日韓の問題について安倍改造内閣の顔ぶれ

2019年09月09日

景気ウォッチャーとGDP

米国ではトランプ大統領がハリケーン『ドリアン』の進路として「アラバマ州」とTweetし、それを補完するよう進路予想に誰かがペンで予想円書き足したことが話題です。すると米海洋大気局(NOAA)が、トランプ氏の説明がウソにならないよう局員に忖度を促すよう、指示していたことが判明。しかもそれを米国立気象局(NWS)のせいにしたため、NWSが反発と報じられます。いずれ英語でもsontakが通用するようになるかもしれません。異常なトップがいると、組織がガタガタになるということを、これは如実に示します。
ただ、日本のメディアがこれを異常と報じるのは違和感があります。トランプ氏が説明につかったフリップは公文書ではありません。日本では安倍首相のために、官僚が公文書を書き換えても異常とは報じられない。米国は笑えるレベルですが、公文書の書き換えは笑えない犯罪です。日本の方が異常レベルは高いのであり、そのことを正しく報じないメディアが、トランプ氏のフリップ芸を笑うこことはできないはずです。

8月景気ウォッチャー調査で、現状判断DIが42.8(前月比1.6pt増)と4ヶ月ぶりに改善。小売りとサービス関連が高く、弱いながらも増税前の駆け込みがでてきた印象です。しかし企業関連では製造業の落ち込みが大きく、本当に駆け込みで需要が喚起されているのか? ただの在庫処分か? 判断がつきかねる内容といえます。先行き判断DIは39.7(前月比4.6pt減)と、かなり深刻です。増税後の落ち込みを織りこんでいるとはいえ、ついに節目の50どころか、40割れです。一部のアンケートでも増税前の駆け込みはみられない、とするものがあるので、落ち込みはむしろ今回の増税が、軽減税率やキャッシュレスのポイント還元など、分かりにくい、混乱する、という側面を映すのかもしれません。いずれにしろ年末商戦は期待薄となるのでしょう。
4-6月期GDP2次速報も発表され、実質で前期比0.3%増、年率換算で1.3%増と1次速報(前期比0.4%増、年率換算1.8%増)から下方修正されました。法人企業統計から、民間設備投資が落ちることは想定済みでしたが、思っていた以上に落ち込まなかったのは、公的需要が前期比0.9%増から1.2%増に大幅上方修正されており、『調整』という言葉が脳裏にチラつきます。特に季節調整済みとはいえ、4-6月期に公的需要が増えるか? もしこれが東京五輪の最終段階とすれば、ピークは近いともいえ、今後の公的需要はマイナス寄与となります。

景気ウォッチャー調査をみれば、マインド面はすでに景気後退を迎えているぐらいに悪化、でもGDPはプラスです。景気後退は2四半期連続でマイナス成長になると、認定されますが、安倍政権になってそれを「テクニカル景気後退」なる言葉まで生まれました。技術的には景気後退だけど、実際は異なるというニュアンスをもたせるための言葉です。ならば、今は「センシブル景気後退」と呼んでもよいのかもしれません。
アンケートの結果は、官僚も鉛筆を舐められない。アンケートの集計結果を変えたら、ミスが確実だからです。ハリケーン・ドリアンはバハマ諸島は直撃しましたが、米国はかすめるぐらいだった。日本の台風15号は東京を直撃した。それはまるで、ハリケーンの進路予想図ぐらいで大騒ぎしている米国と、もうすでに深刻な文書改竄が行われている日本との差、を逆に体現しているようにも感じられます。国民の声が高まっても、まだ政権を直撃していない米国と、国民の声自体が封じられても、政権を経済指標という形で直撃する日本。アンケートも国民の声であることを考えれば、そうした経済指標こそ、安倍政権に対する国民の声だということになります。むしろテクニカル景気後退どころか、シクリカル(循環的な)景気後退を、中央銀行による金融緩和で防いできたことの代償が、エンドレス景気後退を招く恐れが高まってきた、ということかもしれませんね。

analyst_zaiya777 at 23:10│Comments(8)このエントリーをはてなブックマークに追加 経済 | 一般

この記事へのコメント

1. Posted by らむ   2019年09月10日 07:31
日本は中央銀行の異常な緩和にもかかわらず、私たち庶民の暮らしは厳しくなる一方です。ここまでくると、政府の統計など信用している人の方が少ないでしょう。
何かチキンレースをやっているようで、崖に向けて最後の登りをさせられている感じはします。
2. Posted by いいじゃん   2019年09月10日 19:14
小泉進次郎が入閣するそうです
イケメン?なのか
テレビや週刊誌がやたら持ち上げてるけど
彼は日本人に地獄を見せるでしょう
3. Posted by いろはのい   2019年09月10日 20:53
今回の入閣リストは完全に、アベ友日本会議メンバー総決算
という感じで、これが最後だから俺たちにも大臣やらせろ人間が
集まったとしか思えません(笑)
当然、能力無視なので、ろくでもない仕事しか出来ず
のっけから舌禍・スキャンダル続出になりそうですが、
そこはマスコミの忖度が待ってます。
それにしても新聞の増税据え置きが、こんなに役に立つとは(笑)
4. Posted by 今の与野党から国民を守る党「無能議員をぶっ壊す」   2019年09月10日 21:08
内閣改造の顔ぶれをみると…汚い連中ばかりですね。必ずスキャンダルが発覚するわ。辞任第一号は誰だろうな(笑)
 相変わらず国交相のポストは政教分離に反しているカルト公明党ですか…
5. Posted by 管理人   2019年09月10日 23:16
らむ さん、コメント有り難うございます。

これだけ異常な金融緩和をしても、この程度の成長しかできなかた、が本来の評価ですからね。結局、それがパイとして国民に分配されないのは当然で、しかも社会保障費の上昇や、二度にわたる増税ですから、暮らしがよくなるはずがないのですね。安倍政権が、盛んに賃金が上がった、と喧伝するものの、可処分所得は下がっているので、これは政治の責任として起こったこと、なのですね。

統計データを市場が無視しているのですから、一般人ならさらに無視するでしょうね。市場で経済指標が話題にすら上らない。場が引けた後に、あぁ、あったねというレベルの会話です。一部、下落するとその説明に使う人もいますが、市場が指標で動いていないことは、発表のタイミングからも明白なのですね。

崖というより、最近は沼に嵌っていくような気がしています。崖ならよじ登れそうですが、沼だと抜け出すのは大変です。足をとられ、体は沈み、やがて窒息することになるのかもしれない。それが底なし沼だった場合、息の根を止められることにもなりそうで、その沼を掘っているのが安倍政権と黒田日銀なのですから、もう始末に負えないのですね。
6. Posted by 管理人   2019年09月10日 23:24
いいじゃん さん、コメント有り難うございます。

政治家の中ではイケメン? まぁ、若いですし、髪型も着ているスーツも意識していますから、おしゃれではあるのでしょうね。

週刊誌は、一部で女子アナ好き、といったネガティブな情報をバラマキだしましたが、以前も指摘したように安倍政権が、ポスト安倍の有力候補になりそうな小泉氏をつぶしにかかったのでしょう。そして、組閣でも環境相になることで、原田環境相の発言とも重なってくる。汚染水を海洋放出、ということになれば、それは福島復興を意識し、たびたび発言してきた小泉氏にとって、打撃となります。さらに韓国など、未だに放射性物質で輸出規制をかける国との関係悪化、ともなるでしょう。そうしたババを小泉氏にひかせる、そんな戦略を立てたからこそ、今回の入閣になったとみられます。

そうなると、一時的には週刊誌のネガティブ報道は消えて、その間に福島原発の汚染水報道が活発となり、もう満杯、、すぐにでも解決策を、といった報道が盛んに報じられるようになるでしょう。こんな分かり易い罠に小泉氏が嵌ったとしたら、日本人に地獄を見せる前に、自身が地獄をみることになるのかもしれませんね。
7. Posted by 管理人   2019年09月10日 23:36
いろはのい さん、コメント有り難うございます。

安倍政権に忖度する報道、情報番組ほど、天気、気象についやす時間が増えています。政治批判は、やれば一定の視聴率を稼げますが、忖度するからそれができない。しかも安倍支持層に阿った番組をしてきたため、安易な批判をすると、視聴率そのものに影響するかもしれない。バカバカしいですが、今の日本にはそういうことが起こっているのですね。

今回の組閣について、ざっくりとは今日の記事で取り上げましたが、ここまでオトモダチだらけだと、もう笑う他ありませんね。一言でいえば『バカ丸出し』ですからね。これは自民待機組にとっても面白くないですし、党内を不安定にする組閣としか思えません。冷遇された派閥が、結束する可能性が高まった、ということにもなりそうです。今日の記事では書きませんでしたが、長くつづけると厄介ごとをどんどん押し付けられそうな小泉氏が、反安倍を糾合すると、自民党内の動きは風雲急となるのかもしれませんね。

元々、安倍氏はストレスに弱く、それをかけないためにメディアも忖度し、党内も静かだったという側面があります。逆にいえば、党内がさわぎだすと、安倍氏は落ち着いていられなくなり、ストレスをためていくことにもなる。自民党で次の総裁が有利、となればメディアの忖度の方向性も変わってくるでしょう。小泉氏ぐらいしか、反安倍を糾合するのによい神輿はないのですから、注目の人事となった今回、しばらくその動きに注目が必要なのでしょうね。
8. Posted by 管理人   2019年09月10日 23:46
今の与野党から国民を守る党「無能議員をぶっ壊す」 さん、コメント有り難うございます。

不祥事がでてくるのは早いでしょうね。まずは暴言、失言の類から、政治資金や企業との癒着、果ては公選法にかかわるものまで、オンパレードになりそうです。

公明にとって、国交相というおいしいポストについているからこそ、自民とくっついているのであって、旨味を享受するのが目的ですからね。だから創価学会に嘘をついてでも、自民党支持をつづけさせた。明らかに池田氏の過去の発言と矛盾したことであっても、現執行部がこうする、という形で『池田氏名義』で文書を発表する、といった嘘くさいことまでして、政権に協力していますから、安倍政権もここは変えられないでしょうね。

公明が国交省をにぎっていると、信者の多いところに道路をつくる。災害時も公明の影響力で、早めに復興したと言い張れる。自民としては、すでに利権としては国交省を通さずとも、建設業界と結びついているので問題なく、だから公明に国交相を任せても痛くもない、という事情なのですね。しかし軽減税率でミソをつけた公明、支持層離れに拍車がかかるなら、そのうちこのポストも見直されることになるのでしょうね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
日韓の問題について安倍改造内閣の顔ぶれ