ゼファー750のシフトチェンジロッドの錆びを落とした後、防錆処理を忘れていたら錆びてしまった。
ほかにもブレーキホースガイドのメッキも剥げかけて錆びている。
なんとかならんもんかとググっていたらDIYでメッキが出来ることを知った。

自作メッキ1

さっそく試してみた。
溶液はサンポールと同じ酸性洗剤ナイスを5倍に水で薄めたもの。
電源は古い自作PC用電源からDC5Vを取る。
プラス電極へメッキしたい亜鉛素材。
今回は単一電池の筒を使った。
マイナス電極にはメッキしたい部品。
小間物は茶こし器具の中に入れた。
ほとんど百均で揃えました。

自作メッキ2

電源ONでしばし待つと泡が出始める。
プラス電極の亜鉛からZnイオンが溶けだしマイナス極の部品表面に溶着しているのだろう。
あらかじめ部品は前日からこの溶液に浸け置きして錆は除去してある。

メッキ直後

9時間ほどで電池の亜鉛が半分以上溶けてしまい終了。
部分的にメッキで表面がイガイガになっていた。
ネジ部はこのイガイガで雌ネジが回らなくなってしまいブラシで削り取る羽目に。
メッキのイガイガを800番のペーパーで落としピカールで磨いて仕上げました。

シフトチェンジロット錆

錆びてしまっていたシフトチェンジロットは綺麗に復活。

シフトメッキ後

部分的に錆びていたブレーキホースガイドも

ホースガイド錆

メッキはクロムと亜鉛が混ざってしまいましたが錆は消えました。

ホースガイドメッキ後

気になっていたゼファーの錆が取れてスッキリしました。
梅雨も明けたようでこれからは乗って楽しまないと♪