August 30, 2005

縛り2

30187649.jpg今夜は縛り・拘束について書いてみますね。

縛りや拘束というのはMの立場では、最もリスクが高い責めです。
なぜなら抵抗できないわけですから、何をされても抵抗できないからです。

ですから、プレイの前に確実なコミュニケーションによってお互いが理解
しないと危険なわけです。

さて縛りですがいくつかのパターンがあります。

1.吊り
両手をまとめて頭上に縛られ吊られるのですから、長い時間はキツいものが
あります。

この状態で、足首わまとめてしばられる。
これだと垂直に立つしかなくなり、主にスパンキングなどをされます。

逆に足を開かされて棒に固定されてしまうと、前も後ろも責められやすくなる
だけでなく、下着を剥ぎ取られるとか恥辱責めにも発展します。

片足だけを吊られると、これも股間や腿を責められる体制になります。

2.後手
これは100%されますね。
両手首をまとめられ、手で抵抗できない状態にされてしまいます。

この体制ですと、乳首責めでもクリ責めでもパンティを下ろすのも自由自在ですし。
大抵は、バックからインサートする時に、レイプのような興奮が相手にはあるようです。

清美は、責められる最初に正座して両手を後ろに回して自分から、それを望むように、仕向けられてきました。

3.狸縛り
これも強烈です。
手首・足首をひとまとめにして縛られます。
これで吊られるというのは、体格的に難がありました・・・

しかし、一般的には仰向けにされて恥部を弄られるとか、ゆっくりと下着を脱がされる
ことなどを狙われやすくなります。

横向きですと、もう恥ずかしい二箇所はどちらでも虐められやすい体制になります。

4.クリ縛り
最も辛く甘美な縛りです。

男性のシンボルの根元を縛られるのです。
この状態で先端を弄られ続けると、当然大きくなります。

大きくなりますが血管も締められていますから、ずっと大きいままになります。
縛られて、そこを大きくしておいて言葉で嬲られる・・・そんなことが多かったです。

また、縄やロープで紐パンティ状態にされますと。アナルバイブを固定されてしまう
こともありました。
この状態は徹底した快感責めとなり、屈服が近づく責めでもあります。

ただし、血行に問題がありますので長時間は不向きだと思います。

anal_slave at 21:07│Comments(0)TrackBack(0)GAY SM | 女装(下着 SM)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments
Categories
Amazonライブリンク