2013年03月28日

【TIPS】Androidのキャッシュってなに?


clip_2
Androidユーザーが必ずぶつかる言葉、キャッシュ。
ちょっと気になって調べてみたんだけど、どーも正しく理解されていない感じ。
今回は、『キャッシュ』について考えて見るよ。


そもそも、Androidにおいてキャッシュとは何かって話から。
結構一般的に解説されているものが、こちら。
キャッシュは、ブラウザやマーケット、マップなど一度アクセスして見たページを再度アクセスして見る際に、高速で表示させて快適にAndroid(アンドロイド)を使うための機能です。
   http://androidlover.net/apps/tools/clearmaster.html より引用。
たまたま引用しただけで、この記事に関する他意はない。
でもこの説明、ホント多いんだ。

上の説明をした人はブラウザにおけるキャッシュとアプリのキャッシュを混在して理解してるね。
この理屈なら、ネットにアクセスしないアプリならキャッシュは作成されないハズ。
実際はそうではない。

こーゆー時はAndroidの公式ヘルプが役に立つ。
キャッシュを消去: アプリが端末のメモリの一時領域にデータを保存している場合に、保存されている情報量とその消去ボタンを表示します。
  http://support.google.com/android/bin/answer.py?hl=ja&answer=1665504 より引用。
いわゆるtempファイルのことをAndroidではキャッシュと呼ぶみたい。
そのキャッシュの中にブラウザのキャッシュも含まれているってのが正解。
だから、一番最初に引用した説明は理解として中途半端って訳。

tempファイルってのは簡単に言うと、一時的に必要になるけど使った後は削除して構わないファイルのこと
オイラのポリシー的には使用済みになったなら削除しろっ!と強く言いたいんだけど、Androidアプリの場合、明示的な終了がない場合が多いから難しいんだろうね。
tempファイルについて、詳しくはこちらの解説をご覧くだされ。
■デジタル用語辞典 : Tempファイル
http://yougo.ascii.jp/caltar/Tempファイル

clip_1
Androidではキャッシュの量自体は設定で確認できる。
たとえばこのアプリの場合、アプリ本体よりもキャッシュファイルの方が圧倒的に大きい。
この例の場合、4.63MBもの本体ストレージが消費されている。
もう使わないデータだから単なるゴミが4.63MB。
捨てるしかないでしょ!
いつ、捨てる? 今でしょ。

アプリ単体で消すなら "キャッシュを消去" ボタンを押せばOK。
OS 4.2以上なら標準でまとめてキャッシュを消す機能も搭載している。

clip_3
でも、ここは専用のアプリで管理することをオイラはおすすめ。
キャッシュ削除アプリはあまり機能差がない気がするので、どれでもいいかな?なんて思ってる人なんですが。
とりあえずオイラは「削除の達人」を利用しているよ。

clip_4  clip_5
これ、アプリを起動してワンタップでキャッシュなどのファイルを掃除してくれる便利アプリ。
でも、設定をいじって自動クリーニングするようにしておけば、そのボタンを押す作業すら省略できる。

clip_6
この画面の通りに設定すれば、毎朝9時にお掃除。
らくちんだね。

よく言われている通り、ブラウザ系アプリやPlayストアは以上に多くのキャッシュを作成する。
オイラが体感したんだけど、昔Playストアが起動までに30秒近くかかることがあった
原因は肥大したキャッシュ
キャッシュを削除したら一瞬で立ち上がるようになったんだけど、そこにたどり着くには結構かかった。
当時は若かったんだよ・・・ (^_^;)


an_square at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote きまぐれアプリレビュー 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字