!聞いて!」みたいな。濃密な時間でした。
T:あれから1年くらい? 10月だったから。  
以下M:そうですね。小さい頃から大好きでベストアルバムにも入れたんですけど、いいトラックをアレンジしたなって思います。
唯一生音じゃないんですけど、一緒に歌ってくれると思います。「永遠と名づけてデイドリーム」

これは美雨さんバージョンのオケで。
でも、てっちゃんも2コーラス目からハモリじゃなくてメインパートを本気で歌ってたけどw

M:どうもありがとうございます。  T:どうもありがとう。
以下M:えーと、次は唯一自分の曲なんですけど、2人の共通の体の中に流れてる要素として坂本龍一という人がいるんですけど・・・ 場内爆笑w
音楽的チルドレンって言うのかな?
最初のアルバムで坂本龍一に1枚だけプロデュースで書いてもらって、教授が書いてくれたんです。これは教授のソロであったんですけど詞を書いて。
T:大先輩ですね。上には冨田勲さんがいるんですけど、おじいちゃんかな?
M:ひいおじいちゃん?おじいちゃん?
以下T:海外でやってた人は見てたけど、日本で鍵盤を弾いてる人ってなかなかいなかったんでね、そこの娘さんが聴いてくれてて最初の頃は恐縮してました。
M:最初の頃は「何聴いてるの!」って言ってたけど、しぶとく聴き続けた甲斐がありました。
以下T:でもその頃よりは話しやすくなったけどね。
今回初めて聞かせてもらったんだけど、コードを弾かなくても指1つだけでも音が成り立つもんね。さすが芸大!
M:「やるじゃん!」みたいな?(笑) 言っときます。

独学で学んだ、早稲田大中退の声w
という訳で、坂本龍一「AQUA」に美雨さんが詞をつけた「in aquascape」を披露。
そんな曲を、てっちゃんが弾くっていうのもレア
M:今夜はどうもありがとうございました。  T:ありがとう。
美雨さん、バンナさんが退場し、てっちゃんソロで「LIGHTS OUT」
T:もう1曲歌います。  
ボソって言ったから良く聞こえなかった(爆)
美雨さん、バンナさんが戻りカーテンが再び開いて「SEVEN DAYS WAR」
ずっと座りながら歌ってたけど、ここは立ち上がりマイクを客席に向けて「ラララ」を煽って合唱。
T:どうもありがとう。  
M:どうもありがとうございました。気をつけてお帰りください。またお会いできると嬉しいです!

テーブルの間の席の人と握手しながら退場し、1時間半弱で終了。
夜景も綺麗だったしゴージャスな雰囲気ってのもあるけど、やっぱり美雨さんがFANKS消しゴム信者というこっち側の人間だから、ただでさえ素晴らしい歌声がなおさら心に響いてきたよね。
どんどんカバーなりオリジナルの曲を出して欲しいんだけど・・・
前回歌った国連 "Friend's Whistle"プロジェクト支援ソング「Always be there」とかお蔵入りじゃもったいない!
本日のセットリスト
01.DEPARTURES(globe)
02.Can't Stop Fallin' in Love(globe)
03.悲しいね(渡辺美里)
04.My Kick Heart(宮沢りえ)
05.LOVE BRACE(華原朋美) 【2部:LOVE IS ALL MUSIC】
06.The Rose(ベット・ミドラー)
07.永遠と名づけてデイドリーム(坂本美雨)
08.in aquascape(坂本美雨)
09.LIGHTS OUT(globe) 【2部:Precious Memories】
10.SEVEN DAYS WAR(TM NETWORK)


春に行われたツアー、『TM NETWORK 30th 1984〜the beginning of the end』がLIVE DVDとBlu-rayで発売。 
ByNsfapCMAARcBu同時発売で、Blu-spec CD2再発4作品。
『TMN CLASSIX 1・2』
『TMN COLOSSEUM 機Ν供
『TMN GROOVE GEAR 1984-1994 SOUND SELECTION』 
『TMN final live LAST GROOVE 5.18・5.19』
チープなスリルに身を任せて、Sony Music Shopでまとめ買いしたミニバックは、それなりのクオリティだったw
TM NETWORKは、10/29にオリジナルアルバムをリリース。
また同日、横須賀からツアー『TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30』もスタート CAROLの謎が解き明かされるかどうかは定かではない(爆) 

【タグ】 小室哲哉  TM NETWORK  globe  
TM、globe、てっちゃん関連ライブ参戦の軌跡
TM NETWORK 30th 1984〜the beginning of the end@府中の森芸術劇場・東京国際フォーラム&小室哲哉サイン会@代官山蔦屋書店
坂本美雨「ディア・フレンズ LIVE Vol.2 welcomes 小室哲哉」@TOKYO FM ホール
TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-@さいたまスーパーアリーナ
TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-@日本武道館【2日目・4/25】
TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-@日本武道館【1日目・4/24】