カテゴリ: 遊戯王

久しぶりの更新

今回は昨日発売のサーキットブレイクを開封しますよ
IMAG0141


5箱ね!

狙いは拮抗勝負!最低でも3枚は揃えたい。シク1枚くらい当たらないかな…
次にヴァレット関連のカード、特にクイックリボルブ
ヴァレットってかリボルバーデッキは比較的レア度高めだから当たらないと悲惨、、、まぁこれだけ買えば2枚は出るだろうと思ってる
あとはメタファイズラグナロクかなー


今回1箱ずつ開けてたら面倒なので一気に5箱開封した結果
IMAG0142


基本的に3枚ずつ出てくれた!ただメタファイズラグナロクが2枚…後で買いに行ってきます…

ヴァレルロードは5枚、しかもホロ、シクも出てくれたので大勝利!記念に一緒に見てた友達にウルトラ1枚あげた
エクスクローラー・クオリアークは6枚…5箱しか買ってないのに…というわけでクローラーも友達にあげました
リンクになってから遊戯王から離れちゃったので戻ってきて欲しいし…(僕の遊戯王やる相手が居なくなっちゃう…)

リボルバーデッキに必要なカードは全て揃ったのでそこは助かったので早速デッキ作りましょう!

仕事も一段落つき、久々のお休み

折角のお休みなのにどこにもいかずに家でゲームも味気ないので今日は近くの某wonderGooに売っていたオリパを買ってきました

IMAG0103


一パック500円で、最近流行りのカードや高額カードが入っているようでそこそこ売れているみたいね

残り1/4位になってたのでラスト湾ラストワン賞も狙えるかなと思ってたけどお財布と相談して4パックだけ買いました
ちなみにラストワン賞は青眼の亜白龍(KCレア)
ウルトラだったら狙ったかもね、また後で見て買えそうな量ならその時は買おうと思います

では空けていきましょう、まず一パック目!
IMAG0104


サイバー・ドラゴン・ノヴァか…まぁ値段に見合ってるので中々な感じかな?
レアは二枚とノーマル3枚の組み合わせっぽいね
でもレア枠にゴールド突っ込むのはちょっと…

まぁ使えないカードではないし細かいことは気にせず開けてきますか、では2パック目!

IMAG0108


あぁ…目に見えるハズレ枠やなこれ…
そういえばこのgreatTORNADO、守備力違うんだよね(本当は2200)
後に出たパックでは治ってるのかな?

それじゃ3パック目
1488357402484


おお!ゴーストリックデュラハン!
手放してから暫く経つけどこんなところでまた手に入れられるとは…

LVALのスーパー枠で、今まで再録が一度もないカードで、ランク1では必須クラスのカード(でした)
地味に高いのですが、その分効果もそこそこ強いのでランク1が出せるデッキならおすすめの1枚

では最後、4パック目!
1488357755963


PSYフレームロード・Ω!
大当たりキタァァァァァァ!!

自信の効果で場を離れた後に何処へ戻るのかが今後の最低次第でどうなるか変わるカードですが、強さは折り紙つきのカード
効果が悪用された為、今は制限カードですが出来るなら純PSYフレーム使いの為に準まで戻してもらいたいところです

これ、PSYフレームロードΩは当たりの部分にあったのですが、他に強欲で貪欲な壺とかあったんですよね…
残り数も少なくなってるので当てるのは難しいし、そもそも残ってるのか不安ですが、また開けてみたいですね

こういうのがあるからオリパはやめらんない!

正直当てたカードが殆んど暴落した感じになってしまった感はありますが、開封後編です!
もう細かい説明は省いていきます!
一言コメントの様な感じでパッパといきましょう



それでは前回の続き、2箱目!
IMAG0093


シク

マスター・ピース

ウル

レスキューキャット
シューティングソニック

スー

鳥銃士カステル
ドン・サウザンドの契約
集いし願い

やっぱり少しずつ被りますね…
まぁ、4箱も買っていれば被るのは仕方ないですけどね

カステルは前に手放したままだったので嬉しいね
集いし願いは結構再現度高い状態でカード化してくれましたね
ただ実用的なのはザボルグかな(また切腹か…)

続いて3箱目!
IMAG0094


シク
螺旋のストライク・バースト

ウル
氷結界の龍トリシューラ
ムーン・バリア

スー
鳥銃士カステル
ドン・サウザンドの契約
神の警告

ドン・サウザンドェ…被りすぎじゃないっすかね…?
カステルはまぁ妥協、困るものではないし…
警告は…うーん、元のレア度がノーマルだからなんとも言えない…
個人的にはハズレかな
人によっては当たりらしいけど、まぁ1枚も持ってなかったし良しとしよう

シクの螺旋のストライク・バースト!
これだよ最後の1枚!これでシクはコンプできた!
オッドアイズデッキには天空の光彩とセットで大活躍(予定)のカードで、汎用性も高いから3枚使うだろうし、後々高くなるパターンかな

そしてウルトラのムーン・バリア!
実はこのカード密かに狙ってたカード。やっと出てきてくれた…
発動タイミングはダブルアップチャンスと同じく攻撃が無効になった時で、バトルフェイズを終了するか、ホープの攻撃力を元々の2倍にすることができる上に、墓地から取り除く事でホープの効果でX素材を取り除く際、その代わりにできるホープづくしのカードです
相手ターンにも使えるし自分のターンにも疑似ライトニングを作り出すことが出来るしで強いのなんの
このカードのお陰で僕のデッキに希望皇ホープデッキが追加されました(尚、作った翌日に新ルールが来て絶望したのは密かに密かに…)

ラストいきましょう!四箱目!
IMAG0095


なん…だと…?
まさかのホロ2枚目
嬉しいけど…嬉しいんだけどそれより問題なのは幽鬼うさぎが居ない…?うさぎがいない!

うさぎ…うさぎはどこ…?ここ…?

まさか四箱強買ってうさぎ0枚とは…情けない…
そして絶対に許さねぇ!ドン・サウザンドォ!
四枚要らんぞ、うさぎに枠を譲れ!

コズミックブレイザー…君を一度でもいいからデュエルで使ってみたかったよ…まさか一度も使うことなく終わることになるとはね…

ウルは最後の新規、ぶつかり合う魂ですね
これはお互いにライフを払い続け、バトルで負けたプレイヤーの場が壊滅的被害を負うことになるカード
相手よりライフが高ければまず負けることがないので相手の戦況に合わせて使いたいですね

あとソルチャのスー、これ地味にかっこいいんだけど…
さっき警告で言ったことは心理だけど、これはスーレアの風格あるなぁ…

さて、大分長い期間空いてしまったけれど何とか開封を終えることができました

今回は何とも言えないですね…ブラック・マジシャンが2枚でてるから当たりともいえるし、うさぎが0だからハズレとも言える…
間を取って普通(よりちょっと↑)ってな感じで!



後日談ですが、うさぎは後日バラパック追加開封して2枚まで揃えました

今回はここまで!
お疲れさまでした!

遊戯王VRAINSの詳細な情報も少しずつ明らかになってきたところで、気になっていた新ルール、新召喚法が遂にあきらかになりました!


新たな召喚法、それは「リンク召喚」!
d43beeaf


リンクモンスターの枠の色は濃い青ですね
儀式より少し濃い目で所々特に濃くなっている模様

リンクモンスターはEXに入るモンスターで、召喚条件は画像のデコード・トーカーだと効果モンスター2体以上と緩めです

特徴としてはリンクモンスターにはイラストの端々に三角のマークがあります
これは「リンクマーカー」と呼び、このマーカーのある方向にあるカードを利用、またはサポートする形になるようです
そして重要な点としてはエクシーズモンスター同様にレベルがありません
更には守備力もありません
リンクモンスターは守備力を持たない性質上、表側攻撃表示でしか存在できないようです
つまり月の書やゴーストリックなどで裏側にすることができません

リンクモンスターにはレベルやランクの代わりに本来守備力が表示されている所にリンクが記されています
デコード・トーカーはリンク3のモンスターです
このリンクは別のリンクモンスターをリンク召喚する際、その必用なリンク分として扱うことができるようです
しかし、最低限カードに記載されている召喚条件はクリアする必要があるようです
なので、デコード・トーカーを出す場合はリンク3なので以下のパターンになります

①効果モンスター×3
②リンク1のリンク効果モンスター+効果モンスター×2
③リンク2のリンク効果モンスター+効果モンスター×1

ここを理解するのが僕も少し時間がかかりました…

その他、大きな変更点としてはルールの変更です
54aff6a8

基本的にはフィールドが大きく変化しています

その中でも特徴的なのが相手と自分の旧モンスターゾーンに2つある「EXモンスターゾーン」です
EXモンスターゾーンにはEXデッキから出てきたモンスターしか置くことが出来ません
しかも1ゾーンしか無い為、1ターンに何体もシンクロやエクシーズ等を並べられない様になりました
ただし、ここでリンクモンスターのリンクが生きてきます
本来EXモンスターゾーンにしか出せないEXデッキのモンスターですが、リンクモンスターが存在している場合のみ、そのリンクの先にも召喚出来るようになります
デコード・トーカーの場合は真上と左右斜め下に向いていますので、この場合だとEXモンスターゾーンに出ている場合相手はデコード・トーカーの正面に、自分はデコード・トーカーの斜め下2箇所のメインモンスターゾーンに特殊召喚出来るようになります
リンクモンスターが今後の鍵になりそうです


もうひとつ特徴的なのがペンデュラムゾーンが従来の魔法罠ゾーンの両端に統合されたことです
元々ペンデュラムゾーンにはペンデュラムしか置くことが出来なかった今までと違い、4月からはこのゾーンにペンデュラムや魔法罠を置くことが出来るようになります
ペンデュラムを発動する場合、最大で3枚までしか魔法罠を発動、伏せることが出来なくなると言うことですね

4月からは従来と違って大量展開が得意なデッキが数多く死滅し、今まであまり出てこられなかったデッキが数多く出てきそうですね
とにかくこのカードを早く使ってみたいです!


今日はここまで、そろそろ開封記事2弾を上げないとな…

復帰後初の開封記事、気合い入れていきますよ~
長いので2回に分けます。お兄さんゆるして(懇願)

今回開封しますのはこちら!
IMAG0088














遊戯王20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVEです!



前回の1st WAVEも自分は買ったのですが、収録内容は初代~GXまでの環境で活躍したカードからピックアップとなっていたので、正直微妙なカードが多かった気がします
剣闘獣はガイザレスのみだったり、ライトロードも再録の多い裁きの龍だったりとゴールドシリーズ収録カードが非常に多かったため、既に複数枚所持している人も決して少なくなかったと思います。

しかし、今回収録のカードは5Ds~ARC-Vまでに活躍したカードの収録となっており、手に入りにくいカードは勿論、現在も環境でちらほら見られるカードも多数収録との事。期待が掛かりますねぇ!

今回は4箱と10パック購入してきましたので、狙うは今でも一線級の手札誘発、「幽鬼うさぎ」!

次いで長年OCG化を望まれるも絶望的と言われていた「コズミックブレイザードラゴン」!!

その他新規カードも面白いカードが揃っているため是非コンプリートを狙っていきたいですね

それでは開封結果!まずは10パックの開封結果!
IMAG0090















・ブラックマジシャン
・コズミックブレイザードラゴン
・レスキューキャット
・エンタメデュエル
・セイクリッドトレミスM7


いきなりの出落ち感凄いですが、神引きですね!

1stWAVEでは青眼の白龍がホロだった為、おそらくこのカードがホロではないかという噂がありましたが事実その通りでしたね(自分は開封して初めてこのカードがホロだと知りました)
実はブラックマジシャンのホロは今回が初登場で、コレクターやブラックマジシャンデッキを使用している人達には朗報ではないでしょうか?

シク枠は狙い通りコズミックブレイザードラゴンでした。これは嬉しい…。

コズミックブレイザードラゴンって何?遊星使ってないよね?という方の為に説明させてもらうと、実はこのカードは出ていなかった訳ではないんです。
このカードの存在が明らかになったのは遊戯王5Ds149話、ZONEが遊星の人格を自分にコピーする際に閲覧していた遊星のデータの中にこのカードの名前が記されていました。その間約5秒!しかも凄く小さく!!
このカードはZONEのいた未来の遊星、もっと言えばイリアステルの改変がなかった場合に遊星が自力で辿り着くはずだったデルタアクセルシンクロモンスターだったのです…が、アニメではその姿はおろか、効果なども一切触れられず、名前のみが存在するカードだったわけです。デルタアクセルシンクロを飛び越えてリミットオーバーアクセルシンクロでシューティングクェーサードラゴンになってしまったため、出すタイミングを完全に逃した感がありますね…。

そんなこんなでOCG化は絶望的と言われていたこのカードは無事に今回OCG化を果たすことができたわけです。
その効果は以下の通り

コズミック・ブレイザードラゴン
シンクロ・効果モンスター
星12/風属性/ドラゴン族/攻4000/守4000
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター2体以上
このカードはS召喚でしか特殊召喚できない。
(1):フィールドのこのカードをエンドフェイズまで除外して
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
●相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
それを無効にし、そのモンスターを破壊する。
●相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃を無効にし、その後バトルフェイズを終了する。


凶悪な妨害王ですね、出されると凄く処理に困ります。
しかし今は壊獣がいるため、過信しすぎるとアッサリ処理されてしまうことになりそうです。それでも怪獣を握っていないと手ごわい相手なのには変わりないですが。

その他は禁止から去勢されて解放されたレスキューキャット
正直あまり弱体化されていないような気がしないでも無いですが、猫シンクロというシンクロ初期の代表格が帰って来た訳ですから嬉しいですね

スーパーはトレミスと新規カーのエンタメデュエル。
トレミスは特に言う事が無いのでエンタメデュエルを。

エンタメデュエル
フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、お互いのプレイヤーは
1ターン中に以下の条件をそれぞれ満たす度に、1つの条件につき1ターン
に1度ずつデッキから2枚ドローする。
●レベルの異なるモンスター5体を同時に特殊召喚した。
●自身のモンスター1体が5回戦闘を行った。
●チェーン5以上でカードの効果を発動した。
●サイコロを振った回数及びコイントスの回数が合計5回になった。
●自身のLPが500以下になるダメージを受けた。


何というロマンカード、決まればまさにエンタメ決闘者の仲間入りできそうですね。
フィールド魔法の為テラフォーミングでサーチも可能ですが、実用性に関しては残念ながら皆無です。
でも僕はこういうカード嫌いじゃないです。

続いては1箱目!

IMAG0091















マスターピース
氷結界の龍ブリューナク
シューティングソニック
セイクリッドトレミスM7
クリアエフェクター
ドン・サウザンドの契約

トレミス被りは残念ですが、6枚中4枚が新規、これは良い感じです!

シク枠はマスターピース!

マスター・ピース
通常罠
(1):自分の墓地のモンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスター2体を効果を無効にして特殊召喚し、
その2体のみを素材として光属性の「ホープ」Xモンスター1体をX召喚する。

ZEXALの初期OPの名前と同じでOP最後のカットと同じシーン、コンマイの愛を感じる…。
効果は墓地のモンスター2体を素材にして光属性のホープXモンスターを特殊召喚する効果。
2体と記載があるため、残念ながら闇属性のホープレス、素材が3体のホープレイVやヴィクトリー、ホープドラグーンなどはX召喚できないけれど未来皇はX召喚可能。
丁度未来皇ホープ‐フューチャースラッシュ‐もカード化されますし是非組み込んでアニメを再現したいですね。

新規ウルトラはシューティングソニック!
シューティング・ソニック
速攻魔法
(1):自分フィールドの「スターダスト」Sモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その自分のSモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、
ダメージステップ開始時にその相手モンスターを持ち主のデッキに戻す。
(2):自分フィールドの「スターダスト」Sモンスターが効果を発動するために自身をリリースする場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。


スターダストドラゴンの攻撃名ですね
スターダストを鬼畜モグラ化させる効果と、場を離れる際の身代わり効果の2本立て。
勿論その他のスターダストSモンスターでも発動可能ですが、その効果を活用するためにもスターダストドラゴンで発動したいカードです。

もう一枚のウルトラは牙を捥がれた氷結界の龍ブリューナク。
悪用防止の為、バウンス対象は相手のカードのみになり、効果の発動も1ターンに一度へエラッタされました。

さらに今では同じような効果でレベルも被っている珊瑚龍もいるため、完全に向かい風に立たされていますね、かわいそうに…。
とはいえこちらは破壊耐性のあるカードもバウンスで安全に処理できますし、決まれば複数枚除去できる点で勝っているため一長一短の関係です(モンスター効果耐性持ちが一杯?知ら管)


スーパーはトレミス、ドン・サウザンドの契約、クリア・エフェクターの3枚

トレミスは(以下略)

それでは新規2枚の説明!

ドン・サウザンドの契約
永続魔法
「ドン・サウザンドの契約」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
お互いのプレイヤーは1000LPを失い、それぞれデッキから1枚ドローする。
(2):お互いのプレイヤーは、このカードが魔法&罠ゾーンに存在する間にドローしたカード及び、
このカードの(1)の効果でドローしたカードを公開し続ける。
(3):このカードの効果で手札の魔法カードを公開しているプレイヤーは、
モンスターを通常召喚できない。


発動するだけでお互い1000ライフを失い(ここ重要)1枚ドローする効果。
その後はウイルスカードのようにドローしたカードを公開し続け、さらに豪華特典として公開カードの中に魔法カードがあった場合、通常召喚不可能になります。

アニメだとどう使っていたのか忘れてしまいましたが、効果は中々面白いカードですね。
ドロー加速の為に採用しても良いですし、魔封じダークシムルグのセットと組み合わせて特殊召喚以外全てを封じることも可能です。
地味に真竜には少し刺さるカードですね。サイドデッキにピン差しすると面白そうです。

クリア・エフェクター
効果モンスター
星2/光属性/魔法使い族/攻   0/守 900
(1):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードをS素材としたSモンスターは効果では破壊されない


遊星vsZONE戦で遊星が使用したモンスターですね。
チューニングサポーターと同じく素材になった時にドローする効果、このカードを素材にS召喚したモンスターに効果破壊耐性を付与します。
ジャンクシンクロンで蘇生すれば効果破壊されないジャンクウォリアーができますね。
このカード、実はマジキャットとシンクロキャンセル、マジックテンペスターを使用した無限ループ1キルのコンボパーツとなっています。

①クリア・エフェクター+マジキャット+レベル2チューナーでマジックテンペスターをS召喚

②マジックテンペスター効果でバーン

③シンクロキャンセルでマジックテンペスターを戻し、①のモンスターを特殊召喚

④マジキャットの効果でシンクロキャンセルをデッキの上に戻し、再びマジックテンペスターをS召喚

⑤クリア・エフェクターでマジキャットの効果で戻したシンクロキャンセルをドロー ②へ戻り以降繰り返し

決まれば面白いコンボですね。
ただクリア・エフェクターのターン1縛りなしの問題点が顕著なことが浮き彫りになるコンボなので規制されないことを祈ります…。

今回は長くなりましたがここまでになります。
残り3箱は近日中に投稿しますのでお楽しみに!

それでは諸君、サラダバー!






↑このページのトップヘ