安倍自民のいう「強い経済」とは?雑感。かんぽ生命とサンマ漁獲枠

2019年07月19日

雑感。エンタメとアポロと政治

明日はアポロ11号が月に着陸してから50年です。私はあの映像は本物ではなく、月からもって帰ったという石も、本物とは考えていません。例えば、はやぶさ2がリュウグウに2度目のタッチダウンをして内部の物質を採取したのも、表面は放射化されていて成分が変質している可能性があるから。月の石とされるものも、放射化されていないとおかしいのです。アポロが月に行っていない、と言っているのではなく、映像も石も、米国が誇大に成果を喧伝するためにでっち上げたもので、当時はそれだけ政治的に成果を求められた、ということです。NASA自身があの映像はおかしい、と間接的に証明するようないくつものデータを発表しており、当時映像制作を担当したCIAに、それを理解して映像化するだけの能がなかった、となるのでしょう。

今日の日本株は昨日の下げを一気にとりもどしましたが、日系大手による大量の日経225先物買いが炸裂した、というだけです。一昨年辺りから日系大手が先物を大量に商い、相場に大きな動きをだすケースが散見されました。ここ最近、大人しかったのが今日動いたのは、やはりマル政マネーを意識させます。一昨年から、この主体が動くときは政治との連携が疑われてきた。今日の動きなど、まさに参院選を意識したそれだと想像されます。こんな相場つきだから、海外勢から笑われ、買いも膨らまない。昨日の売買代金は2.2兆円弱、今日は1.9兆円強。下げても上げても大して売買が膨らまず、閑散なのが日本経済の現状、ということなのです。
ジャニーズ事務所がTV各局に圧力をかけた、として公取委から注意をうけました。擁護する意見を述べる人は、若いころに恩恵をうけた人でしょう。版権にうるさいジャニーズが冠番組を許可すれば、それだけで内容がつまらなくてもそこそこ視聴率がとれる。プロデューサーにとってはこんなおいしい話はありません。そうして甘い汁を吸い、放送局の幹部になった人物は圧力を否定する。むしろ自分たちが社内にかける側、なのですから。

エンタメでは、例えばAKB48や乃木坂46などのプロデュースで知られる秋元氏など、官邸で組閣ごっこをしていたことが報じられた。しかし追随記事がでなかった点をみても、圧力があったと推測されます。つまりこの問題、TV、出版業界には圧力や忖度が蔓延していることを露見させたのみならず、政治に毒された今のメディア業界全般にも言えることなのです。新聞が選挙広告で潤っていることは知られますが、自民など織りこみ広告まで打ってきた。しかも嘘満載で…。メディアは広告出稿の多い自民を無視できなくなり、忖度が増える。今や広告は、宣伝のためではなくメディアとの関係を良好にするためにある、とさえいえるのです。
そんなTV、出版業界から真実の欠片をさがすのは、月の石を持ち帰るより大変なのかもしれません。アポロの月面の映像では、重力が小さいと前方への推進力が得られないため、背中が突っ立ったまま歩いたり、ぽんぽんと飛び跳ねたり、は本来できないはずです。そんなことをしても、垂直ジャンプやちょこちょこ歩きにしかならない。思い切り前傾するか、めいっぱい脚力をつかって前に踏み出さないと、すすめないのです。

有名タレントが反社会勢力と深くつながっていたり、アニメスタジオの放火など、エンタメの世界には悲しい出来事もつづきます。夢を与えるはずが、醜悪な圧力で人を追い落としたり、広告に目が眩んで真実を伝えられないなど、これも悲しい出来事といえるのでしょう。そして、そんな世界に政治まで参戦している。悲しいというばかりでなく、何かを変えていかないといけないのでしょう。誰もが信じ、夢を託せるようなエンタメにしていかないと、悲しい出来事がこれからも起きてしまうかもしれません。政治は本来、そういう方向にするよう制度、仕組みを考えていかなければいけませんが、毒された世界を自分たちも利用しよう、と考えている時点で、この国は悲しい方向にしかむかっていない、といえるのでしょうね。

analyst_zaiya777 at 22:57│Comments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 メディア | 政治

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
安倍自民のいう「強い経済」とは?雑感。かんぽ生命とサンマ漁獲枠