経済の話。ギリシャ、イギリスへの売り中国、全人代が開幕

2010年03月04日

高校授業料無償化について

麻生政権で用意された高速道休日定額サービスに基づく、10年分の2.5兆円が道路公団に積まれており、民主党政権は来年度からサービス停止に伴い、道路建設に転用可能とする法案を提出する予定です。しかしこれを出せば、政権はジリ貧です。道路に関する建設費のみに限定されること、過剰設備である交通に重点投資をしても経済効果が低いこと、自民党政権が企図した公団の財源確保を後付で容認すること、などが長期の民主党政権への期待値を殺ぐことが考えられます。
国幹会議を廃し、国交相に許認可権限を集中させることも、道路特定財源の数年分もあるこの財源があれば、規律が緩む可能性を否定できません。大事なことは長期ビジョンであり、今道路を造ることは短期の景気下支えだけで、浮揚効果が少ないものです。企業の経常が前年同期比2倍となっても設備投資は17.3%減、これは企業が投資に必ずリターンを見込むために起こります。旧来型の、その場しのぎの景気対策で道路を造り続ければ、財政への不安がいずれ確実に噴出するのでしょうね。

高校授業料無償化法案、自治体を通じて公立高校を無償とし、私立高校はその分授業料を減額するというもの。朝鮮学校の問題もありますが、法律の基本理念により幾つかの課題が見えます。まず所得制限はかけない方が良いです。なぜなら同じ生徒で無償と有償が分かれる事態は明らかに異常であり、イジメとは云わずとも負い目を生じることが考えられ、問題を生じさせます。
朝鮮学校の問題は教育基本法に立ち返ることが良いと考えます。前文に「日本国憲法の精神に則り…」と謳われます。それに基づく人材育成が基本であり、学習指導要領も豊かな人間性と、公共の精神を学ぶことを志しています。ということは、逆に考えれば教育基本法の概念に従わず、独自の教育体系をもつ学校に対し、原則として許可制を取り入れるべきだと考えます。

これは全ての外国人学校も同様に、基本原則として教育基本法に基づく教育がされているか、監視の目を政府が有するということです。高校は義務教育ではなく、子供手当ての延長、という側面はあっても同一視する必要はありません。これは便益に当たるので、一度与えたものは容易に削減が出来ません。むしろ毎年申請し、許可を得ることで経過観察できるメリットもあります。
国交の有無や制裁国だから、という理由を挙げると必ず混乱します。結果的に、弱腰の地方自治体が許可を与える可能性は否めないものの、それは政権の監督方法の問題として、糾弾することも可能となります。大事なことはフリーパスにしないこと、なのでしょう。
日本政府に支援を受け、教育を受ける機会を奪われずに済む、そうした意識は日本人であっても必要です。これは平和や安全、という国家の要件とともに、そこで暮らす人たちに政府が保証するものです。授業料無償化そのものはバラマキに近いものですが、日本を背負う若者を育てる意味での長期ビジョンには資するものです。ただそれだけでなく、就職率などの改善も含めて、合わせて実施していくことがより求められるということを、忘れてはいけないのでしょうね。

analyst_zaiya777 at 23:31│Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 政治 | 一般

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by おるおる君   2010年03月05日 00:12
高校無償化問題における朝鮮学校の問題は…私学助成の問題と同じですよね…
カネは欲しいが口は出すな!ということですから…
ようは、文科省から高校に認定して貰えばいいというです!
権利を主張するなら義務を負って貰いたいものです!

今日予算委の質疑で公共工事で、民主党どうしで激論があったとか…いいことだと思います!

選挙前ですから民主党もバラマキたいでしょう… 個所付けではありませんが…自分のわかり易い手柄を見せたいだろうし

自民党と同じですが…
2. Posted by 管理人   2010年03月05日 00:55
おるおる君 さん、コメント有り難うございます。

私学助成と確かに同じですね。ただ経営や学習指導方針に対するのみならず、国の
意向を背負いますので、大きな問題も孕みます。ただこれを朝鮮学校にのみ限定し、
規制すると問題も拡大するのでしょうね。日本に住み、日本の教育を受け、という
ことに対する便益として認める方向がよく、日本に住むが教育は別、ということでは
一国二制度のような形になります。教育に対して国がきちんと責任をもてる場合にのみ
無償化の予算を渡すべきであるのでしょうね。
予算委の公共工事で前原氏と桜井氏がやり合った件は、若干演技の臭いもしますが、
国会で侃々諤々するのは良いことですね。ただバラマキ型では財政問題が懸念される
昨今、訴える力も弱く、自民党時代と同じに見えるため、選挙方針としてはそちらに
議論を振り向けることはマイナスでしょうね。政権の手柄にしたいという思惑にしろ、
道路公団への埋蔵金の使途をどう考えるか?政権の重い課題となって、今後には影響
するのかもしれませんね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
経済の話。ギリシャ、イギリスへの売り中国、全人代が開幕