安保法案の強行採決新国立競技場見直しと、安倍ノミクス

2015年07月16日

雑感。新国立競技場に関する安藤氏の会見

建築家の安藤氏が、新国立競技場について会見を行いました。細かい設計は見ていないから、建設費は算出していない、と述べますが、それだと何のために建築家がチェックしたのか? イメージ画像をみて判断するだけなら、素人でもできます。この時点からすでにムダが隠れていて、能力のない人間が審査委員長に就任していたようです。記者会見でも「日本ならできると思っていた」と、何とも他人任せな、無責任な意見で決めてしまっていたようです。
産経がこの問題で、自民を追求する民主に『ブーメラン』だと書いています。設計が決まったときは民主党政権だから、という理屈ですが、コンペによりザハ案に決定したのは12年11月。安倍政権発足は12年12月。決定した段階では選挙モードですし、それまでは政治マターの話ですらありません。唯一、民主党政権時代に瑕疵があったとすれば、能力のない安藤氏を審査委員長に択んだこと、及びアイデアコンペの段階で設計者、審査委員から責任を切り離してしまったことです。だから今日の会見でも「私は知らない」を連発します。こういう人物に共通するのは、責任がないことは「知らない」としてしまうことであり、そんな人物が一体いくらで審査委員長に就いたのか? そのすべてがムダな出費にすら思えてしまいます。

ただしその後、基本設計に移った段階でいくらでも見直すタイミングはありました。建設費用が膨らんでいくまま、ザハ案を貫いたのは安倍政権の責任です。しかも、それが『国際公約』という言葉に頗る弱く、またその言葉を錦の御旗のごとくにつかうことも多い安倍氏が、五輪招致の席で新国立競技場をアピールしたことで拘ってきた面が強いのですから、尚更に問題です。
いつ頃、建設会社から1650億円や、2520億円といった見積もりが出てきたのか? そこでなぜ見直さなかったのか? その検証を行わないまま、設計費用を下げる検討を始める時点で、問題解決能力のなさを露呈します。このままでは「見直せません」というタメだけの時間稼ぎ、議論にしかならないのでしょう。ナゼなら、ここまでザハ案で突っ走ってきた、それをここで見直せばすべてムダとなる。そのムダを明らかにし、改善する努力をする意志が伝わらないからです。

安藤氏が1300億円が1650億円になったと聞いた時点で、物価高で1800億円になるのか、と語ったとされます。もうこの時点で設計としての実力不足なのですが、さらに安藤氏は、「日本のためと思ってゼネコンも努力しろ」と述べます。ならば安藤氏は一体、いくらモチダシでこの仕事を請け負ったのか? また足りない建設費はネーミングライツや寄付を求める、とするのですから、一体いくら拠出するのか? 「日本のため」と思って、著名な安藤氏なら億ぐらいのお金を出す必要も出てくるのでしょう。建設会社にだけ負担、はおかしな話です。
昨日の安保法制の目晦ましで、新国立競技場の見直しの話がでてきた。台風に合わせるよう、安藤氏が記者会見をセットした。どこもかしこも、自らのダメージコントロールには長けていて、責任を被りそうになると、とことん逃げてしまう。そんな人物たちが、この国の行く末を決めているのです。トヨタの元米女性幹部が、起訴猶予となったとき、その理由として「社会的制裁をうけている」というものがありました。本来、社会的に地位のある者は、それだけの責任を負っているのであり、事件を起こせばその責任をとるのが当然のことで、罪一統を減じる免罪符になるわけではありません。この国では、そうして責任のある者が、罪を逃れる体質をずっと引きずってきました。この新国立競技場の問題は、本来は責任ある立場にいる者たちが、その責任に相応しい行動をとっていない、ということを如実に示すものです。この設計を「日本ならできると思っていた」と安藤氏は述べますが、日本ならでは、の問題をいくつも詳らかにします。日本というグランドデザインから設計し、造り直さないと、こうした問題はくり返されるということを、嫌というほど思い知らされる事例だといえるのでしょうね。

analyst_zaiya777 at 23:03│Comments(15)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 社会 | 一般

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ジニー銀河   2015年07月16日 23:29
これを機に日本特有のどんぶり勘定が無くなって欲しいと思います。 来月翁長知事が瑕疵があったとして…埋め立て許可の取り消しをするそうです。しかしどこの誰が瑕疵をしたのでしょうか?厳正な処分が行われるのでしょうか?
本土の土には沖縄に住んでいない生き物がいる可能性があるから使わせないらしいです。それなら当然那覇空港の増設埋め立て工事にも 本土の土は使えないですよね?
2. Posted by 管理人   2015年07月17日 00:00
ジニー銀河 さん、コメント有り難うございます。

どんぶり勘定は日本特有ではありませんが、走り始めたら絶対に止まらない公共工事は、日本特有です。今や新国立競技場は、巨大な公共工事として、官僚たちのよい利権の巣窟になっています。森元首相と、安倍氏が会談するそうですが、恐らく「見直す」という発表だけあって、中身はほとんど変わらないと見ています。最終的にいくらの建設費になったか、維持費がどれぐらいか、は国民にとって関心がなく、今の盛り上がった批判さえかわせればいい、そんな政治の体質も日本特有とは言いませんが、日本では多くみられますからね。

翁長氏が検証委員会から瑕疵がある、との報告をうけた段階で、その中身が伝わらないので何ともいえませんが、決定段階で瑕疵があった場合は、県知事にそれを止める権限があります。辺野古移設も、巨大な公共工事であり、それを止めるのが地方自治体の長、というのが、やはりこの国の問題を示すのでしょうね。

沖縄に住んでいない生き物を持ちこませない、という理屈は何となく理解できますが、散々本土からの物資を輸送していますから、今さら? とは感じます。ただ、内地の都市部と、緑豊かな海岸沿いではまた違った判断もできます。今回のように、自然への影響をほとんど考慮せず、それこそ海洋生物への影響を無視した環境調査などは、日本の悪しき伝統、特有の事象でもあります。そこと決めたら、それを否定する材料は隠蔽し、補完する材料のみで、公共工事をすすめてしまう。そうしたものが様々な問題を生んでいるのですから、公共工事を止める手立ては、様々に考えていかなければいけないのでしょうね。
3. Posted by 通りすがり   2015年07月17日 00:04
一番のどんぶり勘定は先日まで「日程的に見直しはできない」とか言っておきながら、支持率が低下したら急に見直しを言い出した人でしょうね。
4. Posted by ジニー銀河   2015年07月17日 00:12
またかよw
君子豹変とどんぶり勘定は違いますから… オツカレ
5. Posted by 管理人   2015年07月17日 00:27
通りすがり さん、コメント有り難うございます。

どんぶり勘定は、色々なものにも使いますからね。「見直しできない」と語っておいて、一週間もたたずに「見直します」という安倍首相の発言は、一体何を根拠にしていたのか? それこそどんぶり勘定で、大体で考えていたとしか思えませんね。しかし安倍氏が五輪招致で語ったこと、それを覆そうとするとは、とても思えません。それこそ『国際公約』を盾にしてきた今までがウソになりますからね。結局、支持率の低下によりレイムダックになるのが怖くて、動いてはみても、何もできないのでしょうね。

どんぶり勘定でこの国の政治をしていることは、多くの場面で散見されます。それを官僚に丸投げし、調整させているから、官僚の思い通りに動かされていますし、それを見抜けない、といったことも生じています。政治家としてではなく、一般人として世間を知らなさ過ぎるからこそ、官僚に手玉にとられてしまうのでしょうね。官僚を怒鳴りつけた、取り巻きに怒りをぶちまけた、とは週刊誌の話としては伝わってきますが、その前に見抜けなかった自分を改めないと、いつの間にか、党総裁選候補の中でも『どんじり』になっているのかもしれませんね。
6. Posted by 管理人   2015年07月17日 00:41
ジニー銀河 さん、コメント有り難うございます。

君子豹変と、どんぶり勘定は異なりますが、それは翁長氏が豹変した、ということを説明しないと、伝わりません。というより、政治家が豹変するのはよくあることですので、それこそ安倍氏とて、かつては保守系の主張など、ほとんどしていませんからね。いつ頃それに目覚め、傾斜していったかは、未だに説明すらありません。政治家が態度を転換するときは、主に有権者に説明責任が生じますが、地元でも恐らく安倍氏はそうした説明をしていないのでしょうね。

しかしこれは、別に安倍氏に限ったことではなく、多くの政治家が豹変することでもあります。それこそ、法案に反対といっておいて、賛成票を投じるなどは五万といますからね。政治家の態度はそれほど曖昧、信じていると裏切られる、ということはくり返し体験すると、信用できなくなってもきます。今の日本人の政治に対する無関心は、そうやって過去の積み重ねでもありますからね。それでも、旗幟を鮮明にして、態度を変えます、といって有権者に支持されたのですから翁長氏の方が強い立場にあります。安倍氏は安保法制を有権者が認めた、としますが、詳細はほとんど語られませんでしたし、前回の選挙でも争点にすらなっていませんでしたからね。辺野古移設を訴えて、沖縄の選挙で自民議員が当選しなかった。この差は、説明責任を果たしたかどうか、で決まってくるのでしょうね。
7. Posted by 快晴   2015年07月17日 00:43
いつも貴重な情報ありがとうございます。
それから、毎日丁寧な返信お疲れ様です。

確かにあれ程見直しは難しいと発言してきたのに・・・
やれば出来るじゃん!というのが感想ですね。
八ッ場ダムも2000億から4000億に跳ね上がったようですし
公共事業の旨味って?一般庶民には想像もつきません。
まぁ、安倍氏自ら見直す発言をしたので、森元総理とも
会食したらしいですし、中途半端な結果では
国民は納得しないでしょう。

どうなるか楽しみです。


8. Posted by 通りすがり   2015年07月17日 07:04
おそらく原因は 強引なオリンピック誘致と公共工事のバラマキにより政権維持を狙った誰かさんが、
「いくらでも金をかけていいよ」と事実上白紙の小切手を渡したということでしょう。

そして急な方針展開で今後
「話が違うじゃないか」「誤解だ」「言った」「言ってない」と
責任の擦り付け合いと暴露合戦が始まるのは簡単に予想できます
9. Posted by いろはのい   2015年07月17日 17:40
人気取りのために豹変するのは、君子のやることじゃないでしょう。

最近は財政拡大派が勢いづいていますから、無駄な公共事業もGDP拡大のために必要、とか暴論を言い出しそうで怖いです。

どんぶり勘定もそうですが、福島第一の「コントロール」「湾内でプロック」の大嘘は、どうするつもりなんでしょう。
 壊れた原子炉のなかは誰も確認できておらず、高放射線を発し続けていて、コントロールなんか出来ていません。デブリ取り出しも、当初はオリンピックに合わせて2020年開始と言ってましたが、予定すら立っていません。全然コントロールされていません。
 湾内の汚染水は、大雨が降ると堰から流出して湾外に流れ出ます。まったくブロックされていません。

この二つにかんしては、早急に安倍首相が国際社会に謝罪するしかないと思うのですが。
 それこそ本当の、君子豹変す、ではありませんか。
10. Posted by ジニー銀河   2015年07月17日 21:57
翁長さんの場合は沖縄限定の君子です。まるで琉球王! 本土からみたら地域エゴです。
しかしこんな見直しが国際的に受け入れられるのでしょうかね…。看板に偽りありですからね…。 サンプルを見て発注したら…届いた商品は全く別物だった…みたいな。 IOCがOKを出してくれば…問題ありませんけどね…。
売値を確認しないで…注文をしてしまった感じですかね…。 我々も…ブランド品は一桁違いますから…注意が必要です。
11. Posted by ジニー銀河   2015年07月17日 22:30
>人気とりは君子のすることではない! 確かに…民主党政権がしようとしたことは全て自民党ではできない…人気とりぽいことで全て失敗しました!最低でも県外!コンクリートから人へ!暫定税率撤廃!高速道路無料化! 確かに…きれい事の人気とりの実現は難しいですね…。
12. Posted by 管理人   2015年07月17日 23:13
快晴 さん、コメント有り難うございます。

結局、新国立競技場は白紙撤回となりましたが、これまでの経緯について、何ら説明もなく、またムダに時間を空費した、またこれまでの説明を覆したことですら、その謝罪もないのですから、何も解決していないことになるのですね。自らリーダーシップをとって、見直しを決めた、という態度をとりますが、残念ながらそんな態度が白々しく思えてしまう、そんな『白々しい紙』の『白紙』にしか見えないのですね。

そもそも、ザハ案は曲面を多用しますが、曲面になると耐震設計が難しくなり、日本の基準ではどうしても建設費が上がる、という問題が、初めからあったのですね。それを様々な人が気づいていながら、ここまでずるずるとザハ案で来たこと自体、問題があったのでしょうね。またこれは憶測ですが、安藤氏の心の中に新国立競技場を日本人建築家にやらせてしまうと、自らの地位、立場が悪くなる、そんな悪い心がなかったのか? と問いたくもなります。未だに不透明感の強いままで、決して幕引きとはならないのでしょうね。

八ツ場ダムも、元々建設費用が高くなる、それは酸性が強いために中和施設など、一般のダムより設備がかかる、ということは指摘されていました。民主党政権時、それを攻撃する目的で、住民を担ぎ出して見直しに抵抗する論調を、メディアを含めてとった。しかし結局、コストに見合う効果もなく、住民感情を煽って流された結果、今や単なるお荷物公共工事になってしまったのでしょうね。しかし官僚にとって、予算獲得になる、高コスト事業は、実は省庁内で評価される、という一般では考えられない事情もあります。それを改めるような制度、体質に替えなければ、新しく設計される新国立競技場も、高コストになってしまうのかもしれませんね。
13. Posted by 管理人   2015年07月17日 23:24
通りすがり さん、コメント有り難うございます。

まさに白紙の小切手を渡していたら、その小切手に金額を書いた後で、白紙でもどしてくれ、と言い出したのが今回なのでしょうね。そういう意味では「白紙にもどす」は、まさに言葉通りなのかもしれませんね。

しかし未だに、今回の問題点について検証することなく、幕引きを図ろうとする態度だけで、責任について安倍政権は頬被りしています。ここで見直しができるのですから、基本設計に落としこんだ段階から約1年、建設会社に見積もりをとる時点、恐らく昨年の段階では、べら棒な金額になることは、安倍政権は知っていたはずです。高くなるけど、公共工事と同じ、と言う認識でいたからこそ、ここまで国民の怒りが高まるとは、思っていなかったのでしょうね。

ザハ氏の側は、建設費が上がったのは日本の建設コストの高騰、と述べていますが、2倍も3倍も建設コストが上がることはありません。ザハ氏も、建築家としての実力に疑問符がつきました。恐らく、日本の耐震設計を、海外の建築家が理解することは、難しいのかもしれませんね。国際コンペになるのか、国内に絞るのか? それでもまたコストや期間に違いが生じてきますが、安倍政権がそれらを考慮できないようだと、パフォーマンスとの批判も高まりそうです。安倍氏は「2000億円以下にしろ」と述べているようですが、1000億円でも高い、とされる現状で、もう感覚が浮世離れしているとしか思えない、国民の批判はむしろ高まる方向なのかもしれませんね。
14. Posted by 管理人   2015年07月17日 23:44
いろはのい さん、コメント有り難うございます。

「福島原発はunder controll」の問題ですね。今回の台風でも、堰にたまった高濃度の汚染水が、外洋に流れている、と一部では報じられましたが、どれぐらいの量か、どれぐらいの線量の放射性物質が洩れたか、は恐らく東電すら掴んでいないので、報じられもしないのでしょうね。一体、どれほどの量が外洋に流れたのか? 今では民間でさえ、中々放射性物質がどこに溜まっているか? 調査するところはありませんが、実は多くの箇所で、放射性物質の高いところがあるのかもしれません。それこそ、東京湾では海水浴が一部、解禁されていますが、東京湾には溜まり易い、とさえ言われていますから、本来は検査する必要があるのでしょうね。

君子になってから豹変したら大変ですが、一応、安倍氏は保守の旗幟を立てて首相になっているので、その点は問題ありませんが、問題があるのは海外で発信したことの、ほとんどが国内合意も得ず、また国内さえ首をかしげる内容ばかり、という点ですね。安保法制さえ、通せなければウソになる。だから無理やり通す、という態度には、最早この人物にとって最も大事なことは何なのか? ということすら、疑念を抱かせます。海外でよい顔をして、国内にもどってその尻拭いのようにウソを重ね、強引なことをする、安倍氏にとって、国民が大事なのか? 海外の評判が大事なのか? しかし今、そのどちらも落ちてきて、海外紙では安保法制の成立に対して、厳しい論調が目立ちます。日本のメディア、特に新聞では官邸前のデモについて、ほとんど報じませんが、海外紙の方が詳しく報じているぐらいです。このままでは国内も、海外も、その評判は地に落ちることになるのでしょうね。
15. Posted by 管理人   2015年07月18日 00:13
ジニー銀河 さん、コメント有り難うございます。

翁長氏のことを批判しているのは、実は安倍政権の支持者しかいません。地域エゴ、と考えるのもそうですね。そこには、やはり国民向けの説明について誰も納得していない、という面があります。地域エゴどころか、安倍政権エゴ、としか国民に思われていないことは、意識しておかなければなりませんね。

IOCは建設費が高騰することを嫌います。それは次の五輪に手を上げる都市が出なくなるためです。今、五輪も転機に来ていて、レガシーという言葉を使うように、遺産として五輪後、どう用いられるかを重視しています。新国立競技場のように、高コストの建設費、維持費でマイナスのイメージをつけられるより、よほど見直してくれた方が、ありがたいのですね。

いろはのい さんは、人気取りのために豹変するのは…としていますから、人気取りは君子のすることではない、としてしまうと、逆の意味になってしまいますね。少なくとも、民主党は約束していたことができなかったので、人気取りのために豹変したわけではありません。君子になるために、人気取りの政策を掲げた、ということになります。ただ、それを実行できるかどうか、できたはずのことができなかった、という意味で考えると、また別の意味になります。八ツ場ダムなど、民主党政権の頃に見直しておけば、いくら建設費をかけてもできない、天井なしで予算をつぎ込む負の公共工事になっています。これは、民主党政権潰しに、メディアが使った点もありますが、安倍政権でもそれを推進しています。豹変していない点はその通りですが、こうしたものはいつか見直さなければ、損失が拡大するだけです。説明をして、見直す。それができないと、君子でいる資格すらない、ということにもなりかねないのでしょうね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
安保法案の強行採決新国立競技場見直しと、安倍ノミクス