ブログネタ
TM NETWORK (30th Ver.) に参加中!
30周年を迎えたTM NETWORKのツアー、「TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30」のアリーナ公演「TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30 HUGE DATA」が、さいたま・神戸の4公演行なわれた。
その初日・2日目の2/7(土)・8(日)さいたまスーパーアリーナの模様。   
B9NyPVXCcAEy4kaDSC_1899s
IMG_20150207_144520s2015-02-07-15-33-22_deco
DSC_1905sB9NtoDECQAAYUar
風が強くて、Tシャツも棚引く絶好の洗濯日和で(ぇ  グッズ
スマホカバーは2日並んだけど売り切れ・・・届くの4月下旬とかw
てっちゃんピンズが欲しかったのに、シークレットが出ちゃったよ!
見知らぬ人がノーマルと等価交換してくれとか、虫が良すぎるがな(爆)
メモリアルタグは転売ヤーに大人気でしたとさ。
1日目は上手スタンドアルファベット列、2日目は下手スタンド数字列。
上の方は空席だったねぇ。
正面から見た方が全体的なライティングとかは楽しめたんだろうけど、アリーナで変に埋もれることもなく、それなりにステージに近かったからまぁ良かった。

TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-@日本武道館【1日目・4/24】
TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-@日本武道館【2日目・4/25】
TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-@さいたまスーパーアリーナ
TM NETWORK 30th 1984〜the beginning of the end@府中の森芸術劇場・東京国際フォーラム

TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30@よこすか芸術劇場
TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30@東京国際フォーラム
2012年から続いた、宇宙から来た潜伏者たちの話も最終章
10月からの「QUIT30」ホールツアーの延長かと思いきや、全く別物だった(爆)
BARKSCDでーたBillboard JAPANドワンゴジェイピーnewsY!ニュース(ふくりゅう)

場内が暗転し、「Revolution」というウツの声。
ツアータイトルのロゴは出て来ず、スクリーンに映ったのは例の赤レンガ倉庫前の男3人。
放り投げられたTM NETWORKと書かれたバトンを拾うリアルウツ。
そのまま下手に捌けると思いきや、バトンを袖に投げて暗転。
「Communication」
あら生声 あら3人が立ってる! いきなり裏切られた(爆)
3人とも黒でコーディネイト。てっちゃん、グラサンにショルキーだしw
ってことで、「SEVEN DAYS WAR」はインストから歌ありに昇格で、早速合唱タイム。
QUIT30
 HUGE DATA (筆記体のロゴ)が出て、下手からシンセ櫓と上手から木根たんのブース登場。

starring
KAZUHIRO MATSUO
Ruy
NAOTO KINE
TAKASHI UTSUNOMITA
TETSUYA KOMURO
     が映り「Birth」へ。
地球・俯瞰から見る街・富士山・雲海・渋谷のスクランブル交差点・スラム街・紛争地帯といった映像に新録をプラス。
階段に座りながら歌っていたウツが降りてきた。
木根たんがアコギかき鳴らし、ウツが手拍子を煽る。
「LOUD」は途中までアコースティックアレンジで。
「the beginning of the end」と前回のさいたまのCAROLちゃんの映像が流れていた。

Forward to London 1974
ホテルかな?黒いソファーに座る40代のキャロル・ミュー・ ダグラス(Carol Mue Douglas)。その後ろに、てっちゃんが登場。
ロンドン、ジャカルタ、パリ
東京、ニューヨーク、ホンコン・・・
2015年。
テクノロジーの進化が
更なる混沌をもたらしています
それを1980年代に予見した
僕らTM NETWORKが
表現してきたエンタテインメントは
まさにAR(拡張現実)だったと
自負しています

車に乗ったCAROLが運転手からバトンを受け取る。
テムズ川、ロンドンの街並み、2階建てバス、地下鉄、空に浮かぶ飛行機雲・・・
ここからは「CAROL組曲2014」
「A Day In The Girl’s Life」はCAROLも口ずさんでいた。
「Carol’s theme 機では、路地裏、ビックベンが夕景から夜景の変化。
木根たんがアコギを置き、ウツが振り向いてスクリーンを見つめる。
指揮者のように掴む仕草をすると音が止まり、映像もモノクロに。
音が盗まれるってやつね! ウツは下手に捌けた。
テクノロジーに
ファンタジーのドレスを着せ
音が盗まれる物語を創りました
音楽すらなくなってしまう
未来への危機感を
抱いたからです


カラフルなライトが回転し、グリーンのレーザービームも客席後方へと伸びる。照明さん、一番力入れてたんじゃ?
「GIA CORM FILLIPPO DIA」はインストに初音ミク風の声が混ざっていた。当時の映像とともに、客席もてっちゃんもノリノリ。
木根さんの作曲なのに、こんなに盛り上がれるなんて・・・(ぇ

彼らは、時代や国境を越え、
さまざまな情報を収集し、分析しました
1988年、私はひとつの任務を与えられました
私はCAROLになりました
そして、彼らと共にこの惑星を調査しました
そう、私も潜伏者なのです

(窓から外を見る)17歳の私をお見せしましょう
全ての始まりはここからでした

ウツが着替えてきて、昔の映像をバックに「In The Forest」
「Carol’s theme の間奏では、ウツが椅子に座って当時のCAROLが踊る姿を見ていた。
森かな?落ち葉の上に置かれたLP盤の「CAROL」を拾ったのは、「START investigation」「the beginning of the end」のCAROLちゃんかな?ちょっと成長してた。

ちょっと間があり、人差し指を1本突き上げて始まった「Just One Victory」
闇のラビリンス〜 でウツがジャケットを脱ぎ捨て、赤シャツ姿に。
2013年と1989年の映像が流れてた。
木根たんが12弦のアコギ、ウツもギターを用意して「STILL LOVE HER」
スクリーンにはリアルタイムの映像とロンドン・パリの街並。
てっちゃんがジャケットを脱ぎ、パープルのシャツ姿に。
そして、木根たんのハーモニカの調べに酔いしれる。
ウツ・木根たんが後ろ向きになりスクリーンを見る。

てっちゃんが部屋から出て行く。
この女性は、さっき座っていた女性ではなく、本家CAROL
パニーラ・ダルストランド(Pernilla Dahlstrand) (小室Tw
Utsu あなたは私の理想の男性でした
あなたは永遠に私の心の中にいます
I love you
Kine
あなたはまるで私のやさしい兄でした
あなたと一緒にいると私は笑顔になれました
あなたの幸せを願っています
レイチェル そしてリトル・キャロル
ご苦労様
早く帰って来てね 待ってるわ
そして、Fanks
最後に、大切なメッセージを送ります
聴こえますか?
必ず聴こえるはずです
さぁ、心を開いて

QUIT30で出てきたおばちゃんは、キャロルの姉のレイチェル(小室哲哉・著『CAROLの意味』参照)ってことで、「the beginning of the end」の時に宇宙船から送られたアンドロイドがリトル・キャロル=LP盤を拾った少女ってことらしい。
そしてラララの大合唱へ。カメラに抜かれた人は、喜んだり驚いたり。
カメラマンの趣味が色濃く出ていたw
FANKSとアバターと
その日々を描いた
「CAROL」は
僕らの30年間を
代表する作品になりました。
時代を超え
ここへ戻ってきてくれて
ありがとう

ウツが捌け、ビックベンの鐘が鳴る
景色に色が付き、音を失った世界が元通りになったようだ。

木根さんがジャケットを脱ぎ、青シャツ姿でアコギ片手にセンターへ出て来て「Looking At You」
ホールのように、ステージには座らなかったけどw
バンナさん、パーカッションのRuy君の姿もシースルースクリーンの向こう側に見えた。
2日目、余韻を掻き消すように「木根さん良かった!」と叫ぶアホ出現。
Always be there」では、今までの映像のダイジェストがが4×6分割で
CAROL→ウツ→木根→てっちゃんとバトンリレー。落ちていたバトンを拾う。
青色に光るミラーボールが回転し、青い地球がスクリーンに映し出され「We love the EARTH」
Wow Wow Wowでも客席を映す。ラストはウツの投げキッス
2人が捌けてTKソロ。鍵盤を叩くと爆発 計5回かな? 
初日は何をしくじったのか両手を合わせて"ごめんね"ポーズ。
そのまま「ゲワイ」へ。青と緑のレーザービームが飛ぶ。
アウトロではNord Leadを持ち出してステージセンターへ。
つまみを弄ってギュインギュイン。  TK Facebook
真横でドーン!してるのに、なぜ驚かないのかw 
客席に投げると見せかけて、スタッフにパス。
「I am」で銀テープ発射
ホールツアーでは無地だったが、今回はFANKSのロゴ入り。
ロンドン?パリ?郊外の高速を走る風景。
ピョンピョン跳びはねながら、てっちゃんが黒ショルキーを抱えて上手花道にやってきた。
そこに木根たんが合流するも、てっちゃんが絡んでくれないので下手へと駆けて行ったw
Yes I am. Yes I am. 
Yes, I am a human. We are Human.

ウツのお言葉で締め。キンコンカンコーンと鐘の音。
みなさんのエネルギーを
借りる事で
その時代その時代を
表現できた30年間でした
だから
今日もしも
人生を彩る音を
見いだしてもらえたら
光栄です
There will be love & peace
from
HUGE DATA.

青とオレンジのライトで「Fool on the Planet」
グリニッジ天文台付近の夕陽が沈む映像。
てっちゃんが「エレプロ」を流し始め、星空をバックにパープル・レッド・ブルーの派手なシャツを着た3人がステージ中央に並び、スモークの中を手を振りながらお辞儀をしてFin。
Incubation Period1曲目のFool〜に戻ったってことね。
DSC_1907sQUIT30
HUGE DATA 
TM NETWORK

エンドロールと、ちょっと気付きにくかったけどステージ後方にTHANKS The FANKS!」の文字が映し出されていた。
いつものようにアンコールなしだけど、2時間弱はちと短い。
アルバム『QUIT30』のリード曲である「Alive」はおろか、「Be Together」も「Self Control」も外してきたので消化不良感は否めない。
2012年からシアトリカルな形式で見せてきたCAROL誕生の謎を巡る宇宙から来た潜伏者たちの話もこれで終結・・・いまいち意味わかんなかったけどw
映像でしか見たことなかった「CAROL」を聴けたのは収穫だったけど〜
3月の横アリでは、どういう構成になるのかな?

本日のセットリスト
Opening. SEVEN DAYS WAR (Inst)
01.SEVEN DAYS WAR
02.-QUIT30- Birth 
03.LOUD
04.-CAROL2014- A Day In The Girl’s Life
05.-CAROL2014- Carol(Carol’s theme )
06.GIA CORM FILLIPPO DIA(DEVIL’S CARNIVAL) (Inst)
07.-CAROL2014- In The Forest
08.-CAROL2014- Carol(Carol’s theme II)
09.Just One Victory
10.STILL LOVE HER
11.Looking At You
12.Always be there
13.We love the EARTH
14.GET WILD
15.I am
16.Fool on the Planet
Ending. Electric Prophet (Inst)
Key/Cho:小室哲哉、Vo:宇都宮隆、G/hca/Cho:木根尚登、G:松尾和博、Dr:Ruy 
10956805_1598982386981474_958284265_nB9PVf4QCMAMmdHJ
Green days 2013、LOUD、Get Wild、Self Controlなんてオリジナルカクテルを出してた居酒屋で乾杯

2/15(日)NHK BSプレミアムで放送された『MASTER TAPE「TM NETWORK“CAROL”の秘密を探る』が、またキモい内容で!
丸山茂雄(プロジェクト統括)、大竹健(A&R)、小室みつ子(作詞家)、伊東俊郎(レコーディング・エンジニア)、山口三平(担当ディレクター)のインタビューや、松本孝弘(B'z) vs マーティ・フリードマンのギター対決を流したり(笑)
タンバリンの音だけ聴かせるとかマニアックにもほどがある。
全32チャンネル別の音源が欲しいわ〜何枚目の『CAROL』だよw 3/17に再放送。

【タグ】 小室哲哉  TM NETWORK  globe  
TM、globe、てっちゃん関連ライブ参戦の軌跡  
TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30@東京国際フォーラム&COUNTDOWN JAPAN14/15@幕張メッセ
TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30@よこすか芸術劇場(10/29)
小室哲哉ぴあTK編「小室哲哉の楽曲ベスト10」を選曲してみた
小室哲哉 featuring 坂本美雨1stステージ@ビルボードライブ東京
TM NETWORK 30th 1984〜the beginning of the end@府中の森芸術劇場・東京国際フォーラム&小室哲哉サイン会@代官山蔦屋書店
坂本美雨「ディア・フレンズ LIVE Vol.2 welcomes 小室哲哉」@TOKYO FM ホール
TM NETWORK FINAL MISSION -START investigation-@さいたまスーパーアリーナ
TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-@日本武道館【2日目・4/25】
TM NETWORK CONCERT -Incubation Period-@日本武道館【1日目・4/24】