穴馬研究室

単複で回収率100%超をめざすブログです。基本は穴予想で、「強い負け方」をした馬の次走を人気落ちで狙うスタンスです。

中山

◎7.アンビシャス
去年はドゥラメンテに迫る2着。素直に信頼。

阪急

◎10.テイエムタイホー
近走大敗が続くが、自分の競馬ができていないだけ。距離延長で前に行ければ一発あっていい。

◎2.ディバインコード
前走のジュニアカップは厳しい流れを踏ん張る強い内容。開幕週のこの条件はピッタリ。押しきりを期待。

フェブラリー

◎2.ホワイトフーガ
端午Sの勝ちっぷりを根拠に去年本命にしたが、湿った超高速馬場が合わなかった印象。今年はパサパサの良馬場で本来の力が発揮できる。地方競馬を中心に走っているが、本質的には広いコースの1400〜1600がベスト。過去にカフジテイクやサンビスタ相手に完勝した実績もあり、能力は間違いなく高い。期待大。

小倉

◎4.コスモソーンパーク
高齢馬だが能力の衰えはなく、毎回酷量を背負いながら小差の競馬を続けている。前走はブリンカーの効果で最後までしぶとい脚を披露。叩き良化型で冬場も得意。2年前のこのレースで2着しており条件も合う。内枠を利しての一発を期待。

ダイヤモンド

◎12.アルバート
前走の有馬記念では不利な大外枠ながらソコソコの競馬。ここでは格が違う。

京都牝馬

◎2.アットザシーサイド
1400の鬼。二走前はとんでもない糞騎乗で脚を余し、前走は1F長かった。デムーロに乗り替わりもプラス。

共同通信杯

◎9.チャロネグロ
叩かれた前走は別馬のような走り。最後のキレは間違いなく重賞級。期待したい。

京都記念

◎9.ミッキーロケット
キレないがしぶとい脚を使う馬で、今の荒れた馬場はぴったり。昨秋から着実に力を付けており、素直に信頼。

↑このページのトップヘ