『自公が改選過半数で堅調』?雑感。エンタメとアポロと政治

2019年07月18日

安倍自民のいう「強い経済」とは?

京都アニメーションで放火テロ事件が発生しました。気になるのは、なぜ通常は販売しないはずのガソリンを携行缶とはいえ、40ℓも売ってしまったのか? 結局、日本のテロ対策など何の成果もあげていないことが、露呈したことになります。しかも、昨日も指摘しましたが、こんな事件が起きたとき、官邸はカラ、首相も副首相も官房長官もいない。クールジャパンなどといってアニメを世界に売り込もうとして、何の成果もだしていない行政の問題とともに、決して日本が安全で安心な社会など達成できていない、ということを思い知らされます。この事件は模倣犯をだす可能性もあり、注意が必要で、対策しなければいけないのでしょう。

株式市場は大幅下落で、一時21000円を割れました。一部の企業の決算発表をみて、今後本格化する企業業績に暗雲、と株安の理由も説明されますが、コトはそう単純ではありません。トランプ米大統領のTweetで米中貿易戦争が再び意識されたこと、参院選で自民党が勝利するなら消費税増税は確実、韓国も日本の制裁により悪化、つまり東アジアが総じて地盤沈下する恐れがでてきた。それを意識させたのが貿易統計で、1-6月期は前年同期比4.7%減、貿易収支は8888億円の赤字です。日本のアジア向けの輸出が滞るのは、アジア全体の経済圏の弱さを意味する。だから売りが売りを呼んで、下げ幅も大きくなったといえるのです。
安倍政権は、徴用工問題の第三国による仲裁機関設立に関する回答期限を今日に設定しましたが、これは参院選を意識したものでしょう。ただそれも悪材料視された。つまり韓国は拒否するだろうから、それがさらに安倍政権の支持につながる、と考えてのものだったのでしょうが、市場としては問題の長期化を意識させ、東アジア共倒れを意識させた。むしろ、安倍政権の姑息で露骨な対韓向けの態度が裏目にでた、といえるのです。

安倍自民は『強い経済』などと喧伝しますが、安倍ノミクスで確実に日本経済は弱くなった。耐性を失った。円高に怯え、金融不安に怯え、海外の動きに怯えるぐらい、弱くなってしまったのです。どうしてか? 安倍政権が「成果」と喧伝すること、すべてが弱体化の裏返しだからです。人口減少とマイナス金利で、もう青息吐息なのが日本経済です。それを「若者の雇用が増えた」「倒産件数が減った」「株価が上がった」などというから、安倍ノミクスは海外で酷評される。少し不透明感が強まると、株が一気に売られてしまいます。
世界経済が堅調なら、日本経済も何とか小康を得るのでしょうが、脆弱な経済基盤だから、世界経済の悪化の影響をもろに受ける。低金利で金融に不安が生じているから、下支えも利かない。これが安倍政権のいう『強い経済』の正体です。安倍政権がつづくなら、さらに日本経済は脆弱になっていく。人口減少とマイナス金利は、さらに悪化していくでしょう。なぜなら、金融政策はそれしかできない、人口減少には何の対策もないからです。そして、その裏でおきる雇用環境の改善などを、相変わらず「成果」と嘘をつきつづけるのでしょう。

ここにきてもち上がった、日本の治安問題。安倍氏は選挙戦の演説を、最後は秋葉原で占めてきましたが、果たしてこの事件があって、熱狂の演出などをすれば、それこそ場違い感ばかりが際立ってしまうでしょう。安倍政権下で日本は不安定さを増してきた。それを異常事態とすら認識できないとしたら、安倍自民のいう『強い』など砂上の楼閣であり、その「安定」は安全も安心も生まないことだけは、確かなのでしょうね。

analyst_zaiya777 at 22:23│Comments(4)このエントリーをはてなブックマークに追加 経済 | 政治

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがり   2019年07月18日 23:27
電気自動車や環境型ディーゼルへの切り換え推進には動かないでしょうね
今の政府では
そもそも水素自動車はどうなったのやら?
ジョージ・ブッシュ時代、水素自動車の開発推進が言われたのは「電気自動車の開発にストップをかける為でしかなかった」と言われたのと同じなんでしょうかね?
2. Posted by 管理人   2019年07月19日 00:06
通りすがり さん、コメント有り難うございます。

今でさえ、電気自動車なんて簡単にできるので、中小零細企業からの参入が殺到しそうですが、それをさせていないぐらいですからね。以前も、高齢者には電動フォークリフトのような仕組みの電気自動車があれば十分、と指摘したことがあります。フォークリフトはトルクをだすため、発進はローから高回転をだしても、さほどのスピードがでない。誤発進や高速の事故などを防げます。簡単な、既存な仕組みでもうあるのに、わざわざ高回転をだすためのモーターに、それを抑制する仕組みをつける愚、でも自動車メーカーを救済するには、そうすることが最善、とでも考えているのでしょうね。

水素自動車は、結局水素ステーションを政府が補助をだして広げていかなければいけませんが、全国的に増えている印象はありませんし、自動車メーカーも水素自動車の新型をださないなど、乗り気でない様子もうかがえますね。ブッシュ時代のことは、私も推測するしかありませんが、恐らく同様なのでしょうね。政府が本気で、水素社会をつくる、そのために大量の歳出をかけてでも成し遂げる、というぐらいの行動力が必要ですが、それをしたところで国民が納得するとも思えません。エンジンボックスが大きくなる問題に、解決策はありませんからね。当面、二酸化炭素排出にやっている感をだすにはちょうどよかったのでしょう。それに、開発をすすめた自動車メーカーも、とりあえず販売までこぎつけたことで、今後はその後の世界全体の流れをみて、様子見といったところなのでしょうね。
3. Posted by いいじゃん   2019年07月19日 00:19
世界最速で永住権取得できるように考えている安倍は、リベラル構造改革主義者

自民党や維新や創価に投票なんて、アホたれがやることだ

どうせ今度の選挙も、自民党が勝つんだろうけれど
4. Posted by 管理人   2019年07月19日 23:10
いいじゃん さん、コメント有り難うございます。

今のところ、風はあまり吹いていないので、基礎票で有利な自公が改選過半数は占めるのでしょうね。問題は、そこからの上積みがどれぐらいになるか? それ次第では党内政局が忙しくなります。河野外相がパフォーマンスなのか、韓国の大使に対して、言葉をさえぎってまで意見を述べましたが、「知らないふりをして…」云々は相手の意見を遮ってまで言う話ではない。外交上の無礼は、河野外相にあります。相手がどんな嘘をついていようが、それは意見を交わす中で訂正させればいい話。強い態度に出て、嫌韓勢力へのアピールをしたつもりでしょうが、子供じみた態度に辟易した人も多いでしょうね。ただ、そんなものを信じて、強い日本だと考えるような愚かな人間だけが、自公に投票する、ということなのでしょう。

そもそも保守だから中韓に強気ででる、という話でもありません。リベラルは人権意識が強く、うまくやろうという傾向もありますが、多寡で判断するものではないですからね。個別の事案について、どう対応するかが問われます。ただ、韓国の文政権も対日強硬路線で支持率アップと、日韓ともに互いに対立を煽ることで支持層を固める、といった愚劣な政治手法を、まるで当たり前のように駆使している。その愚かさ、政治のダメさ加減にきづかなければいけません。その裏で起こっている、ご指摘のような外国人労働者を安易に受け入れてしまう態度などをみても、安倍氏が保守と思えないのは、本来であればごく一般的な認識でもあるはずなのですからね。それにすら気づかない、気づけないぐらいの人間だけが安倍自民を支持している、その数が多い、という時点で日本は不幸といえるのでしょうね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
『自公が改選過半数で堅調』?雑感。エンタメとアポロと政治