2016年01月23日

安倍首相の施政方針演説

馳文科相が「公営住宅のある地域の小中学校は、家庭が混乱し、日常生活が混乱し、子供たちが授業に向き合える状況にない」と発言しました。特定の家庭を貶めるような意図はない、と述べていますが、家庭環境に問題のあるケースを『公営住宅』に特定する必要はありません。どうして安倍政権、自民党の政治家と言い代えてもいいでしょうが、視野が狭く、ものごとの一側面しか捉えようとしないのでしょう? これでは対策がうまくいくはずがありません。ネグレクト対策、貧困対策など、公営住宅のある地域に特定しても効果は限定的となるのでしょう。

安倍首相による施政方針演説、初めに小栗上野介の言葉を引用し「どうにかなる」ではダメで、野党に対案を示せ、と迫ります。しかしこの認識がすでに過ちです。まず野党は対案など示す必要がありません。与野党で政策をすり合わせた結果、それで実行された政策の成果を「手柄」とするのは、すべて与党です。政策を混ぜ合わせた結果、ここは野党の主張が通っただの、アウトラインをつくったのは与党だ、などと主張し合っても、得をするのは与党です。対案をつくる時間があったら、与党の政策を点検し、検証し、徹底的に追及していけばいい。政策実現力は与党にしかないのですから、野党は与党や政権の提出した法案の審査と追及、また与党が問題視していない分野への注力と法制化、につとめれば与野党で棲み分けができる。同じ問題で、与野党ともに法律をつくる、などしていら時間のムダ、それこそ非効率社会の推進ともいえます。
この演説、やたらと「挑戦」がでてきますが、『世界経済の新しい成長軌道への挑戦』では、あからさまに中国排除の姿勢をうちだす。それでいて多様性、三人よれば文殊の知恵を1億総活躍の意味だとします。多様性なら、移民をうけいれてグローバル化が必要ですし、中国を排除するのはそれに反する。おトモダチだけで新しい枠組みをつくる、は多様性でも何でもありません。

TPPはチャンス、という言葉もやたら出てきますが、政府の試算には多くの有識者も首を傾げる。その指摘に耳を貸さない、では多様性どころか単一、固執です。安倍ノミクスの果実、として名目GDPは28兆円、国民総所得は40兆円増えた、としますが、それを実現するためにかけたコストは、日銀の200兆円以上のバラマキと、最大を更新しつづける財政出動というのでは、笑えない現実です。外国人旅行客が増えた、のもこのコストの結果であり、ここにも非効率がうかがえます。
政権を担って3年、今から挑戦することは、残念ながらその間放置、もしくは悪化した部分ですし、実は「やります」というだけで具体的な施策すらでてきません。だから野党に対案をださせ、自分たちの手柄にする。そんな小ずるいことへの「挑戦」としか、この演説は読み解けない。日米同盟を『希望の同盟』とし、長々と割きましたが、日米の関係改善には『挑戦』しない。紳士協定や思いやり予算など、日本が不都合な内容には一切の『挑戦』をしないのが、安倍政権です。

最後に、野党を「棚上げ」とし、「堂々と論戦しよう」と呼びかけたのは、臨時国会を開かなかった自分を堂々と「棚上げ」したからこその発言です。「挑戦する」をくり返し、「責任を果たす」と言いますが、そこに具体策は何もなく、野党によびかけて対案をだせ、今から自分たちと論戦しよう、というのでは、それこそ結果が「どうにかなる」と言っているのと同じです。それこそこういう目標に、こういう道筋で、こういうやり方で達成する、それに反対があるなら堂々と受けて立とう、というのが道を示す政権政党のトップたる政治家のとるべき態度です。
自分の立場を「棚上げ」し、野党に「対案をだせ」「論戦しよう」というだけで、何も示さない政治家には「挑戦」などしてもらっては逆に困るのです。気づいたときには、日銀の資産が日本のGDPを越えそうなところまで来てしまった。そんな日本の破綻へと「挑戦」するような政治家、それで内政、外交で成功した、などと一側面からしか自分を評価できないようでは、挑戦する前に多面的な見方を養うことから始めなければいけない、ということにもなるのでしょうね。

analyst_zaiya777 at 23:37│Comments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 政治 | 一般

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ストロン   2016年01月23日 23:50
ほぼフリーハンドで行ってきた3年間の結果から目を背けて未だに挑戦などと言ってるのは呆れますね。
昨年の秋頃に作成された自民党のポスターが近所に貼ってあるのですが「経済で、結果を出す。」というコピーを見るたびに失笑しております。というか既に笑えないレベルの失政を積み重ねてますね。
2. Posted by ブラック国家在住   2016年01月23日 23:54
追加の金融緩和についてですがクルーグマンが論文で効果がないと白旗を揚げているのにECBと日銀は踏み切るのでしょうか?
3. Posted by 管理人   2016年01月24日 01:04
ストロン さん、コメント有り難うございます。

コストに比べて、あまりに低い経済の効果ですから、自慢げに話せば話すほど、虚しくなるような内容なのでしょうね。恐らく、この「挑戦」は最後の最後にでてきた憲法改正にかけているのでしょうけれど、言ってみれば内政の失敗を、新たに「挑戦」などという言葉で誤魔化されてしまっては、たまったものではありません。残念ながら、まず反省の上に立って、何を改め、何を行うのか、ということを示してもらわないと、何もはじまらないのでしょうね。

恐らく、今年のうちに日銀にしろ、非常に不都合な事態に突入するでしょう。残念ながら、追加緩和などしている場合ではないのかもしれません。これだけ大きな失政、200兆円以上のコストをかけて、たった28兆円しか名目GDPを押し上げていない、という現実に、呆れるどころか、もう呆然とするしかないのですが、この先、日銀が国債の買取を減額しだしたらどうなるのか? 今は想像するだに恐ろしい事態しか、思い浮かばないような現状なのでしょうね。
4. Posted by 管理人   2016年01月24日 01:12
ブラック国家在住 さん、コメント有り難うございます。

まず市場が間違えている点が、日銀は経済の番人ではない、ということ。今は物価をメインに考えていることを建前に金融緩和していますが、原油安にしろマネーの供給量とはまったく関係ないレベルの話であり、効果がないことは必然ですね。またゼロ金利に入った段階で、物価の調整機能は失われてしまうのであって、FRBはその調整機能をとりもどそうと、利上げに踏み切った、ということを忘れている。それを市場は、自分たちに都合よいように中央銀行は景気下支え役のアンカー的な期待を、上乗せしすぎているのが現状なのでしょうね。

またその市場期待を裏切ることができない、と考えるからこそ、12月に緩和したのに、また追加緩和するというECBの失政に失政を重ねる態度にも現れます。しかし市場とは対話すべきですが、決して市場の言いなりになってはいけない。市場が悪化しようと、中央銀行の役割は通貨の番人であって、自国の通貨を守る立場を最優先しなければならない。その原理原則すら、今のECBには通用していないのでしょうね。

これは日銀も同じです。ただ、日銀の場合、官僚的な体質がそれを邪魔するかもしれず、そのケースでは追加緩和はしないでしょう。失敗すれば責任論に発展するのは明らかで、それは総裁、副総裁にとどまらないのかもしれません。そこまで踏みこむか? また踏み込めないとして、ゼロなのか、それとも中途半端なのか、というところでしょうね。個人的には打つべきではない、と考えますが、後は政権の圧力、この甘利トラブルにより、夏の参院選など待っていられなくなった状況で打つか、というところでしょうが、それなら失敗する公算がより高まることになるでしょうね。
5. Posted by k   2016年01月24日 13:55
聞くところによれば、野村の販売する日経連動型インバース投信が人気らしいですね。しかも買っているのは資産をあまり持っていない人々が多いとか。アベノミクスに群がるのはもはやパチスロ競馬で一発当てようとするようなのと同水準の連中だけかもしれませんな。もう賢明な人々は儲けをキャッシュに戻されたでしょう。
6. Posted by 管理人   2016年01月25日 00:04
k さん、コメント有り難うございます。

投資を生業とする人も、今は短期のデイトレなどに転換しているか、もう塩漬けと諦めているか、どちらかでしょうからね。人気のある投信、というのは「人気」と謳われた時点で、概ねそれはピークであることがほとんどです。今、日経平均の値動きも大きくなり、さらに大きな値動きでとる、ということも活発なのですが、そんな取引が長続きするわけはなく、それこそ一発勝負で儲けられれば…という程度に考えている人がほとんどでしょうね。

日経225など、先物では昨年半ばまでは海外勢がほとんどその値動きを決め、日系などは歯牙にもかけられませんでした。しかし今、先物・オプション市場を動かしているのは間違いなく日系、それでも海外勢が粛々と売る動きには対抗できていない、というところなのですね。もしかしたら、日系が先物を商いするタマをつくるために人気を煽って…というのは穿ちすぎなのでしょうが、まともな相場つきではない現状では、相場の素人が手をだして何とかなるレベルではなく、むしろ当たれば儲けもの、程度に考えているなら大半は損失を被って撤退するだけ、なのでしょうね。今は素人の方に、安易に相場に参加するようお奨めもできないのが現状でしょうね。
7. Posted by ジニー銀河   2016年01月26日 04:08
官邸は移設に弾みがつくと言ったとか…。そりゃ言うでしょう!自民党は辺野古移設ですから。宜野湾市民は出口調査ではベストを言ったまでで
行き先のわからない県外なんて…もうこれ以上待っていられないという気持ちで佐喜真氏に投票したのだと思います。
翁長さん・イムラ候補こそ…辺野古移設反対のワンイシューだったのでは? 宜野湾市民は理想より現実を選択したのだと思います。 プライムニュースでは…移設反対の糸数参議院議員の支援者等が沖縄北部の基地返還に反対していることで盛り上がりました。沖縄最大の基地の半分が返還されることに反対しています。理由は言っていましたが…納得できなかったです。 また沖縄の漁民と中国の漁民は仲良くやっていると嘘を言っていました。
尖閣を狙う中国を脅威ではないとか…も言っていました。
呆れかえりましたね。
8. Posted by 管理人   2016年01月26日 23:40
ジニー銀河 さん、コメント有り難うございます。

逆に、それを言いたいのならはっきりと選挙期間中に主張すればよかったのですね。それと、…思います、という想像だけで、複雑な沖縄県民の感情を斟酌すれば、必ず間違えます。25年も米国の占領下におかれ、屈辱的な扱いをうけた。今でもそれを憶えている人はたくさんいます。もうこれ以上待っていられない、などと考えるかどうか、それは逆にそうした経験のない、本土の人間の勝手な考えでもあるのでしょう。

糸数氏の支援者の件は、話がまったくわからないため論評もできませんが、少なくとも沖縄でも様々な感情があることは事実です。それは米軍基地についても同様、勝手な思い込みだけで、こうであるはず、などという論調を押し通せば、必ず沖縄の民意から反発をくらうでしょう。この複雑な感情を鑑みて、政策を打たないから、安倍政権の行動は批判されるのです。安倍氏はまったく沖縄の地を踏もうとしませんし、踏んだら踏んだで罵倒された、という苦い記憶しかないのかもしれません。しかし足繁く通い、どれほど罵倒されても県民を説得する、という粘り強さもないなら、まず今後も理解を得ることは困難であることが、確実なのでしょうね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字