アンビンバンコな4ストミニ

4ストのミニモトの製作、熟成記録です。CR80に4ストエンジン(Ape)載せちゃいました。

ゼファー750サービスマニュアル他

会社の福利厚生制度の中で書籍費など対象に補助が出るものがある。
昨年5月の大型免許取得で使い切ったと思っていたら来年度に持ち越せないポイントが残っていて駆け込み消費。
どうせなら欲しい書籍がいいなぁ・・・
ってことでゼファー750のサービスマニュアルとかを注文した。

サービスマニュアル


上左からZephyr750/1100 MAINTENANCE BOOK、サービスマニュアル、パーツリスト。
下左からZEPHYR CUSTAM & MAINRENANCE FILE〜4

手に入れた後一番満足したのはサービスマニュアル(6564円)。
次点はパーツリスト(842円)。
期待外れだったのはその他の書籍(1997〜3780円)

サービスマニュアルは分解組立手順や締め付けトルクが記されているので確実に役に立つ。
パーツリストもカワサキはネットで検索出来るものの手に取って読めるのはお手軽。

しかしZephyr750/1100 MAINTENANCE BOOKはZEPHYR CUSTAM & MAINRENANCE FILE〜4の復刻版らしいのだがひとまわり小さい分写真も小さい。
メンテナンス関連も1100が主なので750オーナーにとってはいまひとつ。

ZEPHYR CUSTAM & MAINRENANCE FILE〜4は写真はとてもきれい。
ただ750カスタム例が多いのは3ぐらいだろうか?
その他は1100の写真の比率が多くいまひとつ参考にならない。
さらに改造例も「そこまでやるのに幾らかかったの?」的なものがほとんど。
ワシゃそこまで金をつぎ込むつもりも無いし。。。。

正直、ノーマルの写真をもっと掲載して欲しかったw

当初はすべて永久保存版のお宝とするつもりだったがサービスマニュアルとパーツリスト以外は??である。

ZEPHYR CUSTAM & MAINRENANCE FILE 3を残してヤフオク処分もありかも?
手に入れるべきは下記2冊だと思う。




イエローコーンジャケット購入

冬用ジャケットが無く、以前からAmazonの「ほしい物リスト」に追加していたイエローコーンのMA1風ジャケットYB6301。
定価が22000円で予算的にはへそくりが尽きていて厳しい状態なので見合わせていた。
(このYB6301は他の類似モデルと異なり肘、肩、脊髄パッド標準装備で4000円くらい割高。)

それが・・・

商品が春物への入れ替わりを迎え徐々に値下げされ15000円台。
そして先日一気に10775円まで値下げ。
こりゃ底値付近と判断しとうとう注文し、昨日届いたので早速着てみた。

イエローコーン

斜めのジッパーは初めて。
不慣れなのでちょっとジッパーを上げにくいが慣れるだろう。

事前に南海部品で試着しサイズや着心地などは確認済み。
Mでピッタリなんだがピッタリすぎて下にフリースとか着ると腕がパンパンになる。
腹回りもピッタリで少しでもメタボに戻るとチャックが締まらなくなりそう。
ってことで袖は長めになるもののLを選んでおいた。
Lだとフリースを下に着こむことも可能。

それでもポケットはあるものの、財布やタバコを入れると腹が出っ張るので不細工になる。
余計なものはホルスターに入れてスマートに着るのが吉なデザインである。
だからホルスター買ったんですけどね。
当時からこのジャケットは狙っていたのです。



すでにLサイズは本日時点で14218円まで値上がりしております。
1万円台だったのは私が購入した頃の2日間だけでした(好判断!)
このデザイン、ゼファーにピッタリかな〜なんて満足しております。

キーホルダー

おまけでついてきたイエローコーンのキーホルダーにキーを移植しました。
シンプルでイイ感じ♪

プレクサスでゼファー磨き

そろそろ当面でのゼファー750に手を加えるネタが無くなってきたので磨きに入ろうかと。
同僚に聞いたところプレクサスが良いらしい。
ネットでも高評価。
バリアスコートとどちらにしようか悩んだがガラスコーティングだと先々のタッチアップの邪魔になりそう。
ドン・キホーテで買えば2000円と聞きプレクサスに決定。

土曜日の夕方、ひとまずタンクやカウルを磨いてみた。

プレクサスでタンク磨き

なんかガラスのクリーナーのような匂いがする。
透明でウエスで伸ばしていく。あとで乾拭きが必要と知ったがやらなくても結構綺麗。

翌朝ハンドル回りやホイールも磨いてみた。

プレクサスでハンドル回り

ハンドルはクロムメッキのに換えた後なので統一感が出てきた。
以前ステムをバフ掛けしてあるのでこのビューではピッカピカである

プレクサスでバイザー

ブラストバリアーの細かい傷が消えるか試してみた。
若干ではあるが透明度が改善した感じがする。

プレクサスでキャリパー

ホイールを磨いた後、調子に乗ってキャリパーも磨いてみた。
キャリパーは元々塗装が痛んでいてあまり綺麗ではないので感動は無し。

プレクサス磨き終了

ってなわけでざっくり全体的に磨いて終了。
固形ワックスだと白くなった後で乾拭きが必要だがプレクサスだとそのままでも綺麗。
細かい隙間の拭き残しがワックス垢として白く残らないのでバイク磨きには助かる。
さらに乾拭きすると輝きに深みが出るのだそうな。ワシにゃわからんけど。

プレクサスにはLとMと携帯用があるが残量を気にせず気楽に使えるのでLがお勧め。
こりゃ定番アイテムですな。
たしか南海部品だか2りんかんでも仕上げに使ってるらしい。

記事検索
Profile
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ