今日の小ネタアプリ:こみれぽ 〜 電車の混み具合が一目で分かる

2011年12月02日

2011/12/02:技術者に厳しい国「日本」


サイバー攻撃:参院会館のPC、ウイルス感染は数十台に − 毎日jp(毎日新聞)
記事は先月半ばのもの。
なんか対策が全然進んでいないように見えるんだけど、大丈夫なのかな?
セキュリティ意識の低い人間にネットを使わせるのは犯罪だよな。

そもそも、日本人って職人とか技術者に対する評価が低すぎると思うのさ。


ちょっと面倒なので、ある種の技術に秀でた人の呼称として「技術者」という言葉を使うね。
伝統的な職人さんとか、作家さんとかも含めて良い話だと思うので。


日本は「ものづくりの国」などと言われているけど、その技術者に対する評価が異常に低い。
そして技術に関する評価も低い。
全体としての意識が低いから、ITセキュリティに関してもボロボロなんだと思うなぁ。

だって、ウイルス対策について知らなくても「むずかしい」の一言で済んでしまうんだもんね。
はっきり言うけど、それはものすごく恥ずかしい事だよ。
車は左側を走ることを知らないで運転しているレベル。
でも、素人だから許されちゃう。

IT系のメディアは「国会は馬鹿の集まり」といった特集を組むべきだと思うよ。
そうすれば、多少は意識を持つかもしれない。

だいたい典型的な例として、コンピュータに弱い部長さんってイメージがあるもんね。
それが間違ってるんだよね。
技術者は、なぜか非技術者に管理される状態にある。
管理する人間が技術について明るくないから、単にコスト競争に走ったりする。
で、積極的に新しい技術に挑戦することが「悪」とされ、みんな安全な、どこかで見たような物しか出てこなくなっちゃう。

コンピュータエンジニアなんてひどくてさ。
下手な技術者の方が儲かったりする。
タコなプログラム納品後、問題が発生。
それを修正するために○○万円かかりますってね。
まともなプログラマーなら一発で終わっちゃうから儲からない (´д`)

評価されるのが目先の金額と、納期の短さだけだったりするから。
技術は評価の外だからこーゆー事が起きる。
ほら、技術者は評価されていないんだ。

でもさ、技術者もダメなんだよね。
もっと後進を育てる努力をしないとさ。


ドラゴンボール 全42巻ドラゴンボール 全42巻
著者:鳥山 明
販売元:集英社
(2002-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

たとえば成功者と非成功者の差が激しい例としてコミック作家がある。
ドラゴンボールの鳥山 明さんなんか、働かずとも印税がガッポガッポ入ってくると言われている。
でも、ほとんどの作家さんは食うのもやっとの生活で、雑誌連載をはじめてやっと人並み。
しかもその連載枠をとるのは至難の業。
雑誌連載をするよりも、パロディ描いて同人誌を売る方が儲かるなんて言われてるくらい。
目先のお金は取れるだろうけど、全体の文化としては最悪だ。

鳥山さんクラスの人であれば、新人が育ちやすい環境を作ってあげるべきじゃないのかな?
たとえば補助金を出すとか、学校を作るとか。
すでにやられていたら申し訳ないのだけど。

コミック作家さんなんて、孤独な作業だと聞いているのであまりそういった発想にならないんだろうね。
どうも、成功者がいても「自分は漫画が描ければそれでいい」みたいな人が多すぎる。
業界が結構ピンチだという認識はあるんだろうけど。

今、海外にアニメを売り出そうとする動きがあるよね。
でも、アニメ産業は貧乏産業の筆頭とも言われているわけで。
売り出す前にやるべき事があるんじゃないのかな?などと思うのですよ。

コミックとかアニメを例えに出したけど、案外どの技術分野においても似たようなもんなんだよね。
日本は「ものづくりナンバーワン」と思っている人が多いけど、もはやその神話は崩れている。
それに気づいていないのは案外日本人だけなのかもしれないな。

an_square at 00:00│Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがり   2011年12月03日 16:30
激しく同意。

ただ、金持ちに限って後継者の育成に努めろと言うのは間違いかと思います。貧乏人だって可能な範囲内で努力すべきです。

かつて日本が世界をリードしていながら、海外に抜かれてしまった物として「特撮」がありますが、ハリウッドとか見るとファンドを通して一般人も貢献できる仕組みが出来上がっています。
日本だとファンドというと胡散臭く思う人が多数だと思いますが、それがあらゆる分野で世界に遅れを取ってる元凶な気がします。
色々飛ばして結論を言うと、自分が応援したいと思ってる分野に投資せず、預金と言う形で腐った政府に資金を投じているのは滑稽としか思えません。
2. Posted by あんすく   2011年12月03日 22:59
通りすがりさん、コメントありがとうございます。
あんすくです。

うれしい、そして考えさせられるコメントです。
鳥山さんについては「お金持ち」だからではなく、多くの人の「憧れ」だからお名前を出せていただきました。
コミック作家の新人さんがお金で困っている、との文脈でああなっただけですので。

あと、ファンドに関しての考え方、面白いです。
確かに日本だと失敗とか詐欺とかのイメージが強いですね。

たとえばサッカーの試合前、子供たちをつれて入場するのも将来を考えてのこと。
市井の私たちでもできることが、きっとあるはず。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
今日の小ネタアプリ:こみれぽ 〜 電車の混み具合が一目で分かる