ブログネタ
映画、邦画 に参加中!
今年も日本インターネット映画大賞日本映画部門に投票

2017年はココ、2016年はココ、2015年はココ、2012年はココ、2011年はココ、2010年はココ、2009年はココ、2008年はココ、2007年はココ、2006年はココ

ブログTwitterインスタでの投票が可能。   
[作品賞投票ルール(抄)] 
■選出作品は3作品以上10作品まで 
■選出作品は2017年1月〜2018年12月公開作品 
■1回の鑑賞料金(通常、3D作品、4DX作品、字幕、オムニバス等)で1作品 
■持ち点合計は30点
■順位で決める場合は1位7点、2位5点、3位4点、4位3.5点、5位3点、6位2点、7位1.75点、8位1.5点、9位1.25点、10位1点
■作品数で選ぶ場合は3作品各10点、4作品各7.5点、5作品各6点、6作品各5点、7作品各4.28点、8作品各3.75点、9作品各3.33点、10作品各3点
■自由に点数を付ける場合は1点単位(小数点は無効)とし1作品最大点数は10点まで可能 
■各部門賞の1票は2ポイントとなります
■各部門賞に投票できるのは個人のみ
■日本映画ニューフェイスブレイク賞は男優か女優個人のみ
■日本映画音楽賞は作品名で投票
■外国映画ベストインパクト賞は個人のみ
■私(ユーザー名)が選ぶ○×賞は日本映画外国映画は問いません
■日本映画作品賞3作品以上の投票を有効票 
-----------------------------------------------------------
 【日本映画作品賞】  歴代受賞作品一覧
(3作品以上10作品まで。持ち点30点、最高10点。自由採点
「来る」 7点
「恋は雨上がりのように」 6点
「センセイ君主」 5点
「累-かさね-」 5点
「ちはやふる-結び-」 3点
「若おかみは小学生!」 3点
「今夜、ロマンス劇場で」 1点
【次点】 万引き家族、カメラを止めるな!、ペンギン・ハイウェイ

【コメント】 年末に公開された「来る」がまさかの1位を奪取(笑)
中島哲也監督らしさが存分に出た観る人を選ぶ作品w
「恋雨」「センセイ君主」はキュンキュンが止まらなかった
上位3つが自分の出演作というのは気のせい(笑)
土屋太鳳と芳根京子の対決が凄まじかった「累-かさね-」は、もっと評価されるべき。
「カメ止め」は三谷幸喜ファンからするとそこまで評価される理由が分からずw

【日本映画監督賞】  監督賞歴代受賞者一覧
  [小泉徳宏] (「ちはやふる-結び- 」)
 【コメント】 三部作がついに完結。マンガの世界観を壊さず実写化。
「累-かさね-」の佐藤祐市監督と迷ったが「ういらぶ。」が足を引っ張ったw

 【日本映画主演男優賞】 主演男優賞歴代受賞者一覧
   [大泉洋] (「恋は雨上がりのように」ほか)
 【コメント】 他に思いつかなかった(ぇ 洋ちゃん、現場でもいい人

 【日本映画主演女優賞】  主演女優賞歴代受賞者一覧
   [浜辺美波] (「センセイ君主」「咲-Saki-阿知賀編episode of side-A」「となりの怪物くん」)
 【コメント】 「君の膵臓をたべたい」の美少女っぷりから一転、変顔を自在に操るコメディエンヌの才能も披露。これからどんな才能の引き出しを開けてくれるのか目が離せない。

【日本映画助演男優賞】  助演男優賞歴代受賞者一覧
  [北村一輝] (「羊の木」「去年の冬、きみと別れ」「今夜、ロマンス劇場で」「億男」)
 【コメント】 変幻自在。どんなクセのある役でもいやらしさがなく、映画を彩る上で欠かせないバイプレイヤー。

【日本映画助演女優賞】  助演女優賞歴代受賞者一覧
   [池田エライザ] (「伊藤くん A to E」「となりの怪物くん」「SUNNY 強い気持ち・強い愛」「億男」「ルームロンダリング」ほか)
 【コメント】 「ルームロンダリング」では主演だったが、演技力も上がり確実に存在感を増している。

 【日本映画ニューフェイスブレイク賞】  ニューフェイスブレイク賞歴代受賞者一覧
   [桜田ひより] (「咲-Saki-阿知賀編episode of side-A」「祈りの幕が下りる時」「ういらぶ。」)
 【コメント】 デビュー年という訳ではないが、初主演作もあり映画での活躍も増えてきた。

 【日本映画音楽賞】  [SUNNY 強い気持ち・強い愛
 【コメント】 小室哲哉・安室奈美恵が引退という2018年にあって、音楽の力の素晴らしさを再確認させてくれた作品。サントラ:小室哲哉

【私が選ぶ○×賞】
   [私が選ぶだって三池だもん賞] 
(「ラプラスの魔女」 )
  【コメント】 監督と主演の名前を聞いた時点で雲行きが怪しかったが、「東野圭吾だし志田ちゃんもすずちゃん出るし…」と一縷の望みに賭けて観に行ったのだが、「やっぱりね…」と。2018年ワースト1。
--------------------------------------------------------
この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。


【2018年に劇場で観た映画】 公開日
伊藤くん A to E 1/12
咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A 1/20
祈りの幕が下りる時 1/27
(踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間、ラヂオの時間、アンタッチャブル)
羊の木 2/3
今夜、ロマンス劇場で 2/10
リバーズ・エッジ 2/16
去年の冬、きみと別れ 3/10
坂道のアポロン 3/10
ちはやふる-結び- 3/17
名探偵コナン ゼロの執行人 4/13
いぬやしき 4/20
となりの怪物くん 4/27
ママレード・ボーイ 4/27
ラプラスの魔女 5/4
恋は雨上がりのように 5/25
50回目のファーストキス 6/1
万引き家族 6/8
空飛ぶタイヤ 6/15
カメラを止めるな! 6/23
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 6/29
ルームロンダリング 7/7
未来のミライ 7/20
センセイ君主 8/1
僕のヒーローアカデミア THE MOVIE-2人の英雄- 8/3
ペンギン・ハイウェイ 8/17
SUNNY 強い気持ち・強い愛 8/31
君の膵臓をたべたい(アニメ)
累-かさね- 9/7
響-HIBIKI- 9/14
コーヒーが冷めないうちに 9/21
若おかみは小学生! 9/21
(ぼくは明日、昨日のきみとデートする・君の膵臓をたべたい)
億男 10/19
スマホを落としただけなのに 11/2
ういらぶ。 11/9
かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発- 11/30
来る 12/7
春待つ僕ら 12/14
グリンチ(吹替) 12/14