「希望とは、もともとあるものとも言えぬし、ないものとも言えぬ。それは地上の道のようなものである。

 地上にはもともと道はない。歩く人が多くなれば、それが道となるのだ」 魯迅








小さいころ、目の前に広がる銀世界。

いつも誰も踏んでいないまっさらな雪の上を歩いた。

雪を踏みしめるその感覚が好きだった。その時のなんとも言えない音が好きだった。


はたから見れば、わざわざ誰も歩いていないまっさらな雪の上を好んで、ジグザグに歩く姿や遠回りをする姿は滑稽に見えるかもしれない。

それでもいい。


























そして、僕はそんな人生を望んでいた。












「ガーナへの留学」


夢への第一歩。

僕にとっては、これはとてつもなく大きな一歩、











の、はずだった。






でも、違った。

ただの一歩だった。


いつもとたいして変わらない歩幅の一歩。






忘れていた。



「千里の道も足下より始まる」

そして、人は一歩ずつしか歩いて行けないのだ。














衝撃的なことはあった。

見慣れない風景があった。

得難い経験を得た。




しかし、僕はたいして変わっていない。

ましてや、世界は何も変わらず、残酷なまでにいつも通り廻っている。
















僕はまっさらな雪の上を歩んできたと思っていた。




福井という雪国から一念発起して東京の大学へ来た。

大学では、敢えてガーナ留学を選んだ。


少し離れたところで人が、

「こっちに整備された、楽な道があるのに・・・」

「やめたほうがいい。雪の下は、落とし穴かもしれない。地雷が埋まっているかも知れない」

などというのを尻目に、

颯爽と歩んできたはずだった。











でも、実際にガーナに来て、ガーナで生活して感じたこと、

それは、

「今まで僕がしてきたことはどちらかというとただの「奇抜な乗り換え」に過ぎないのかもしれない」

ということである。







そこには確固としたレールが存在した。

その上を行けば、安全安心で楽に今まで見たことのない風景が楽しめる。



東京医科歯科大学での学生生活はもちろん、


ガーナ留学だって、

教授が建設し、3年も前から先輩方によって固められたレールだった。




ガーナで3カ月研究するだけで、「何かすごいことをするんだ」って勘違いしてた自分が恥ずかしい。





僕はちょっとガーナ行きの電車に乗り換えただけで、

すごいのはレールを敷いた教授と、今その電車を走らせてくれているガーナの日本人教授。


僕は何にもすごくない。僕は何も成してはいない。













ガーナで生活して1か月以上が経ち、確信を得た。


「他の人にできない経験をしたからって、

 他の人にできないことを成し遂げられるわけでは、決してない。」









つまるところ、

これから、だ。


このガーナ留学という一歩は、文字通り、僕の残りの人生において「はじめの一歩」である。



別に今までとたいして変わらない、ちょっと無茶したおおまたの一歩。













それでも、

僕はこの一歩で1°くらいは今歩んでいる方向を修正できたと信じている。


自分が望んでいる目的地の方向へ。


千里も行けば、この1°の差は大きな差となってあらわれてくれるはずだ。

(距離にして1000×4km×tan1°だね笑)










ガーナに来て気付いた大事なことって実はメチャクチャ単純。

これから先の人生で、

常に自分のしたいことを求め続け、

倦まず弛まず努力を続けること。

Keep looking. Don't settle.




「ガーナってアフリカの大地に3カ月も研究に行ってたんだぜ」って、得意になって驕らず、

「ガーナで暮らしてみてもたいして何にも変わらなかった・・・」って、卑屈になって怠けず、






歩み続けること。





それだけ。



















そして、


そうやって歩んだ僕の人生が、

将来、多くの人にとっての「道」となる日を夢見てます。











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・









やべぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!

3人の会議で、もうめんどくさいからこのブログを大学公式のブログにしちゃえってことになって、

「それなら一番上の記事は、まじめな記事の状態で申請しよう」って思って、

記事書いてたらすごいことになった笑

別にガーナで頭おかしくなってきたわけじゃありません笑

そして、まったくの嘘を書いているわけでもありません。




ということで、

大学のみなさん、後輩のみなさん、このブログはこんなに真面目な次郎作って人によって書かれています。

ご安心ください笑












では、これからもこの東京医科歯科大学公認「TMDUガーナ漂流記」をよろしくお願いします。


次郎作