ギリシャ問題と米雇用統計中国市場の暴落

2015年07月03日

雑感。なんか自民、感じ悪いよね。

安倍首相が自民党若手の勉強会で、報道への圧力発言があったことを謝罪しました。しかし当初から、安倍氏は当該議員の処分に否定的とされ、また未だに木原議員の役職停止1年は重すぎる、言論封殺だ、という声が党内で上がるなど、自民党が反省しているとは思えないフシもあります。国内外の批判が相当に高まってきたので、やっと渋々反省したというのが実態です。
安倍氏は「本当に萎縮しているなら報道機関にとって恥ずかしい」としますが、ならば全て恥ずかしい報道機関、となります。これまでも度々、報道機関への牽制を文章、口頭で行っていますが、それをまともに報じた機関は一つもありません。文章で局に抗議文が送られたなら、その検証を行うぐらいの態度が各局にあって然るべきですが、一社として実行してはいないのです。

「正式な記者会見から、どこかの社を排除したことはない」としますが、記者クラブに加盟している記者しか入れない会見なので、排除しっ放しが事実です。フリーの記者を入れろ、とは言いませんが、少なくとも海外メディアは数社入れないと、安倍政権では報道の自由の世界ランクが下がり続けることになります。さらにオフレコ懇などで、記者クラブ加盟の記者と夜な夜な食事会などを開き、おトモダチを増やしている。言葉を変えるなら「正式な記者会見には、初めからおトモダチしか参加できないようにしている」というのが正解なのです。
石破地方創生相が「なんか自民、感じ悪いよね」というとき、自民が危機になると述べていますが、権力にいる側はいつも「感じ悪い」のです。ただこれまでの自民は、保守が「感じ悪く」なると、革新が力をもち、革新が「感じ悪く」なると、保守が力をもつ、といったバランスをとることで長期政権与党を担ってきました。しかし安倍政権がになると革新の勉強会をつぶしたように、党の一体感を強調するあまり、非常にバランスが悪くなった。「なんか安倍政権、感じ悪いよね」といったら、自民党がすべて「感じ悪く」なるといった状況を生んでいるのです。

北朝鮮が拉致再調査を「しばらく時間かかる」として、期限を延長しました。もう北朝鮮は、安倍政権で拉致問題を解決する気はないのでしょう。北朝鮮の国内事情はあるとしても、米国依存の安倍政権では、日本単独で支援してくれる見こみも立たない。日本を介して米国との会談をセットすることもできない。直接、米国との交渉ルートをもつ方が重要と考えたはずです。
「なんか北朝鮮、感じ悪いよね」としても、安倍政権ではどうしようもありません。働きかけを強化、などとしますが、これは手詰まりのときに用いる言葉です。安倍政権は、外交力がこれまでの政権と比べても圧倒的に弱く、従米路線であるため日本が素通りされる状況となっているのです。外交問題に独自路線もとれず、米国に気兼ねして「本当に萎縮しているなら、一国の政府として恥ずかしい」。そんなことでは解決など永遠にムリだと断言できるのでしょう。

国民の高まる不満の声に、やっと謝罪した点も、感応度の悪さを指摘できます。「感じ悪い」は、主語がはっきししなくとも起きますが、国民の声を「感じ難い」では、主語がはっきりしてきます。安倍政権が国民の声と乖離すればするほど、支持率はその溝に落ち込むように、一気に下がることになるのでしょうね。

analyst_zaiya777 at 23:27│Comments(15)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 政治 | 一般

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ジニー銀河   2015年07月03日 23:43
憲法改正して普通の国になることが真の独立国になる近道だと思います。外交は軍事力ですから…平和憲法のもとでは独自の外交も限界があると思います。
中国のチャウチャウになるよりはアメリカのポチで良かったと思います。

メディアの排除は 記者クラブがしているのではないのですか?
2. Posted by 管理人   2015年07月04日 00:10
ジニー銀河 さん、コメント有り難うございます。

安倍政権が、堂々と憲法改正をめざしていれば、今の混乱はまったく起きておらず、むしろ順調な政権運営ができていたのかもしれません。解釈変更に伴う安保法制の見直し、が危険なのですね。

外交は軍事力とイコールでもありません。米国が巨大な軍事力をほこっても、外交では失態が多い、という事情からも分かりますが、軍事力による外交には限界がありますし、それでは国際社会の協力も得られません。今は、国際協調をどうつくっていくか、が重要であって、それを安倍政権では米国と一体化することで国際社会と向き合うことしかできていない、ということなのですね。中国に従え、という気はありませんが、少なくとも米国の陰に隠れて外交するよりは、しっかりと顔をみせて外交するのでない限り、成果もありませんし、戦略も立てられないのですね。

記者クラブ加盟のメディアの経営陣とゴルフをし、オフレコ懇で記者と食事をともにし、記者クラブとの付き合いがこれまでの政権と比べても、異常に強まっているのが安倍氏ですね。少なくともこれまでは、棟執務室や、それこそ料亭で会い、話し合うことこそしても、メディアが独自に政権批判をしていた頃と今では、明らかに状況が異なっています。結局、民主党政権時代に語られた「記者クラブ解体」が、記者クラブ加盟メディアのトラウマとなり、政権と近づいておかなければ、との危機感と、メディアをコントロールしたい安倍政権との思惑の一致が、現状をつくりだしているのでしょうね。そうした既得権益を打ち破れない安倍政権だからこそ、海外の期待は今や地に墜ちてしまいました。だから海外紙は安倍政権に厳しい、ということでもあるのですね。
3. Posted by いろはのい   2015年07月04日 00:56
憲法改正せよ、という人はいても、さすがに憲法違反の集団的自衛権を承認せよ、などと無茶を言う人はここにもいないようですね。
 その無茶な強行採決を行おうというのですから、自民党はもはや国民を敵にまわしたと言ってもいいのでしょう。
 たとえ解散・総選挙となってもマスコミに圧力を掛けると言っているのですから、国民に正しい情報は伝わらないわけで、それはもはや不正選挙といっていいでしょう。日本は完全に民主主義国ではなくなることになります。
 民主党政権なら、ここまで酷くなることはなかったでしょう。
4. Posted by 通りすがり   2015年07月04日 03:37
それよりも、いい加減
「好きに生きたい」「面倒くさい人間関係から逃れたい」
という個人の願望を「普通の国」とか言って
政治や外交に投影させるのはやめましょう。
常識に考えれば、会社やめて独立してもなんらかの
人間関係はついてまわるものです。
外交も同じ、憲法改正しよう核もとうがしがらみは
ついてきます。
それ以前個人としての自分が置かれている状況は
いくら国がかわろうがまず変化しないので
不満は解消されることは無いでしょう。
5. Posted by ジニー銀河   2015年07月04日 05:53
最近は憲法改正が難しいことを前提に…憲法改正反対の人達(例えば憲法学者)が憲法改正を目指せという!これは感じ悪いよね…。
普通の国になることが間違っているなら…世界中間違っいる国だらけです!そんな国々を批判せずに…憲法改正派を批判する人がいる。感じ悪いよね…。
6. Posted by 通りすがり   2015年07月04日 09:07
冷戦時代こんなジョークがあったそうです。

「アメリカの政治家がソ連の政治家に
アメリカ市民は自由にアメリカ政府を非難する権利を持つ、と
言ったところ、ソ連の政治家はこう答えた
ソ連の市民も自由にアメリカ政府を非難する権利持つ、と」

ナントカと言われる人たちはこのジョークのどこが面白いか理解できないそうです
7. Posted by ジニー銀河   2015年07月04日 12:00
今回の百田氏と自民党若手議員の発言で…沖縄の左翼二紙や沖縄県民は言論弾圧と言っている!
しかしこれまでの沖縄に言論の自由があったのか?
沖縄のタブーとは何なのか?
基地問題や選挙の話しで沖縄の人達は…本音を語れない!
これが沖縄のタブーだ!

沖縄のタブーも立派な言論弾圧だわw
8. Posted by 通りすがり   2015年07月04日 17:34
アメリカ南部の白人至上主義者曰く

「人種ごとに区別しろといっただけで、実際に差別を
 行なったわけでもない。それなのにあたかも人種差別を
 おこなったかのように非難するのは、自由の侵害であり
 逆差別である。アメリカでは本心から思ったことを
 語れないタブーが存在している」と

どこの国もあまり変わらないものですね
9. Posted by いろはのい   2015年07月04日 19:30
人間、熱くなり過ぎるとまわりが見えなくなって、文章も乱れるようになりますね。それこそ「感じ悪く」なってしまうので、気をつけたほうがいいですね。
このブログの品位にも関わるし、管理人さんも返事に困ってしまうでしょう。

別に国民の大多数が望むなら、憲法改正すべきでしょう。それも国民の権利です。今は国民の多数がそれを望んでいないので、憲法改正できない、ただそれだけけのことです。
別に憲法改正は、未来永劫不可能なんてことはないので、頑張れば出来ます。なぜ頑張ろうとしないのか、それが理解できません。

それと百田氏は平気でウソをつく人間ですので、言うことを鵜呑みにすると、後で騙されることになると思います。それにしても大西議員は、「朝日は、慰安婦問題で日本を辱めた」と言っていますが、百田氏が大ウソをついて沖縄の人を辱めたのは、全く無視のようです。よく理解できない議員ですね。
10. Posted by Pasta   2015年07月04日 23:23


独立国への近道は軍事力と述べる御仁が強力に軍縮を進める小泉ー安倍内閣を支持する矛盾はなんとかならないものだろうか。公開されている防衛白書を少しでも読めば小泉ー安倍内閣こそ日本の独立を遠のけ事実上の米国の従属国にならざるを得ないように仕向けているのが解るはずなのだが。

それでなくとも安保法制違憲論の憲法学者達が会見で安倍総理は自衛隊の予算を現状のままに据え置くと言っている、これで海外派兵を行えば日本本国は手薄になり、安全になるどころかかえって危険になる、サッカーに例えてゴールががら空きになるようなもの、と言っていたがその件は全くスルー。

高市早苗女史や世耕弘成氏らのマーケティング会社の浅知恵に基づく自民党の世論工作を真に受ける前に、事実、本質を調べてコメントする習慣を持った方がいい。

11. Posted by ジニー銀河   2015年07月04日 23:34
できるようになることと…するということとは…
違うということは理解すべきです。
PKOやPKFと戦争とは…経費も違うハズです。
12. Posted by 管理人   2015年07月05日 00:12
いろはのい さん、コメント有り難うございます。

お気遣いありがとうございます。議論することはよいと思いますが、感情的になったり、威圧的になったりすると議論を間違った方向に導くことにもなり、注意が必要なのでしょうね。

民主党政権では、意見が雑多なところもあるので、今のように安保法制を解釈で通す、といったことはしなかったでしょうね。そんなことをすれば、党内すら混乱させかねず、国会答弁もままならなくなりそうです。今の自民とて、まともな答弁はほとんどありませんが、審議時間だけで通そうとしている点には、もう呆れるばかりです。自民党も堕した、というのが今回ではっきりしましたね。

個人的には、ご指摘のように憲法改正をすることそのものに否定的ではありませんが、安保法制に関する今の議論で憲法改正することは反対です。安倍氏が述べるほど、海外の環境が変化したわけではなく、むしろ戦争という形態が変化する中で、日本の憲法9条がまた一つの抑止力として機能する可能性すらあるのですから。結局、安倍氏は正史に名を刻む、との目的もあって成果を焦り、また知日派の意向もあってコトを急いだものの、それが仇となって今にいたるのでしょうね。それは株価の動向とも、無縁ではないかもしれません。今の上昇を数年つづけることは、ほとんど不可能です。憲法改正を待つことなどできない。株価が下がれば支持率も落ち、憲法改正も頓挫する。だから今のうち、といったところだったのでしょう。残念なのは、株価しか評価されない安倍政権では、株価を横目でみてしか、政権運営できない点なのでしょうね。最後は必ず失敗することが、ほぼ約束された政権なのかもしれませんね。
13. Posted by 管理人   2015年07月05日 00:41
通りすがり さん、コメント有り難うございます。

「ふつうの国」議論は、注意しないといけませんね。何をもって「ふつう」か? そこが議論の発露になるのですが、軍事傾斜を求める人々は、戦争できるのが「ふつうの国」とします。しかし戦争しない国の方が世界中に溢れており、先進国が戦争することの方が問題ある、という考え方もできるのですからね。

ものの見方は、実は十人十色で、ご指摘のジョークも結局、誰の目線で何を指摘するか、が面白いところである一方、皮肉でもあるのですね。対人関係で単純化できるもの、以外では多面的な見方をしなければならず、それはこのブログでも努めている点ですが、現状のように安倍政権のやることをメディアが礼賛しかしないと、どうしてもその裏、別の見方をとりたくなります。安倍政権のやっていることが、それほど称賛されるような内容ではない、むしろ否定すべきものが多い、ということでもあります。

しかし残念ながら、人に依存するのもまた人です。どんなに優秀な教えでも、宗教が分派していくのは人につく傾向があるためで、盲目とは言いませんが、自らが信じるものは肯定的に扱おうとします。安倍氏は特に保守系ではカリスマ、プリンスとされていましたから、それこそ祀り上げられた偶像であっても、その全てを肯定的にとらえようとする人もいます。これは私のように行動批判、とは真逆の考え方ですが、人を基準にしてしまうと、そうした考え方になってしまいます。その人が間違っていたら止める、正しいほうへと導く、ということも必要ですし、そうでないと双方のためにもならない。しかしそう分かっていても、中々人はそう行動できないものです。だからこそ、批判や否定ではなく、正しい指摘をしていくことで気づいてもらえることも大切なのでしょうね。
14. Posted by 管理人   2015年07月05日 00:59
ジニー銀河 さん、コメント有り難うございます。

憲法改正反対派が、憲法改正しろ、というのは集団的自衛権を行使したいなら、という前段があるので、決しておかしな指摘ではありませんね。「ふつうの国」議論も、何をもって「ふつう」とするのか? という問題があります。世界中が間違っている、としますが、世界中でそれが常識となっているなら、それがむしろ「ふつう」です。少数が、我こそ正しい、としてみても、肯定してくれる人が少ないのであれば、それはほとんど我田引水、唯我独尊としてしか通用しないのですね。

タブーは内的要因によるもので、弾圧は外的要因によるものです。タブーがあることと、弾圧があることは異なります。だからタブーを破ることはかなりの確率でおきますが、弾圧をうけると外に出てしか、言論を発表する機会がなくなるのですね。

国会でもすでに指摘がありますが、PKOもPKFも、今や治安維持では済まず、ほぼ戦争状態に陥っても撤退できない、という事態となっています。アフガンのPKOに行ったはずの独軍が、今や戦闘状態を継続しているようなものですね。経費や軍備も、もうほとんど戦時負担となっています。一度参加したら、逃げだすこともできない。お金がなくなったから撤退、などという無責任は許されない、という話でもあります。できることと、やることは違う、といってみたところで、安倍政権は答弁で様々な想定をだし、やると言っているのですから、できることはやる、と考えるのが正しいのですね。それと、Pastaさんが指摘しているように、軍事予算は増やさない、と言っているのですから、やることが増えて予算が変わらない、どこかにしわ寄せがいきます。少なくとも、それが自衛隊員の安全に関わることでないことを祈りますが、PKOだから…などと安易な気持ちでいることが、一番の危険なのでしょうね。
15. Posted by 管理人   2015年07月05日 01:16
Pasta さん、コメント有り難うございます。

米軍に頼り、一方で防衛予算を削って、ほぼ日本が自立する道を閉ざしている形でもあるので、日本はますます「ふつうでない国」になっているのですが、それが中々伝わらないですね。PKOにしろ、PKFにしろ、一度出て行けばもう戦争状態に巻きこまれる。それこそホルムズ海峡の機雷掃海だって、ただ機雷を除去して帰ることができるほど、簡単な問題ではないのに、今はそうした論調でしか政府は説明しません。武器や燃料の補給ばかりでなく、当然敵艦が現れたら、尻尾を巻いて逃げて行くこともできないのに、そんな議論で、その程度の想定で向かわされる自衛隊員が、気の毒という他ありませんね。

仮に安保法制が通って、一部でも国益になるなら、その点を指摘するべきですが、一つも国益にならないのですから、安保法制には批判しかできません。憲法を形骸化させ、自衛隊員を危険に晒し、その上で国費も削られる。国際的にも、評価してくれるのは自国の負担が減る国であって、それ以外はむしろ警戒してみている、という現状があります。何一ついいことがない。それこそ日本が破綻にむかう、これはオウンゴールにすらなりかねない問題なのでしょうね。

残念ながら、世論操作というより、安倍氏への信頼、カリスマやプリンスと呼ばれ、祀り上げられてしまった虚像への信頼、が背景にある場合は、中々この安保法制に問題がある、といっても理解されない面がありますね。日本にとって不利益になることを、一つ一つ説いていくしかないのでしょうね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギリシャ問題と米雇用統計中国市場の暴落