身近にある異端への入り口 〜東大和、男女集団生活に関して〜ライブドア問題への政府対応2

2006年01月27日

ライブドア問題への政府対応

今日は久し振りに政治ネタでアップします。

ライブドアを巡る一連の野党からの追求を政府がどうかわすのか?私もかなり楽しみに見ていました。まず武部氏が半分キレ気味の記者会見で、「何が悪い」と開き直り、竹中氏が応援したけど関係ないとこちらも開き直る。小泉氏も候補者一人一人のことなんて知らないと開き直る。この国は一体いつからこんな無責任な発言が許される国になったのかと、驚くほどの内容で流石に私もビックリしました。
まず武部氏に関しては、選挙で応援しただけの問題に留まらず、その後も堀江氏との関係を続けていたわけですし、暗に政府保証を与えたイメージをもたれても仕方ないでしょう。「私の不明の致すところで、相手を見抜けなかった」と一言謝罪があるかと考えていただけに、残念でなりません。
竹中氏は規制緩和、その象徴がライブドアと選挙演説したわけですから、そのことに対して説明があってしかるべきです。私は以前から大幅な株式分割などは規制緩和のルールを作ったことが問題と主張していますが、恐らく竹中氏が説明しても、これに対する上手い理屈は与えられないのでしょう。ライブドアはまさに規制緩和を利用して大きくなった訳ですから。

一方、小泉氏は最近責任を認める発言をし始めました。ただ政府として武部氏、竹中氏が強硬路線、小泉氏はソフト路線でこの難局を乗り切ろうという意図が見え見えです。つまり民意を考慮して、小泉人気を下げないために小泉氏は大衆に配慮して迎合、武部氏、竹中氏は政治的配慮で野党を追求、という政府の態勢です。本来、小泉氏が認めたのですから、武部氏、竹中氏も責任を認めるべきなんですけどね・・・。

後、この問題で自民党を追及すると必ず「民主党も堀江氏と会ったじゃないか」という反論をしますが、子供のけんかでもあるまいし、そんな言葉は聞きたくない、と思うのは私だけではないはずです。最近の自民党の戦略のようですが、『自分たちが責められたら相手の悪い点を指摘する』のではなく、日本を背負う与党として自分たちの意見をしっかりと述べて欲しいものです。

また今日の市場は異様な強さを見せましたが、これも政府対応の一つと考えると興味深いです。ライブドア問題で下落した市場を何とか取り戻し、世論を押さえ込みたい。そのために先物で上昇相場を演出し、株を連れ高させる手法です。
意外と政府は市場に介入します。選挙前に選挙対策費を捻出するなど、かなり市場に資金をつぎ込みます。しかも小泉氏の勇退に向けてインフレを目標としているのですから、この問題を長引かせる訳にはいかないのです。何しろ来年度はサラリーマン増税、小泉氏勇退、量的緩和の解除など、下押し圧力は目白押しなのですから。

政府にしろ官僚にしろ、責任を認めたら何か問題があるのでしょうかね。日本と言う国が諸外国からも無責任だと見られないために、自分の発言、行動に責任をもって対応して欲しい、そう考えています。

analyst_zaiya777 at 18:17│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 政治 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
身近にある異端への入り口 〜東大和、男女集団生活に関して〜ライブドア問題への政府対応2