鹿児島3区補選は自民が勝利日銀の追加緩和策について

2012年10月29日

臨時国会が開会

野田首相の所信表明演説は『明日への責任』がキーワードでした。しかし野田氏は『明日の席次』だけを気にして、政治をしているようであり「大局より政局でいいのか?」と述べましたが、国会開会を先延ばししたのは民主党側が政局でそうしたのであり、これはブーメランです。物事がすすまなくなると、大局や責任論といった議論に持ち込みがちですが、予算成立とともに通さなかった、という与党の責任は棚上げです。野田政権は、物事の決め方が極めてマズイという事情が優先しているのであり、自らの能力不足を他人の責任にしたり、善意に期待するのは愚かな行為です。
民主から2人が離党し、マジック6になりました。竹島問題で離党した議員を会派に復帰させるなど、なりふり構わぬ多数派を目指しますが、すでに消化試合になりつつあります。後は過半数割れ、というゴールテープを誰が切るか? その注目度のみであり、こうなるとみんな揃ってゴールしよう、と考えたくなります。前原国家戦略担当相の事務所費問題など、明らかにこのタイミングで『さされた』とみられ、一部のメディアの世論調査の写真で、ついに野田氏の顔がゆがんでいるものが採用されるなど、メディアは野田政権の退陣シフトをひきだしました。こうなると政権浮揚はありえません。

参院で所信表明ができないなど、着実に汚名を残しつつありますが、後は『首相で落選』という史上初の汚点を残せるか? そこに注目が集まります。各地で支部が解散するなど、組織が崩れてきた。しかも復党の動きで、さらに民主という組織が、国民から懐疑的に見られるようになった。重要な領土の問題で、妥協的という視線を浴びることが、最大の失敗なのでしょう。何しろ、自民、維新、石原新党はどれも領土問題に関しては強気で、野田民主の落差が大きく映ってしまいます。これは選挙でも、注目を浴びる一つであり、そこに民主は極めて大きな禍根を残したのでしょう。
鈴木宗男氏が語るように「民主はがっかり、自民はこりごり」という意見が多い。ただ現状「第三極はさっぱり」というところに、選択肢を見出せない点が、国民にはみられます。一部で、維新の支持が民主を上回りましたが、橋下党首が仕掛けた週刊朝日との戦争で、露出効果がでた形です。

民主党的には、金庫がカラとの噂もある自民、連携にむけての協議が長引きそうな維新、みんな、たち日等の動きをみても、早期解散には利があります。衆参の選挙日程をできるだけ離す、ということもメリットがあります。ただ野田氏や落選確実の議員にとっては、解散はできるだけ先延ばししたい。組織としてのメリットと、個人の判断に差のある状況が今です。組織防衛ではなく、個を守ろうとすることで、組織は壊れていく。民主党で今起きていることは、社会心理学でいうところの『斉一性の原理』です。全会一致をめざし、異論を排除して組織を維持しようとするため、離党ドミノと呼ばれる、組織に排他的な流れがおき、人が集団から離れていってしまうことになります。
そうなると、岡田副総理は『自薦の用心棒』とよばれる存在であり、異論、反論などを封殺する役目を負っています。これまでは、野田氏に対してメディアが用心棒的に、野田氏は正しい、民主党が間違い、という報道の仕方で野田政権を守ってきました。しかし小沢氏が離れ、途端に悪役を見出せなくなり、輿石氏にその役割を負わそうとしましたが、悪い言い方をすれば似合いすぎていて、逆に野田氏が頼りにすること、そのものが問題視されそうだった。そのため、悪役がいない茶番劇に、とうとう本丸の悪役をもちだしてきたのが、野田政権へのネガティブキャンペーンとなっているのです。
造語でいえば『他薦の用心棒(メディア)』は、支持率低下とともに離れていく存在だった、ということです。今国会は解散にらみで動きます。科学哲学の分野で『斉一性原理』といえば、同じ現象がくり返される、という仮定のことをさします。民主の離党ドミノ、それがくり返される構図をつくっているのが野田政権の態度であるならば、過半数割れゴール時の人数に注目が集まってくるのでしょうね。

analyst_zaiya777 at 23:34│Comments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 政治 | 一般

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by おるおる君   2012年10月30日 01:06
懸案の二法案が野党の協力で成立したのに…解散の先延ばしはないでしょう?
たった三年でここまでガタガタになるとは…驚きです。
2. Posted by tora   2012年10月30日 22:16
今日また2人離党しました。
後6人で過半数割れですが国会中に続いて離党者が出てくるのでしょうか?
引きとめように資金貰ってから出るというのは卑怯ですがすでに民主党も仁義も義理もないですね。すでに内部崩壊してますね。両院総会では席がまばらで出てきていない議員が多いようで白けて党執行部と距離を置いているのが見えましたね。
石原新党意外と逆風が強いようで都知事を任期途中で投げたのが響いてますね。
それに政策面で期待できる人ガいない話題だけで中身がないでしょう。
原発にしろ・消費税にしろ推進してる人ばかりで今の世情ではあまりにも古い政治家ばかりで既成勢力の打破を志向している時代には合わないですね。
第三局を目指すにもたった6人それも次期選挙で今のままでは石原以外は落選するでしょう。社民党以下の勢力に埋没するでしょうね。
自民も補選はかったけど棚ぼた的な勝ちで2位と接戦だったので地方での影響力は落ちてますね。
3. Posted by 管理人   2012年10月30日 23:41
おるおる君 さん、コメント有り難うございます。

本来、信義を貫くなら9月、谷垣総裁のときに解散すべきだったのですし、それは
民主党という党が、選挙で敗北しても、大連立として与党に留まり続けられる
唯一の策だったのですが、それを野田氏は回避しました。
逆に云えば、野田氏は自身の身分を維持するために、解散を弄んでおり、それは
協力してくれた野党でさえ裏切る、という方向で動くことを意味します。
野田氏にとっては、解散先延ばし=首相延命、ということですからね。

自民党政権時代は、組織力で何とか政権を維持してきましたが、支持率は低かった。
民主の場合、組織自体が弱いため、不都合な政策を通そうとすると、それだけで
内部が揺れ、それが外部からも不安に見えてしまう。
最初に、鳩山政権で米国の虎の尾を踏み、ネガティブキャンペーンを張られ、
菅政権は米国、財務省シフトを打ち出したものの、逆に態度を急変させたことで
国民から不興をかった。
それを引き継ぐ形で、野田政権は米国、財務省シフトを鮮明にし、それがメディア
から好感され、支持をうけましたが、元々国民からの支持は低かった。
選挙が近づくと、ますますその不都合が鮮明になる、という構図なのですね。

政治は短期で結果を求められます。今の時代は、特にそうですね。
情報の拡散スピードが速くなり、自民も内閣が1年で交替を続けたように、政治が
そのスピードについていけない、それにあわせた手法を見出せていない、という
ことが、最大の問題でもあるのでしょう。
腐っても、マニフェスト実現に向けて動いていれば、まだ選挙で訴える点もあり
ましたが、今の民主は何を言っても『ウソつき』とのレッテルが付きまといます。
政治が新たなステージに適応できないと、今後どの政党が政権をにぎっても、
同じ失敗をくり返すだけではあるのでしょうね。
4. Posted by 管理人   2012年10月30日 23:54
tora さん、コメント有り難うございます。

離党ドミノは、後1つ、2つの牌が倒れると、過半数割れになると思われます。
ここからは、後はキッカケ待ちですから、政権が失態を犯せば、すぐにでも
流れはできてくるのでしょうね。
選挙資金として手渡していますが、元々政党助成金を党執行部が握り、議員に
渡す際の裁量にも党執行部の意向が働く、との考えそのものが間違いです。
これは国民の税金であり、党の引き締めのために使うお金ではなく、よい政治を
するために、献金に頼らず政治するためのお金であって、逆に党執行部の使い方が
間違っているなら、国民は怒ってもよいのですね。

石原氏の言動、行動にはハッキリぶれもありますし、都政でさえ失敗と目される
モノが多いのに、いきなり官僚機構の打破、などと都政時代にも掲げていなかった
大目標をもちだした。
剰え、原発も増税もささいなこと、と述べたことで、結局それは政局的な動きを
しているだけ、ということを自ら露呈しましたからね。
つまりこれまで、小沢批判に用いられてきた『政局至上主義』を、石原氏自らが
公言したことで、石原新党には極めて悪い匂いしかしなくなったのでしょうね。

今、地方とはいえ最大勢力は無党派層です。
維新やみんなの党が、政策至上主義なのは、無党派に対するアピールのためには、
そうするしかないためです。
石原氏はそれを金繰り捨て、主義、主張を全面におしだして選挙しよう、と云って
いるようなもので、こうした点も連携はできても連合はできない点ですね。
石原シンパの政治評論家などが持ち上げますが、冷静にみれば、石原氏の年齢から
みても、この新党に期待する方が間違えていることになるのでしょうね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
鹿児島3区補選は自民が勝利日銀の追加緩和策について