日銀金融政策決定会合について雑感。情報の共有

2015年03月19日

米FOMCについて

チュニジアでテロ事件が起きています。今さら中東が危険、欧州が危険、などという区分けは意味がなく、どこにいてもテロの危険があるのでしょう。それは各国で政府への不満が高いにも関わらず、政権支持率が高い、という奇妙な符合と重ねて考えれば、捌け口がテロなど限りなく暴力的な衝動へと駆り立てる、ということでもあります。自分はこんなに不満があるのに、大多数が満足し、政権を支持するとすれば変化が期待できません。国民の声を聞かない政治、大多数だけを潤す政治、王権や独裁を打ち倒してもそれが変えられないのであれば、より過激化していくだけなのです。民主化の中に潜む、富める者と貧しい者、その差の拡大は破滅的でしかないのかもしれません。

米FOMCにおいて、極めてハト派的な内容が出てきました。『忍耐強く』の文言は外されたものの『性急にはならない』ことを強調。ドル高をくり返し牽制、FF金利の見通しを下方修正、などとした上で、利上げ時期については何も決まっていないとします。つまり経済の見通しを下方修正し、ドル高などの影響でインフレ率が低下、利上げは困難との認識を示したのです。
ただし「リスクが均衡したら利上げする可能性」とも述べており、バブル退治には積極的になることも示唆します。今、FRBが利上げを急ぐ理由は、中銀の引き下げ競争となり、バブル化した市場が多くの国で散見される、来年の大統領選に直撃したくない、不測の事態に向けて備えを確保しておきたい、というものです。一方で、利上げしたくないのはそれほど米経済が好調ではない点、ドル高による悪影響が挙げられるのでしょう。世界各国の中銀と逆行することで、米一極主義を保つこともできますが、世界で唯一バブルに警戒を示す、という意味では興味深いものです。

今日の日本株式は意外な動きを示します。円高にはなりましたが、最近は為替離れを起こしていたにも関わらず、思い出したように連動しました。日中は久しぶりに値動きが出ましたが、これは欧州系が桁違いの大商いを演じた結果であり、欧州CTAスジが利益確定売りを出す中、これまでは日経225のラージとミニでヘッジをかけて取引する層が、日経225とTOPIXで仕掛けた影響も大きいのでしょう。1日の取引量が桁違いのここが動いた原因、それは昨日の取引かもしれません。
昨日は引け間際の上昇を演じましたが、日系のTOPIX先物の大口買いによる影響です。高値でも買う、下げていれば買う、と見て株価を振り回した。現物の商いも今日は増えているので、かなりここがボリュームをかけて取引したことが窺えます。バブル商状の株式ではこうした一部の思惑で値動きが出てしまう。ただの利確ではない、思惑相場の展開でもありました。

イエレン議長は会見で、最近米国で高まるFRB改革にも言及しています。市場原理主義の共和党が政権を握れば、それこそ今のようにFRBが市場に関与しすぎる状況に、批判が高まることになります。翻って日本では、市場原理主義でもあるはずの安倍政権は、日銀におんぶにだっこの状況で、市場に委ねるといった方針ではないばかりか、日銀改革すら議論の俎上にあがりません。
形だけ、市場原理主義、新自由主義を導入していいとこどり、というならまだしも、現状のバブルには何ら対策も示しません。決して米国が最善とは思いませんが、少なくともバブル退治に目配せしている点は、評価できるのでしょう。欧州系に振り回される市場、というのは一歩間違えれば、暴落を引き起こす要因ともなりえます。むしろ積極的にバブルをおこす日銀は、富める者と貧しい者とを生み、破滅的な状況を自らつくりだしている、と言えるのかもしれませんね。

analyst_zaiya777 at 23:15│Comments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 経済 | アメリカ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ナナシ   2015年03月20日 00:23
まともにテロなんて信じないほうがお得

タルムードの他宗教ヒトはゴイムごみと考えるからテロでも何でも出来る、自分達のために起こす


こういう場合に出て来る日本人は隠れチョウセン人でしょう。
首チョンパと同じであべは総て予め台本は読まされている!

2. Posted by ひまわり   2015年03月20日 11:18
こんにちは(^-^*)
世界は、不安定な状況にかわりないですね。
FOMCが、GDPの見通しを、下方修正しました。
改善しているのは、非農業を部門雇用者数、求人数に解雇率で、後は、どう見ても景気の勢いは落ちているのではと思わざるを得ないのですが。イエレンさんが、ドル高の話をし出し出したのは意外。

3. Posted by ひまわり   2015年03月20日 11:41
こんにちは(^-^*)/
先程のコメントで、二カ所変な所が有りました。すみません。
最近、。ソフトバンクのコマーシャル以外、あまり他社のCMを見かけ無くなった気がしますが、スマートホンも、メーカーで差が無くなりましたね。アップルの、ウォッチもイマイチ。
4. Posted by 管理人   2015年03月20日 23:44
ナナシ さん、コメント有り難うございます。

イスラエルの関与を疑っているようですが、今回はイスラム過激派のテロでしょうね。安倍氏が何か、情報を得ているといったこともないでしょう。残念ながら日本のインテリジェンスは高くありませんし、日本と情報を共有しなければならない他国の事情もありません。もし事前に情報を知らされるとしたら、日本を巻きこみたいときですが、チュニジアでは欧州系の影響が強く、日本の出る幕はありません。それこそイスラエルのネタニヤフ首相が、右よりの安倍氏に同朋意識をもつ、といったことでもあれば別ですが、今のところ選挙後でばたばたしており、イスラエルもそれどころではありません。むしろ自国内のテロが懸念されていますからね。

隠れ朝鮮出身者、という証拠もありません。かつては名前に特定の漢字がつかわれていると、どこの出身かは大抵はつかめましたが、今はそうした傾向も薄れましたし、何よりそれを示す事実もありませんからね。そうした主張は、陰謀論にも関わるのでしょうけれど、陰謀であるかどうか、もう少し内容を密にしないと納得をえるのは難しいのでしょう。テロの一部には国家の暗躍があるのは事実ですが、すべてそうということでもありませんからね。
5. Posted by 管理人   2015年03月20日 23:56
ひまわり さん、コメント有り難うございます。

個人的には、米国経済はシベリアのように、夏に活発でも冬場におちこむ、といった傾向をより強めているのだと考えています。毎年のように寒波に襲われ、冬場に萎縮する経済、押し並べてみれば年間の成長率は横ばいになるのでしょうが、その季節性の影響を考慮しないと、中々今の米国は分かりにくいのでしょうね。

ドル高牽制発言は、恐らく企業側の要請と、インフレ期待が高まらないこと、その両面から盛り込まざるを得なかったとみますが、利上げすれば当然、ドル高にはなりますから、それを抑える意味もあったのかもしれません。残念ながらFRBも打つ手はない一方、口先介入の度合いを強めているのかもしれませんね。

最近のCMの傾向は、一本とると長く放送することです。ソフトバンクのように週単位でCMを切り替えないので、目立たないのかもしれませんね。一方でスポット的、3日や一週間、といった短期で集中して放送するCMが、今は盛り上がっているようですね。テレビ離れがすすみ、短期出稿で話題性にかけるか、長く報じるものは月単位で契約しているので、おざなりになる、と二極化しているようです。そもそもお金がかかるドラマなどは録画も多く、CMはとばされがち。生放送や情報番組、バラエティなどが増えているのも、テレビ業界の苦境がそのまま現れていて、CMにしろ時代の変化が直撃しているのかもしれませんね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
日銀金融政策決定会合について雑感。情報の共有