ライブドア問題の今後予想小泉首相の通信簿 〜私が小泉氏を支持しない理由〜

2006年01月21日

ライブドア問題、その問題の本質論

昨日も投稿しましたが、少し書き漏らしたこともあるので、今日もこの議題でアップします。今日の東京は雪ですね・・・。綺麗だけど、出掛けるのが億劫・・・。

まず昨日も書いた通り、外資系の証券会社はライブドアの株価が下げ切るのを待っている状況なのでしょう。ただライブドアを買収した企業がライブドア本体をどう評価するかは少し微妙かな、と気付きました。以前書いた通り、本体の儲けはあまり期待できないわけですから、単純に投資会社としてライブドアを評価した場合、もしかしたら上場しない道を選ぶ可能性があるからです。その方が企業買収や売却などを行い易くなる。裏で幾らでも操作が可能、と言う意味では上場して開示義務を押し付けられるよりはマシと言う判断もあります。また、もしかしたら本体は解体して一子会社としてしまい、ライブドアマーケティングを頭にグループ企業を構成する、という手もあります。つまり金を握らせる部門を頭に置いて、財務を管理するやり方です。とにかく、まだまだ一筋縄ではいかない、状況次第では色々な未来予想図が描ける、ということです。

昨日のライブドアを批判する人について、もう少し補足します。ライブドアが株式分割することについて、私は何ら批判を受けるものではないと考えています。別に分割したからと言って、企業の内容が分割に見合うものでない限り、市場では分割した価値でしか評価を受けないからです。ルールがないのに倫理上の問題とか、そういう類の議論は昨日も書いた通り法治国家として最悪です。市場の健全性とは暗黙の了解で得られるものではなく、きちんと則ったルールを定めて行われるものだからです。外国の企業が『日本人的暗黙の了解』を理解する、とでも思っているのでしょうか?
更に『風説の流布』の問題にしても、当時からおかしいという議論がありました。グループ内で株をやり取りしているだけではないか、と。これは企業の情報開示の問題であり、情報収集を正しく行っている人はすぐにおかしいと気付く問題です。証券取引法には抵触するのかもしれませんが、これは解釈論だと思います。

それよりも問題なのは、粉飾決算です。これだけはどう考えてもライブドアの企業倫理を問われざるを得ない問題です。そして更に言えば、監査法人が何故この問題を全く指摘することなく、見逃していたのかということです。カネボウの時もそうでしたが、監査法人が財務諸表をチェックできないのは、業務遂行能力がないと言うことに等しいものです。これは今の耐震偽装問題にも繋がる問題ではないでしょうか?検査機関として承認された企業が、その検査能力もなく業務を行っている。それが最近の日本における安全性の問題と、直結しているような気がしてなりません。BSEの問題にしても、どうして検査が行われながら危険部位が見逃されるのか。『検査』というものをもう少し真剣に見直してみる必要がある、私はそう考えます。

法整備の問題はこうした粉飾決算をした企業、その役員に相応の罰則規定を課す。監査法人は業務停止や検査機関としての承認を外す、などの厳しい措置を盛り込むことを私は望んでいます。株の分割など、やりたいところはやれば良いのです。それが正しいかどうかを評価するのは、市場に参加している皆さんだと思いますから。

analyst_zaiya777 at 11:56│Comments(0)TrackBack(2)このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. どうなるホリエモン。 part3  [ 俺流物事とらえ方。 ]   2006年01月21日 13:09
またまたライブドアの不正が発覚してしまったようです。 ほんとにどうなるのでしょうか? まだオイラはこのブログをはじめたばかりですが、ライブドアが死んでしまうのはこのブログが死ぬのと同じです。 オイラ的には、不正はちゃんと追求しないと気がすまないけど、ブロ....
2. こんにちわ  [ ミカ ]   2006年01月21日 20:48
こんにちわ。ミカです(^0^)26歳でOLしてます。いまメル友探してるんですけど、色んな職業の人と友達になりたいので、よかったらnyan13_mini@yahoo.co.jpまでメール下さい。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ライブドア問題の今後予想小泉首相の通信簿 〜私が小泉氏を支持しない理由〜