香港のデモと日本FOMCと日銀の金融政策

2019年06月19日

1年ぶりの党首討論

山形・新潟沖で地震がありました。すぐに「柏崎刈羽原発は異常なし」とされましたが、運転中であれば緊急停止する震度であり、運転していなかったからすぐに「異常なし」とできたのです。緊急停止だと確認にじかんがかかったはず。しかも、震源地がもっと原発に近ければ、それこそ点検などに時間を要したことでしょう。日本海は地震のリスクが高い、などと今日になって報じられますが、ならば新屋演習場へのイージス・アショア移設にも影響する話であり、関連付けた話があまり聞かれないのは、よほどその問題にはふれたくない、ということなのでしょう。日本はどこでも海の近くは津波の影響からは免れない。それは例えば、南海トラフで地震がおきたときの辺野古とて同じであり、海沿いの基地の脆さにも直結するからなのでしょう。

1年ぶりの党首討論が開かれました。どうみても盛り上がっても、議論が活発だったとも言えない。それは野党は質問する立場ですが、回答する側が誤魔化そう、という意図が最初から透けているのですから当然です。安倍首相は「大切なのは、年金生活者の生活実態は多様で、実態に対応するものになっているか」としますが、だから対応するものになっているか、今後もそうでありつづけるか、については語らない。財政検証は「政局とは関わらず」出す、としますが、通例より提出が遅れているのをみても、政局にらみだと分かる。嘘をつく気満々の人間と話をしても、議論なんかできないのは、どういう立場や状況であっても同じです。
安倍氏は「私は滅多に激怒しない人間だと党内に理解」としますが、だとすればキレ気味でまくしたてるのも、相手を罵るのも、理性的に行っていることなので、余計に始末が悪い。感情が暴走してつい口走った、というレベルでないからです。マクロ経済スライドを止めて受給者の給付が減らないようにするには7兆円必要、やめるのは馬鹿げた話、としますが、だからマクロ経済スライドを導入すると、年金受給者の給付が7兆円減らされる、ということでもある。つまり安倍氏は、理性的に受給者の生活は苦しくなる、と述べていることになるのです。WGの報告書も安倍氏は読んだそうですが、最初はよくできた、と喜んだのかもしれません。

安倍氏は「経済を成長させ、収入を増やし、社会保障の基盤を厚く…」としますが、まず収入は増えていませんし、すでに今年のボーナスは減額を発表するところが多い。さらに労働人口が減るなら、結果的に基盤は薄くなっていくだけです。だから女性や高齢者を働かせよう、とするのですが、女性が働きにでれば行動経済学でいうところの割引率という考え方により、妊娠・出産をしない心理が働く。高齢者の就労が増えれば、ミスもでてくる。高齢ドライバーの事故ばかりでなく、ケアレスミスを起こしやすいので、余計なコストがかかることになる。民主党政権のころの方が成長していた、という指摘に「デフレ自慢」としましたが、それとて成長には変わりないので、安倍政権の成長戦略は失敗した、と断じられるのです。
衆院解散について問われ、「頭の片隅にもない」としますが、参院単独で勝利するのが厳しいから、衆参ダブルにしたい誘惑があるのであり、年金問題、イージスアショア、成果なき外交、参院選後の日米貿易協議は厳しい、という何重苦にもなる状況では、逆に参院選単独は考えにくい。立民が内閣不信任に消極的で、批判もありますが、これが相手を油断させる戦略なら、来週の提出もありうるのでしょう。ただ、G20もあるので時間差解散もあるかもしれない。この党首討論の盛り下がりをみて、国会戦線を「異常なし」としてすんなり終えると思えるほど、安倍氏の心の動きは穏やかではなかったのでしょうね。

analyst_zaiya777 at 23:04│Comments(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 政治 | 一般

この記事へのコメント

1. Posted by 介護福祉士・時々立憲民酒党の代表   2019年06月19日 23:49
 安倍晋三のアホが滅多にキレないと発言しましたが…毎回毎回予算委員会や党首討論でキレてるのはどういう事でしょうか…見ているだけでイライラする。人間失格。もしわざとやってるなら、気持ち悪いしウザい。
 相変わらず民主党政権よりと言う言葉を使います。都合悪いと民主党政権よりと言う言葉を使うのはよくないですね。それと大切な事は…とい言葉をよく使いますが…全く大切な事ではない。時間稼ぎばっかりするなアホ!と言いたくなります。これは提案ですが、総理が喋る時は時計を停めるべきです。好き放題言ったらいいよ。その代わりお前が喋ってる時は時計停めるよ!にすれば野党の時間が無くなるって事はなくなると思います。
 バカ維新代表の質疑…やる意味あったんですかね…何しにきたんですか?と言いたい。大切な事ですから言います!片山代表の討論はやる意味が無かったと思います!
 志位委員長に対してバカげた提案と言った総理に一言…あなたはバカな総理ですね。今すぐ政界から消えて亡くなってください。
 立民は不信任決議案を提出すると思います。
2. Posted by 管理人   2019年06月20日 00:35
介護福祉士・時々立憲民酒党の代表 さん、コメント有り難うございます。

党内に理解されているだけなので、よほど自民党内ではキレてばかりいる人が多く、安倍氏ぐらいではキレてない、とみなされるのでしょうね。

安保ムラと安倍氏の周りの既得権益にとっては「最悪」ということであって、それが国民にとってどうか、という判断とはまた別。むしろ株高にすれば国民は文句を言わないだろう、という傲慢さの方がにじみでます。デフレ自慢、などというのがもうこの人物の能力の低さを示しており、経済が好調でもデフレのときがある。インフレだからいい、などというのは借金を背負っている側の話だけで、まさに日本国債を大量に発行してしまったツケで、自民党にとってはデフレじゃ困る、というだけなのですね。

維新も一応、野党ですからね。維新だけが解散について聞いた。ただ、頭の片隅にもないことでも、天啓だとして解散することだってある。結局、それを聞いたところでまともな答えが返ってくるわけがない、と知った上で、時間をつかった。今回、立民が提案型、国民が追求型、と野党でも役割分担した中、独自路線をいった維新は、結局のところ与党の一部であることを明示したに過ぎないのでしょう。自民党の会合で「年金財源は44兆円ふえた」と自慢げに語っていたのに、7兆円をケチる。累積で増えた額を語ったところで、年々給付で減っているので、それ以上の運用益をださない限り、年金は安心にはなりませんし、今後の動向次第では一気に年金財源が失われるかもしれない。バカげた提案の前に、バカなことをしたことを悔いる方が、安倍氏は先ということなのでしょうね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
香港のデモと日本FOMCと日銀の金融政策