ライブドア問題の影響拡がるライブドア問題、今後の対応

2006年01月17日

耐震偽装問題への追求姿勢

昼間に放送された茶番劇を私はずっと拝見しておりました。中にはそういう方も多少はおられると思います。あのような小嶋氏の態度を許していては、今後の証人喚問も期待薄ですね。ただ問題に上がった伊藤氏と、安倍氏の秘書、飯塚氏(?)は証人喚問すべきでしょう。何も無いと言うのなら、逆に堂々と手を上げてでも出てきて欲しいものです。

自民党の追及には本当に追求する気がない、と言う態度が見え見えでした。小嶋氏も半ば余裕を持って応対していたのは、ある程度の意思疎通があったのではないか、とも思えるものでした。通り一遍の内容でしたし、とにかく小嶋氏の態度を許してずるずると時間をかけたのは、やはり自民党、森派は追求されるとかなり危険な状態であることをうかがわせるものでした。
公明党も同じですが、少し違ったのはのらりくらりの態度を追求したことです。恐らくテレビ中継されている中で、あの態度では与党の追求が弱いと言われることは明白です。その是正のためとも見られますが、質問内容はたいしたことないものでした。

私も期待していた民主党ですが、長妻氏が大雑把に議員との関係を追及したのに対し、馬渕氏が安倍氏の秘書の名前を引っ張り出したのは成果だと思います。ただ、結局重要な問題に対しては、新たな証言を得るにはいたりませんでした。
一つ重要だったのは、民主党の質問する間に何度か質疑が停められ、小嶋氏の顔色が変わったことです。口調も重くなり、余裕もなくなりました。せっかく自民党が作ったのらりくらりの流れを公明党がばっさりと切ったことで、民主党も攻めやすくなったのでしょう。それは見ていても面白い変化でした。

共産党と国民新党の追及も内容的なものでは、目新しいものはありませんでした。共産党の追及では補佐人との相談を何度か遮断し、その分小嶋氏の証言も得られましたが、聞いている内容が以前の証言の聞き直しなのですから、参考人招致と証人喚問の違いはあっても国民としては物足りないものでした。

やはりこうした証人喚問にしても、参考人招致にしても、議会で多数を占めている政党がより多くの時間を持つことは、問題解決に何の役にも立たないことが分かりました。何しろ議会の多数党が即ち政権党であり、その政権党と民間企業とが癒着の構図を引き起こすわけですから、当然のように仲間に対して鋭く追及することはないのです。それが自民党の質問でよく分かりました。
まず次回からは証人との関係を指摘されている政党は、最短の質問時間にする、とするのが一番かも知れません。ただ条件を厳しくすると証人喚問に中々応じない問題も生じるのでしょうが、それでも今日のような喚問(茶番劇)よりはまだマシです。

また、今回の質問ではヒューザーと国交省との関係の追求が足りず、より深いところで今回の耐震偽装問題で何が重要だったのかと言う問題に、何の解決も示されなかったことが残念な限りです。国民が何を心配しているのか、そして国がどうしていけばこの問題が解決されるのか、その道のりはまだ闇の中なのかもしれませんね。

analyst_zaiya777 at 23:34│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 政治 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ライブドア問題の影響拡がるライブドア問題、今後の対応