アンビンバンコな4ストミニ

4ストのミニモトの製作、熟成記録です。CR80に4ストエンジン(Ape)載せちゃいました。

エンジンガード装着

ゼファーを買った時点からエンジンガードを装着したいと思っていた。
車重が重いのでグラッときたら立ちごけが心配。
流行りのスライダーも考えたんだがあれはレースで転倒時に後続車を巻き込まないように車体を滑らせてコースアウトさせるのが目的らしい。
公道でそれじゃ危なそう。
取付が1点なので取付部の損傷でエンジンが欠ける例もあるようだ。

ってことで選んだのはカワサキ純正オプションのゼファー750用エンジンガード。
ヤフオクで5000円前後で中古が手に入る。

エンジンガード落札

幸い、錆や傷が皆無の美品が4300円で落札できた。

早速取り付けてみた。
エンジンマウントと共締めになるのでジャッキアップが必要かと思ったが反対側が固定されているからかジャッキアップは不要だった。
最初緩まずに悩んだけど共締めだったのねw

こちらが右サイド。
バンクした時はステップとこいつとどっちが先に擦るんでしょ?

エンジンガードR

こちらが左サイド。

エンジンガードL

クランクケースの張り出しは完全にガードしてくれそうだ。
下側のU字ボルトでの取付部はスポンジ状の両面テープを間に挟んでフレームの塗装を保護しておいた。

遠目に眺めた外観はどうなんだろ?

エンジンガード外観

うーん、教習車ほどごつくは無いのでさほど外観を損ねてはいないかな?

エンジンスライダーはクランクケースの出っ張りを本当に保護してくれるのかも疑問に感じる。
純正のエンジンガードは2点固定なのでフレームへの入力も少しは分散してくれるのでは?と期待している。
まぁコケないのが一番なんだがw

試乗しようかと思ったが寒いのでやめた。
まさに盆栽である。笑

ストライカーカーボンサイレンサー

レッドバロンからゼファーを購入した際、ストライカーのマフラーのサイレンサーに転倒時についたと思われる軽微な白い傷があった。

ストライカーサイレンサー清掃前

白いってことはカーボン調のシートの印刷が剥がれちまったのかと思っていた。
修復にはカーボン柄に合わせた色でのタッチアップしかないので面倒だなと思っていた。

先日、もしやとコンパウンドで擦ってみたら白い色が落ちるではないか。
そんじゃ!と耐水ペーパーで慎重に擦ってみる。
すると白いのは塗料だったようでほぼ完全に落ちてしまった。

ストライカーサイレンサー清掃後

さすがにプレートの傷は修復できなかったが目障りだった白い傷(汚れ)は除去できた。
くわえて、サイレンサーが本物のカーボン製であることも分かった。

当時のこのマフラーの価格は定価で133000円だ。
腹を擦った跡はあるけど目障りな凹みも無い。
低音な良いサウンドだしトルクの落ち込みもさほどではない。
こりゃ大事に使おうと思う。

ゼファーにストライカー再び

レッドバロンで中古でゼファー750を買った際にストライカーの集合マフラーが付いていた。
しかしネットを見る限り純正マフラーの評判も良く、試してみたくなりヤフオクで落札して装着していた。
純正マフラーはクソ重いものの、それでリア軸重が増え操安性がシットリして良い。
低速トルクもストライカーよりしっかり出ていて乗りやすい。
ネットの評判通りだった。

ゼファーといえばショート管。
外したストライカーのマフラーはヤフオクに出品し、ショート管に換えようかな?
なんて考えていた。
しかし巷に出回っているショート管のほとんどが溶接ワンピースタイプである。
これだとオイルフィルターを交換する度にまるごと外す必要がある。
知る限りは唯一モリワキのショート管は4本のエキパイとそれ以降の集合部が分割出来るんだがお高い。

ストライカーはネットで見る限りわりと低速トルクが出ている方で乗りやすいと言われている。
エキパイ部も分割式でスプリングを外せば途中から外すことが出来る。
そんじゃストライカー大事に使おうかな。。。

最近、純正マフラーゆえの取り回しの重さがきつく感じてきた。
単品のうちに細々した部分の錆を落として純正マフラーと組み替えよう。

サンポールタイプの洗剤ナイスで酸性水溶液を作りEXマニ部の焼けを落としてみる。
分解するとどれが何処のエキパイか分からなくなるので番号を書いた養生テープを4本に貼っておく。

ストライカー錆取り

さらにステンマジックで全般的に焼けを磨き落とす。
ここまで手作業でヘトヘトになる。

ストライカー錆取り2

最後にサンダーと白棒を使ってバフ掛けしておく。
作業の途中で養生テープの番号が消えていることに気付くorz

そこそこ綺麗になった時点で仮組み。

ストライカー仮組み

番号は消えちゃったけど左右のエキパイは明らかに形が違うのでなんとなく判別できた。

純正マフラーを外して磨いたばかりのストライカーマフラーに交換。

ストライカー再装着

ピッカピカである。
EXパイは手曲げなので排気の効率は良さそうに見える。
エンジンをかけると懐かしい重低音が轟いた=3
しかしEXパイ取付部あたりからタペット音のような音がカチカチと聞こえてくる。
なんか変。
よく見ると一番左側のエキパイのスタットボルトのナットからの出代が他より少な目である。
集合部を見ると2mmくらい差し込みが甘そうである。
一旦フランジナットを緩めて蹴とばすとスタットボルトの出代は他と同じレベルに収まった。
これにてタペット音の問題は解決。

ストライカーは軽くてリア軸重はかなり減ってるはず。
以前リアサスのイニシャルが2番目のままでは跳ねて乗りにくかったので1段目に落としておく。

早速いつものファミマまで試走。

フォン!
やっぱゼファーにはこの集合管の音が似合う。
リアサスのイニシャルを最弱に落としたおかげで乗り心地もGood!
排気音に酔いながら試走は終了。
やっぱ寒いなw



ストライカーのマフラーは車検OKだそうなので当面このままいこう。
純正マフラーは掃除して仕舞っておこう。
記事検索
Profile
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ