2010年09月

2010年09月30日

2010/09/30:○や×より重要な事


ところで、今この文を読んでいるア・ナ・タ
こんな場 末のブログを読んでくださっているワケですから、他にもいくつかのブログも読まれていると思います。
それらのほとんどが、何らかの言い切り型でモ ノを語っていませんか?

ブログなんざ日記の延長線だから何書いても良いんですが、単に疑問を投げかけている文って読まないですよね。
仮 にそういうのがあったとしたら、何か中途半端な気がしてしまう。
とにかく人は「わからない」という答えを望まないんですよね。

具 体的に書こうか。
iPhone と Android、2年後どっちが勝つんだろうね」というブログと「2年後は Androidが圧倒的大勝利!」と書いてあるブログ、どっちを読みます?
恐らく、後者だよね。
何らかの結論が出ているワケだか ら、その結論自体に興味が生まれるもの。
その結論が正しい情報に基づいているかは関係無い。
でも、誰にもまだ「わからない」話だよね。

現実には、情報が足りずに「わからない」という答えでしか無いものが多いハズなんだよね。
その「わからない」ってもの凄く重要な事なんだ、きっと。
で も、それって他人の共感を得られない。

だから、「これは○○○なんだ! これでいーのだ。」みたいな文が世の中に溢れるわ け。
それはそれはもう、無責任に。
だって、そっちの方がウケるんだもの。
失礼な言い方をすれば、あまり深く考えていない言葉が世 の中に溢れているんじゃないだろうか。
ま、オイラも荷担してるんだけどね。

つまり、黒白つけたがる人が多いのは、あまり深く考え ない人が増えている……というより表面化しているからなんじゃないかな?
いや、表面化しているからだ!(言い切り型で言い直してみる。)

もっ とも、疑問は人から与えられるモノじゃないとも言えるワケで。
自分で見つけないといけない。
だからこそ、価値があるのかもしれないよっ と。

※本日マシントラブルのため縮小更新とさせていただきます m(_ _)m


an_square at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2010年09月29日

2010/09/29:今こそ「マーフィーの法則」に学べ


マーフィーの法則をご存じだろうか?
トーストがバターを塗った面を下にして着地する確率は、カーペットの値段に比例する」みたいなヤツ。
聞くと思わず「あー、あるある。」とうなずいてしまうネタ集。
1990年代前半の流行して、嘉門達夫さんが歌にした事でも有名ですね。

実はこれ、日本で流行らせたのは月刊アスキーだったんですよね。
当時の月刊アスキーは「IT業界の週刊新潮だ!」と分かったような分からないような例えをしたのは元上司なんですが。
だから発祥はIT業界と思いきや、実はアメリカ空軍なんてぇ話はウィキペディアで初めて知ったよ。
ちょっとアテが外れちゃったい。

マーフィーの法則って基本的にネタ集なんですけど、結構重要な事を言ってるんですよね。
  • 起こる可能性のあるものは、いつか起こる
  • 命令するだけの奴に不可能なことはない
  • どんな馬鹿にだって扱えるようにしても、馬鹿はその上を行く
  • 仕事の法則:『できるわけがない』と主張する者は、それをやっている者の邪魔をすべきではない
  • 探している書類は、常に書類の山の一番下にある
  • 黄金の法則:黄金を持っている人がルールを作る
  • すばらしいアイデアを覚えておくことは難しく、馬鹿な話は頭に残りやすい
  • うまくいっている状態とは、失敗する直前の状態を言う
……なんて、いつ読んでもうなずいちゃいます。
実際、リスク回避に役立つ物も多いので、IT業界で流行ったんじゃないかな?
常に失敗する事をシミュレーションし、それを回避できるようにしないと、イカンのですけどね。
でも、失敗ってなぜか最悪のタイミングで発生するんだよね。
まさにマーフィーの法則。

万が一失敗してしまった時、犯人捜しをしているばかりじゃダメダメ。
失敗した人間は謝罪し、周りの人間は(とりあえず)許す。
犯人捜しより、問題解決が最優先。
でないといつまで経っても終わらないってパターンになるもの。
でも責任追及は問題解決後にきちんとすべきなんだよね。
あれが最後の一回だなんて事はありえないから。

最悪なのは他人に責任を押しつける人間。
こーゆー事をリーダー格がやると最悪。
確実にプロジェクトは失敗に向かうよね。
トラブル時こそ、リーダーの資質が求められる物なのさ。

ところでね。
昔スタジオ見学したんだけど、テレビ撮影の人たちってすごいと思ったんだ。
撮影中、小さなミスとかって結構起きるんですよ。
そんな時、ミスした人が大きな声で「すみません! 私が○○しました!!」と叫んで頭下げるの。
まさに、体育会系のノリで。
それはホントにホントに小さな問題なんだと思うんだけど、小さな問題の積み重ねこそが大きな問題だからね。
それをその場その場で終わらせるのは、とても正しいと思った。
なかなかこういった現場って無いよね。

ちなみに、マーフィーの法則を扱ったアスキーはその後経営難に陥り、角川グループに所属するまで超迷走。
歌を出した嘉門達夫さんが当時所属していた事務所「代官山プロダクション」は倒産してしまいました。
これも一つの法則なのかしらん。
あぁ、こわいこわい。

※マーフィーの法則をもっと楽しみたい方は、こちらのブログをどーぞ!
http://kmktwo.blog95.fc2.com/blog-entry-171.html

続きを読む

an_square at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ニュース 

2010年09月28日

2010/09/28:良い音きこうぜぃ!


音楽配信のメリットは高音質での音源を販売できること。
あたしゃ、そう考えているのですよ。
そもそもCDの音ってメチャクチャ悪いんだよね。
どーも、あまり同意が得られなくって不思議なんだけど。

CDって1982年に販売が開始されたモノ。
ちなみにファミリーコンピュータが1983年。
それくらい古いデジタル技術なんだよね。
ぶっちゃけ、「もう笑っちゃうよね」位の古い技術。

CDはあの大きさに音を詰め込むためにかなりの情報を削っている訳で。
具体的な事は省略するね。
理屈より自分で確かめる事が重要だからね。

で、最近になってやっと高音質での音楽配信が増えてきた訳で。
その先鋒が e-onkyo music
ここで販売されている、24bit/96kHz高品質配信音源ってヤツ。
しかも、DRMフリー、つまりプロテクトが掛かっていないというありがたさ。

今までもDATやらSACDやらで、高音質音源販売ってされてきたんだけど、DRMが掛かってたり、高価な機材の購入が必要だったりで敷居がもの凄く高かった。
でも、e-onkyoなら、1曲 2〜300円で入手できちゃう。
嬉しい時代となりました。

是非ね、一曲購入して聞いてみて欲しいのよ。
パソコン+ヘッドフォンでも十分にその違いが分かるから
ただ、内蔵スピーカーだと分からないかもしれない。
音質に配慮されているモノが少ないんだもの。

e-onkyoはジャズやクラシックが多いので、聞きたい音楽が無いという人も多いかも。
そんな人にお勧めなのは「向谷実×中西圭三プロジェクト」の作品
Twitterで意気投合した向谷さんと中西さんが中心となって、Ustreamで作成の過程が全公開された話題の楽曲。
さりげに参加しているミュージシャンが凄かったりしますが、省略。
ちなみに、個人的にはTwilight Streamの方がスキだけど、両方購入がオススメかな!?

で、高音質音源を聞いた後、自分でミュージックCDを作ってみて欲しいのよ。
フリーのライティングソフトでもカンタンに作れるから。
(ちなみに、私はCDBurnerXPを使用)
聞いてみると、もの凄く痩せてしまった音に驚く訳さぁ。

貧相になったんだけど、馴染みがある音でもあるのよ。
つまり、これがCDの音なんだなぁと思い知らされるんだ。
この痩せた分が削られた情報って訳なのさ。

iPodなどの音楽プレイヤーの評価にも使えるので、高音質音源はいくつか揃えておくといいと思うよ。
だいたいCDの音しか聞いた事がないって、実は不幸だとおもうよ、うん。

続きを読む

an_square at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ニュース 

2010年09月27日

2010/09/27:もっとも貧弱なデータベース


この季節になると来年度の手帳が大量に出回りますです。
あれ、すっごい楽しみなんですよね、毎年。

だって、手帳ってもっともプアなデータベースじゃないですか。
検索性は悪いし、ソートできないと来たもんだ。
でも、毎年新しい物が出て、それをみんな買い求める訳でしょ?
こりゃ何かあると考えない方がおかしいよ、親分。

まず、手帳と言っても目的が結構みんなバラバラなんだよね。
スケジュール管理の場合もあるし、日記帳の場合もある。
見開きで1週間管理できる方が良い場合もあるし、1日1ページの方が良い場合もある。
手帳の高橋なんて、中身も大きさもバラバラだから、その辺の意見を拾っているんだと思うんだよね。
今の所、最適解はない!
だからどんな用途で使われるか、考えながら見ると楽しいんだな。

同時に見逃せないのが、「手帳をこう使っています本」。
まめに使っているなぁという人もいれば、えらくラフだなぁという人も多くて。
意外に見逃せないのが、テキトーに使っている人。
結構何も書いてないページが多いにも関わらず手放せないと言うんだよね。
それなら1日1ページに割り振られている手帳ではなく、普通のノートに日付を振って必要な日だけ書き込めば良いとも思うだけど、それじゃダメらしい。
何も無い日というのが気分的に重要らしいんだよね。
考え方を変えると、日にちというスパンで情報をまとめた方が見やすい・分かりやすいという事なんだろうけど、こういった人たちは理屈で使っている訳じゃないからね。
どうもMOTTAINAIお化けがでちゃうんだよな、オイラなんか。

あと、デザインが大量にある中から選べるというのは重要なんだろうね。
女性がネイルアートに凝るのは「常に視界に綺麗な爪が入るので気合いが入る」という面があるそうで。
きっと、毎日使う手帳も同じなんだろうね。
好きなデザインを選べるのは大切なんだよ。
だから、ほぼ日手帳でカバーを40種以上も用意しているのは非常に理にかなっているんだね。
電子の手帳ではこの辺がまだまだという感じはあるね、確かに。

ちなみに、たいてい店頭に見本が用意されているのも手帳の良いところ。
パッケージを開封する訳ではないので、心も痛まないし。
逆に、やたらと傷んでいるページがあったなら、そこが注目されているという訳だからね、見本はありがたいっす。

最近は、とりあえず手帳を強引に一冊買って、それから使い方を考えるとゆー事を毎年しとります。
できるだけ使い道がなさそうな物を選ぶのがポイントよん、ってあたしゃMだったのかっ。

続きを読む

an_square at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ニュース 

2010年09月26日

2010/09/26:今こそ鳩山前首相の出番だ!


正直もう、この状況は戦争状態に入ったと理解するべきなんだろうなぁ。
ただ、ミサイル撃っていないだけ。
日本人というだけで命の危険にさらされる可能性があるんだもの。

この状況を作り出したのは明らかに中国
ネットで民主党を非難する声が大きいけど、彼らが作り出した訳ではない。
民主党は一生懸命に油を注いだだけ
だって、あいつらそれしかできないんだよ。

沖縄に存在した「普天間問題」。
あれは彼らが作り出した訳ではなく、元々あった問題に一生懸命に油を注いだだけ。
結果、炎上して手が付けられなくなった。

今回も想像を絶する非道い手法で油を注いだだけ。
しかも、検察にその責任を押しつける形で(恐らく)。
ドジっ娘メイドとかなら「キャラが立ってるね」で終わるけど、もはや悪意しか感じないもの。
一部の議員は、政府と党は別みたいな態度取ってるけど、それは違うよ。

沖縄・九州地方の方々は、民主党政権になってから不幸のゲリラ豪雨だものね、冗談でなく。
でも、これからはもっと大変だよ。
特に漁師さんは命がけで仕事しなきゃならなくなった。
先日、宮崎の畜産農家の方々は大変な事になったけど、それに匹敵してしまう状況が生まれるとは思わなかったよ。

だいたい、民主党って「自民党を倒す」という目的で一緒にいるだけで、仲間ではないんだろうなぁ。

日本を良くしたかったんじゃなかったんだよ。
ただ、勝ちたかっただけ。
目的を達した今、存在意義が無くなってしまった。
だって、何一つ統一された政策が出ないじゃない。
選挙やってる時だけ生き生きとしてるんだよね、あいつら。

もうね、民主党にできる事は解散しかないよ。
すでにバラバラだもの。

それまでの繋ぎは鳩山前首相の出番だね。
励ましの声と受け取った」とか「今月中じゃないと法的に決まっている訳じゃない」とか「私は何だったんでしょうね」とかの、あのピントのずれた発言で日本を和ませてくれよ。
たのむから…… 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン


ルーピー夫妻 濃色 Tシャツ Pure Color Print(赤) Mルーピー夫妻 濃色 Tシャツ Pure Color Print(赤) M
ClubT
おすすめ度:4.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


続きを読む

an_square at 00:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ニュース 

2010年09月25日

2010/09/25:auのISシリーズはAndroid専門になりました


スマートフォンはまだ早い」の発言で有名なau by KDDI。
これってたった一年前の発言だったんですねぇ。

まぁ、ご存じの通り今年Android搭載のIS01、Windows PhoneのIS02を発売した訳です。
売ってみたら好・感・触 だった訳ですが。

そんな経緯もあってISシリーズはauのスマートフォンブランドになるんだと思ってたんですよね。
でも、ISシリーズのサイトに行ってみると「news IS seriesサイトはAndroid auサイトにリニューアルいたしました」の文字が。
clip_2
っつー事は、これからauは本格的にAndroidに力を入れると考えてもいーんだよね。
あーんど、Windows Phoneは止めちゃうのかしら?
うれしさ半分、残念半分だなぁ。

折しも10月 4日にKDDIとシャープがスマートフォン発表会を行うとの事。
Android部分は期待してもいーよね?

まぁ、auはスマートフォンに力をあまり注いでいなかったから、Androidだけに注力するのはアリかもしんない。
その辺はNTTドコモやソフトバンクとは違うわな

残念なのがISデビュー割の期限は今月いっぱい。
ISデビュー割を上手く活用すれば8円/月も可能ですからね。
新機種にISデビュー割が使えれば鬼に金棒状態なんだけどなぁ。

ちょっと楽しみが増えましたよ。

PS.「Android au」のテレビCMまでやってたのには驚いた。
結構ホンキだね?

続きを読む

an_square at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ニュース 

2010年09月24日

2010/09/24:ちょっと邪魔よ、あんた達


ちょいとiPad用アプリで気に入った「トレンドトピック」ってぇのがあるのですよ。

検索の急上昇ワードを表示し、それにまつわるサイトやブログ記事、Twitterの発言も見せてくれるというモノなんですよ。
なかなか情報が一覧できるというのは便利なものでして、ちょっとした息抜きに眺めていたりしています。

だいたい急上昇ワードとなるのはテレビなどで取り上げられた言葉が多く、本当に世間で話題になっているのではないのが悲しい所で。
特にTwitterでは案外「話題の言葉」の話題は少なかったりするんですよ。
上位ワードを選んでもほとんどがBot発言だったりするのがとっても残念!
なかでも一番非道いのがコレ。
21 20 43 55
(クリックで拡大表示)

発言者はちがうのだけど、全員が全く同じ発言。(画面右端のTwitterラインね)
まさしく異口同音の見本みたいな状況。
しかも、それはamazonへのアフィリエイトだったりするから、目的が明白だよね。
既存APIの組み合わせでカンタンにできちゃうので、似たようなモノをたくさん見かけますわ。

これがプロのアフィリエイターのお仕事なんでしょうかね?
だって普通は1つのアカウントでやったら満足しちゃうじゃない?
それを10個以上のアカウントを使ってなんて、ちょっとオイラはやる気にはなんない。

個人的には邪魔で、不快で、しょーがないんですけどねぇ。
これで、amazonでモノ売れるんですかね?

続きを読む

an_square at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ニュース 

2010年09月23日

2010/09/23:幸運を呼ぶペンダントは幸運を呼ぶ


ちょっとそこのあ・な・た
幸運を呼ぶペンダントに興味ありませんか?
これを付けているだけで恋人ができた、という感謝の声が続々と届いています!

……なーんて、広告みた事ありませんか?
最近は色々規制が増えて少なくなってきたようですが。
あぁいった広告が出るって事は、「幸運を呼ぶペンダント」を買う人がいる訳ですよね。

なんで騙されるんだろう?

あの類の広告をよくよく見ると、もの凄く良くできているんですよ。
たとえば「万札で満たされたバスタブに浸かって万歳をしている男性」なんて見た事ありませんか?
やっぱ、あーいったビジュアルは印象に残りやすいんですよ。
他にも「青森県のAさんの感想」が顔写真付きで載ってたりね。

だからね、あーいった”怪しい商品”の広告ってもの凄く勉強になる訳ですよ。
たとえば文字のサイズや色なんか注意してみると発見が。
問題なのは、怪しい商品を売っている事であって、正しい商品であれば問題なし。
(たまに、法で規制されている表現が使われている事があるんで、それは注意してね)

と、言うわけで「幸運を呼ぶペンダント」の広告って取っておくともの凄く役に立つ、というお話でした。
えっ? ペンダント?
そんなモン効くわけねーじゃん ヘ(^o^)/
続きを読む

an_square at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ニュース 

2010年09月22日

2010/09/22:うぉーく・どんと・らん


昨日の続きね。

会議でボツを食らった企画が、会社の都合により通ってしまった新人君。
作りかけのバージョンを見せると、これがメチャクチャ評判が良い。
ボツを出した上司も手のひらをひっくり返したような絶賛ぶり。

で、発売するとこれが予想外の大ヒット。
めでたしめでたし……とはならないのだよ、困った事に。

元々、会社がやばい状態なんで、ヒットしても十分にボーナスとか出せる状態じゃないんですよ。
ヒットした新人君の不満は溜まるばかり。

こうなると、何もかもが不満に見えてきちゃうのさ。
俺の画期的なネタをボツにした上司なんか許せん!
そもそも個人的な作業だったじゃないか。
その分の金よこせ!!、なんてな。

新人君、いろいろと権利を主張し始めます。
社内の空気は悪くなり、それが巡ってさらなる不満となり……。
もう社内はガタガタです。

結局、新人君は独立し、改めてバージョンアップ商品をリリースします。
が、元会社も同じカテゴリの商品を出し、市場を食い合って共倒れに。

くれぐれもフィクションだからね。
ただ、あり得ない話ではなくて。

一番の問題点は個人作業を会社の商品として売ってしまった事。
この場合、就業時間中の作業と同じように扱ってしまった事も大きなミスと言える訳で。

会社として最短距離を走っているつもりだったんだろうけど、実は単なる手抜きだった訳で。
結局、技術者なんていろいろ無駄な作業をしないとダメなんだよね。
100mランナーも100mを走るだけで済む訳じゃないもの。
続きを読む

an_square at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ニュース 

2010年09月21日

2010/09/21:研究作業という”無駄”


とある会議にて。
「来月、何か商品ださんと、ウチやばいぞ〜」
「えー。でも何もないっすよぉ。」
「お前、何か企画ないのか?」
「いきなり言われても無理っすよ。」
「馬鹿者! 普段から考えておけって言ってるだろ。」
「……あの〜。以前の会議でボツになったネタなんですけどぉ、個人的に作ってたんですが……。」
「うーん、しょーがないな。それで行くか。」

なんてな。
意外にありがちな会議風景かもしんない。
ちなみに、これはフィクションだからね!!

一応キャラ付けしてるんだけど、上司らしき人が新しいネタを欲している割にボツを出しまくっているのが分かるかしら?

これってよくある風景でね。
モノ作る人間って発想が突飛な場合が多いから、それが周りから理解されにくいって面があるんだよね。
そもそもがプレゼンのプロじゃないから、その魅力を伝えるのが下手くそな訳で。

上司も想像力に欠けるのか、本当に提案がつまらないのか分からないけど、なかなか許可を出さないんだよね。
こんなんじゃ、新しいモノは生まれやしない。
説得しやすいモノは、ヒット作のバージョン2、3……とか、他社のパクリ企画になっちゃう訳だ。
だって、イメージがわきやすいモノ。

そういう意味でGoogleみたいに勤務時間の数%を自由作業に割り当てるのは、もの凄く良い事なんだと思うのさ。

ただ、技術者というモノが理解できない人間っている訳で。
研究作業が無駄にしか感じられないんだよね。
こういった人間を上司に持った技術者は不幸だよ。
一見、理解があるように振る舞うからタチが悪い (´д`)

で、さっきの会議で仕方なく通った企画。
これが大ヒットしちゃったとしよう。
これでハッピーになるかと言うと、そうはならないんだよな。

んじゃ、明日へ続く……えっ?続くの?

続きを読む

an_square at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ニュース