ブログネタ
映画、邦画 に参加中!
umi2umi1
吉田秋生原作、第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品・映画『海街diary』の初日舞台挨拶が、6/13(土)TOHOシネマズ日劇スクリーン2で行われた。
登壇したのは、綾瀬はるか長澤まさみ夏帆広瀬すず是枝裕和監督。

写真記事 映画ナタリー音楽ナタリーT-SITEニュースモデルプレスオリコンGirlsNews、まんたんウェブ()、ぴあ映画生活映画.comCinemaCafe.netMovie WalkerシネマトゥディCINEMA TOPICS ONLINETVfanWebBillboard Japan、スポニチ()、日刊()、サンスポ()、デイリー()、報知海街Twレキシ池田貴史Tw広瀬すずTw広瀬すずブログ  
閉館の決まっている日劇。このスクリーンで見るのは8年ぶり・・・
沢尻エリカの「別に!」を目撃した過去も・・・
エリカ様ご乱心!『クローズド・ノート』舞台挨拶@日劇2
002_size65人全員を見るのは、『海街diary』完成披露イベント@六本木ヒルズアリーナ以来。
9:30からの上映終了後に舞台挨拶。
司会はフジテレビ・笠井信輔アナハズレ
映画の中と同じように本当はしっかり者の綾瀬はるか、本当はお酒でぐでんぐでんになったりしない長澤まさみ、本当は食べてばかりではない夏帆、本当はお風呂のあと居間で裸になったりはしない広瀬すずと是枝監督が登場
衣装は、白で統一したのかな?
長澤まさみの横乳がヤバかった(ぇ
ちゃんと抑えてるメディアが少ないのが残念w

S:がっつり映画に出るのは初めてなので、1年前から撮影をして、この日が来るとは本当に思っていなかったので、これからどんどんどんどんこの作品がいろんな方に広まって行くんだなと思って幸せだなと思っています。
是:撮影から1年・・・今日はゴールではなくスタート。作品と見ていただいた方たちの旅が始まります。

Q:どの役柄が好きですか?
H:姉・母・女・娘と4つの顔があったんですけど、お姉ちゃんとして厳しくみんなを律するのが好きでした。
Q:ペディキュアを塗るシーンは、台本にはなかったんですって?
以下M:台本が毎日変わったりとか、日々の撮影の中で監督が4姉妹を見ていて、「こういうシーンを増やしたらいいんじゃないか」とちょこちょこ増えて行った中の1つなんです。
佳乃は四季の中で春・夏・秋・冬で違う色のネイルを塗っているという設定で、小道具のマニキュアをスタッフさんに塗って遊んでいたら、監督が「いいねぇ」みたいな話になって、佳乃がすずに塗ってあげるシーンを作りたいって言うんで、「ペディキュアとマニキュアはどう違うのか?」って言うのを聞かれて、私の感覚なんですけど、マニキュアはみんなに見られるから誰かの為にするものかなぁと思うんですけど、ペディキュアは夏はサンダルで見えるけど冬はブーツを穿いてたりとか見えないし自己満足・・・足の指を綺麗にしていると気持ちが上がるんじゃないですかねぇっていう話をして、あのシーンが出来ました。
Q:すずちゃんは、いつも塗ってるんですか?
S:あんま塗らないです(笑) あ〜お姉ちゃんだなぁと思いました。
是:待ち時間に耳をそばだてながら、生かせないかなと。LINEかショートメッセージで「何が違うのマニキュアとペディキュアは?」って聞いた覚えはあります。
原作にないシーンだけど自然だったな。本当にやってそうで。
Q:お気に入りのシーンは?
K:撮影してる時も出来上がった作品を見た時も思ったんですけど、どこか1つのシーンを切り取るのが難しくて、シーンが変わっても空気感が途切れないので、1つのシーンを挙げるのは難しいです。
Q:印象に残ったシーンは?
S:大竹しのぶさんと樹木希林さんと会うシーンが印象的だったなぁと・・・
Q:怖かったですか?  笠井らしい愚問
S:いや、そういう訳じゃないんですけど、あの樹木さんと大竹さんが一緒に来るって、どんな画なんだろうなって、お姉ちゃんたちとホントに家族なんじゃないかっていう温かさもありつつ距離がある感じで、来た時、「あ〜!」ってなっちゃって、リハーサルの時もどうしてたらいいんだろうって思ってたんですけど、自然とお姉ちゃんたちの後ろに隠れちゃったというか、でも気になって覗いちゃったりとかいうのは覚えてます。恐怖心ではなくオーラです。

監督が設定した4姉妹のキャラクター
H:「凛とした」 椎名と電話するシーンの鏡の中の姿。
M:「伸びやかに・しなやかに」 手足の長さを生かして長女が封印している部分を開放的に演じてもらった。肩甲骨に見惚れてしまった。
K:「ほっこり・ふんわり」 唯一父の記憶がない。
S:「瑞々しく・健やかに」 人生の先を見据える。

Q:今日はすごい朝早く起きたんですよね?
H:そうです!  Q:なぜ?  
H:なぜ? ちょっとやることが多くて・・・
Q:なぜやることが多かったのか言ってください。
H:言うんですか?
段取りを打合せしてなかったのかよ(爆)
笠井に呼ばれて、台本を見ながら端っこでサプライズの再確認w

M:前もって打ち合わせしてもらっといてもいいですか? ごもっともw
Q:今日、朝早かったんですって?
H:そうなんです。  gdgdはなかったかのように、やり直し
H:お誕生日ケーキを・・・私以外のここにいる4人が6月生まれなんです。
長澤まさみ:6/3(28歳)、夏帆:6/30(24歳)、広瀬すず:6/19(17歳)、是枝監督:6/6(53歳)
Happy Birthday よっちゃんと千佳ちゃんとすずと監督〜
と歌いながら、池田貴史(レキシ)がケーキを運んで来た。

news_xlarge_umimachi_ayase_201506_01H:スポンジから焼いて、クリームは朝塗って海街っぽさで水色を入れるか入れないか盛り付けは一番考えました。
前日にスポンジを焼いて、朝クリームを泡立てて塗ってフルーツでデコってた写真がスクリーンに映った。
S:なんか美味しそうです!  
K:ホントに作ったの?  H:ホントに作ったよ。  K:すごーい。
H:先程まで作ってたんです。
M:ホントにびっくりしました。うれしいです。
Q:どこが苦労したんですか?
以下H:模様でちょんちょんちょんってやっちゃったんですけど、綺麗に丸くクリームを塗って、あと切ったらスゴく苺がぎっしり詰まってます。
タイトルがあって、海辺の朝日・・・朝4時・5時ぐらいのイメージです。
池:4時・5時は、まだ出てないんじゃないですかねぇ?
H:そう。だから色が薄いでしょグレープフルーツ! 赤いグレープフルーツにしようか迷ったんですけど、この薄い方にしたんです。このちょんちょんは波です!
ドヤ顔(爆)  ここでケーキと一緒に撮影タイム
S:いつまでサングラスしてるの?  池:外すの恥ずかしいよ。
H:レキシさん!  池:いいんですよ。私のアーティスト名だから。
そして、みんなでケーキを試食
Q:お味はどうですか?
H:ついさっき歯磨きして、歯磨き粉と混ざっちゃった感じ(笑) 爆笑

池:撮影中も家に帰ってもふわふわ夢のような感じで、出来上がったやつを見ても夢のようで、監督が「池田さんは飛び道具です」って言ってたんですけど、こういうことかと。
是:台本渡してないんですよ、すずと同じで。大人ではYOUさん以来ですね。早く撮らないと3回目くらいからアドリブが入って来るので・・・
Q:どこがアドリブだったんですか?
是:縁側で、「写メ撮りますか?」っていうのがアドリブです。 あれか!
K:セリフが音楽っぽい独特のリズムなんですよ。
池:気を遣わなくていいんですよ。家で泣きますから。
Q:最後に一言。
H:1年間の中で四季折々撮影しましたし、当たり前の日々とかご飯を作って食べるとか、ちゃんと生きようと映画の中で生きている人たちが、本当にもがきながらも美しい精神で生きている・・・そんな海街の人たちに、ぜひ疲れた際には、また見に来てください。足を運んでください。

一旦捌けて、客席バックにフォトセッション。
入口で配られたロゴ入り風船を揺らしながらの撮影。
umi3img20150613umimachi1
H:天井の割れそうな声を出してください!  
割れたら困るけど〜
H:海街diary〜  全:大ヒット

こんな感じで舞台挨拶終了。
本編だけど、自分の出演シーンをようやく確認。
すずのサッカーの応援シーンで、後姿だったけどバッチリ
メイキング特番では、正面からも
「こんなゴールじゃ喜べません!」 
左足でも蹴らなきゃいけないからね。
日が暮れるちょい前まで、何本も何本もやってた。
前田旺志郎、鈴木亮平、池田貴史(レキシ)、夏帆と一緒の和気藹々とした楽しい現場でちた。

冒頭からセクシー そしてすぐ泣かされる
あの笑顔と佇まい・・・まだ上手いとは言えないけど広瀬すずは大物になる予感。
すずだけ台本を渡されていなかったからか、姉妹に溶け込んで行く様が本当のようで、写真集でのオフショットを見ても仲の良さが伝わって来る。
限られた時間内でもポイント・ポイントは抑えていたので、原作ファンも楽しめるのでは?
桜のトンネルを始めとする鎌倉の美しい景色と交差する人間模様。
淡々と展開される日常の空気感をじっくりと味わえるかどうかが鍵。
あ〜早く鎌倉に行きたい! で、「大きい!」ってのは誰のよ(笑)
IMG_1399s評価:★★★★彡
鎌倉に行ってきた→あんぱちゃんの鎌倉さんぽ【海街diary】 
写真集『海街diary』発売記念トークショー&写真集お渡し会(広瀬すず)
『海街diary』完成披露イベント@六本木ヒルズアリーナ  

|あんぱ的えきすとら|∇ ̄●)ο
【タグ】 是枝裕和 広瀬すず
綾瀬はるか
あんぱんち最新出演作『映画 ひみつのアッコちゃん』舞台挨拶@新宿ピカデリー 
「ひみつのアッコちゃん」エキストラレポ 
「ステキな金縛り」上映!『三谷幸喜生誕50周年記念大感謝映画祭』@帝国劇場 
『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』舞台挨拶@丸の内ピカデリー2
『おっぱいバレー』シークレットライブ・舞台挨拶付き完成披露試写会@渋谷C.C.レモンホール
長澤まさみ 
三谷幸喜『君となら』『吉良ですが、なにか?』『紫式部ダイアリー』
東京国際映画祭・特別招待作品『曲がれ!スプーン』舞台挨拶付きワールドプレミア@TOHOシネマズ六本木ヒルズ 
『涙そうそう』舞台挨拶@日劇2
夏帆  『天然コケッコー』舞台挨拶@シネスイッチ銀座