2020年08月04日

土壁のリフォーム

20191213_111733
昔の家の壁は土の場合が多いです。

さいた竹を縦横に組んで下地にし、藁を練りこんだ赤土を塗り込み壁を造ります。
えつり壁といいます。

敬意をこめて「オールドスタイル」です。
前人の知恵が詰まってます。
何十年(半永久的か?)も劣化しません。

竹は虫が入らないように秋に切りだしたものしか使いません。

赤土は何カ月も水につけ寝かせ、練って鍛えないと壁には使えないそうです。

仕上げが漆喰塗りの場合も多いです。
漆喰はハマグリの殻を焼いて粉にしてつなぎに海藻の繊維を入れたものです。
水と混ぜて塗っていきます。
接着剤もセメントも入れないのに科学変化で固化します。

自然界にあるものを上手に使いきっています。
現代人が考えて発明できそうもないような尊い技術です。

リフォームのために解体することが多々ありますが、下地の竹は青く生き生きしてるし、混ぜられた藁に混入している米は水につけると発芽することもあるそうです。

生命体にやさしい素材、工法なのかもしれません。

現代人はうまく使えていません。
解体するばかりです。

「気密・断熱と相反するもの」ではなく、うまく使えたらいいですよね。

若かったら研究したかったかな・・・
だれか研究してください。
若くないので。

anai_k at 14:19|Permalinkclip!

2020年07月20日

ねんがんの引戸

20191106_125351
引戸をねんがんしている方、意外といらっしゃるのでは・・・


我が家です。

築年もそこそこ経過して

ちょこちょこ変えていってます。

不便、不満があり変えているので、当然のことながら手を加えた点には満足しております。
逆に手を加えるほどに悪くなるようでは・・・悲惨です(笑)

廊下にトイレ戸が2枚
洗面室戸が1枚

計3枚が開いたり閉じたり

中途半端に開きっぱだったりで
朝のあわただしい時間帯に通り抜け困難という始末でした。

これは元の設計が悪いわけです!


はい、私です。。

というわけで引戸に変えました。

ウッドワン社製アウトセット引戸!

便利です!!

一日で簡単とりかえです。
念願でした!!

ありがたいことでございます。

anai_k at 15:53|Permalinkclip!

2020年07月18日

完全燃焼

20190816_172328
FJC NOSIDE CLUB という

由緒ある?
酒飲みの集団?
に所属しておりましたが十数年前に卒業記念にいただいたものです。

adidasのエナメルバックです。

なぜか娘が気に入ってよく使ってくれました。

最後こんな風になるんですね(笑)

完全燃焼 (Bag伝)

anai_k at 15:25|Permalinkclip!

2020年07月15日

現場より〜完成編〜

19年1月からブログを長期中断してたので、当然ながら記事も中断してました。

宙ぶらりんのままが気になっていて、

皆様にはどうでもよいことでしょうが些細などうでもよいことばかりが気になってしまう性格なので(血液型のせいだと自分では思っている)、19年のブログの続きをやって完結させたいと思います。

けじめをつけるための掲載でございます。

【19年当時のブログ内容(おさらい)】
弊社社屋の敷地内に集合住宅を建築することを思いつき、着工。

解体工事にはじまり

基礎工事を経て

木材を組み立てていく途中までを掲載していました。


なので結論の画像がこれです。
thum_1_301
ちょっと変わった長屋形式の住宅が完成しております。
これにて19年のブログは完結でございます。


今後は、なぜこのような風情の住宅になったのかを徒然なるがままにといいますかのらりくらりとお伝えしていければと思っています。

anai_k at 18:32|Permalinkclip!

2020年07月11日

たいへんな豪雨

20190909_211026
災害にあわれた方には心からお見舞い申し上げます。

釣り具メーカーのカタログの表紙なのですが、
あまりにきれいなので携帯にとっておいた写真です。

鮎をはぐくむ
穏やかで
ひとびとを惹きつけつづける川に早く戻れるように願っています。

今は信じられないほどの状況のようです。

県外受け入れ態勢になればボランティアにうかがおうと考えています。

anai_k at 10:22|Permalinkclip!

2020年07月07日

ちょっとした工夫

20200404_155423
写真の撮り方下手でよくわかりませんね。。

下屋をささえるように腕木が出てます。

最近やりません。
いけませんね・・
何もかも省いてしまう昨今です。

断熱とか気密とかスペック追いがちですが、
住宅本来のちょっとしたデザインに無頓着になってはいけませんね。
20200404_155345
こちらは玄関口のちょいすわり場です。

いいですよね、
ほっとします。

愛情こもった家づくり

建築の先輩に教わったような次第です。

ありがたいことでございます。

anai_k at 15:32|Permalinkclip!

2020年07月03日

はやりのデザイン

20191213_145137
築年を経た住宅の改装をさせていただいています。

真壁造(柱が表面に見える造り)の部屋が多いです。

床の間を改装してTVのスペースにしようか・・・
たいてい印象的な床柱が立っていて、床は畳。

はっきり申しまして昭和すぎてどのようにして(リフォームして)よいかわからんです!

というかた、

正解はこの写真です!!

なんということでしょう!!

黒檀の床柱はウォルナットのスマートなTVラック、ブラウンレザーのソファと相性抜群なんですよね!!

って初めて知りました(笑)
お客様のセレクションに助けられたわけです。

建築にはいろんな発見、驚きがあるものです。

ありがたいことでございます。

昭和から平成をこえて
令和にはやるデザインですね

*ちなみにフロアはNODA ナチュラルフェイスS エルムベージュこれが真壁物件によく合うんです。。

anai_k at 14:19|Permalinkclip!

2020年07月02日

おもしろい表現

20200513_114846
飲食店舗のリフォームとまでいきませんが、お化粧直しの工事をさせていただきました。

エントランスの床に力強い木目の板を使っていますね!

ケヤキですか?!

ずいぶん濃い部分もありますねー!


色の強弱もあっていいね!ってなります。


濃い部分はモルタルで、木目に似せた櫛引模様をほどこし着色してるんです。

面白い手法だなって、感心しましたが店舗デザインではよくある方法なんでしょうか?


勉強になりました。

ありがたいことでございます。





anai_k at 17:54|Permalinkclip!

2020年07月01日

いきなり扇垂木

20200701_124200
いきなりブログを再開しまして。

いろいろたまっているわけですがとりあえず”いきなり”ネタでリハビリがてら押してみようかと・・・

扇垂木です。

レアです。

よくよく考えさせられました。

ありがたいことでございます。

次から普通に出来そうです。
ご用命ください(笑)

anai_k at 17:26|Permalinkclip!

2020年06月30日

いきなり格天井

1593131247614思えばわたくしもわりとながく建築に携わってまいりました・・・

格天井とはいままでご縁がございませんでしたが

この度リフォームと新築の二つの物件で対面することに相成りました。

こころもちを世間一般的に表現しますと表題のごとくであります。

ありがたいことでございます。


anai_k at 11:20|Permalinkclip!