2015年11月17日

■即売レジ ~ イベント物販に適した簡易レジアプリ


即売レジ
リンクはPC版Google Playストア
即売レジ (1)



今日は、イベントなどの物販に適した簡易レジアプリの紹介です。

作者さんは、恐らくコミケのようなイベントを想定していると思われます。
仕様上、本格的なビジネスにはとても、とても使えるものではありませんのでご承知おきを。
(と、書いとかないとね、一応)

商品写真のボタンを販売数だけ押せば入力ができるお手軽仕様。
お金の計算も、もらったコインを枚数分タップするだけ。
おつりの計算もしてくれるので、本当に簡単なのです。

売り上げ情報はCSVファイルとしてまとめられます。
小規模なイベントで電卓の代わりに使うってイメージですね。

反面、消費税の計算やまとめ買い割引といった計算はできませんので、商品設定にちょっと注意が必要かも!?

本アプリは広告バナーありのフル機能版です。

即売レジ (2)
メインメニューはこんな感じ。
基本的に、[ アイテム管理 ] で販売する物を登録し、
[ 販売開始 ] で商品売買の記録をつけ、
[ 記録管理 ] で集計データを得る…という流れになります。
まずは、[ 販売管理 ]ボタンをタップ。

即売レジ (3)  即売レジ (4)
アイテムは3セット持つことができ、1セット40アイテムまで持つことができます。
セット単位で販売アイテムを変えることができますので、午前の部、午後の部で商品を変えるといったことにも対応できます。
では、アイテムを登録してみましょう。
空白アイテム欄をタップ。

即売レジ (5)
基本的には、商品画像、品名、価格の3つが重要です。
その他の選択肢は、アイテム画像にマークが表示されるだけです。

即売レジ (6)
画像は、ギャラリー系アプリでSDカードから持ってくるか、撮影するかの二択です。
事実上、これで商品を区別することになるので、わかりやすい画像を用意しましょう。

即売レジ (7)
たとえば、こんな感じに登録します。
ちなみに動物の売買は色々と問題があるので、普通の人はやってはいけませんよ (^_^;)

即売レジ (8)
たとえば、こんな感じで登録されます。
長押しでアイテム位置の入れかえも可能です。
[ 完了 ]ボタンを押すと終了です。
なお、[ 完了 ]ボタンを押したときに表示されているアイテムページが、販売するアイテムとなります。

即売レジ (9)
トップ画面から[ 販売開始 ]をタップすると、レジ画面になります。
販売アイテムセットが正しいかを確認しましょう。

即売レジ (10)
お客さんが来て、商品が売れました!
売れた数だけ商品ボタンをタップします。
売れた商品は青枠で囲まれるので、区別しやすくなっています。
複数個売れた場合はその数だけタップ、間違えた場合は[ 取消 ]ボタンをタップ、やり直すときは[ 全消去 ]をタップします。
アイテムがすべて入力されたら[ 合計 ]ボタンをタップ。

即売レジ (11)
こちらが会計画面となります。
合計金額をお客さんに告げ、お金をもらいます。

即売レジ (12)
こちらも、アイテム販売画面と同じように、預かったお金の数だけボタンを押します。
預かったお金の数は記録されませんので、500円玉2枚を預かったら[ 1000 ]ボタンを押しても問題ないようです。
お釣りも自動計算されますので、そちらの金額をお返ししたら会計終了です。
[ 完了 ]ボタンを押します。

即売レジ (13)  即売レジ (14)
営業終了です。
トップ画面から [ 記録管理 ]に入ります。
ここで、売り上げが確認できます。
テキストエディタなどで閲覧したり、本アプリからメール添付して活用することができます。

即売レジ (15)
トップ画面から[ 設定変更 ]に入ったところです。
基本的には、初期値のままでOKです。
メールで売り上げを受け取りたい場合は、メールアドレスをここで入力しておきましょう。

即売レジ (16)
[ 環境設定 ]でボタンサイズを一番大きくした状態です。
[ 終了 ]などのボタンが押しやすくなっていますが、場合によっては画面レイアウトが崩れる場合があるので注意してください。

即売レジ (17)  即売レジ (18)
その他の項目は、表示情報の設定になるので、お好みで。

即売レジ (19)
トップ画面から[ お知らせ ]に入ったところです。

基本的に簡単なアプリではありますが、丁寧に作られていて、ちょっとした操作ミスが起きにくく、また起きてもフォローできるようになっています。
正直、こんなレビューなんか読まなくても使えるでしょう (^_^;)

広告バナー表示モデルですが、商品販売の局面では表示しないのは好印象。
つまり、操作ミスが起きにくいってことです。
誤操作を期待するようなポジションに広告バナーを置くアプリが多い中、好感が持てます。
会計中にお客さんがのぞき込む可能性があるアプリでもありますしね。 

日常的につかうアプリではありませんが、何かのイベントがあった場合には思い出してみてください。
きっと役に立ちますよ。
オススメ。 

an_square at 07:00│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote きまぐれアプリレビュー 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字