2011年04月20日

その舌は、ただ舐めるために

ジャンプSQ5.6月合併号を買ってきました。
ゴミみたいな別冊付録が付いてきました。ゴミ箱直行コース。

本誌を合併号にするくせに、別冊付録を付ける余裕はあるんだな(^ν^ )




そして、私が読むのはもちろんToLOVEるダークネス!!




……


センターカラーじゃ…ないだと…!?

矢吹先生、長谷見先生申し訳ありません(´;ω;`)
私達ToLOVEリストの応援が足りなかったからです。
お前ら深く恥じろ。
人気があるからって油断せずにアンケートを送りまくるんだ。
アンケート爆撃だ。



さて、今月はプールの授業から始まります。
先月号の件で落ち込むメアと、それを励ましたいと思うナナ。

このやり取りの舞台がプールである必然性っていうのが、
「スクール水着だから」以外に一切存在しない所にToLOVEるを感じます。

別に休み時間の教室でもいいけど、プールなら水着だろ?だからプールな。
この問答無用の説得力。流石だ……

前回の出来事のあと、ヤミはメアについてリトさんとモモだけに話していました。
ララさん…(´・_・`)
しかし、完全にヤミはハーレム側になったという事でしょう。
冷静に考えると、ダークネスの反対側、ライトサイドがハーレムってのも
相当に異常な状況ですが。







1

今月1カットしか出番が無かった古手川さん。
唯ママに花をあげるセリーヌとの、微笑ましい2ショット。
可愛い!!(^o^)ノ




メアを励ます為に、ナナは春菜に頼んでマロンを連れてきました。
アニマルセラピーです。

ついでに宇宙のペットを大量に召喚します。



2

ポポポポーーーン(^o^)ノ


今まで世話してた描写とか一切ありませんでしたが、ペットなんでしょうか。
ナナのペットの基準は結構緩いようですね。
1度でも餌をあげたら私のペット。
ナナさん、ボクにもビーフジャーキーください。

宇宙生物のペロペロっぷりに、対抗心を燃やしてしまうのは
言うまでも無く淫獣紳士マロンです。

ハイパーペロペロタイム始まるよー(^o^)ノ

それに対して、さらに対抗心を燃やし始める宇宙生物達。
何が起こっているんだ…


3


このカットとか、明らかに舌が入ってますよね。
入っちゃってますよね。





何故かタコとイカも召喚され、"愛情表現"を始めます。
(2匹の共通点は、触手です)

愛情表現っていうのは、そもそも愛情を感じている相手に対して行うものだと思うのですが、
コイツらがリトさんや春菜に対して愛情表現をするのは何故なのでしょうか。
人類という種族に対して愛情を感じているのでしょうか?
勝手に愛して来て、愛情表現が触手攻めとか本当に厄介な生物だなwwww危険度Sだろwwww



4






……



5


や、矢吹先生…!!

矢吹先生!!!!!!
そこは18禁漫画でも修正が入る箇所じゃないでしょうか…

逆に考えるんだ、修正が入っていないのならここはただの影だ(^ν^ )
影なら何の問題も無いな(^ν^ )



ていうか、古手川さんはやけにパンツに顔を突っ込まれるとか
キャラによって遭遇するToLOVEるのパターンがある程度決まっている部分がありますが
春菜はもう完全に「動物もの」になっていますよね。
元メインヒロインとは思えないマニアックさ。
犬を飼っていただけで、動物プレイと言えば春菜と関連付けられてしまったのです。
本当に恐ろしい世界だ。






「コイツら調子こいてるから強制送還するわww」と思ったらデダイヤルが無い。
よく見るとサルが持ってました。
返せ!!とナナが飛び出すと、そこへ走り込む1台のトラック…!!
"友達"を助けるため、一瞬でナナの元へ向かうメア。

正体バレちゃうけど仕方無いよね、このトラックぶっ殺ししてナナちゃん助けるわ(^o^)ノ
向こうが飛び出して来たのにぶち殺される!!
トラックの運転手、絶対絶命!!





6






ララとヤミが止めたー!!
ありがとうヤミお姉ちゃん( ;∀;)
ありがとうララお姉ちゃん( ;∀;)

実際こんなにいきなり止めたら、運転手には走行速度で壁にぶつかったのと
同じ衝撃が来るような気もしますが、
そこは宇宙的なアレでなんとかしてるので大丈夫です。
とにかく大丈夫です。
私くらいにToLOVEるを読み込んでいると、大丈夫とわかります。
宇宙は広大ですから。運転手、命拾い!!



そして今更ながら、今回の動物触れ合いペロペロイベントが
自分を励ますための企画だったと知るメア。
これが温もり…だと…!?大した素敵さだ…


ダークネス計画とハーレム計画が交差し、現在ハーレム計画が優勢か。
この状況に、メアのマスターはどう動く…!?
で、次回に続く。

今月は、前回バトルをやっていた反動なのかダークネスというより
結構ToLOVEる寄りな感じでしたね。久しぶりに春菜にスポットが当たったり。
これもまた良い…!!

そして次号の発売は6月4日です(´・_・`)


うわぁあああ!!今回は割とキリ良く終わったとはいえ、
次号遠すぎだろクソッタレー!!と思ったら。




5月19日発売の、ジャンプSQ19春号にToLOVEるダークネスが掲載!!
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!

タイミング的には丁度1ヶ月後に、本編では無いものの
ToLOVEるが読める感じか。それなら何とか耐えられそうだな。






そして、ジャンプSQの企画で毎回連載作品のイラストを募集しているコーナーがあるのですが
今月のお題はToLOVEるダークネス!!

せっかくなので、私もちょっと描いて送ってみたいと思います。
別に載らなくてもね。
ToLOVEるはこれだけ応援されてるんですよってのを編集部にアピールする意味がありますから。

絵心がある人も無い人も、描いて送ればよいと思います。
絵が描けない人はネタに走れば良いよ。




適当にその他感想

・ボクと魔女の時間
新連載。数ページで読むの辞めたので、どんな話なのか全然わかりません。
冒頭で主人公がトラックに跳ねられて死にました。

あちゃー、第一話からToLOVEると被っちゃったかー(^ν^ )
しかも主人公死んじゃったかー。

しかし、占いが大好きな男とかすでにいまいち共感出来ないので割とどうでもいい。
キャラクター造形が半端にオタっぽくて安っぽい印象を受けました。
そもそも絵柄が安っぽい感じ。
安っぽいって、言いながら自分でも良くわからないんですけど
作品全体として何となくチープさを感じるんですよね。何なのだろうか。

主人公が死んだ辺りで読むの辞めてしまったのですが、
タイトルから想像するとたぶんこの後魔女とか出て来るんだと思います。


・ミトコン
これほど先が予想出来ない漫画もあまり無い。
クソとしか言いようが無い展開の連続に、今月も爆笑しました。
完全に思い付きだけで描いてるだろwwww
アンケートの2番目はこれかな…



今月はテニスが無いのが残念でしたが。
まぁToLOVEるだけ載ってれば充分満足出来るので。
そこまで大きな問題ではありません。






今日の1曲
PENICILLIN 理想の舌?-Tongue my love Mix-

anarchypunx at 23:31│Comments(2)TrackBack(1)ジャンプ感想 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. とらダク7話 春菜+ナナ+メアが淫獣学園状態に!春菜はリトと69プレイも!  [ To LOVEる -とらぶる- 考察 ]   2011年04月21日 12:14
ネタバレ注意!  「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」第7話が掲載されています、ジャンプスクエア5・6月合併号が近所でもう発売されていました。  季節はまだ夏…!学校のプールでスク水足コキ風の...

この記事へのコメント

1. Posted by Vi   2011年04月21日 13:35
>結構ToLoveる寄り
マロンのペロペロ攻撃はリトが犬になった回からのお約束だし、タコも貧乳を気にする回に続く登場。

ララのアイテムもそうだが、使い捨てにせず再利用するあたり、世界設定の統一感にうまく貢献してますな。
矢吹長谷見チームはさすがにプロの仕事。


SQ19のは、合併号になった埋め合わせとして嬉しいが、迷い猫信者がまたあちこち荒らしそうだな。
2. Posted by Web master   2011年04月23日 04:51
19ってまた迷い猫のらないのかな?
まぁ迷い猫とToLOVEるなら、
明らかにToLOVEるの方が需要多いだろうし
迷い猫には犠牲になってもらうしかないよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔