雑感、民主党代表選と数字のペア円高、株安に対する政府の基本方針?

2010年08月26日

小沢氏が党代表選に出馬表明

民主党代表選で、ついに小沢氏が出馬表明です。友愛でも、社交性の通じない菅氏の頑なさに、決断を促したという一般の見方でほぼ間違いないのでしょう。以前と比べて資金集めに窮する今の政治家は、人事を求心力の要とします。それが脱小沢路線を貫く菅政権では、小沢派は衰退の懸念を生じてしまう。先送りできない、そんな危機意識が決断のキッカケではあったのでしょう。

各国の反応は、中国は歓迎、韓国は中立、米国は警戒、といったところ。これは小沢氏の外交姿勢を示します。国内の反応は、メディアは「政治とカネ」もあり批判的、世論もまず8割方否定的です。ということは、党員票300ptは期待できない、と見るのか?それとも政策論争に移った段階で、世論を惹き付ける秘策があるか、がカギとなってくるのでしょう。
小沢氏は霞ヶ関改革、を旗印にする可能性があります。先の参院選でみんなの党が躍進したように、官僚機構にメスを入れることは、国民の期待も高い分野です。公務員人件費2割減、浮いた予算でマニフェスト実現と、経済対策を実施する。剛腕・小沢に期待される霞ヶ関の中央突破、それをみんなの党などと部分連立を組んで達成、となればかなりインパクトが出ます。逆に見れば、これは菅政権の弱点と見られる部分であり、国民の不満が高まれば、小沢支持も集まり易いのでしょう。

更に、自民の審議拒否を大連立で凌ぐのではなく、公明、みん党、たち日、新改、などを巻き込んで、政党連合という形で回避する手も出てきます。つまり政党多数派工作であり、審議拒否をする党は排除して、小政党との多数派だけで国会審議を進める。そんな剛腕もあり得るのでしょう。
ただいずれの手法も、かなりの綱渡りです。最大は検察審査会の行方、仮に首相には特権があれど、起訴議決されれば当然政局になります。しかし逆に、首相となれば審査員の意識に、そんな議決を出せば大変なことになる、と芽生える可能性も出てくるのでしょう。これも直近の世論を誘導する、メディアの態度にも関わっており、どう転ぶかも分かりません。

民主党に分裂懸念が出るのは確実ですが、現在菅氏を担ぐ勢力も、菅氏で大同団結するのはやや抵抗があります。仮に党を割っても、小沢氏に政党連合を組まれれば、自民と組むのも力不足。また菅氏が政策論争で失敗すると、政策という錦の御旗も立て難くなります。この辺りを考えると、分裂含みにはなるものの、今後の動き次第という面も出てくるのかもしれません。
個人的には、小沢氏は出ないと見ていましたので意外感もありますが、どっちに転んでも茨の道、小沢氏が初めて政治生命を賭して身体を張った、ということになるのでしょう。ただ悪役で固定された人間が、善人になるのは相当に難しく、更に日本は善人で能力の高い人が国のトップに居て欲しい、と願う国民性です。選挙は勢いが大事であり、今は小沢氏若干有利、という見立てもありますが、国民の声を読み誤るとすぐ運営に行き詰る、そんな綱渡りであることは間違いないのでしょうね。

analyst_zaiya777 at 23:26│Comments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 政治 | 一般

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by おるおる君   2010年08月26日 23:53
小沢さんとしては座して死を待つよりも討って出た!という心境ですかね?
総選挙が三年後では干し上がってしまいますかね?

しかし野党も小沢さんと連立を組むのはリスキーでしょう?
2. Posted by 管理人   2010年08月27日 00:31
おるおる君 さん、コメント有り難う御座います。

菅政権、特に仙谷官房長官、枝野幹事長ラインではどう考えても小沢派は冷や飯です。この
状況を打破するには、菅氏が折れるか、小沢氏がトップをとるしかない。仮に敗北して党を
割るにしても、大義が立たなければならない。そのためには、ここで出るしかなかった、と
いうのが本音でしょうね。票読みは小沢派、鳩山グループは半数、羽田グループと樽床氏の
グループも前回の恩義で乗ってくるので、党内200は堅い。菅氏の新人議員取り込みも90弱、
半数と少ししか集まらず、ここで小沢派が90程度の上積み、後は旧民社系など、態度を
表明していない派からの流れを引き込んで300、という読みをしたと見ます。
これだけ集めると、仮に分裂しても第一党の地位を確保できる、野党がそこに乗ってくれば
政界再編でも与党、という考え方もできます。小沢氏との連立は、野党にも確かにリスキー
ですが、部分連立で野党案丸呑み、という離れ業を小沢氏ならするかもしれません。渡辺氏
を野党でも国家戦略担当相にする、その分野は丸投げ、という形ですね。この柔軟さは菅氏
にないところで、小沢氏なら出来てしまうことです。政党多数派工作も、菅氏にはできなく
ても小沢氏なら出来る。そんな期待を集めてくると、案外党内の多数派工作も利いてくる
かもしれません。ただ仮に小沢党首となれば、直近で選挙はムリなので、そういう意味でも
綱渡り運営となることは、ほぼ間違いないのでしょうね。
3. Posted by ケーイー   2010年08月27日 14:10
私個人としては、小沢さんに最後の豪腕を振るって欲しいとこです。多少影のある経歴の持ち主ですが、最近の政治家にはない骨太で清濁合わせ飲む性格は今の日本に必要なのでは?
管さんは今の危機的な状勢でのトップとしては、いささか荷が重いのでは。
4. Posted by 管理人   2010年08月28日 00:13
ケーイー さん、コメント有り難う御座います。

菅氏の最大の不安は、政策の旗が見えないことですね。臨時国会など短い会期だったため、
所信表明がないことも一因ですが、菅氏を支援する勢力に、多数派工作など調整能力に欠け
た点も、今回の代表選には不安です。更に消費税増税や、解散封じと捉えられかねない発言
など、大局を見た言動や行動ではなく、場当たり的な発言が目立ちます。小沢外しも仙谷氏
がシナリオを書いた、とされますが、菅氏の主張がどうだったのかは、一向に見えません。
こうした態度が、益々菅氏への不満を永田町内で高める原因なのでしょうね。
小沢氏が霞ヶ関改革に乗り出せば、大きな動きになるはずです。霞ヶ関と手を組むのなら、
世論は小沢氏を見限るので、支持率は森内閣以来の一桁さえ有り得ます。赤字国債発行で
景気対策、などと未だに語る人物がいるように、旧経世会の出身者は田中角栄氏の影響下に
あると見られがちですが、小沢氏にそうした意図はないでしょう。財源捻出方法に関して、
魅力ある提案ができるか?小沢氏の勝敗や、政権運営の肝となることに間違いなく、ここに
何が出るかは要注目でしょうね。逆に菅氏は、小沢氏を超える魅力ある提案ができるか?
今日の会見を見る限り、それほど具体的な内容が出そうにはないので、まだ小沢氏有利の
展開で代表選の公示を迎えることにはなるのでしょうね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
雑感、民主党代表選と数字のペア円高、株安に対する政府の基本方針?